プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


暦の上ではとっくに4月に入っていますし、昼間は大分暖かくもなってきました。
だけど、朝晩はまだまだ寒いですね。
真夏の盛りですと「お風呂なんて入りたくない! 只でさえこんなくそ暑いのに浴槽のお湯に浸かるなんて・・」みたいな
感じになってしまい、シャワーだけで済ませてしまう事の方が圧倒的に多いのですけど、
この時期は寒い時もまだまだ多いですので、「お風呂に浸かる」というのは、気分転換にもなりますし、
温まりますし、やっぱり「お風呂はいいよねぇ~、やっぱり自分は日本人なんだなぁ~!」と思ってしまいます・・(笑)
そういう時って自宅のお風呂もいいのですけど、時々どういう訳か無性に昔ながらの「銭湯」にも行きたくなってしまいます。

あれ、なんでなのかな・・?

やっぱりあの広い浴槽でのびのびと足を延ばしたいとかジャグジーで首をほぐしたいとか
たっぷりのお湯でのんびりくつろいでボケッ・・としたい・・みたいな「開放感」を求めているのかもしれないですね。

私が埼玉県川口市に住み始めて今年で20年になるのですけど、20年前はうちの近くでもいくつか「銭湯」はありましたし、
スーパー銭湯とか日帰り温泉もいくつかあったのですけど、
年々そうした入浴施設も数としては明らかに減っていると思います。
確かに需要は減っているのでしょうし、
一人暮らしの学生さんも昔と違って「風呂なしアパート」に住む人も少ないのでしょうし、
何よりも現在の賃貸アパートでは、そうした風呂なしアパートという形態も皆無なのかもしれないですね。

現在、銭湯の入湯料は430円ぐらいだったかな・・?

1984年に親元を離れて一人暮らしを始めた際は、
埼玉の大宮の「トイレ共同・風呂無、3畳+4.5畳」のアパートが当時家賃22000円だったと記憶しています。
翌年以降は東京都中野区の「トイレ共同・風呂無・6畳」のアパートが家賃24000円だったと記憶しているのですけど、
当時の銭湯の価格は、確か240円だったと思います。
面白いのは、洗髪をしない場合は価格が210円というように、シャンプー有り無しで価格が異なる点だと思います。
これって、シャンプー無しという事を入湯前に番台で申告し、210円で入ったとしても、
そこで髪を洗ったとしても銭湯側としても確認の仕様が無いから
結局は「自己申告」というのか、利用者の良心に任せるという事だったのかもしれませんよね。
銭湯側としても、客が銭湯を出る際にいちいち「こいつ、入湯時に洗髪無しという事を申告し210円で済ませていたのに、
こんなに髪が濡れているという事はどうみても洗い場で洗髪したという事じゃん・・!
それじゃー、追加料金は貰わないいけない!」みたいなトラブルとか押し問答というのは、
私が知る限りにおいては見た事ないですね。
ずる賢い利用者ですと、本当は洗髪したのに、浴槽でついついお湯を被ってしまった、だから髪が濡れている・・
みたいな言い訳もいくらでも出来ていたと思います。
だけど当時そうしたせこい利用者はほとんど見た事がないですし、ほとんどの方は「洗髪あり」の240円の料金で
入湯していたと思います。
たまに210円の洗髪なしを申告する人もいたと思いますが、そうした人って、当時私が知る限りにおいては、
洗い場でも絶対に髪を洗う事はしていなかったと記憶していますね!

果たしてこうしたシステムが現在でも残っていたらどうなるのでしょ・・?

なんか色々とずる賢い人たちがいろんな言い訳しまくって料金をごまかす人が多そうな気がするのも、
平成以降のモラルの低下とか日本人の伝統的な美意識の低下がかなり目立っているという世相があるのかも
しれないですね。
とにかくこうした「洗髪あるなしでの料金の差」というシステムは、現在では、ありえない制度と言えるのだと思いますが、
当時はまだこうした「古き良き昭和の伝統」とか「昭和のモラル」が通用する時代だったのかもしれませんよね。

あ、そうそう! 当たり前の話ですけど、銭湯はスーパー銭湯とは違いますから、基本的には、
ボディソープ・シャンプーはおろか、石鹸すら置いていないですよ!
だから銭湯に行く際は、シャンプーや石鹸は必需品ですよ! (笑・・)

うちの近くにまだ残っている銭湯は、シャワーが設置されていない洗い場もあったりしまして、
そういう際は、お湯を掛ける際には、プラスチック製の桶にお湯をいれてざーーーっと浴びるという大変レトロなものも
あったりします。

しかも!!

そのプラスチック桶って黄色の「ケロリン桶」ではありませんか!!
これはとんでもなく懐かしいですね!

「ケロリン桶」って実はまだ使われていていまだに「現役」なのですね!!

ちなみにですけど・・ケロリン桶とは、全国の銭湯や公衆浴場で使用されている黄色いプラスチック製の湯桶の事です。
1963年に内外薬品株式会社の鎮痛薬ケロリンの広告媒体として製造されて以降
現在も湯桶の定番として全国で使われているようです!

こうした昭和レトロのものが残っている事自体、昭和育ちの私としては、なんか嬉しいものがあったりもしますね! (汗・・!)




縺代m繧翫s_convert_20170331195150




2010年代以降、アニメ作品に登場するキャラクターが描かれたケロリン桶が、2作品も発売されてもいますね! (笑)

一つは名前が似ているという事で「ケロロ軍曹」のケロリン桶でしたけど、
もう一つは極めて最近のアニメです!

それが最近何かと話題になっている「けものフレンズ」なのです!!

いや~!! テレビ東京で今年の1月から3月で放映されていた「けものフレンズ」はとっても面白かったですし、
とても楽しかったです。
あのゆる可愛らしさがとても素晴らしかったですし、
特に私個人としては「サーバルちゃん」のあの殺人的可愛らしさは素晴らしかったです!! (笑)
テレビ東京の社長会見でも、このけものフレンズが話題になっていて
「こんなに話題になるとは思わなかったし嬉しい誤算」と言われていて、
「これからはテレビ東京はもっとアニメ作品にも力を入れていきたい」と言われていたのは、
私にとっても嬉しいものがありますね。

そのケロリン桶とのコラボグッズとして、
『けものフレンズに登場する「フレンズ」キャラの二人・キタキツネとギンギツネが描かれたコラボ桶がネット限定発売
されていますけど、
こういう「マイケロリン桶」を持って銭湯に行ったら「うらやましい・・」みたいな目で見られるよりも
「きも~い・・」と言われるかどちらかなのでしょうね・・(汗・・!)
スポンサーサイト

 | BLOG TOP |