プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


仕事で車を使用する場合が多々あるのですけど、その際にはよくラジオをBGMとして掛ける事がよくあります。
今現在は残念ながら終了となっていますけど、かつてTBSの土曜日のPM15:00からの「パカパカ行進曲」と言う
聴取者からのバカエピソードを2時間近く披露する内容なのですが、結構これがくだらないバカ話に満ちていて
当時は結構楽しく聴いていました。

その番組の中で印象に残った話なのですけど、普段は「聴いているようで聴いていない・・」みたいな聴き流しという感じ
ではあったのですが、思いがけず「プリキュア」というワードが出てきたもので、思わず聞き入ってしまいました・・
その内容は、娘さんがプリキュアのファンとかで、ある時ゲームセンターにて
プリキュアの可愛いフィギュアがあったので、娘さんのために張り切ってUFOキャッチャーにて
そのプリキュアフィギュアをゲット出来るように頑張ったものの、中々うまくいかず
所持金を使い果たし、カバンの中にあったポチ袋の中にあったお金を使ってようやくゲットしたものの、
そのお金は、その娘さんのお年玉として用意しておいたもので、それを使い果たし、奥さんや娘さんに
思いっきり怒られてしまい、その娘さんからしばらくの間口もきいて貰えなかった・・みたいな内容でした。

でも、その気持ちはよく分りますね。

その投稿者は娘さんのために思わず頑張ってしまったのでしょうけど、
ゲーセン等のUFOキャッチャーの景品フィギュアの中には、一目惚れというのか「これは絶対に欲しい!」と
思ってしまうとてつもなく完成度が高いものも結構あったりもします。
最近でもないですけど、そうした一目惚れみたいなフィギュアは、艦これの吹雪とか明石でしたね!
吹雪と明石はおかげさまでどうにかこうにかゲットいたしまして、そのレビュー記事はこのブログでも
過去記事で書かせて頂いた事はありました・・(笑)

最近のUFOキャッチャーなのですけど、全体的な印象としては、艦これ娘とラブライブ関連のフィギュアの
景品が多いなぁ・・という印象ですね。
それだけ、艦これとラブライブの人気が高いという事なのでしょうけど、こういうのって結構流行り廃りはあるみたいですね。
ラブライブは映画興行成績としては確かあの「まどか☆マギカ」すらも抜くほどの好成績をあげていましたし、
それだけフィギュアとしてのニーズも大きいと言えるのかもしれないですね。

「艦これ」は、私自身もゲームとして遊ぶことはよくあるのですけど、このブログではほとんど書いた事がないと思います。
だって、そりゃそうですよ・・・
私なんてまさに典型的な「ダメ提督」でありまして、毎回結構な確率で「戦術的敗北」というメッセージが
出てきてしまい、ゲームオーバーというパターンばかりです・・・(汗・・!)
私自身が艦これのゲームレビュー記事を書いたとしたら、まさに「私のダメ提督日記」という呼び方がびったり
くると思われます・・(汗・・!)
「艦これ」自体は大好きですよ! ま、艦これというゲームそのものよりも
ゲーム内に登場する「艦これ娘」というキャラの方に魅かれるという感じですね。
艦これは、とにかく魅力的で可愛いキャラの娘がそれこそてんこ盛り状態なのですけど、
私のその中でも特にお気に入りキャラは、吹雪・金剛・時雨・夕張・明石・川内などです!

私がたまにふらっと立ち寄るゲーセンは、ローカルエリアに立地しているせいか、最新のフィギュア作品が
アミューズメント景品として使われているという事はほぼ無く、どちらかというと在庫過剰の品物が
在庫整理のような形で他店から押し付けられているような印象もあり、
「え・・なんで、こんな1年前近くに景品として出されたいたのが今この時期に景品として出てくるの・・?」
みたいなものも多々あったりするのですけど、
最近立ち寄った際は、1年ほどまえに出ていた艦これの春雨ちゃんが景品として置かれていて、
以前から「時雨も可愛いけど春雨ちゃんもとつてもロリ可愛いよね・・」と大変お気に入りの艦これ娘の一人でもありましたので、
久しぶりにUFOキャッチャーの景品を本気で(?)狙いにいきました。
だけど、最近のUFOキャッチャーは大変難易度が上がっていると思います。
以前ですとフィギュアの箱の上部に付けられている輪っかをアームの先端にうまく引っ掛ける事が出来れば
即ゲット!という感じではあったのですけど、
最近はそうした単純な方式ではなくて、金属フレームみたいなの障害物が何本か取り付けられている機内で、
その障害物をなんとかよけながら景品フィギュアの箱を穴に叩き落すという感じになっている方式が
多いような気もするのですけど、
こういうのってなかなかうまくいかないのですよねぇ・・・(汗・・!)
先日も600円程度投入したのですけど、正直・・かすりもしない・・ただお金の無駄遣いという感じで一旦は
諦めてしまいました・・(泣・・)

