プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近なのですけど、うちの奥様から例によって「遠隔操作メール」(汗・・)が入ってきて
「帰りにあれとこれ買ってきて!」みたいな内容のお願いばかりです・・
というか、彼女は本当に昔も今もグータラで、基本的には外出する事は大嫌いで
(旅行に行く事とか外食に行く事等は、その外出嫌いの例外事項というのも、ま・・彼女らしい話ですね・・汗・・!)
彼女の「あれ欲しい、これ買ってきて・・」は基本的には、私が仕事帰りにスーパーやコンビニ等でお買い物と
なってしまいます・・(滝汗・・)
私が多分ですけど、世の男性に比べてはるかにスーパーに行く機会が多いとか
このブログでもやたらと冷凍食品とかお菓子等のネタが目立つのは、多分そのせいです・・(苦笑・・)

そんな訳で、そうした際の「あれ欲しい、これ帰りに買ってきて」の依頼内容の中に
なんか見た事も聞いたことがない商品が色々あったりして、その中の幾つかが実はうちのブログのネタにもなっていますので、
当ブログは彼女に多少は感謝してもいいのかもしれないですね・・(汗・・)

さてさて・・・そうした中の一つが、(株)新進のチューブ入りの大根おろしでした!

へぇー―、こんな大根おろしというのがチューブ入りというタイプもこの世の中にはあったのですね!

大根おろしというと何となくですけど、日持ちは絶対にしないとか大根をおろしたその日のうちに食べないと
さすがに翌日は腐ってしまうのかも・・みたいなイメージもあり、
わさびとか辛子と異なり、さすがに「だいこんおろし」のチューブ入り商品は無理じゃないの・・?と思われる方も
多いとは思うのですけど、実はちゃんとこうやって商品化も既にされていたのですね!
そうですね・・これは大根おろしという大変面倒な作業を省略できる手間いらずとも言えると思いますし、
はたまた「そんなの単なる手抜きじゃん・・!」みたいに評価としては分かれる商品なのかもしれないですね・・・(笑)

だけど、ありそうで今まで無かった商品というのがこのチューブ入りの大根おろしなのかもしれないですよね。




CIMG0276_convert_20170517224942.jpg





チューブ入りのわさびと違って大根おろし自体大変水分を含んでいますので、やはりどうしても日持ちとか賞味期限が
気にもなったりするのですけど、なんと意外にもこのチューブ入り大根おろしは冷蔵庫で補完しておけば
約60日程度は保存可能という事でもありますので、
大根をおろし器でするという面倒なあの作業と手間を考えると、これは一つの画期的商品とも言えると思いますし、
案外、コロンブスの卵的な商品なのかもしれないですね・・・

メーカーのHPの商品説明では
「家庭で作るみずみずしい大根おろしの質感をそのままに、水分が分離しないよう加工した大根おろしです。
おろす手間がかからず、必要な分だけすぐにご使用いただけます。
保管にも便利で使いやすい、スパウト付きパックです」と記されていますけど、購入し実際に使ってみると
まさに「その通り!」という感じです。

当初はうちの奥様のために買ったのが、いつの間にか私も結構使っていました・・

だって・・さんまの塩焼きとか湯豆腐等で大変重宝していますので・・・(笑・・)

実は、この商品、大手スーパーでも品薄 の店もあるようで、イトーヨーカドー・イオンでは見つける事が出来ず
やっとマルエツで私は発見できました!
この商品なのですけど、
スーパーの魚コーナーで、ある主婦が「サンマには大根おろしが良く合うけれど、すり下ろすのが大変だから
チューブにでも入っていたらいいのに!」というボヤキがきっかけで商品化されたとの事ですけど、
商品化というのは、そうした何気ない声から生まれていくものなのかもしれないですね。

カレーの福神漬けでお世話になってるメーカ―がこうした商品も生み出せてしまう豊かな発想が素晴らしいと思います!

