プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の当ブログの東方カテゴリ記事は、早苗さんとさとり様関連ばかりが目立っているような気がしますね・・(滝汗・・)

だれどそれも仕方ないのかな・・?

3月は、巫女の日・早苗さんの日・さとり様の日とこのお二人に関係する東方記念日が多かったですし、
何よりも、「dream fantasy」のアミグリさんが「3月7日は早苗さんの日」に描かれたあの早苗さんが
あまりにも素晴らしすぎたものでして、それに便乗する形で、なんか私も早苗さんのことは書きまくっていたような
気がしますね・・・(笑)

さてさて、ここ最近は、原作ゲームとしても公式漫画でもさとり様の登場が中々ないものでして
「さとり様大好き!」の私としては少々寂しいものがあるのですけど、
今年の2年ぶりの新作ゲームは「カップリング」をベースにした作品とのことで、
この新作ゲームにおいては、さとり様の実妹のこいしちゃんの登場は既に確定していますので、
そのこいしちゃんのペアの相手は、順当にいけば「東方深秘禄」でも登場した秦こころが妥当なのかもしれないですけど、
かつての東方ゲームの一面ポスにあのゆゆ様が登場した時みたいなサプライズとして、
こいしちゃんのカップリング相手としてさとり様が登場し、「姉妹ペア」がもしも実現されたとしたら、
私としてはとっても嬉しいものがありますね!

さとり様は、これまで何度か書いた通り、人間・妖怪等他者に対しては一切心を開いていません。
さとり様は「自分が他者から十分すぎるほど嫌われている」と自覚をされているからこそ、他人とのコミュニケーションを放棄し、
四季映姫様から委託をされた旧地獄の管理をしながら基本的には地霊殿に引き籠られて生活をされています。
そしてなぜか原作作品とかフィギュア作品においてのさとり様の片目は閉じられていることが多いというのも
なんか面白いものを感じたりもします。
それは多分ですけど、さとり様の「サードアイ」が他人のすべてを見透かしてしまうということで、「目」が必要ないから
閉じてしまうという事を意味しているのかもしれないですし、サードアイがさとり様の目としての代替になるせいなのか、
必要無いときは両目を閉じていることすらありますからね・・・

公式漫画の「東方茨歌仙」において、さとり様は一度だけ登場をされた事があるのですが、あの時のさとり様の両目は
しっかりと開いていて、
「あ―、これが本来のさとり様だぁー」と深く感激したものでした・・(笑)

そしてこれは少し古いお話でもありますが、そうしたさとり様の両目がしっかり開けられたフィギュアも
2012年に作成・発売されていました。
サーファーズパラダイス(東方波天宮)の東方Projectのケールフィギュア第1弾「東方1/6フィギュアVol.1 古明地さとり」が
そうなのですけど、
今回はそのさとり様フィギュアを簡単にご紹介させて頂きたいと思います。

そして後述しますけど、このさとり様フィギュアにおいて最も画期的!と思う点は、何といってもさとり様の「ドヤ顔」が
お目にかかれる点だと思います! (笑)




縺輔→繧頑ァ論convert_20170323182650




上記のサーファーズパラダイス : 東方1/6フィギュアVol.1 古明地さとり (東方波天宮)の商品概要は下記の通りです。

発売時期 : 2012年4月28日
仕様 : PVC製完成品 (一部ABS製)
サイズ : 全高約26cm (1/6スケール)
原型師 : ジャスティス(popstick!)
付属パーツ : 火焔猫燐(猫バージョン)、専用台座 、表情パーツと足の差し替えパーツ

このフィギュアで大変ありがたいのは、お燐ちゃんというさとり様のペットの黒猫仕様がセットされている事と、
この種のフィギュアとしては大変珍しいことに「足のパーツ」がセットされていて、
さとり様の片足立ちというヴァージョンもお目にかかれることができます!
だけど一番うれしいのは、表情パーツに「ドヤ顔」がセットされていて、
さとり様の「私はみんなの心が読めちゃうんだぞぉー! どだっ、参ったかぁー!!」みたいなまるで早苗さんみたいなドヤ顔が
見られることだと思います!!