上記で「ラブライブは大人気!」と書きましたけど、大人気という事はそれだけ数多くの商品が生産され
出回っているという事でもありますので、私自身の感覚としては、中古ホビーショップにおいては、
以前ですと一体1800~2200円近くもしていたラブライブフィギュアも、最近ではキャラにもよりますけど、
大体700~850円程度で売られている事が多くなり、
やはりそれだけ商品として十分に出回ってきたという事なのかもしれないですね。
以前はあれだけ大人気だった「けいおん!」なんかは明らかに在庫過剰気味のようでして、最近では
唯・律ちゃんあたりですと200~300円程度で叩き売られています。
その点、東方Projectのあの精度が高いフィギュア作品は、購入者自体が一度入手すると中々手放さないという事情が
あるせいなのか、こうした中古ホビー店に商品が陳列されることは滅多にないですし、
たまに出てきても価格はとてつもなく高いです!
先日もグリフォンの十六夜咲夜さんフィギュアが18500円で売られていましたけど、結果的に即日完売みたいな
感じになっていました。

上記で書いた通り、艦これの春雨ちゃんのあのロリ可愛いフィギュアはUFOキャッチャーとしてゲットする事は
出来ませんでしたけど、「中古ホビーショップでは置かれているのかな・・?」と思い、先日寄ってみたところ、
ありました! ありました!!
2年前くらい前ですと、東方同様こうした艦これフィギュアもなかなかこうした中古ホビーショップに商品が置かれている事も
なかった傾向にありましたけど、最近はそうした在庫不足という事もほぼ無くなり、
2年前くらいですと、一体2500~3000円近くもしていた艦これ娘のフィギュアも、
UFOキャッチャー系のアミューズメント景品フィギュアの場合ですと、大体780~980円程度で売られている事が多くなり、
私としても大変助かっております。
先日行ったお店でも、なんと・・! 明石・加賀・大和あたりでは一体250~550円で売られていて
「随分と安くなったもんだなぁ・・」と妙に感心もしたものでした。
私が一押しの吹雪も980円で売られていていましたけど、「時雨」はそんな中、一体1780円で売られていて、
時雨の人気ぶりと在庫商品の少なさみたいなものを感じたものでした。

春雨ちゃんは一体780円で売られていて、先日のUFOキャッチャーでの悔しさもあり(?)
ついつい衝動買いをしてしまいました・・・(笑)



002_convert_20170317165504.jpg



上記が、中古ホビーショップで購入した春雨ちゃんです!

あ・・・「中古」と書いていますけど、実際は箱自体未開封状態ですので、新品となんら変りはないです。
箱無状態で既に誰かが一度使用した痕跡があると商品価値はググッ・・と下がる傾向にあるようですね。

それにしてもこの春雨ちゃんのロリ可愛らしさは本当に素敵ですね!

五女設定という事でもありますけど「こんな可愛い妹だったら今すぐ妹にしちゃいたい!」みたいな雰囲気を
持っている娘だと思います。
ま・・・春雨ちゃんには、五月雨等の妹もいますので、実際は「お姉さん」でもあるのですけどね・・(笑)

春雨ちゃんの概要を簡単に描かせて頂きますと・・

春雨とは、大日本帝国海軍所属の白露型駆逐艦5番艦「春雨」をモデルとした、「艦隊これくしょん~艦これ~」に
登場する艦これ娘の一人です。
初期からいた白露型6人(「白露」「時雨」「村雨」「夕立」「五月雨」「涼風」)に、2014年夏イベント
「AL/MI作戦」から先行実装という形で新たに加わった、白露型姉妹の五女という事になります。

春雨ちゃんは上の4人のお姉さまたちから比べると少し雰囲気が幼いというのが特徴でもあり、
そのいかにも「愛すべき妹」みたいなロリ可愛らしさが人気なのだと思いますし、
私も春雨ちゃんのそうした妹みたいな可愛らしさは大好きです。
(今作の「キラキラ☆プリキュアアラモード」の私の一押しキャラが、いちかというやっぱりロリ可愛い妹みたいなタイプ
というのと被る点が多々あるのかな・・?とも感じています・・笑)

春雨ちゃんの外見的特徴として、
ピンク髪を左側頭部で黒紐にて片括りにし、紅色の瞳というのがまず挙げられると思います。
サイドテールは毛先の方に水色のグラデーションがかかっている。
服装や艤装は白露型に共通の黒のセーラー服ですけど、セーラー服は、こうした妹タイプには
より一層しっくりくる雰囲気がありますね! (笑)
それと、春雨ちゃんの特徴は、お姉さまたちとは異なり頭に白いベレー帽を被っている事があるのかな・・?




