プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
24位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


こんな事書くと、またまた東方Projectの鴉天狗が元ネタとなっている射命丸文=あややがとてつもなく
嫌な顔をするとは思うのですけど(汗・・!)
とにかく「鶏肉」を使った料理は美味しいです!
以前ですと、肉というと豚肉・牛肉ばかりという感じでしたけど、最近はさっぱりあっさりしていてヘルシーな素材でもある
鶏肉ばかり食べているような気もしますね。
「鶏の料理」というと、真っ先に思い浮かぶのは、焼き鳥・鶏の唐揚げ・鶏の釜飯・フライドチキンだとも思うのですけど、
以前、天やという天丼専門のファーストフードに入った際に、「とり天」という関東ではあんまり聞きなれないメニューが
あったもので、一度注文してみたのですけど、これがとにかくとっても美味しかったです!
あの時は、「へぇーー、天ぷらというとエビとか野菜とかかき揚げというイメージがあったけど、こういう鳥のささみを使った
天ぷらもメニューとして存在しているんだぁーー」となんか新鮮に感じましたし、
あのしょうゆたれと絡んだトリ天もとっても美味しかったですし、
マヨネーズがなぜか別皿にトッピングされていて、醤油たれに付けたトリ天にマヨネーズを絡めて食べても
案外美味しいものだし全然違和感ないじゃん!と感じたものでした!

先日普段よく行くスーパーに立ち寄った際に、このスーパーのお惣菜コーナーにこのトリ天が登場していて
二つで200円と安かったもので、ついつい購入したところ、やっぱり美味しかったですね!
鶏のから揚げはもちろんとっても美味しいのですけど、どことなく油ギトギトの重たい感じもなくはないのですが、
こうやってさくっと天ぷらで揚げられていると、同じ「鶏肉」という素材を使用しているのに、
から揚げは重たく後に残るという印象があるのに対して、トリ天はふんわりさくさく、そしてとってもかるーいという食感を
感じたものでした。



縺ィ繧翫※繧点convert_20170226185206



から揚げもトリ天も・・・更にいうと鶏の竜田揚げも「鶏肉に衣をつけて揚げた料理」だと思います。

それなのに、見た目も味もそれぞれ違います。

唐揚げ、竜田揚げ、トリ天・・

鶏肉1つでこれだけたくさんの揚げ物があるなんて、やはり日本料理は奥が深いと思います。

というかそもそも論になってしまいますけど、鶏のから揚げとトリ天ってどこが違うのでしょうか・・・?

私的には下味や材料の違いなのかな・・?と思っていたものでした。私としては、

1.トリ天は胸肉、から揚げはもも肉を使用する

2.トリ天は下味が酒・塩こしょう・ショウガ等を使用し、から揚げはにんにく・生姜・醤油・酒・ごま油などを使用する

3.トリ天は酢醤油たれや天つゆなどを付けて食べるけど、から揚げは何も付けないでそのまんま食べる

みたいに思ってはいたのですけど、正解はどうやら
トリ天→小麦粉を水で溶いたものを衣にして揚げる。
から揚げ→小麦粉をそのままつけて揚げる。
と言った感じらしくて、 下味や材料の違いなどはあんまり関係はないとの事らしいです。
単純に 「揚げ方」の違いだなそうです!
ちなみにですけど、竜田揚げは片栗粉のみを衣にしてそのまんま揚げる料理です。

揚げ方一つでこんなにも味とか食感に違いが出るものですから、やはり「料理」は奥が深いものですよね。

先日の「ハンバーグ」の記事の中で「ハンバーグ作りは意外と難しい・・なかなかふわっと肉汁たっぷりに仕上がらない」と
書いたのですけど、実は私自身何度もこの鶏のから揚げは自分でも作ってみた事がありますし、
またトリ天ではありませんけど、天ぷら作りに挑戦した事もありました。
だけどから揚げも天ぷらもなんかうまくいかないのですよねぇ・・(汗・・!)
全然ふっくらと同時にカリッと仕上がらないし、衣ばかり分厚くて中はあんまり火が通っていないようにも感じられるし、
正直自分で言うのもなんですけど、「自分がつくったから揚げ・天ぷらは激マズ・・」としか言いようが
ないと思います・・(汗・・!)
それと油の温度調節がなかなかうまくいかなくて、焦がす場合もありましたし、中身が生焼けっぽい仕上がりの時も
ありましたし、何よりも衣がお店で食べる時のようにサクサクッ・・と出来ないのは悔しいですね!
自分で言うのもなんですけど、私自身は男性にしては「自分でなんでも料理しちゃうタイプ」だと思うのですけど、
ハンバーグを焼くのと揚げ物関係は苦手というか不得意ですね・・・
最近は、自分で作らなくても、冷凍食品のレヴェルは高いし、なによりも惣菜店やスーパーに行けば
あんなにもおいしいおかずが既にできちゃっていますから、
ついつい惣菜の方ばかり買ってしまいますね・・・(笑)

