プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、とあるお客様から「少し相談に乗って欲しい」という事でお伺いしたのですが、
その家の外見は「三階建てなのかな・・・?」と最初は感じたくらい、一定の高さは感じたものでした。
中に入ると、以外にもその家は二階建てということが判明しました。
どうしてそのように感じたのかというと、恐らく建築基準法上の「道路斜線」の関係だと思われるのですけど
建物が「母屋下がり」というか、屋根が斜めになっている家で、
つまり道路斜線に当たらないように、屋根に意図的に勾配をつけている片流れの屋根の家でした。
その天井の勾配をうまく利用し、
二階が吹き抜けとなっていて、下から見上げると非常に開放感があるというのか広々とした空間が
感じられ、それが外観的には三階程度の高さなのかな・・?と最初に感じた理由でもありました。
その吹き抜けと屋根勾配を利用し、二階リビングの上にロフトを設置されていて、
若い頃は、このロフトにアルバムとか普段使わない道具等を置いてとても重宝されていたとのことです。
ロフトは便利な反面、面倒な要素もあり、
何かと言うと、消防はしごみたいな「梯子」を掛けないとロフトまで登れない・・・
梯子から万一落ちると怪我をする可能性もあります。

そのお客様が言われるには、
現在夫婦とも高齢世帯となり、高齢者の二人暮らしになると、二人とも体力が低下すると
昔のように梯子をかけてロフトに登る体力が無い・・・
というか、転落が怖いのでロフトに登る気力も無い・・・
だけど、ロフトには色々と大切な家族のアルバムもあるし、たまにはそのアルバムも開けてみたい・・・
という事でした。

色々とご相談させて頂き、まずは一旦うちの会社の便利屋部門で有料にてロフトの中に置いてある荷物を一旦下に下し
ロフト撤去工事は意味が無いし余計な費用がかかるだけだから
梯子を消防梯子みたいなものではなくて、
何かもう少し安全なものを探しておきましょうという事にしました。
建築基準法上は、ロフトは建築面積に含まれないのですけど、固定階段を設置すると建築面積に
含まれるのだと思いますが、
こうしたロフトがある家って、その家を建てる際には、
「そんな荷物置き場スペースのロフトに固定階段なんて必要ないし、その分が建築面積に含まれちゃうというのならば、
梯子で十分じゃないの・・?」と安易に考えがちなのかもしれないですけど、
その施主が段々と年を取ってくると、ロフト自体を滅多に使わなくなり、そうした非常用梯子に上る回数も
年々減っていき、
しまいには、梯子で上っている最中に転倒する危険性が高そう・・ということでロフト自体が「開かずの間」と化していき、
誰も数年間そこに足を踏み入れなくなったという話は決して珍しくは無いと思われます。

だけど考えてみると、我が家にも「ロフト」があるのですよね・・・

というか全然使わないし、もしかして5年ぐらい私自身もうちの奥様も足を踏み入れていないかもしれないです・・(汗・・)

うちのロフトは、うちの奥様の本とかキティーちゃんのぬいぐるみとかおもちゃとか
とにかく彼女関係のガラクタで今も溢れかえっていると思います。
万一二人共将来足腰が立たなくなったら、ロフトの中のこうしたガラクタを下に下すことも
出来なくなってしまいますので、今のうちに何とかしないといけないのかもしれないのですけど、ついつい「面倒くせぇ・・」で
終わってしまいますね・・・(苦笑・・)
我が家を建てたのは、今から既に14年前の話・・
あの当時は、そんな将来のこととか自分自身の将来の高齢化の話とかロフトが将来的にいかに無用の長物になる
可能性があるとか当時は全く考えもしにかったものですけど、
そうした事を多少でも意識するようになってきたこと自体が、実は「高齢化の始まり」なのかもしれないですね・・(汗・・)
そうですね・・私自身は、75歳程度ぐらいまでなら何とか現役で働き続けたいなぁ・・と実は考えていたりもしますし、
別に特段「働くのが好き」という事は100%なくて、あくまでも
「趣味の領域は趣味として楽しみ、それ以外の時間をただポケッ・・と過ごすのもなんか嫌だな・・・
退屈というのも抵抗があるし、何かを絶えずしていないと生きている気がしない・・」という考えなのだと思います。
私自身がそんなそんな・・75歳を迎えるのはまだまだ全然先の話なのですけど、たぶんですけど、その頃の日本は、
ある意味「深刻な人手不足社会」に突入していると予測している私としては、
「70過ぎて引退・隠居で悠々自適生活・・」なんていうのは、
社会がそれを許してくれない時代に突入してしまうんじゃないのかな・・?