001_convert_20170317165444.jpg



さてさて改めて上記の春雨ちゃんのフィギュアについてご紹介をさせて頂きますと、
上記は、2016年10月にバンプレストから発売されたSQフィギュア
『艦隊これくしょん -艦これ- 「駆逐艦 春雨 -鎮守府の四季-」 フィギュア』です。

「いつまでも、司令官と一緒に、炊きたてのご飯を頬張りたい!」という春雨ちゃんのキャッチコピーは大変
泣かしてくれるものがあります・・
そうですね・・・私だったら、春雨ちゃんが炊いてくれるご飯でしたら、例え真っ黒に焦げていても
春雨ちゃんのために何杯でもおかわりをしてあげたいです!! (滝汗・・! )

新フィギュアシリーズ「鎮守府の四季」!
第4弾は「春雨」×「秋」!!
実りの秋をイメージして、美味しそうな白米おにぎりをもった姿で立体化されています。

そうそう、このシリーズはあくまて゜UFOキャッチャー等のアミューズメント景品という事ですので、基本的には
非売品扱いです。
この春雨ちゃんを手に入れるためには、UFOキャッチャーで頑張るか中古ホビーショップで入手するのが
一番手っ取り早いと思います。




004_convert_20170317165523.jpg



春雨ちゃんの後姿です!

白のベレー帽がとっても可愛いですし、このピンク色の長いサイドテールの髪型はやっぱり
春雨ちゃんの一番の特徴なのかもですね。

この後ろ姿はついつい後ろ髪のサイドテールを引っ張ってからかいたくなってしまいそうな絶妙なロリ感が
あると思います!!



007_convert_20170317165542.jpg



大きな飯盒(はんごう)とおにぎりを手にちょこんと縁台に腰かける春雨ちゃんがとっても可愛いです!

あ・・ちなみにですけど、このフィギュアでは飯盒の中身は既にカラッポです!

食べ盛りの春雨ちゃんが平らげてしまったのかな・・・? (笑)

でもこうやって春雨ちゃんから「司令官、一緒におにぎり食べませんか・・?」と言われてしまったら・・
そりゃ、春雨ちゃんが作ってくれたおにぎりでしたら、100個でもこの胃に入る限りは食べ尽くすでありますっ!と
申し上げたい気持ちで一杯ですね・・(笑)

そうそう、他の艦娘たちは「提督」と呼ぶことがほとんどだと思うのですけど、春雨ちゃんはなぜか「司令官」と
呼んでいるのが面白い感じはありますね。




009_convert_20170317165621.jpg



008_convert_20170317165602.jpg



やはり赤い瞳とか白のベレー帽、そしてピンク色のサイドテールの髪型はとっても可愛いですし、
お姉さまたちに比べてのこの幼い雰囲気が素敵ですね! (笑)

最後に・・この春雨ちゃんフィギュアの概要だけ下記に記させて頂きたいと思います。

メーカー:バンプレスト
発売日:2016年10月13日
サイズ
箱:縦19cm 横13.5cm 奥行き8cm
全長(台座+本体):15cm
重量(台座+本体):117g

そうそう・・・春雨ちゃんのお姉さま的存在の「時雨」は私はまだ未入手なのですよ・・

時雨もいずれ絶対に入手したい艦これ娘の一人でもありますね!
(うーーん・・時雨もそうなのですけど、金剛・大和・夕張・川内も絶対に欲しい艦これ娘ですね・・・笑・・)




harusame-chansu_convert_20150421140937.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記の春雨ちゃんのイラストは、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
2015年4月に描かれたものです。

上記の春雨ちゃんの三次元としてのフィギュアもとっても可愛かったですけど、
いやいや・・・! アミグリさんが描かれた二次元イラストとしての春雨ちゃんもフィギュアに負けないくらい
とっても可愛いと思いますし、やっばりとてつもなくロリ可愛らしさに溢れていますね!
文字通り「春」に相応しい雰囲気が漂っていて
見るだけでなんかハッピーな気分にさせてくれそうな素敵な一枚だと思います。
フィギュアよりも赤いお目目がいくぶん強調されているのも素敵ですし、この黒のセーラー服も
とてもよくお似合いだと思います。
揺れるサイドテールもフィギュア以上に素晴らしすぎます!!

