プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日当ブログの2月26日記事において「アミグリさんが描かれた妖夢特集」の開催のご案内の予告記事を掲載
させて頂きましたが、本日はそうした「ちょっとした妖夢祭り」の前夜祭みたいなものと
ご理解頂ければ幸いです!

東方における「苦労人キャラ」というと真っ先に思い浮かぶのが、妖夢・十六夜咲夜・うどんげちゃんという
従者メンバーだと思いますけど
(咲夜さんの場合は、本人が「そんなの全然苦労のうちに入らないでしょ・・!」と言ってくれそうな完璧さはあると思います!)

あ・・・・そう言えば、妖夢と十六夜咲夜は何かと「共通点」も多そうですね。

気まぐれな主に振り回されるという境遇、刃物使い、銀髪、自機経験者などの共通点があるかと思いますが、
一番の共通項は「苦労人ポジション」という所なのかもしれません。
違いは、妖夢はかなり生真面目であるのに、咲夜は、ボケもツッコミも出来るし、時に手抜きも出来ちゃうという
辺りなのかな・・・?
それと、咲夜さんは大変優秀なメイド長という事もあり、全てにおいて「一人前」・・否! 一人前以上というのか
とにかくあの優秀さはとても人間設定とは思えない感じです。
妖夢の場合は、本人が「幽霊と人間のハーフ」という事もありますし、やはり半人前という印象が強いですね・・・
(その半人前っぽい未熟さと生真面目さが妖夢の魅力でもありますけど、その辺はとっても可愛いですよね!)
上記で「ハーフ」と記しましたけど、厳密にいうと、
ハーフといっても、人間と幽霊の間にできた子供ではなく、半人半霊体質の種族という事でもあります。
半分生きていて半分死んでいる、半分実在していて半分幻という半人前というのが妖夢の基本的設定と言えますが、
半人前と言ってもなぜか剣は2本所持していて、二刀流というのが面白い所ではありますね。
妖夢の先代でもあり剣の師匠でもあったのは、妖夢の祖父でもある魂魄妖忌というやはり半人半霊の家系
なのですけど、突然に悟りを開いて、「幽居」という形で行方不明状態となってしまい、
それまでは魂魄妖忌がゆゆ様にお仕えしていた訳なのですが、本人が失踪状態であるため、
魂魄一族の元々の使命でもあるゆゆ様へのお仕え&庭師&剣術指南は妖夢へと否応なしに引き継がれたものの
妖夢自体は、まだまだ修行途中の身でもありますし、剣の腕もまだまだ道半ば・・・という事でもありますので、
やはり咲夜さんに比べると、半人前とか未熟という印象の方が強い感じはありますね・・・(笑)
東方茨歌仙第16話では、咲夜と妖夢が仲睦まじく会話をしている光景が印象的ですし、
東方三月精や東方儚月抄では咲夜が妖夢をからかい、それに妖夢が応じるなど、
こちらでも仲の良い様子が描かれているのが素敵だと思います。

そういえば、妖夢は二刀流、咲夜はナイフ投げという事で共に「刃物」という凶器を使用していましたね・・・

そうそう・・妖夢というと名高いセリフの一つとして「斬れないものなどあんまりない・・」というのもありましたけど、
前述の通り、妖夢は楼観剣と白楼剣という二刀流でもあるのですが、
長い方の剣が楼観剣でありましても妖怪が鍛えた剣でもありまして、この楼観剣を「東方妖々夢」で使用した際に
そのセリフが飛び出されていました。
だけどあのセリフって相手によって微妙に言い方が異なっていて、
霊夢ルートの場合は「「妖怪が鍛えたこの楼観剣に斬れぬものなど、あんまり無い!」となっており、
魔理沙ルートではそれが「殆ど無い!」に変っていて、
咲夜ルートでは「少ししか無い!」となっているのはなんか面白いものがありますね。
どちらにしても妖夢に斬れないものはごくわずか・・という感じなのかもしれないですね・・・(笑)

さてさて、今回は、そうした妖夢の六道剣verのグリフォンフィギュアをご紹介させて頂き、
まずは1回目が開催される「アミグリさんが描かれた妖夢特集」のちょっとした前夜祭とさせて頂きたいと
思います・・(笑)

妖夢のグリフォンフィギュアは、当ブログでも昨年初夏の頃に一度ご紹介をさせて頂きましたが、あちらは通常版でして、
サイズも1/8でした。
今回ここに取り上げさせて頂く妖夢は、六道剣verという特別仕様となっておりまして、サイズも1/7サイズで
通常版よりも大きめに作られています。
あくまで私の感想ですけど、仕上がり・出来・雰囲気としては、圧倒的にこの六道剣verの方が完成度が
高いように思われます。