実際に使ってみての感想ですけど、手軽さの引きかえに風味の劣化はやはりあると思います。
だけどそれは仕方ないですね・・
一度チューブを開けたらその日のうちか最低でも3日以内程度には使い切りたいですね。
味なのですけど、結構クリーミーな食感で少し酸味があったりもします。
原材料の表示にもある通り、大根おろしなんだけど「レモン果汁」が少し入っているせいもあるのかな・・?とも
思いますね。

すりおろし器を使用しての大根おろしという作業は簡単なんですけど、
大根の皮むいて擦ってる時に指怪我しちゃったりした経験をした人も多いとは思います。
そうした事を考えるとこの商品の実現化はやはり素晴らしいものがあると言えるのかもしれないですね。

実際なのですけど、私も学生の頃やっちゃたことがあります・・

上記で書いた通り、私、さんまの塩焼きが大好きなものでして、自分でさんまを焼いてだいこんをおろしていて、
何気なくテレビを見ていて、当時連日ワイドショー等を賑わしていた「三浦和義事件」の事をやっているのを
ポーーと見ていたら、大根だけじゃなくてついつい自分の指まですってしまいましたぁ・・
これって結構痛くて出血し、絆創膏を右手の親指と人差し指に巻く羽目になってしまいました・・
当時の私は吹奏楽団でクラリネットを吹いていたのですけど、
クラリネット吹きの皆様ならお分かりの通り、クラリネット奏者は楽器の穴を指で塞いで音階を吹きますので、
こうやって指先に絆創膏を巻いてしまうと、微妙に音の塞ぎがおかしくなってしまい、
音程不調とかリードミスみたいなキーーッという絶叫音を誘発してしまいがちでもありますので、
確か翌日は、学園祭の演奏会の初日という事もあり、結構焦っていたのはなんだかよく覚えていますね・・・

その学園祭で演奏した曲は、
チェッカーズの曲とかロサンジェルスオリンピックのテーマ曲とか薬師丸ひろ子の「メインテーマ」などというのも
時代を反映していましたね・・・(汗・・)
この年の吹奏楽コンクールの自由曲で演奏した曲は、ベルリオーズの「幻想交響曲」~終楽章・ワルプルギスの夜の夢
だった訳で、この曲も当然当日のステージで演奏していましたけど、
そうですね・・今現在の現役奏者の人たちの視点で見てみると
「今現在は、終楽章の表記は、魔女の夜宴-魔女のロンドとされることが多いし、ワルプルギスの夜の夢なんて
なんだか昭和っぽーい・・」とか言われちゃいそうですね・・(滝汗・・)
今現在のアニメ好きの方ですと「ワルプルギスなんてまどか☆マギカみたい・・」と言われちゃうのかも・・・!?
スポンサーサイト
1992年と言うと、甲府に異動させられて(左遷・・? 島流し・・??)早3年目の年でもありましたけど、
仕事にも金融機関の過酷なノルマ営業にも、甲州弁にも山梨の異常な夏の暑さにも慣れてきた頃だったと思います。
だけど日々の仕事の中でも、
たまーに行う女の子達の合コンなんかに参加しても
山梨の女の子の「気の強さ」・「言葉の汚さ・甲州弁丸出し」に少々うんざりしていた頃でもあり、
同時に山梨県の当時の吹奏楽のレベルの低さにそろそろ嫌気がさし、
「一体いつになったら都内に戻れるのだろう・・・
 まさかこのまんま山梨県内の5つの支店をたらい回しかいな・・・」とも
漠然と考えていた時期でもありました。
山梨は、ぶどうなどのフルーツ以外の基幹産業に乏しい県であり、
当時はそろそろ不景気・景気の後退が現実のものになりつつあった頃ですので、
仕事の面でも、1988年から91年にかけての「何がなんでも顧客にカネを貸し付けろ!」といった
融資オンリーの時代は過ぎ去ろうとしつつあり、逆に「回収・貸し剥がし」の時代に向かいつつあった
時代でもありましたので、
基幹産業に乏しい山梨は、不景気の荒波をもろに受けていったのです。
その後遺症は今現在でもあり、甲府駅周辺あたりは映画の題材になるほど「シャッター街」という所も場所によっては
あるみたいですね。

何だかんだ言っても山梨は通算6年近くお世話になった所でもあり、
色々と懐かしくも楽しい思い出や印象もあるのですが、
一つ嫌だった点があります。
何かというと、「自転車泥棒」が異常に多い事!!
勿論たまたまだったのせいかもしれませんけど、通算6年間で計8台盗まれるなんて
絶対異常だと思いますし、
「他人のモノは俺のモノ、奪ったものは俺のモノ」というずーずーしい県民性の表れなのかも
しれませんけどね・・・
今現在、埼玉に定住して早21年ですけど(汗・・)
自転車なんて一台も盗まれたことはないのですけどね・・・
というか、「人の自転車を盗もう」なんて姑息でせこい事を考える人は都内・埼玉・千葉・神奈川等の首都圏においては
少なくとも山梨よりは少ないと言えるのかもしれないですけど、
私が山梨時代にあんなに自転車泥棒に遭ったのは「たまたま・・」と思いたいものはありますけどね・・・