フィギュアも可愛いけど、アミグリさんが描かれるこの春雨ちゃんは、より「ロリ可愛らしさ」が伝わってきていて、
やっぱり「可愛い妹」オーラに溢れた素晴らしいイラストであると改めて感じたものでした。

上記のこの可愛いかわいい春雨ちゃんは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

先日の土曜日は「アミグリさんが描かれた版権作品特集 その⑤」を開催させて頂きましたが、
多くの皆様から素敵な反響を頂けた事に改めて感謝申し上げます。
4月にはその⑥も開催させて頂きますので、こちらの方も何卒宜しくお願いします。

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

最後に・・・

3月はアミグリさんが描かれた妖夢特集・版権作品特集その⑤・巫女の日・早苗さんの日
オリジナル特集・さとり様の日等イベントが目白押しでしたけど、
3月最大の当ブログのイベントは・・・!

3月24日はアミグリさんのお誕生日です!!

そしてその日は明後日・・二日後です!!
当ブログは当日に「アミグリさんお誕生日おめでとう企画」を開催させて頂きますので、
是非楽しみにして頂けると嬉しいです!
そして絵師様の中で、アミグリさんのために何か「捧げ絵」を描いて頂ける方がいらっしゃいましたならば、
とっても嬉しいです!

この詳細につきましては、誕生日祝ってほしいです!3月24日 の記事をご覧頂ければ幸いです!!

当ブログの「アミグリさんお誕生日おめでとう!」記事においては、
アミグリさんが描かれた艦これ娘も春雨ちゃんに引き続き何人か登場しますので、
3月24日の当ブログの「アミグリさん、お誕生日おめでとう!記事」も是非ご覧頂けましたならば幸いです!


スポンサーサイト
昨日の当プログの記事は「キラキラ☆プリキュアアラモード」の被り物としての「プリキュアショー」の事でしたけど、
改めてあのショーでの写真を眺めてみると、
中学生組の可愛らしさと高校生組の大人っぽさのあの「対照性」がとても素敵ですし、
物語として初期設定からそうした「明確な違い」を見せているのはとても面白い事ですし、そうした立ち位置とか年の違いを
乗り越えてどのように「プリキュアチーム」としての交流・結束が図っていけるようになるのか
その辺りも今後とても楽しみになってきたと思います。
そして同じ高校生組の中でも、あきらとゆかりの違いが極めて明瞭というのも大変興味深いものがあると思います。
プリキュアショーの中でも、
まさに「王子様!」に相応しい感じのあきら=キュアショコラと
大人っぽいエレガントなレディでもあるのですけど同時に「高校生らしい少女」みたいな可愛らしさも醸し出している
ゆかり=キュアマカロンの違いはかなり明確であったようにも感じたものでした。

今作においてはプリキュアに変身後に各プリキュアに獣耳と尻尾が備わっているのも歴代プリキュアには見られない
大きな特徴とも言えるのですけど、
耳に感としては、うさ耳のホイップとネコ耳のマカロンが大変印象的ですし、
尻尾に関しては、最初の印象ではリスがモチーフのカスタードが一番目立っているのかな・・?とも予想したのですけど、
実際はショコラの尻尾の大きさがかなり目立っているようにも感じたものでした。

それにしても今作は今の所では敵キャラの影がうすいですね・・・

敵の概要とか目的とかその組織等についてはまだほとんど描かれていませんし、今作はジコチュー・サイアーク等の
いわゆる化物系が登場しませんし、敵キャラがパワーアップする事でそうした怪物化するという簡素化(?)されている上、
「浄化」みたいな撃破もされずに毎回毎回プリキュア達に敗れるとはるか彼方にふっ飛ばされるだけ・・という事で
済んでいる事も印象が希薄という事になっているのかな・・とも思います。

「キラキラ☆プリキュアアラモード」の第7話においては、そうした敵について語られるのではなくて
プリキュアサイド側の妖精の事が語られていて、ペコリンや長老がどうしていちか達の住む世界にやって来たのかが
語られていましたけど、
改めてよく見てみると、ペコリンやその仲間たちって「スマイルプリキュア」に出てきたメルヘンランドの妖精さんみたいな
雰囲気の人達ばかりでしたね・・(笑)
やっぱり「キラキラ☆プリキュアアラモード」に雰囲気というか世界観が似ていそうなのはスマイルなのかも
しれないですね。

