プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「断捨離」・・・ここ数年随分と話題になった言葉ですよね・

早い話が「身近の要らないものを思い切って捨てる」という事なのですけど、これを定義すると・・・

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

という事で、不要な物を断ち捨てることで、物への執着から離れ自身で作り出している重荷からの解放を図り、
身軽で快適な生活と人生を手に入れることが出来るようになる
と言えるのかもしれないですね。

さてさて、そんな今流行の「断捨離」」ですけど、先日の我が家でも断行させて頂きました!!

というか・・「物置」だけなんですけど・・・(笑)

本来こうした「断捨離」を完璧に遂行して我が家を完全にすっきりと片づけるためには、
うちの奥様が「捨てられない」とガラクタ・雑誌等がゴミ屋敷化(?)しているリビング・彼女の部屋・塔屋へと繋がる階段スペースを
片付けてそうしたガラクタを跡形もなく捨て去る必要があるのですけど、
それを断行しようとすると
「私のモノを勝手に捨てないで―――!!」と激しく(?)抵抗活動をするものでして(苦笑・・)
私としては、彼女のそうした「聖域」に手をける事は、
まるで日本の国の国家予算の中の「特別会計」というこれもまたある意味「聖域」に手を付けるのと
同じくらい難しくて厄介なものがありそうですね・・(滝汗・・!)

とにかくですけど、まずは「断捨離」の第一歩として物置内の不用品を棄てる事から始めたのですけど、
結論から言うと、物置の中は全て「ガラクタ」!!
要らない食器とか引き出物とか衣類関係と家電購入の際に梱包されていた箱とか雑誌のバックナンバーなどのような
本当に今すぐ捨てても痛くもかゆくもなんともないばかりです!
本音を書いてしまうと、いますぐ車の中に物置の中身をそっくり移して会社の資材置き場の中にある
「資材廃棄場」にぜ~んぶ丸ごと放り投げてやりたいものばかりです!! (笑・・)
ま・・それを断行してしまうと、うちら夫婦の間に冷たい風がぴゅ~っと吹きまくりそうですので
雑誌・箱・引き出物ぐらいに留まってしまいましたぁ~(汗・・!)
せめてなぁ・・あの使いもしない食器関係を棄てる事が出来ればよかったですよね・・

そうした中、物置の中になつかしの家電が出てきました!

なにかというとワープロでした!

「ワープロ」という言葉自体、既に「死語の世界」化しているのかもしれないですね(笑・・)
今時の若い世代の人たちに「ワープロ」と聞いても、もしかして「何それ・・・??」みたいな反応に
なってしまうのかな・・??
早い話が、PCの「ワード」という機能に特化した文章の作成印刷機能が付いたものがワープロなのですけど、、
確かに、パソコンがこれだけ普及するとワープロなんて必要ないですよね・・・
私も1998年あたりまではワープロ使用していましたけど、今現在はこれを使う事はまず無いですね・・・
だからああして物置に15年近くも放置されていたのですけどね・・(笑)
当時のワープロですけど、
今では絶対に想像できないのですけど、このワープロ自体に「保存機能」は無いのですよね・・・
保存する場合は、「フロッピーディスク」(これも死語の世界ですね!)に保存するしかなかったのですよね・・
改めて考えてみると、パソコンって本当にすごいですよね!
容量にもよりますけど、PC内のマイドキュメントにかなりの文書や画像や写真を保存しても、PCのデーターが容量オーバー
するとかPCが破損するとかそういう事は一切ないですから、
「やっぱりすごいよね・・」とたまにですけど感心する事もありますね。



繝輔Ο繝・ヴ繝シ_convert_20170330175807



そしてワープロと共に一緒に出てきたのは「フロッピーディスク」でした。

このフロッピーは多分ですけど、私やうちの奥様が仕事とか趣味の領域で使っていたものですけど、
果たしてこのフロッピーにどんなものが保存されているのか全く記憶に無いですね・・
私がパソコンを初めて購入したのが1999年なのだすけど、この頃のPCには普通に基本性能として
フロッピーを挿入するスペースが付いていましたけど、
確か2005年頃のPCにはそうしたフロッピーを保存アイテムとして使用するという前提は無くなっていたと思います。
というかフロッピーは確かに当時としては凄いものがあったのかもしれないですけど、
今現在の視点で見てみると、容量が元々全然ないですから、ビジネス文書を20個程度保存しただけで
容量オーバーになっていましたから、フロッピーの数だけはどんどん増えていくという感じになってしまうから、
こうやって物置に使いもしないフロッピーが放置されちゃうのかもしれないですよね。

今現在ですと、PCのデータ保管のツールは、USBメモリとかCD-ROMがメインなのでしょうけど、
USBメモリのあの便利さに慣れてしまうと、とてもじゃないですけど当時のフロッピーなんて
二度と使えやしない・・という感じになってしまいますよね・・(笑)

その物置に放置されていたフロッピーディスクですけど、そのフロッピーに保存されているものが果たして何であるのか・・
というのは、我が家にあるPCにはフロッピーを読み取る機能なんてある訳ないですから、
もしかして永遠に謎なのかもしれないですね・・(笑)

最後に・・

「ドクター中松がフロッピーディスクを発明した」みたいな話もあるようですけど、
「え・・? あの人がこんな偉大なものを発明したの・・?」と最初にその話を聞いた時感じたものですけど、
実態は・・半分本当、半分ちょっと違う・・という感じなのかもしれないですね。

ドクター中松が、形は似ているけどフロッピーとは全く無関係の音楽録音用の商品を「ナカビゾン」という名前で
ドクター中松名義で特許申請し、後にIBMがフロッピーを開発したときに法的な係争を避けるため、
似たような形のものを登録した特許の持ち主に片っ端から打診し、その中に「ナカビゾン」も入っていたという経緯から
そうした俗説みたいな都市伝説(?)が流布した・・という感じらしいですね。
ちなみに、ナカビゾンとは何かと言うと、何枚も繋がった紙の横一行一行に譜面が記録されていて、
自動連奏蓄音機の譜面読みとり部分が左右に振れることで、譜面を読み込み演奏するものとの事で、
簡単に言うと、レコードジャケットに穴を開け、レコードをジャケットに入れたまま再生出来るようにした発明なそうです・・
フロッピーディスクを開発したIBMは、自社の特許を守るため、
当時フロッピーディスクの構造に抵触しそうな他者の特許に対しては契約を締結し、
この中にドクター中松のそのナカビゾンの特許も含まれていたというのがどうやら本当の所らしいですね・・

要は・・

正確にはドクター中松は、「レコードをフロッピーディスク化したような形の物を発明した」のであって、
フロッピーディスクそのものは発明していないという事になるのだと思います。

やはり色々と世間的な誤解は出ちゃうのかもしれないですね・・(笑)
スポンサーサイト

 | BLOG TOP |