この1992年当時、甲府市内の湯村温泉の近くにアパートを借りていたのですけど、
近くは温泉街という事もあり、結構ホテルとか旅館がありました。
中規模なホテルとか割烹旅館系ですと、500円程度でホテル内の温泉に入る事も時間帯と曜日によっては可能な事もあり、
土曜日の午前中とか、たまーにゆったりと朝から温泉に浸かるという事も出来たのが
この時代の数少ないホッとできる瞬間だったのかもしれないですね・・
近くでもないけどドライブ圏内に「昇仙峡」もあり、あの雄大な眺めは大変素晴らしいものがありました!
そして毎朝毎朝天気さえよければ「裏富士」を見ることが出来たのは、ささやかなハッピーでもありました!

湯村の温泉街の近くに、結構大きめなダイエーがあり、
この当時のダイエーは、食料品・衣類・家電全て揃った「安売りのデパート」みたいな雰囲気があり、
甲府市内にはろくなデパートがなかったし、当時はドン・キホーテみたいなものはなかったし
結構買い物はダイエーで済ませることが多かったです。

この当時、確かダイエーで珍事件があり、
当時ベルギーで仕入れた輸入ビールを大量に購入し過ぎ在庫過剰になったため
1缶88円で販売するというイベントを確か全店で開催していました。
今にして思うと、あれはビールではなくて、今で言う「発泡酒」だったのですけど、
当時興味本位で買ってみると確かに安い・・・
だけど炭酸が強すぎて
「まずーい、何か麦味の炭酸水みたい・・・」と感じた記憶がありましたが、
まさか数年後に日本でも、こうした発泡酒とか第三のビールが定着化するなんて
夢にも思っていませんでした・・・

というのか、当時は「飛ぶ鳥を落とす勢い」であったあのダイエーが今ではその名前もほぼ消滅し、
「グルメシティ」という名前に変っているのはなんか時代の変遷のすさまじさというのか「もののあはれ」みたいなものも
感じてしまいますよね・・・

山梨県は、東京の隣の県で、たかだか特急で新宿から一時間半の所なのですが、
「何でこんなに山梨は田舎なの? 本当にここは関東?」と感じる位後進性が顕著な地域でした。
住んでいる人の言葉がまず全然違うことに、当時は違和感どころか
カルチャーショックを感じました。
山梨の言葉の基本的な語尾は、「・・・ずら」なのです。
(「ずら・・」という言葉は静岡方言かと思っていたら山梨にも息づいていたのですね。
 ちょっと古いアニメですけど、「ドカベン」で登場してくる殿馬と毎日話しているような感覚です。)
肯定形の場合の語尾は「・・・・し」で、否定形の場合の語尾は「・・・ちょし」
なのです。
例えば、標準語で「行け」は、山梨では「行けし」
「行くな」は、「行っちょし」という風な感じです。
他にも、標準語で「せわしい」→「やせったい」
「奥様・家内」→「おんなし」などなど例を挙げれば切りがありません。
他にも・・・・
へちょごむ→ 座り込む 、つるしんぼう → 干し柿 、ちょべちょべ → 口が軽い 、 すいよろ → お風呂、
じょける → ふざける 、おぼこさん → 蚕 なと゜いろいろありましたね・・
とにかくあの独特な甲州弁に慣れるには一年ぐらい掛かったのかも・・・??
東京の言葉と言うと、確かに「江戸っ子の江戸弁」というのは、早口でまくしたて気風がいいとか威勢がいいみたいな
感じですけど、全体的には洗練されているという印象が大変強いです。
だけど・・・甲州弁は言葉がきついし、言葉のニュアンスに独特のトゲがあり、言っている本人にそんな意識は無くても
甲州弁を全然知らない人間にとっては、
「え・・・この人・・一体何を怒っているの・・・? なんか・・私・・・失礼な事言ったのかな・・・??」みたいな意識が
大変強かったですね。

戦国時代から甲州の伝統的な近隣内のお金の貸し借り制度である「無尽」というシステムが、その当時においては
(ま・・飲み会という交流的側面が強い面もあるものの)
いまだに定着していたことは、金融機関に勤める者にとっては、カルチャーショックでした。
バブルの崩壊時はどこもそうだったと思いますが、
お金を借りても期日に適切に返済しない延滞者が、他の支店に比べて異常に多く、
債権管理・督促に本当に手を焼いていたのも、ま・・痛い思い出の一つですね・・・

 | BLOG TOP |