あの第7話でのいちかはとっても可愛かったですし、少しは(?)プリキュアらしい自覚もちょびっとは出てきたようで(笑・・)
仲間たちとはぐれて「孤独感」を実は胸に秘めていたペコリンを気遣ってあげたり、
そうしたペコリンを危害を加える敵キャラをプリキュア伝統の「絶対に許さない!」という事で果敢に戦ったりと、
いちかは単なる可愛いだけのポンコツちゃんではない事もよーーく伝わってきましたので、
大のいちか=キュアホイップ好きの私としては大変安堵するものもありましたし、そうしたいちかを心配して
こっそり後を付けてきていちかをサポートしていた4人のメンバーもとても素敵だったと思いますし、ニカッ・・とするあおいが
可愛すぎる・・・!!と改めて感じたものでした!

あ・・・いけない・・今は第6話の語りであって、プリキュアショーや第7話では無かったですよね・・・(汗・・)








たぶん誰しもが感じている事だと思うのですけど、第6話におけるあきらのいちかに対するあの「お姫様抱っこ」は
本当に素晴らしかったですね!
風で飛ばされたタオルを拾おうとして無茶なジャンプをしたいちかを、ダイビングキャッチしてお姫様抱っこするあきら
でしたけど、あのあきらの様子は、ともすれば男装の麗人とか宝塚みたい・・・とか言われがちなあきらでは
あるのですけど、どちらかというと「王子様・・」みたいな雰囲気の方が強かったようにも感じられます。
否! 王子様・・・というよりはむしろ「可愛い女の子が王子様のコスプレをしちゃいましたぁ・・!」みたいな印象の方が
強かったようにも感じられます。
あきらは既に公式HPにてスカートを穿いた高校の制服姿がお披露目されている事もあったのですけど、
ハートキャッチのいつきのような「男の子のような女の子」みたいな印象は正直あんまりなくて、
私的には、プリキュア5のりんちゃんみたいに「ショートカットがよく似合う女の子」みたいな印象の方が強いです。
というか・・・あきらがキュアショコラに変身した際のあのミニスカートと絶対領域は素晴らしすぎると思います!! (笑)

それにしても女の子が女の子を抱っこするお姫様抱っこは素敵すぎますね!

歴代のお姫様抱っこというと、私的にはプリキュア5GoGoにおいてルージュがドリームを
アラジンと魔法のランプの魔神から救出する際にやってくれたあのお姫様抱っこシーンがとても印象的でしたけど、
今回のあきらによるいちかへのお姫様抱っこは、
とにかく「かっこいい!」という感じでした!
お姫様抱っこじゃないですけど、初期の頃のスイートの「音吉さんの秘密」の回における
海岸シーン・・奏が響に対して放ったあの不滅の名言・・・「足くじいた・・おんぶして!」による響が奏をおんぶしたシーンも
素晴らしいものがありましたし、
あれは歴代プリキュアにおける最高の百合シーンの一つなのかもしれないですね・・(笑)
そんなシーンは存在しないのですけど、もしも響が奏をお姫様抱っこしたらこれほどお似合いそうなカップリングも他に
いないのかもしれないですよね・・(笑)

だけどそんな事よりも、私は・・・是非是非あんな可愛いいちかをお姫様抱っこしたいですし、
二度に渡るあの場面は私は剣城あきらになりたかったですっ!! (滝汗・・!)




76890968-s_convert_20170318191910.jpg



いちかがあきらを勝手に「高校生のお兄さん」と勘違いして初恋状態みたくなってしまうのは、
ハートキャッチのつぼみ先輩を彷彿とさせてくれますが、
いちかも同じでしたね・・! この娘は惚れっぽいタイプなのかな・・?
恋に恋する乙女の額の熱さは、あおいがいちかの額に手を当てると「あちちっ・・」という感じでしたけど、
このあおいの「あちちっ・・」はなんか昭和の頃のアニメみたいなレトロ感が漂っていましたね・・(笑)
それにしてもいちかは第5話でゆかりに顎をこちょこちょされて第6話ではあきらにお姫様抱っこされるなど、
やっぱりいちかは素敵な「みんなの可愛い妹」みたいな存在ですよねっ!! (笑)
うーーむ、私には残念ながら妹はいないけど、こんな可愛い妹は今すぐ欲しい!という感じなのかも・・ですね・・(笑)
歴代プリキュアで「妹」になって欲しいのは、ブッキー・つぼみ・みゆき・めぐみ・みらいあたりなのかな・・?
お姉さんになって欲しい御方は、かれんさんと今作のゆかりなのかな・・?
お嫁さんになって頂きたいのは、りんちゃんまたはゆうゆうですっ!! (笑)

それにしても、ゆかりの反応はとても面白いですね!
(第7話で知っていてとぼけていた・・というのが判明しましたけど、それもゆかりらしい話ですね! 笑・・)
「ふふ・・初恋かしら・・」・「面白い・・」・「剣城・・そう・・」
既にゆかりは全てを分かっていたけど「いちかのドタバタぶりを見てみたい・・」なーんていうちょっと悪趣味な所は、
やっぱり東方のゆかりん=八雲紫様の生まれ変わりみたいな御方なのかもしれないですね・・・(笑)
ゆかりん=八雲紫様がみる夢が東方旧作のメリーとか言われる事も二次創作ではあるようですけど、
同様にゆかりん=八雲紫様が見る夢の一つが、琴爪ゆかりのある訳はないですよね・・(滝汗・・!)




30ec3edf-s_convert_20170318191806.jpg



あきらには病弱の妹がいて、その妹が大好きというチョコを買うために、あおいたちの粋な(?)はからいもあり、
いちかとあきらのデートが実現してしまうのですけど、
両親が妹・みくの看病のために病院の近くに引っ越したたため、両親の元を離れて、
祖母と同居する事になった事情を打ち明けていたところ、ビタードが襲来し、あきらが妹のために買ったチョコは
奪われてしまいます。
町中のチョコからキラキラルが奪われ意気消沈するあきらに、いちかは「チョコを作りましょう」と提案するのですけど、
こういういちかのひたすらにまえむきな所は本当に素晴らしいものがありますし、
まさにピンク系プリキュアの鑑なのだと思います!
そしていちか達はチョコ作りを開始し、いちかはなぜか・・?「犬」のデコレーションをするのですけど、
うーーむ、既にいちかは後のあきらのプリキュア化・・そして犬キャラのプリキュアになるという事を予感
していたのかな・・・?? (笑)
この時、あきらはその犬のチョコを「かっこいい」ではなく「かわいい」と感想を述べたため、
ひまりとあおいはあきらの「正体」(?)に気が付くのですけど、
いちかは当然ながらこの時点ではいまだに気が付いていません・・・(笑)

うーーむ、いちかのこの「鈍感さ」は、あの偉大なるめぐみ大先輩の鈍感さを超越する可能性もありそうですね・・・(笑)



814e7e32-s_convert_20170318191849.jpg



0d676366-s_convert_20170318191743.jpg



それにしてもあきら=キュアショコラは凛々しく格好いいですね!

いちか達のチョコ完成後にビタードが襲撃し、いちか達はプリキュアに変身し戦うのですけど、
パワーアップしたビタードの攻撃で吹き飛ばされ、いちかは・・なんと・・!変身が解けてしまいます!
というか・・・プリキュアとして変身後にこの程度の(?)ダメージで変身が強制的に解除され、正体がばれてしまうのは
歴代プリキュアとしては大変珍しいのですけど、
ま・・・この後すぐ、いちかはまたまた再度、あきら=キュアショコラにお姫様抱っこされてしまいますので、
それはそれで「予定通り!」という感じでしたね! (笑)
余談ですけど、歴代プリキュアの矯正変身解除シーンで一番インパクトがあったのは、
ハートキャッチ第10話にて、ブロッサムとマリンがダークプリキュアに敗れ去り、変身が解除され
下着姿(?)になってしまったシーンなのだと思います。

「私達に構わず早く妹さんにチョコを届けて」と言ういちかの涙を、
あきらは親指で優しく拭い「置いていけると思うかい?」と微笑んでいましたけど、
も――、まさにあの時のあきらさんは「王子様!」そのものでしたね!

そしていちかをビタードの攻撃から身を挺してかばい、
「いちかが自分と妹のために作ってくれたチョコを守りたい」と願ったあきらはキュアショコラへと覚醒する事に
なりましたけど、
まさにお約束の展開でしたね!

この第6話でようやく5人のプリキュアが勢揃いする事になりましたけど、
中学生組と高校生組の交流を含めて、今後ますます楽しみになってきたと思います。

 | BLOG TOP |