螯門、「_convert_20170223193937



この妖夢の商品概要は下記の通りです。

商品名 : 特別編  半人半霊の庭師 魂魄妖夢 六道剣ver 1/7 サイズ
メーカー  : グリフォンエンタープライズ
素材形態 :  1/7 PVC製塗装済完成品
サイズ :  約28cm  1/7スケール
原型製作 : あきやまあきお
発売日  : 2011年12月
定価 : 10,290円+税

通常版の妖夢は1/8という事もあり、この特別仕様の六道剣ver に比べると「可愛いね・・」という印象の方が
強かったと思うのですけど、この六道剣ver の妖夢は「格好いいね! さすが剣士!!」という印象の方が強いと思います。
六道剣ver の方がより「刀」を力強く表現している事がそうした「剣士」とかかっこういいとか凛々しいみたいな印象を
呼び込んでいるような気もします。
六道剣ver は1/7と、以前の通常版より大きいですし、フィギュア自体もドラマ性・情景性が高くなっているような感じも
ありますのて゜、やはり「剣士・妖夢!」を強く意識させる造型になっているようにも
感じられます。

いやいや、この妖夢は素晴らしいですね!

こんな素敵な剣士でしたら、私も一度ぐらいは妖夢に斬られてそのまんま冥界に旅立ってもいいのかも・・?
冥界に到着したら、ゆゆ様に「あなたのところの従者の妖夢に斬られてしまった・・」と泣きつき、
ゆゆさまから接遇を受けるのも悪くは無いのかも・・・?? (汗・・)
そう言えば、霊夢は初期の頃の妖夢については「やたらめったら斬りかかってくる」とか言っていましたし、
魔理沙に至っては妖夢の事を「単なる辻斬り」とか言っていましたので、
最近の「あんまり斬れないものなどない」どころか刀さえあんまり抜かなくなってどこなく丸くなってきた妖夢とは
ちょっと今とは違う雰囲気もあったのかもしれないですね。



螯門、「8_convert_20170223194139



台座の損傷が痛々しいですね・・・
あれは妖夢の未熟な剣の腕の結果として、対象物ではなくて勢い余ってそのへんのモノまで刀でたたき斬ってしまった
からなのかもしれないですね・・・(笑)
というか・・刀で斬られたのではなく、光弾のエネルギーを受けて粉々になったという感じなのかも
しれないですけど、妖夢ってやはりスペルカードよりは「刀」を使用するというイメージの方が強いですし、
原作ゲームの上でもどちらかというと、刀を振り回してエネルギーが溜まった瞬間に光弾とかスペルカードを相手に
飛ばしているみたいな印象もあったりしますね。

妖夢ってどうなんでしょ・・・
バトルに関しては、刀で斬るよりは弾幕出して戦った方が案外強いのかもしれないですね。
そういえば、妖夢はたまにですけど、うどんげちゃんと共に
「うどみょん(うどんげちゃんと妖夢)は僕たちの愛すべき銃刀法違反」みたいに言われる事もあったりしていますけど、
妖夢の刀とうどんげちゃんのあの座薬みたいな(汗・・!)銃の弾とでは果たしてどちらが強いのでしょうか・・・?? (笑)



螯門、「2_convert_20170223194006



それにしても妖夢の二刀流は見栄えがしますね!

妖夢は、長刀「楼観剣」と、短刀「白楼剣」の二刀を操るのですけど、
白楼剣に関しては、斬られた者の迷いを断つことが出来て幽霊に使えば成仏するとの事なのですが、
この力を多用し過ぎてしまうと、
「勝手に幽霊を成仏させるんじゃね――!!」とあの地獄の閻魔様・・・四季映姫様から色々とお叱りを
受けるのかも・・・という感じですよね・・・(苦笑・・)

肩から腰にかけている鞘は固定されてた以前発売されていた通常verと違い肩から下げている仕様になっています。



螯門、「5_convert_20170223194050



それにしても妖夢はとっても可愛いですね! あのおかっぱ頭も素敵ですし、頭のルーミアとのレミリア様のような黒リボンも
とてもよく似合っていると思います。

通常verとの違いは、こちらの方がより「剣士」としての側面を強調させ、その結果として「凛々しさ」が
より強く醸し出されているような雰囲気があると思います。
そうそう・・、通常verの方は、主人のゆゆ様に振り回されっぱなしの生真面目な可愛い従者という雰囲気が
濃厚でしたけど、こちらの方は「ゆゆ様は私が御守りする!」みたいなどこか決然としたものを
感じさせてくれているようにも思えます。



螯門、「4_convert_20170223194028



首の青いスカーフも可愛いですね。
服は緑色の生地に左胸には魂魄のマークが刺繍されているのが可愛いです!