ふわっと浮いたスカートも素敵ですし
(後ろから見ると、さとり様のスカートの中の下着が丸見え状態です! 滝汗・・・!)
横にいるペットの黒猫としてのお燐ちゃんもとっても可愛いですね!




縺輔→繧頑ァ・_convert_20170323182711



ちなみにですけど、このフィギュアは限定発売だったようでして、現在では市場にほとんど流通しておりませんし、
入手は極めて困難なのかなぁと思いますね。
以前も書いたのですけど、傾向として東方ファンの皆様は、東方キャラのフィギュアは他に転売とか飽きたから売りに出す
みたいな事はあんまり無いようにも感じられますので、
東方フィギュアは全般的に中古品でもかなりの高値が付いていますし、ある意味プレミア価値が付いている
ようにも感じられます。
それゃそうですよね! 私だってこうした東方フィギュアは一度入手したら、間違いなく私が生きている間は絶対に
手放したくないという感じですし、さとり様・こいしちゃん・霊夢・ゆかりん・早苗さん・アリス・あやや・ぬえ・フランちゃんなどの
東方フィギュアは箱から出しておいて棚等に飾り、常にいつでも見れる状態にしておきたいですね! (笑)


このサーファーズパラダイス : 東方1/6フィギュアVol.1 古明地さとり (東方波天宮)ですけど、
さとり様の表情パーツは二つセットされていて、笑顔verと上記のドヤ顔verがある訳なのですが、
私個人の感想としては「笑顔のさとり様はなんかちょっと違うのかも・・・? なんかこれはさとり様じゃないのかも・・?」
みたいな印象が強いです。
さとり様は原作でも公式漫画でも「心、ここにあらず・・」みたいな寂しげで孤独な雰囲気を有されている御方ですので、
確かにそうした笑顔のさとり様は、ある意味大変貴重とも言えるのですけど
「うーん、さとり様にはたまには笑ってほしいけど、フィギュア作品としては笑顔とさとり様はあんまり両立しないんだよなぁ・・」と
感じてしまいますね。

だからそうした意味においては、今回のこの記事で取り上げさせて頂きましたさとり様の「ドヤ顔」の方が
なんか全然しっくりくる感じが強いです。
確かに、さとり様は、原作等でもこうしたドヤ顔をされる事は恐らく無いと思われる中、こうした寂しそうでないさとり様は、
大変貴重なものがあると思いますし、
やはりここにいるのは、「人の心を自由自在に読めちゃう」という妖怪・覚の「どだっ、私の怖さを思い知ったか!」という
感じなのだと思います!!

そうそう、このフィギュアのさとり様の片足立ちなのですけど、これは残念ながら自立はできません!

支え柱が無いとさとり様フィギュアは立つことすら出来ない・・というのは、これは仕方がないことなのかもしれないですね・・・




縺輔→繧頑ァ・_convert_20170323182733




でもこのさとり様のドヤ顔は素敵です!!

したり顔といってもいいのかもしれないですね・・・(笑)

さとり様の元ネタの妖怪・覚は、人が心に思っている事をズバズバと指摘し、指摘された人の動揺を楽しみほくそ笑む
みたいな悪趣味みたいなところがあるのですけど、
このフィギュアのさとり様は、まさに妖怪・覚そのものなのかもしれないですね!

普段とは異なりちょっといじわるなお顔をされているさとり様は、やっぱりとても貴重なものがあると思います。

さとり様も地霊殿にばかり引きこもっておられずに、たまーには、妹のこいしちゃん同様に
地上に姿を出して頂き、鈴奈庵の小鈴の心を読み取って小鈴を思いっきり泣かせてしまうぐらいの
いたずらを時にされる事もあってはいいのかもしれないですね・・(笑)
というか、幻想郷のキャラの皆様は、ほとんどが濃厚な人たちばかりで、心を読まれて動揺し泣いちゃうキャラって
小鈴以外いないのかもしれないですね・・(笑)




縺輔→繧頑ァ倥う繝ゥ繧ケ繝・convert_20170323182802



ちなみに上記イラストは、このフィギュアの元絵となったものです。

こうやって見てみると、このちょっと悪人顔っぽい(?)さとり様の元絵を忠実にフィギュアとして再現されているという
印象が強く、フィギュアのデザイナーさんとか造型師の皆様のご苦労には
本当に頭が下がる思いで一杯ですね!