家の間取りというかプランを考える時は、
今現在の事も確かに大切ですけど、「家は30年・40年住み続けるものであり、自分たちはいずれは年を取る」という事実も
ある程度は考えないといけないものなのかもしれませんよね。

私が金融機関から現在の住宅関連業界に移ったのは2001年以降の話ですけど、
当時の住宅業界の考え方というのは、
「家のリフォームは、外装・内装・設備関連以外で、何か家の広さをいじる場合の案件のほとんどは、増築・建替え」という
感じで、
例えば、息子夫婦が今度同居することになったとか
子供が間もなく受験を迎えるので、子供の勉強部屋をもう一つ作ってあげたいとか
庭の空いているスペースに離れを一つ作りたいとかその離れを自宅の本宅とつなぎ合わせたいとか
浴室を在来式からユニットバス式に変更し、1坪→1.75坪式に広げたいとか
どちらかというと「家の広さ」を増やす方向の話ばかりだったような印象があります。

だけど最近の傾向として、「増築」とは正反対の「減築」という相談とか依頼も以前よりはだいぶ増えてきたようにも
感じられます。
「こんな広い家に夫婦二人で住んでも掃除や管理が大変なだけ・・」
「最近は足腰が悪くなってしまい、二階に行くのも一苦労・・もう我が家は平屋で十分」
「相続や固定資産税の関係から、こんな広い家を子供たちに残すのも気が引ける」
「子供も成長し旦那はすでに亡くなっているから、洋室・和室・キッチン・水回り・収納設備などがあれば十分」
みたいな感じで、
家を広げるのではなくて、逆に建築面積を小さくするようにしてほしいといった「減築」の相談がかなり増えてきたようにも
感じられます。
ま、現実的には予算の問題とか施工中の仮住まいの問題とか
部屋を1~3つ減らした場合に、同時に外壁もなくなってしまうので、その部分の断熱性とか気密性をどのように
維持すればいいかとか
二階をそっくり無くした場合、確かにその分の質量は無くなり耐震性は高まるけど、そのコストはかなりかかってしまう・・
耐震性が単純に不安だというのならば、二階はいじらないで屋根を瓦→スレートにした方がかえってコストを抑えられる
みたいな流れで
「減築」計画自体はなかなか実現しにくいものなのかもしれないですけど、
こういう話が既にいろいろと起きていること自体、「高齢者世帯が、70~80歳を過ぎて快適に過ごせる家」というものが
今後クローズアップされてくることを示唆していると思いますし、
30代~40代で家を建てる際には
「今現在だけではなくて、数十年後の自分たち」というものもある程度「予測」をしなければいけないという
事なのかもしれないですね。




254cdc62_convert_20160720151151.jpg



eb7506b7_convert_20160720151258.jpg


さてさて、上記の話とあんまり関係がないかもしれないですけど、
2016年に放映されていた「魔法つかいプリキュア」第24話において、ロフトというのか小屋裏三階の話が
出ていて、放映当時興味津々で見ていたものでした。
第24話としては、中学生二人がさすがに「一つの部屋の一つのベット」で眠るのもいかがなものか・・という事で
みらいのおばあちゃんの
「それじゃ、我が家の屋根裏部屋をリフォームして、そこではーちゃんが自分の部屋として
使えばいいんじゃないの・・・?」という提案を活かして
朝比奈家の屋根裏をリフォームしよう!というまさに「劇的! ビフォーアフター」の世界が
展開されたという感じです。
「劇的! ビフォーアフター」の世界は、建築の「匠」が毎回登場し
「まー、なんていうことでしょう!」というまるで魔法みたいな様々な工夫が「これでもかっ! どだっ、まいったかー!」の如く
繰り出してくるのですけど、
「魔法つかいプリキュア」の場合は、はーちゃんが一人で「まー、なんていうことでしょう!」みたいな
正真正銘の「魔法」でもってほぼ完璧に室内リフォームを完了させていたのでした!!