妖夢の有名なセリフの一つが前述の「斬れぬものなどあんまりない!」ですけど、このグリフォンフィギュアの妖夢は、
「胸など、あんまり、ない!」と言えるのかもしれないですね・・・・(滝汗・・!)




螯門、「7_convert_20170223194708



螯門、「10_convert_20170223194203



妖夢は日本刀の使い手で日本の半分幽霊なのですけど、主人のゆゆ様が和装であるのに対して、
白いシャツに青緑色のベストにスカートに胸元には黒い蝶ネクタイという洋装というのが
面白いですね!
そしてその洋装はシンブルなのですけど、エレガントなものも感じさせていると思います。

「エレガント」と「刀」という「武士の魂」みたいなもの、換言すると和と洋の「融合」みたいなものが
実に見事に図られているようにも思えます。
とても気品に溢れているのですけど、妖夢らしい「ゆゆ様は私が御守りする!!」みたいな気迫も感じられるのは
実に秀逸だと思います!
ま、実際は・・・妖夢はゆゆ様を御守りするどころか、例えば東方儚月抄のようにゆゆ様に守られている・・みたいな感じも
あるちょっと頼りない所も魅力なのかもしれないですし、
それが同じ従者なんだけど咲夜さんとの大きな違いなのかもしれないですね。

最後に・・・

「あれ――、今回はアミグリさんのあの素敵なイラストはないの??」みたいに思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、
はい、その通り!
今回はアミグリさんのイラストはありませーーん! (笑)

とにかくアミグリさんが描かれた妖夢は多彩で素敵な妖夢にいっぱいいっぱい会えますので、
是非是非当ブログの3/4のみょんの日と3/12の「アミグリさんが描かれた妖夢特集」を楽しみにして頂けると幸いです!

それでは、まずは、3月4日の「みょんさんの日」(※みょんは妖夢の愛称みたいなものです・・)で
皆様をお待ち申し上げたいと思います!
どうぞ宜しくお願いいたします!!
スポンサーサイト
今作の新しいプリキュア「キラキラ☆プリキュアアラモード」も、とにかく魅力溢れるキャラが揃っていますね!
第4話における・いちか・ひまり・あおいによる中学生組による「シュークリーム作り」を見ていると
前半のあの何度も失敗を繰り返した場面なんかを見てしまうと
「今作の中学生組はまさかの全員ポンコツなのか・・・?」みたいにも感じてしまうのですけど、
そうしたちょっと心配な(?)中学生組をどうやってあの大人っぽい雰囲気の高校生組がサポートしていき、
中学生組と高校生組の交流が図られ、「プリキュアチーム」としての結束が図られていくのか、
とにかくとてつもなく楽しみになってきたと思います。
第4話の最後の最後にほんのちょびっとだけゆかりも登場しましたけど、
第5話は、ついに・・・! 私が今作で一押しキャラともいえるゆかりが登場してきますので、こちらの方もとても
楽しみにしています!
(土日出勤の私としては、3/5は本音は休んで第5話をリアルタイムで見てみたいね・・という感じでもありますっ! 汗・・)








4539b4ae-s_convert_20170226215229.jpg



それにしてもこの立神あおいの「八重歯」はとってもキュートで素晴らしいと思います!

八重歯というと印象的なキャラは、東方projecで言うと、サニーミルクとか萃香が大変印象的ですし、
他にはまどか☆マギカの佐倉杏子とか艦これの雷ちゃんなども大変印象的です。
だけど歴代プリキュアにおいては、こうした八重歯のあるプリキュアはもしかしたら史上初めてなのかもしれないですね!
あおいの八重歯は事前の番宣映像とか第一話を見ていた時から大変気に入っていて、
「早く実際に動いて喋っているあおいが見てみたい!」とも思っていましたので、
今回の第3話で素敵すぎるあおい=キュアジェラードを見られてとてもハッピーです!