やはりこういうところにも「モノづくり大国・日本」が表れていると思います!




縺輔→繧頑ァ倥€€郛カ繝舌ャ繧ク_convert_20170323182614




ちなみに・・・こちらのグッズ-バッチ東方Project 東方波天宮 150mm缶バッジ 古明地さとりも
2014年にフィギュアと同じくサーファーズパラダイスから発売されていますけど、
こちらのさとり様もとっても素敵ですね!

こうしたちょっと恥じらいの表情を見せているさとり様の方が本来のさとり様に近いのかもしれないですね。

ドヤ顔のさとり様も恥じらうさとり様も心ここにあらず・・の寂しげなさとり様もみんな素敵ですね!




satorinrin_convert_20100708143922.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

こちらのさとり様は、アミグリさんが2010年7月に描かれたさとり様です。
アミグリさんとしては初期作品に位置するものです。

こちらのさとり様は、ドヤ顔でも無く心ここにあらずでもなく、可愛いさとり様がいると思います。
可愛いけど、やはりどことなく「何か」を心配されているようにも見えますけど、
その「何か」とはやっぱり実妹のこいしちゃんの事なのかな・・・?
2016年3月10日の「さとり様の日」に私からのリクエストで描いて頂けたさとり様は、いつもの片目verでしたけど、
こちらのさとり様は上記のフィギュアのような両目が開いたverです。
さとり様の場合、片目でも両目でもどちらも可愛いし魅力的というのがとても素敵ですね!

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて、先日は「アミグリさんが描かれたチルノ特集 その①」であんなにも大きな反響を頂けた事に
感謝しております。
皆様いつも本当にありがとうございます!
その続編の「チルノ特集 その②」は4/9(日)を予定しておりますので、
その①に引き続きましてこちらの方も宜しくお願いいたします。

その①と同様に可愛くて多彩なチルノに一杯いっぱい会う事が出来ますので、4/9の当ブログも何卒
宜しくお願いいたします。

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越し頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!
スポンサーサイト
住宅のアフター&クレーム対応みたいな仕事を日々していると、毎日5~10軒程度の家を巡回する事となり、
嫌でも他人の家とか他人の家の家庭事情みたいなものも見聞きする事は、
他の皆様よりはかなり多い立ち位置にいるんじゃないのかな・・?と思う事も多々あったりもします。

そうした中で最近ちょっと増えてきたのかな・・?と感じる風潮として、

①高齢者の一人暮らし

②高齢夫婦の内、どちらか一方が病気又は痴呆で結果的に老老介護をしている世帯が本当に増えてきている

③子供世帯は親たちのそうした困窮にも意外と無関心・・?というか「あんまり関わり合いたくない・・」みたいな
 感じでお互いに行き来はしているけど、深いところまで関わり合いを持ちたくないような雰囲気がある

そんな感じなのだと思います。
昔から「孝行したいときには親はなし」とか言われていますけど
(ツービート時代の毒舌漫才コンビ時代のビートたけし巨匠が、若かりし日には「孝行をしたくない時親がいる」と
言われていた事もありましたね・・汗・・!)
そうした親世帯が既に彼岸の彼方のいる自分達夫婦にとっては、「自分の親の面倒を誰が見る・・?」みたいな
切実な問題は一応は関係が無いものの、
そうした「自分たち自身の高齢化」というのが逆に避けられない問題になる可能性があるというのも
なんだかせつない話だよなぁ・・としみじみと感じる事もありますね。

先日お伺いした家もそんな感じの家でして、ご主人がいわゆる若年性アルツハイマー又は何かしらの精神的疾患を
患い、先方から依頼を受けて簡単な浴室暖房乾燥機設置の見積もりを持って行っても
とある一つの項目について同じ事を7~8回繰り返して何度も何度も質問を繰り返してきたり、
1分前に聞いてきた事と全く同じ質問をしてくるなど明らかに正常な人ではない異常さを感じたものです。
一緒に横で聞いていた奥様もかなり困惑された表情をされていたのが印象的です。