とにかく、揚げ物関連とハンバーグは、これからの私の課題の一つでもありますね・・

そうそう、最後に・・・住宅・建築関係の仕事をさせて頂いてる私から一つだけ申し上げさせて頂くと、
こうした揚げ物を調理した後の「廃油」については、絶対に流しに流さないでくださいね!
これ・・キッチン内の排管どころか、宅内の配管そのものを痛めてしまうリスクがありますし、
こうした配管関係の修繕は結構高い請求書が届く結果になりかねないですので、
油を固めて捨てる方式とか新聞紙に廃油を染み込ませてゴミに出す等の適切な方法をされた方が
絶対にいいと思います。
特にこうした廃油関係で集合住宅全体の配管の寿命を縮めてしまうリスクもありますので、
特にマンションにお住いの皆様はお気をつけられた方が宜しいのかな・・とも思います。



2bf01c14_convert_20151005172432.png



990eab5f_convert_20151005172357.png



8d605e80_convert_20151005172300.png



プリキュアの世界で「鳥の唐揚げ」というと、そうですね・・・!!
ハピネスチャージプリキュアのごはん娘こと、ゆうゆう(大森ゆうこ)を忘れてはいけませんね!!
この「ゆうゆう」という呼び方は、めぐみ以外そのように呼ぶ人はいなくて
めぐみ以外はみんな「ゆうこ」と呼んでいましたけど
私としても、ゆうこよりも「ゆうゆう」という呼び方の方が馴染みがありますね・・(笑)

ゆうゆうは、酸いも甘いもみーんな分かったような大人っぽい面もあるかと思えば、
ポンコツが目立つハピネスの中では、ボケも出来るしツッコミも出来るし、とにかく「万能タイプ」という
素晴らしいプリキュアでした!
歴代プリキュアにも、なぎさ・咲・のぞみ・うらら・響・なおなどのように
食べ物をおいしそうに且つ大食いで食いまくる人は一杯いましたけど、
ゆうゆうは、実家がお弁当屋さんという事情もあるかとは思いますが、
食べ物をあんなに愛しそうに美味しそうに食べるプリキュアは見た事ないです!!
そのくらい、食べ物に対する「愛」は深いプリキュアだったと思います。
敵幹部から何か挑発的な事を言われてもほぼ全て「食べ物」に関連付けて言い返すという大変珍しいタイプでもありました(笑)

ハピネスの第18話においても無事に戦闘シーンが終了し、披露宴シーンになった際、
から揚げをパクパク食べるめぐみとひめも勿論可愛かったですけど、
「私はまだまだいける!!」と更にパクつくゆうゆうが本当に素敵でした!!

歴代プリキュアの中で、ゆうゆうほどあんなに美味しそうにご飯を食べちゃう人は見た事ない・・とすら思ってしまいますね!!
やっぱりゆうゆうは天使だなぁ~~!!
天使といっても「よく食う天使」ですけど・・・(笑)

ゆうゆうは、末永く幸せになって欲しいと思いますし、ゆうゆうの生涯の伴侶はファントムしかありえないと思います・・・(笑)
本家「おおもりご飯」からのれん分けをしてもらって、分家「おおもりご飯」を開業し、
そこでファントムは、時に「アンラブリー」の姿になって接客し、時に中華鍋を振って貰い、
二人で商売繁盛になって欲しいとも思ったりもします。
アンラブリー姿で接客されたら、ぴかりが丘のスケベ男達がわんさかおおもりご飯に来てしまいそうだから、
宣伝効果としては申し分ないのかも・・・??
ちなみに・・・
私の脳内妄想の中では・・・・
オールスター映画での共演かきっかけでありすお嬢様からすっかりゆうゆうは気にいられてしまい、
四葉財閥の社員のお弁当の発注も一手に引き受け、
ますます商売繁盛&子だくさん・・・・
という設定が出来ております・・・(苦笑・・)
スポンサーサイト
若い頃に比べて「なんか変化があるよなぁ・・」と感じる点の一つは、
朝の寝起きが大変よくなった事も挙げられると思います。
10~20代の頃って、あの当時は低血圧のせいもあり
(最近の健康診断で「血圧高めの傾向・・塩分とか控えて!!」と指摘されていますので、低血圧なんて時代も
私にもあったんだぁ・・と妙に歳月の経過を感じたりもしますね・・汗・・!)
朝起きるのがとても苦手で、あの頃は目覚まし時計を三つぐらい時間差で鳴らしてどうにかこうにか起床し、
学校や会社に行ったものでした。
当時は同時に夜寝る際の寝つきも大変悪くて、たとえどんなに体が疲れていても、布団に入っても最低30分程度は
眠りに入る事が出来ず、酷い時は一時間ぐらい経過しても眠りに陥る事はなかったような気もします。
だけど、ここ十年程度は、布団に入れば1分後には爆睡、朝、目覚まし時計が鳴れば即効で起床出来ちゃうというのも
やはり「加齢」のせいなのかな・・?? (汗・・!)

社会人になって間もない頃って何が一番つらかったのかと言うと、学生時代と違って、毎日毎日朝が早いという事で、
通勤時間の都合もあり、毎朝最悪でもAM6:45には起きていないと遅刻の可能性があるという現実に慣れるには
結構時間が掛かったような気がしますね。
高校の頃って吹奏楽部の朝練も毎日あったから、あの頃はやはりAM6:30には起床していないといけなかったのですけど、
いかに私が4年間でズボラな生活をしていたかが立証されるような感じでもありました・・・(汗・・)

社会人になって間もない頃は、とにかく朝起きるのが辛くて、ギリギリまで寝ていましたし、
「やばい!」と思って、飛び起き、着替えとか歯磨きとかするのも面倒という感じでしたね・・・
これ、本当の話なのですけど、今現在は家とか寝るときはジャージとかスウェットという酷い恰好なのですが(汗・・)
当時はちゃんと(?)パジャマを着て寝ていたものですけど、
寝ぼけてワイシャツとパジャマを勘違いし、パジャマの首元にネクタイを着用して、その上にスーツを身に纏って
出勤しようとして、当時入っていた会社の寮を出ようとした瞬間に寮母さんから
「ちょっと、ちょっと、あんた、一体なんて格好してるの・・!?」と言われて初めて気が付くみたいな酷いことも
当時はやらかしていましたね・・・

とにかく「朝のドタバタ」は絶対にいつかは何かとてつもないチョンボをやらかしてしまう危険もありますので、
「朝は余裕をもって臨みましょう!」という事なのかもしれないですね。

さすがに最近は、上記の通り、寝つきも目覚めもすこぶる快調という感じなのですが、
冬なんて寒いじゃないですか・・
そのため、せっかく一回起きたのに「寒いからもう一回布団でぬくぬくしよう!」と思って布団に再度もぐったら
そのまんま二度寝してしまい、二回目に起きたら・・
「え―ー、これやばいじゃん・・遅刻スレスレじゃん!」みたいな感じで、社会人になりたての頃のように
着替えとかドタバタやってしまう事は、たまーにあったりもしますね・・(汗・・!)

だけど、そういう時に限って色々と「ちょっとした事件」もあったりもするものですね・・・

うちの近所は、月・木が燃えるゴミの日、水がプラスチック系ゴミの日と決まっていて
ゴミを出すのは、毎回私の役割です。
うちの奥様はぐーたらなので、この時間は寝ているか、 NHKの朝の連ドラをポケッと見ているだけです。
外に出るのが面倒とのことなので、やむなく自分が毎回ゴミ出ししています・・・(汗・・)
あ、でもこれって最近は日本の何気ない朝の日常風景ですよね! (笑)
ご主人が仕事で家を出る時に、ついでにゴミを出すというのは既に日本の社会の一つの定番になっているのかも
しれないですね。
うちの近所でも80歳ぐらいのおじいちゃんなんかも、おばあちゃんにさせないで今でも自分で毎朝ゴミ出しは
やっているみたいですね。

片手にゴミ袋をもって、手で鞄を持つというのが何かだるくて
(両手で何かを持つというのが昔から嫌いなもので・・・)
出勤前に一度、ゴミを出しに行って一旦家に戻りそれから改めて家を出るというのが
一つのパターンになっていたと思います。
そのゴミだしの際は、毎回サンダル履きでした。サンダルから靴に履き替えて出勤するという感じだったと思います。
だけど、先日のゴミ出しの際に、上記のような二度寝をやらかしてしまい、実は遅刻スレスレ・・みたくなっていました。
しかもその日はゴミ出しの日ですので、ついついいつもの習慣で家を出る際にゴミ袋を持っていったのですが、
いつもの何気ない無意識の習慣が出てしまい、ついついサンダルを履いたまま家を出てしまい、
家から300メートル程歩いたところで「何か足元がヘン・・・」という事で
気が付いたものでした・・・(滝汗・・!)

それもこれも二度寝とか寝坊みたいな事で、朝の行動に余裕が無かったからと言えるのかもしれないですね。

「ある事を習慣化してしまうと、普段と違う条件下になったとしても
ついついいつもと同じ事を無意識のうちにやらかしてしまい、
条件の違いに中々対応できない」という事を
何か身を以て証明することになってしまいました。

人間が中々変わることが出来ないとか変化に即応できないという事を象徴する出来事なのかもしれませんが、
単に自分が朝からポンコツという感じなのかもしれませんよね・・・(汗・・!)

昔のようにパジャマにネクタイを付けてしまうのも相当ひどいものがありましたけど、
スーツを着てサンダル履きというのもある意味シュールな光景なのかもしれないですね・・・




8f987bde_convert_20170301142551.jpg


e0445a25_convert_20170301142427.jpg




歴代プリキュアでも主としてピンク系の方々は、寝坊とか遅刻とかそうしたエピソードも結構ありましたし、
SSの咲のように飼い猫が目覚まし時計を止めちゃって部活の朝練に遅刻して先生から大目玉を食らい、
校庭10周!みたいな気の毒な御方も過去にはいましたね・・(笑)

そうそう・・ドキドキプリキュアの六花は、そうした寝坊とか遅刻と言うのもほぼあり得ない感じなのでしょうけど、
その数少ない例外が第10話のあの不滅の名作回の一つでもある六花の焼きもち回だったと思います。

あの中で六花の目覚まし時計は実は「カエル」という事が提示されていましたけど、
六花みたいな可愛い女の子が「大のカエル好き」というのもなんかとても素敵な設定だったと思います。
東方Projectt風に言うと「お前は早苗さんかっ!?」とツッコミを入れたい気持ちも実はあったりもしますね・・(笑)

だけどあの第10話は改めて素晴らしいお話でしたね!
「焼きもち」を単に「年頃の女の子の独占欲」みたいな形で簡単に処理するのではなくて、
「そんな焼きもちを妬くなんてあなたはなんて心が狭い子なの・・・」みたいに六花を批判するような形でも無く、
「それは誰にでもある事・・好きな事や好きな人を自分一人独占したいという考えは、
異常な事ではなくて誰にでもある事・・・・」と
「焼きもち」とか「嫉妬」と言うと夏目漱石の小説ではありませんけども、ついつい否定的に捉えがちな傾向が
あるのに対して、このドキドキにおいてはむしろ「誰にでもある自然な感情」とむしろ
肯定的に捉えていたのは大変印象的でした。

第10話の六花というのは、実は、私たち一人一人の事なのだと思います。

別に「嫉妬」という感情は恥ずかしいものではないし、むしろ、人間のストレートな感情なのだと思いますし、
それを抑制する事自体が無理な話だと思います。そうした感情で「自爆」してしまう事は大変愚かな事だとも思いますので、
その辺りは、「自制心」とか「理性」というものではなくて「それが本当に相手のためになるのか」という「気遣い」でしか
抑制は出来ないのかな・・?とも思ったりもしますね。

六花の場合、ふたご先生の言葉をお借りすると
「勝手に想像して、勝手に嫉妬して、自分自身で自分を傷つけてしまった・・・・」という事になると思うのですけど、
そうした「自爆」というエネルギーがあるのならば、
「自分の夢の実現」という事にエネルギーを向けた方が賢明と言えるのかもしれないですよね。
実際、六花は最終的には・・・
「自分の女医という夢を実現するためには、そしてマナもマナ自身の夢を実現するためには
いつかはお互いに離れ離れになってしまい、別の道を歩んでいく事になるのかも・・」と悟っていますけど、
こうやって六花が一度は悩んだ「嫉妬」という黒い感情を見事に乗り越え、
六花自身が自分の方向性をしっかりと見定めた瞬間でもありました!!

こういう六花の単に「マナ大好き!! 」みたいな依存型ではなくて、
「あなたはこうしたいだろうけど、私はこうしたい!」という相互補完型という捉え方は、当時私は大好きでした!!

あれれ・・? なんでまた朝の寝坊の話がプリキュア関連の話へ転化してしまったのでしょうか・・・?? (汗・・!)

 | BLOG TOP |