先ほど、佐倉杏子の名前が出ましたけど、最初にあおいを見た時は
「八重歯、ポニーテール、元気の子という事でふおいと佐倉杏子は似ているのかな・・?」とも感じたのですけど、
あおいはポニーテールのように一見見えますけど、厳密にはポニーテールではなくて
「かなりボリュームのある髪をアップにしている」という印象の方が強いですね。

それにしてもあおいの元気さ・パワーは見ていて大変気持ちの良いものがありますし、この娘はまさに
プリキュアに変身後のモチーフでもある「ライオン」みたいな雰囲気をもった女の子だとも感じたものです。
「歌うプリキュア」というと、プリキュア5のうらら・スイートのエレン・ドキドキのまこぴー・ハピネスのゆうゆうを
思い出してしまいますけど、こうしたシャウト系のパワー溢れるロックバンドのヴォーカリストという設定も
かなり斬新なものも感じたりもします。
歴代プリキュアの場合、歌手というと「アイドル」みたいなイメージもあったのですけど
(ゆうゆうは、歌うごはん娘ですね・・笑・・)
ロックバンド「ワイルドアジュール」のボーカルという設定で、かなりハードな歌を歌っているという設定も
今までにない設定でもありますので、これはとても今後が楽しみです。
もしかしたら、文化祭回では、あおいにまつわる話が色々と出てくる可能性もありそうですよね。

あおいの口ぐせは「燃えてきたーーー!」・「ウォーーー!」なのですけど、これはまさにライオンそのものですね・・(笑)
公式ではあおいの誕生日は8月27日なのですけど、この日は言うまでも無く「ジェラートの日」というのも
中々制作スタッフの粋なものを感じさせてくれていると思います。
そうそう・・あおいは前述の通り8月生まれなんですけど、しし座ではなくておとめ座というのも
なんか面白いものがあったりもします。

先ほど「中学生組」と記しましたけど、いちかとひまりは同じクラスなのに、あおいはクラスが違うというのも
面白いものがあると思います。
(同じ中学校・同学年に属していてクラスが違うという設定を最初にしたのはハートキャッチが最初なのかな・・・?
スマイルプリキュアなんて5人のプリキュアが全員クラスが同じと言うある意味とてつもない設定だったのは
楽しかったですし、32人のクラスメイトのうち5/32がプリキュアと言うのもある意味凄い設定なのかも・・・??)

歴代プリキュアにおいて「青キュア」というと、かれんさん・れいか・六花などに代表されるように
知的・クール・おしとやか・聡明・万能というどちらかというと「知性」を感じさせる人が多かったのですけど、
あおいは従来の青キュアと異なり、知性的という要素はあんまり無くどちらかというと元気・パワー系で
方向性としては「赤系プリキュア」みたいな雰囲気を有しているのは大変面白いと思います。
歴代プリキュアで異色な青系というというまでも無くえりかとひめでしたけど、ああいう異色系とは異なる形での
「新しい青系」をキラキラ☆プリキュアアラモードでは見せてくれそうな予感があると思います。
第3話において、あおいは、アイスクリームの行列に割り込んできた男子高校生に対しても
まるでスマイルのなおちゃんみたいに「それは違うんじゃないの!」とはっきりと悪いものは悪い。ダメなものはダメ!と
言い切っていましたけど、
たぶんその事は・・・今後の予想ですけど、中学生組にとっては先輩である「高校生組」の二人に対しても
ズバズバとツッコミを入れたり時には諌めたりする事もありそうな事を示唆しているようにも
感じさせてくれたものでした。

青のウェーブの長髪をアップにしているあおいですけど、その髪を結わえている黄色のリボンもとっても
可愛いですね!
あおいは、やはりどこなくですけどスマイルのなおちゃんの雰囲気と性格と結構重なるものがありそうな気もしますね。
なおもあおいも性格は基本的には大変真面目なのだと思います。
正義感が強く曲がった事が大嫌い、脳筋、顔芸も共通していて、二人ともかなり活発な性格という感じがします。
上記の通り、間違った事をしている相手に対してはそれが上級生だろうと関係なく諌める点もそうですし、
周囲への気配りは忘れずコミュ力はかなり高いというのも二人の素晴らしき共通要素とも言えますね!

そして第3話においては、曲に取り組む姿勢は真摯そのものであり、妥協しないストイックな面もあおいが有している事を
示唆していたのも大変印象的でした!



735b14b4-s_convert_20170226215207.jpg



第3話のいちかとひまりの二人のお菓子作りは(珍しく?)順調でしたね! (笑)

と思っていたら・・・第4話にてあおいが加わって3人のお菓子作りが始まると、まさにポンコツ中学生組みたいな
感じになってしまったのは面白かったですけど、
あまりの失敗の連続にしょげて、ひまりとあおいが帰ってしまって、いちか一人になった際の
いちかの珍しく(?)しょんぼりと落ち込む様子とか
またまた3人でのお菓子作りを再開した際のあの3人の結束力は見ていて「素敵だなぁ・・」と思わせるものが
ありました!