だけど、ここで゜あえて余計なツッコミを入れさせて頂きますと・・・(苦笑・・)

今回のあの「屋根裏部屋」というのは現在の建築基準法上ではどういう扱いになるのでしょうか・・・?

二階の居室と屋根の間の空間を利用したロフトとか小屋裏収納というのは、あくまで「物置」という事で
「居室」という扱いにはなりません。
そして・・・
直下階の1/2以下の面積と天井の最高の高さが1.4m以下という条件をクリアすれば「床面積」には算入されません。
今回の魔法つかいの場合は、上記画像を見て分かる通り、どうみても天井の方さは1.4m以上ありますので、
これはロフトや小屋裏収納ではありません。
あとちなみにですけど、ロフトと小屋裏収納の階段は、基本的には固定階段ではなくて、
折り畳み式とか架け梯子みたいなものが採用されることが多いです。
「小屋裏三階」というのは、ま・・言ってみれば「屋根裏部屋」みたいなものなのですけど、
これも同様に天井の最高の高さが1.4m以下にしなければいけないみたいな制約があります。
小屋裏収納との違いは、最高高さが1.4mなのですけど、屋根勾配部分は高さに入りませんので、
部分的になんとか「居室としてギリギリ成立するような感じもあります。
(ま・・部屋としての使い勝手は極めて悪いですよね・・あくまでこれは物置の延長だと思います)
ちなみにですけど、この「小屋裏三階」を「居室」として確認申請を出す場合は、
採光とか換気とか非常経路の確保とか結構面倒な問題はあるのかと思います。
そして・・・この小屋裏三階というのは、エリアによって規定は一部異なるのですけど、
基本は「固定階段」が求められます。
ちなみに「三階「は当然ながら非常経路の確保という観点から「固定階段」の設置は絶対的義務です。
可動型の折り畳み梯子を三階に設置するというのは、NGです。

あれれ・・・

今回の「魔法つかい」のシーンをよーく見てみると・・・・

1.天井高は明らかに1.4mを超えている→これは建築基準法的には明らかに三階扱い・・

2.階段は固定階段ではなくて、折り畳み梯子を利用している

以上から考察すると、もしかして・・・・?

朝比奈家の三階構造は「違法建築」ではないのかな・・・?とも思ったりもしますよね・・・・(笑)

階段が普通の固定階段を利用していればこんな事は多分考えなかったはずなんですけど、
はーちゃんが登っていった階段は誰がどうみても折り畳み式ですからね・・・

ま・・・多分ですけど、「実はあの折り畳み梯子の他に別の位置にちゃんと固定階段がある」という
事にしておきましょう・・・・(笑)

ま、プリキュアは「東方」とは異なり「常識が囚われてはいけない世界」ではありませんからね・・・(笑)

それと最後に、現実的な話をすると、上記の話の繰り返しみたいな感じになるのかもしれないですけど、
子供さんが小さい頃とか育ち盛りの頃ってこうしたロフトとか小屋裏収納とか屋根裏部屋というのは、
こうした「空間」はお子さんにとってはまさに「魔法の空間」でもあり、
友達に自慢したいような空間とか
ちよっとした「秘密小部屋」みたいな香りもあったりしますし、
またまた親にとっても普段使わないものをしまったりする部屋としてかなり重宝することはよくある話です。

だけど・・・

お子さんたちが育って残された親世帯にとっては、
自分たちが70代以降になってしまうと、こんな梯子とか折り畳み梯子みたいな出入り口は
とにかく足元が不安定だし、転倒して頭をぶつけてしまう可能性もありますし、
こうしたロフトとか屋根裏部屋自体に中々入る事が少なくなってしまうのですよね。

それにさらに年を重ねると・・・

居住スペースは一階のみで、階段を使用する二階家三階は余程何か用が無い限りは
「開かずの部屋」になってしまう・・・
みたいな事もよくある話なんですよね・・・(笑)

要は・・・家を購入する際は、今この瞬間だけではなくて「数十年後の自分達」も想像しておく
必要があるのかもしれないですよね。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP |