プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ほとんど同じ制服を着ているはずなのに「色違い」というだけで随分と印象が異なる事も結構多いような気もします。

そのいい例が病院でお見かけする看護師さんなのかな・・?

以前ですと看護師さんのナース服は白ばかりという印象だったのですけど、最近は、淡いピンク色とか
淡いブルーとか白以外の色も随分と目立つようになりましたけど、
同じナース服でも白とピンクでは随分と「人に与える印象」も違って見えるような気もします。

ゲームの世界ですと、「2Pカラー」という「色違いのキャラクター」もあったりします。
自機として使用するキャラにおいては、二人以上でプレイできるゲーム等において
同じキャラクターを使用したいという場合なんかが多々あり、メインカラーとは色違いなだけで、
グラフィックも性能も同じという事もあったりします。
そうした場合に大変便利で重宝されたのが、この2Pカラーという事なのだと思います。
だけどそうした2Oカラーの同キャラでも「色違い」というだけで随分と与える印象の違いもあるのではないのかな・・と
思ったりもしますね。

さてさて、東方フィギュアの世界でも、全く同じキャラ・全く同じポーズ・同一制作会社で同一デザイナーという場合でも
同一キャラでも色違いによる印象の違いというのは結構あったと思います。
霊夢なんかはそうした典型例だったと思いますし、物部布都も、通常Verと黒Verではやはり随分と印象が
異なっていたようにも感じられたものでした。

そうした色違いによる印象の違いでインパクトが強かったのは、さとり様だったようにも思えます。

本記事におきましては、グリフォンフィギュアによるさとり様の通常Verとピンク色Verの違いを楽しんで頂き、
後半に当ブログでは既にお馴染みのアミグリさんが過去に描かれた「霊夢」の色違いによる印象の違いの実証として、
赤霊夢と青霊夢による印象の違いを見て頂ける皆様に少しでも伝わる事が出来れば
とっても嬉しいです。



縺輔→繧垣convert_20170319185101



上記のさとり様ですけど、こちらは通常Verです。

こちらのさとり様の商品概要は実は今まで書いた事が無かったものですので(汗・・)

改めて下記に概要を記させて頂きますと・・・

商品名 : 怨霊も恐れ怯む少女 古明地 さとり
素材形態 :  1/8 PVC製塗装済完成品
発売 :  2012年6月発売
価格 : ¥ 7,200 (税込¥ 7,560)
サイズ : 1/8スケール 約16cm
原型製作 : i-con

やはり、さとり様の「心、ここにあらず・・」みたいなどこか寂しそうな雰囲気が漂っていると思いますし、
さとり様の胸元のサードアイの不気味さが印象的です。



縺輔→繧頑ァ論convert_20170319185130



こちらが全く同じ造型師様による色違いのさとり様です!

商品概要は通常Verと大体同じです。但し、こちらの色違いのクイーンズピンクverは、生産数が極めて少ないですし、
市場にほとんど流通しておりませんので、通常版以上に入手は大変困難だと思われます。

通常verとクイーンズピンクverの違いは、上着の色と髪の毛の色だけですけど、
私的には印象度は全然違うんじゃないのかな・・?という感じです、
クイーンズピンクverの方が、ピンク色という事で「華やか」という印象がありますし、やはりカラフルという感じが
伝わってきます。
だけど、通常verに比べるとどこかしっくりこない・・みたいな雰囲気はあるんじゃないのかな・・?とも
感じたものでした。
ピンクですと、何となくですけど少し「能天気な(?)さとり様」みたいな雰囲気があるようにも思えますし、
さとり様の持ち味でもある「心、ここにあらず・・」とか「寂寥感」みたいなものは多少後退しているようにも感じられ、
ちょっとさとり様らしくないのかな・・?とも感じたりもします。
だけど、こういう「明るいさとり様」もたまには見て見たい時もあったりしますので、
これはこれでいいのかもしれないですね。

さとり様は、東方地霊殿の際に霊夢を見て「紅白のめでたき人間」と評していましたけど、
こういうピンクのさとり様こそ「めでたきさとり様」なのかもしれないですね・・・(笑)




縺輔→繧頑ァ・_convert_20170319185217



全体的には淡いピンクがとても美しいと思いますし、髪の水色と良いコントラストになっていると思います。

さとり様も地霊殿に引き籠ってばかりでなく、たまにはこんなおしゃれな恰好をして、外界・・は無理としても(汗・・)
せめて幻想郷の地上には出てきてほしいものですね!
そしてさとり様がもしもですけど、霊夢の博麗神社とか早苗さんの守矢神社をお詣りしたとしたら、
さとり様が心の中で願う事はどんな事なのでしょうか・・・? 私、とっても気になります・・
そしてさとり様がそのまんま白蓮さんの命蓮寺を訪れたとしたら、
「うちのこいしをこれからも宜しくお願いします・・」とか何とか言って、命蓮寺にたくさんの寄進とかお布施を
お渡ししそうでもありますね・・・(笑)
さとり様は多分ですけど、霊夢の博霊神社にはお賽銭は投じないような気もします・・(汗・・!)




縺輔→繧頑ァ・_convert_20170319185156



改めてですけど、通常版もピンク版もさとり様の片目は閉じられたままです。

さとり様が今の所唯一登場した公式漫画の「東方茨歌仙」においては、さとり様の両目はちゃんと開けられていましたので、
フィギュアの世界でも、さとり様の両目がしっかり開いたところは見てみたい気もしますね・・・(笑)

それにしても通常版もピンク版もさとり様のサードアイはやっぱり少し不気味ですね・・・




20syu-nen-reimu-01_convert_20151121172610.png


ao-reimu-2016-0_convert_20160809165817.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。
そして今回はいつもと少し趣向を変えまして、アミグリさんが過去に描かれた霊夢の中で、
ポーズ等はほぼ同じなのですけど、「色」を赤と青で変化させ、
アミグリさんご自身が「赤霊夢・青霊夢」と評されてる霊夢の赤と青による「色の違い」をお楽しみ頂きたいと思います。

霊夢の巫女衣装ですけど、早苗さんが初めて東方に登場した際は、
頭の飾り(霊夢→リボン 早苗さん→カエルとヘビの飾り物)を別にすると、巫女衣裳そのものは
霊夢も早苗さんもよく似ている・・否! 霊夢の巫女衣裳の2Pカラーが実は早苗さんなのではないのか・・?
みたいな話もあったようですけど、
早苗さんのあの最近の変りよう+はっちゃけ振りを見せつけられると
「霊夢と早苗さんは似ているから巫女衣裳も似せている」みたいな事を言われる方も既にほぼ
皆無となっているような気もしますね。
そしてその事は、早苗さんの「個性の確立」を立派に証明しているのだとも感じられます。

まず上記の「赤霊夢・青霊夢」なのですけど、赤霊夢は2015年11月に描かれ、青霊夢の方は昨年8月に描かれたものです。

赤霊夢はいかにも「異変解決」の頑張る巫女さんという感じですけど 「青霊夢」は、夏らしいというのか、
少しクールさを感じさせる「涼しい霊夢」だと思いますし、 赤霊夢とは全く別の作品なのでは・・・?と
感じさせてくれていると思います。
表情が微妙に異なっているのも素敵ですね。
青霊夢は確かに涼しい感じなのですけど、より笑顔が強調されていて、赤霊夢よりも少し「楽しさ」が滲み出ているようにも
感じられます。

上記のさとり様もそうでしたけど、やはり「色の違い」は大きいと言えるのだと思いますね。




krei-mu066_convert_20120409151108.png



kreimu088_convert_20120410130939.png



続きましてのこの「赤霊夢・青霊夢は描かれた時期がほぼ同じで、共に2012年4月です。

そして2012年のアミグリさんというと、現在の作風のあの素敵な「キラキラ感」とは少し作風が異なっておりまして、
2012~2013年頃のアミグリさんの作風は、私が勝手に「淡い色彩時代のアミグリさん」と呼ばさせて頂いております(笑)

私は以前から何度も申し上げている通り、幾分骨太タッチの初期作品も2012年前後の淡い色彩時代のアミグリさんの作品も
そして最近のキラキラ感漂うアミグリさんの作品も
「みーーんなぜーーんぶ大好きっ!!」というのは私自身全くぶれていないと思います!

上記の淡い色彩による赤霊夢と青霊夢の違いは、今回転載&ご紹介をさせて頂きました3パターンの霊夢の中では
一番違いがくっきりと如実に表れているような気もします。
そしてこの2012年の赤霊夢・青霊夢は、まるで鍵山雛みたいな「東方フリル地獄化」の様相を呈しておりまして
この霊夢は何度見ても
「これ・・描くの大変だったんだろうなぁ・・」と当時のアミグリさんのご苦労に心から敬意を表したくもなってしまいそうです。

赤霊夢は淡いのだけど「美しさ」が確実に伝わってきていて、青霊夢よりはカラフルなものも感じさせてくれていますけど、
全体的には幻想的という印象の方が強いと感じられます。
対して青霊夢の方は、赤霊夢よりも更に「はななさ」・「もろさ」みたいなものが感じられ、
大変ヘンな例えになって恐縮なのですけど、「握った途端に崩れおちてしまいそうな砂糖菓子」みたいな「もろさ」みたいなものが
私には伝わってきます。

同じキャラでも色使いとか表情で雰囲気が全然変わってくるという事を見事に証明した色違いの作品だと
思います。
ちなみにこの赤霊夢・青霊夢は、上下の二つの作品と異なり、二つの霊夢の表情は全く同じなのですけど、
同じ表情ながらもこれだけの「違い」を私達に感じさせてくれている訳ですので、
改めて「色というのは魔法みたい・・」と感じさせてくれていると思いますし、それを的確に描き分けちゃうアミグリさんの腕も
素晴らしいものがあると思います。




hakureisama_convert_20130809111402.png




hakurei-reimu-2015_convert_20150624165611.png



こちらの赤霊夢・青霊夢は「色の違い」だけでなく、背景や霊夢の表情も大きく異なっていますので、
やはりその違いは明瞭なのだと思います。
ちなみにですけど赤霊夢の方は2013年8月に描かれ。青霊夢の方は2015年6月に描かれています。

一般的には、赤→派手・熱血・楽しさ 青→クール・知的・ひそやかさみたいなイメージもあるのですけど、
この赤霊夢・青霊夢に関しては、そういたイメージが少し反転し、
霊夢の表情も大きいのですけど、赤霊夢に比べて青霊夢の「楽しさ・喜び」みたいな雰囲気がより強く感じられるのは
大変面白いと思いますし、
やはり「色の違い」は大きいものがあると思います。
青霊夢のような背景も素敵だと思います。

冒頭のさとり様フィギュアではないですけど「色」というのはある意味素敵な「魔法」なのかもしれないですね。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!


既に予告済ではありますけど、今月は「アミグリさんが描かれたチルノ特集」を二回に分けて
開催させて頂きます・・・というか・・
いよいよ明日・・4月2日がその「チルノ特集」の第一回目です!

とにかくとても可愛くて多彩なチルノに一杯いっぱい会う事が出来ますので、明日の当ブログも何卒
宜しくお願いいたします。

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越し頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!
スポンサーサイト
19.福岡工大付属高校


A/バレエ音楽「シバの女王ベルキス」~Ⅱ.戦いの踊り Ⅲ.暁のベルキスの踊り Ⅳ.狂宴の踊り (O.レスピーギ)


1987年の福岡工大付属高校(現.福岡工大付属城東高校)の「カウボーイ」は銀賞ながらも
まさに「伝説」に相応しい演奏だったと思います。
あの年のホルン・ユーフォニアム・トランペットなどの金管セクションの優秀さは、吹奏楽コンクール史の中でも
群を抜いている素晴らしさがあったと思います。
反面、木管セクション・・特にクラリネットのリードミスの頻発は大変残念なものがありました・・・
そうした「金管セクションの素晴らしき優秀さ」の流れと勢いに乗る形で、1988年のコンクールは、
金管セクション殺しとあまりにも名高い不滅の難曲&名曲のクロード・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」で臨みましたが、
結果はまさかの九州大会ダメ金で全国大会出場ならず・・・
(ブレーン社の「レジェンダリー」に収録されている演奏は定期演奏会が音源ですけど、あの演奏は、素晴らしい熱い演奏
だと思います! 一つ勿体無いのは、中間部のトランペットソロを完璧に外し、瞬間的に演奏が止まりそうな錯覚に
なったものでした
 聞いた話では、九州大会でも自由曲の演奏中に結構やばいソロミスがあり、演奏が瞬間的に止まりそうに
 なった事も一因のダメ金らしいですね・・・)

そんな訳で1988年は悔しい思いをされていたと思うのですが、そうした鬱憤と雪辱を翌年のこの1989年の大会で
思いっきり晴らすことになります。
そして結果的にこの年を最後に長年この学校を手塩に育てられた鈴木孝佳先生は福岡工大付属高校を去られてしまい、
勿体ない事にその後は一度も吹奏楽コンクールに出場されていません。
そうした事情のせいか、大変気持ちと集中力の強い完成度の高い演奏を聴かせてくれ、結果的に
1984年以来久しぶりの金賞を受賞しています。
(かえすがえすも1985年の九州大会ダメ金により5年連続金賞を達成できなかったのは大変惜しまれました!
 85年の自由曲がラッセンの「マンハッタン交響曲」というとてつもなく地味な曲を選曲したのも一因なのかも・・??)
とにかく鈴木先生としては、有終の美を飾り、最後に大輪の花を咲かせてくれたような気がします。

課題曲A/風と炎の踊りは冒頭のひそやかさが遺憾なく発揮され、前半の抒情性と後半の激しさの対比は
大変的確に表現されていて悪い演奏ではありませんが、最後のトランペットのソロがスカスカにかすれてしまい、
当時普門館の客席で聴いていた身としては、かなりひやひやしたというのもあったりします。
課題曲は全体的に少し鳴らし過ぎというマイナス面もあったかとは思うのですが、そのマイナス面を埋めて
なおかつお釣りがきそうな演奏が自由曲のベルキスだったと思います。
自由曲「シバの女王ベルキス」は、前年度に東北学院大学が全国初演を行い、指揮者&編曲者の淀先生は
吹奏楽の世界にベルキスを世に広めたという大きな功績を残す事となりました。
(淀先生のあまりの早過ぎる死が惜しまれます・・淀先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます・・)
東北学院大学は、ⅠとⅣを繋ぎ合せた演奏ですが、
福岡工大付属の演奏は、小長谷氏のアレンジによるもので、
Ⅱ.戦いの踊り~Ⅲ.暁のベルキスの踊り~Ⅳ.狂宴の踊りを選曲しています。
戦いの踊りは、このチームが全国初演ですが、出だしのティンパニのソロと金管の咆哮は
本当にインパクトがありました。
冒頭のティンパニ奏者はあの場面を叩けたら相当気持ちがいいかもしれないですね・・
続いての大太鼓二台による太鼓連打も迫力がありましたし、続くクラリネットのソロもいかにも
アラビアンナイトみたいな音の世界であり、とても興味深く聴いたものです。
ⅡとⅣの間に挟まったⅢの暁のベルキスは、大変しっとりと抒情的に美しく聴かせてくれ、
ⅡとⅣがあまりにも激しい音楽ですので、その音楽としての「落差」を大変ダイナミックスレンジを幅広く取っていたような
印象があります。
(1992年の常泉寺吹奏楽団は、この「暁のベルキス」の部分をメインに大変しっとりと聴かせてくれましたが、
ベルキス=よく鳴る曲というイメージが定着した中で、これ程内省的なベルキスも珍しいので印象に残っています)

福岡工大付属のベルキスは、豪快さと細やかな部分が融合した素晴らしい演奏でした!

そうそう、Ⅳの舞台横からのバンダは大変効果的でした!
Ⅱの大太鼓連打の部分iにおいて、太鼓の撥に鈴をつけて太鼓と鈴の音が同時に鳴る
演出は印象に残っています。
バスドラムの打点がしっかりとズドン!と決まったとド同時に鈴がシャリシャリ・・と鳴っていましたので
どこなくオリエンタル風みたいな雰囲気も醸し出していたと思います。

翌年から指揮者が真和志中・石田中・那覇中等でお馴染みの屋比久先生へと変わり、福岡工大サウンドも
一変する事となります。
中学校であれほど実績を残された屋比久先生ですら、高校の部では最初ご苦労されていたのが印象的です。
90~91年は九州大会ダメ金で、屋比久先生の指揮で福岡工大が初金賞を受賞されたのは、1993年の事ですから、
いかにスクールバンドにおいて、実績ある指揮者が離れると後任の方がご苦労されるのかの
一つの典型事例なのかもしけないですね。
この屋比久先生はすごいです!
だって・・私が生まれる以前から既に九州大会に出場されていて、そして昨年も大学の部で全国大会出場を
果たされていましたから、まさに吹奏楽界の「神様」みたいな存在の先生だと思います。

 | BLOG TOP |