プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、入浴中にカミソリで髭を剃っていると、何かが引っかかり「痛い・・!」と感じた瞬間に
結構出血してしまい、
大変縁起でもない言い方になってしまうのですけど(汗・・!)
なんかいかにも浴槽内で手首を切って自殺を図ったかのような状態のごとく、浴槽のお湯が
血で染まってしまいました・・・(滝汗・・!)
「え・・!?  何が引っかかったの・・? それにしても頬のあたりがなんかすごく痛い・・」と思って、
鏡をよく見てみたら、頬あたりに「ニキビ」が噴き出ていて、それをうっかりとカミソリに当ててしまい、
こうした出血を引き起こした模様でした。

え・・・!? なんで今頃ニキビなんか出てしまうの・・・??みたいな感じでした。
人によっては、いやいや、それはあなたのご年齢から言ってニキビじゃなくて単に老廃物みたいな吹き出物・・みたいな
ものでしょ・・とツッコミが入るのかもしれないですけど、
ま・・一応は、まだまだ気持ちだけは若いという事で「あれはニキビ・・」という事にしておきましょうね・・(笑)

ニキビというと、高校の頃、一時期結構酷い時期があり、
昔巨人に在籍していた頃の松井選手みたいな「顔面クレーター」みたいな様相も呈していた事もありました。
でもよかったですね・・一応、私、高校は男子校ですので、
当時はニキビとかが出来て顔面がちょっと酷い感じになったとしても、部室内とか教室内に女の子は一人もいませんでしたから
「そんなのしったこっちゃない・・」という感じでもありました・・(汗・・!)
このニキビって意外とやっかいでして、自然治癒という事で自然に治るのを待っていても
状況は全然改善しませんでしたし、実家の実姉の部屋に忍び込み(?) 姉が使用していたニキビ治療の液体薬
みたいなものを顔面に塗り込んでいても、なんか顔面がヒリヒリするだけで一向によくならないという感じでもありました。

今現在もそうなのかもしれないですけど、
私的には「ニキビ治療薬」というと「クレアラシル」というクリームを思い浮かべてしまいますね。
「ニキビの治療薬」といえばクレアラシル!と言ってもいいくらい
誰もが一度は使ったことのあるニキビ治療薬と言えるのかもしれないですね。
少し古い話ですが、90年代にテレビで流れていた広末涼子をモデルとしたクレアラシルのコマーシャルは、とても清純で可愛くて
いかにも思春期の人たち向けのニキビケア商品というイメージ作りに貢献していたのかもしれないですね。
余談ですけど、クレアラシルのテレビコマーシャルというと
「島田奈美」を連想する方は、昭和育ち・・
「広末涼子」を連想する方は、平成育ち・・と言えるのかもしれないですね・・(笑)



奈美



え・・・、私ですかぁ・・・!? そりゃ、言うまでも無く昭和育ちです! (滝汗・・!)

ちなみにですけど、今現在はクレアラシルはテレビCMはやっていなくて、webCMが宣伝メインになっているとの事です。

姉の部屋で盗用したニキビ薬がなんの効果もなかったために、しぶしぶ(?) やはり当時も
「ニキビというとクレアラシル」みたいなイメージもあり、薬局でクレアラシルを購入して顔面に付けてみたら、
さすがですね! 1~2週間程度で、一時期悩まされたニキビがほぼ完治し、顔面クレーター状態から
解放されたものてした! (笑)

だけどあれから何十年も経過し、今更ニキビなんて出てしまうのかな・・?

そんなに何かストレスでも溜まっていたのかな・・・・??

「ニキビは青春のシンボル」とも言った人がいましたので、
私自身も実はまだまだ青春真っ盛り!!と言いたい所ではあるのですけど、さすがに実年齢と最近の頭のボケ具合を
考慮すると「青春ははるか昔の過ぎ去った過去・・」としか言いようが無いですね! (滝汗・・!)

最近は、やれ「片頭痛がする」とか
「腰と首が痛い」とか
「以前に比べて記憶力が低下しているとか
そんなのばっかりですので、とてもとても「青春時代」なーんて遠い過去のお話でもあります・・・(苦笑)

うちの奥様に、ニキビの事を話したら、

「もって丁寧に顔を洗って出直して来い」との事でした・・! (汗・・!)

そうそう、余談ですけど、
「ほくろ」って生まれた時に元々付いていた以外でも、後から発生する事も多々あるそうですね。
小さい頃の写真では、私には鼻の下にほくろなんてありませんでした。
二十歳前後の頃でしたけど、ニキビが鼻の下に出来てしまい、何となく潰してしまったら、
そのまま化膿し、何か固まってしまい、結果的にほくろになってしまい、それが今現在に至っています。
鼻の下の口元のほくろというと「なんだか松原のぶえみたい・・」と言っていたら、
うちの奥様からは「古――い! それを言うのだったら、ナンノ・・南野陽子方が例として相応しいじゃん・・」とか言っていましたが、
松原のぶえだの南野陽子だのそうした名前を出す事自体、
うちら二人は立派な(?)「昭和育ち」と言えるのかもしれないですね・・(滝汗・・!)
スポンサーサイト

 | BLOG TOP |