こうした方と商行為を行うこと自体、何かあった場合ちょっと面倒なものでして
その場は「では検討しておいて下さい」と半ば逃げるような形で引き上げざるを得ないという感じでした。

でもそうは言ってもこれは本当に他人事ではないのかもしれませんね。

「一寸先は闇」という言葉が示唆する通り、私自身もいつ倒れてしまうのか、ボケてしまうのか
「いやいや自分に限ってそんなことは無いよ・・」と言い切れる自信は無いものでして(汗・・!)
万が一、自分自身が倒れたり、ほんの瞬間前の事も思い出せない程痴呆が進んでしまったとしたら
一体誰がちょっと頭のネジがゆるんだポケッ・・としている内の奥様のフォローを誰がするのか・・?
誰が彼女の老後の面倒を見るのか・・?
はたまた自分自身の面倒は・・・最後は一体誰が見てくれるのか・・・

私自身も最近ようやく「若くはない」・「以前みたいな爆発的パワーは無い」という事を自覚してきましたので(滝汗・・!)
目に見えない「不安」は感じずにはいられません。

自分の身の回りの事を自分自身で出来なくなってきたら、「終わりの始まり」を意味するのかな・・とも
感じる事もありますね・・

よくニュースで高齢者の孤独死なんてことが報道されていますけど、
不謹慎な表現になるかもしれませんが、少々違和感を感じるのも事実です。
他人に迷惑をかけてまで、他人に自分自身の生活の面倒を見てもらってまで
「生きたい」とは思えない…という気持ちも実はあったりもします。
お前がまだ健康だからそんな事が言えるんだ・・みたいな批判は重々承知しているのですけど、
他人に迷惑を掛けてまで生きるのだったら・・・
自分の意志が明確なうちに静かにこの世からフェイドアウトしていきたい・・消滅したい・・みたいにも
感じる事もたまにではありますがあったりもします。
他人に迷惑をかけて生きるのなら、他人に自分自身の身の回りの世話まで委託するくらいなら、
ひっそりと自分自身を消滅させたいという感覚があるのも事実です・・・・
(自ら自分のかけがえのない命を絶つという感覚ではなくて、雲が青空に溶け込んでいって消えるような
感覚です・・)

だけど同時に、心のどこかで「命ある限りはしぶとく生き続けたい!!」という思いもあるのも事実ですし、
その辺りは微妙なものはありますし、
「まだまだやり残したことは一杯あるし、この命がある限りは・・自分の事が自分でちゃんと出来ている間は
自分に出来る事の全てはやり尽くして完全燃焼したい!!」という気持ちがあるのもまた事実でもあります。

青い空の下で雲がすーーーっと消え行く様に・・・まるで空に溶け込むように消えていくような
自分自身の最期というのも
「一つの理想的な最期」なのではないかとも思ってしまいます。

我が家は子供がいないものですので、二人暮らしという事になるのですけど、
うちの奥様も、基本的には・・生きているのか死んでいるのかよく分らないようなタイプなので、
休みの時に二人で家にいても、
家の中も「シーン」と静まりかえっている事が多いような気がします・・・
竹中直人主演の映画で「無能の人」という作品がありましたが、
(主人公は元漫画家で、現在は何もせず家でぼんやりとしている。作品の中では親子で拾ってきた石を
 小屋で売っているが、当然そんなもの売れるわけもなく、ただひたすら小屋でじっーとしている)
そのワンシーンで、奥さんが
「何だかこうしていると世界で何が起きても私達はこうやって寂しく生きているのかしら・・」と
いったセリフがありましたが、
それに近い感覚を自分自身抱くこともあります。

正直今はいいけど、あと何十年かしたら、自分達二人はどうなっているのだろう・・・と漠然とした
不安を感じる事もありますし、
それが私自身の「心の深層の不安」という事なのかもしれないです。

うちのブログにしては珍しい(?)ちょっとシリアスで楽しくないお話で申し訳ありませんでした・・・(滝汗・・!!)

 | BLOG TOP |