第5話では、なぜか、ゆかりもそのお菓子作りに加わるみたいですけど、
あのきまぐれそうなおねえ様のゆかりとこのポンコツ中学生組がどのように絡んでいくのか今から興味津々です!




a href="http://jubilant1984.blog.fc2.com/img/5dae40ae-s_convert_20170226215103.jpg/" target="_blank">5dae40ae-s_convert_20170226215103.jpg




あおいがファンである岬あやねが審査員を務めるコンテストに出場しようとしたものの、
曲の歌詞が中々「これぞ!」と納得いくものがあおいの頭の中に思い浮かびません、
そうした思い悩むあおいに、いちかは結構ちょこまか声を掛けまくり、
最初はあおいも「なんなの、この子・・?」みたいな雰囲気もありましたけど、
いちか自身は、何かを感じ取っていたのかもしれないですね・・
やっぱりいちかの多少おせっかいで周囲の雰囲気とか空気を読む能力はほぼ皆無であったとしても、
いちかのこうした「まっすぐで素直な気持ち」はやっぱりこの娘は、ポンコツながらも
ピンク系プリキュアになるべくして生まれてきたような娘ですね!

コンテスト当日までいい歌詞が思い浮かばず、バンドのメンバーから出場辞退を持ち出され、
ちょっと気まずい空気の楽屋にいちかがライオンアイスの差し入れを持ってきます。
そのアイスを見た時何かが心の中を響かせ、一口食べてみて、
澄み渡る青空を思わせるその味に、あおいは自分の原点がどこにあったのかを思い出すというのが
この第3話のメインなのだと思いますが、
その流れの中で唐突にいつものように怪物が現れ、またまた
「なんだかよく分からないけどプリキュアに鳴っちゃったーー!」という流れは、今作でも健在ですね! (笑)

「そうだ… あの時、青い空に響くあの歌を聞いてあたしも歌い始めたんだ。思い出した、あたしの歌を!」

このシーンのあおいはとっても魅力的だったと思います!

あおいは、子供の頃はロックではなくて、ヴァイオリンンを弾いていたというのも意外ですね・・(笑)
現在のあおいの表面的な性格はバンド活動によって何かが弾けて変ったとも言えるのですけど、
幼い頃のあおいは、まるでどっかのお嬢様のような雰囲気の女の子だったというのも意外だけど大変興味深いです!

「ステージで歌いながら歌詞を作るからコンテストに出よう!」と言い出すあおいは、とてつもない無茶振りなんだけど、
こういう情熱系で多少無茶な事もやってみよう!というのがあおいの持ち味と言えるのんもしれないですね。




fa8ed29f-s_convert_20170226215305.jpg



変身バンクでもバレエのような回転をしていましたけど、
もしかして実はあおいは良いお家柄のお嬢様なのかもしれないですね・・・(笑)

変身時には、いちかも瞬間的に髪の毛がツインテールではなくてストレートヘアになりますけど、
あおいも瞬間的にストレートヘアっぽくなりますが、
いちかもあおいもとっても可愛いですね!




94a15df4-s_convert_20170226215145.jpg


9fa0e17b-s_convert_20170226215123.jpg



キュアジェラートは、まさに「ライオン」のプリキュアですね!

ライオンの鬣のようなヘアースタイルをしているのが大変印象的です!
名は体を表すと言うように、変身前の名前である立神あおいがこうしたライオンみたいなプリキュアになってしまうのですから、
まさに「そのまんまじゃん!」という感じですね!

「燃えてきたーー!」という口癖から、キュアサニーみたいな炎系が必殺技かと思いましたけど、
今作のモチーフはアイスとかスイーツという事もあるのですけど、
クリームエネルギーは水色で氷属性をちゃんと有していました・・・(笑)
やっぱり青系プリキュアの属性はしっかりと青キュアでしたね・・・

敵の怪物の口中にパンチを叩き込みそこで氷を破裂させアイスクリーム頭痛を起こさせるという技を
お披露目させてくれていましたけど、
似たような事は、ドキドキの六花=キュアダイヤモンドもやっていましたので、
やっぱりこの娘はなんだかんだいっても素敵な青系プリキュアでしたね! (笑)

 | BLOG TOP |