FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


少しばかり「何を今更・・」みたいな感じも無くは無いのですけど、
「あやや――!! 今年も第13回東方人気投票にてベスト10入りおめでとう!!」と心からお祝いしたい気持ちで
一杯ですね!
あややは、第11回で一度ベスト10から落ちてしまったのですけど、第12回と今回で引き続きベスト10圏内をキープ
しているのはさすがだと思いますし、
私のように根強い「あややファン」は一杯いっぱいいるという事なのですね!

それとこれも「何を今更・・」みたいな話ではあるのですけど(汗・・!) 今年は酉年という事で、
種族としては鴉天狗、すなわち元ネタが「カラス」であるあやや=射命丸文にとっては、今年はまさに年女という事で
こちらも「あややー、今年は年女という事で昨年以上に今年もあややの事を色々な意味で注目させて
頂きますよー」と申し上げたい気持ちで一杯であります!
当たり前の話ですけど、先日の東方人気投票において「人妖部門」で私が投票させて頂きました7枠の中には
当然! あややも含まれております!
正直、「今回はあややはベスト10から落ちるのかも・・?」と少し危惧していたのですけど、その危惧が外れて
安堵しています!
「よし、、あやや! 次回の第14回は、9位のアリスに追いつこう!」と瞬間的に頭をよぎったものですけど、
この浮気性のポンコツ管理人は、そのアリスにも7枠の一つとして投票していますからね・・・(汗・・!)
参考までに、今回の私の「一押しキャラ」は、早苗さんでした!!
(→こらこら、年末記事であんなに「ゆかりん最高!」と持ち上げていたくせに・・・滝汗・・!!)

改めてですけど、射命丸文=あややのコミュニケーション力は相当高いものがあると思います!
「東方文花帖」という公式書籍は、本の半分程度はあややの東方キャラに対するインタビュー記事と
文々。新聞の事がメインになっているのですけど、
あややのインタビュー相手は、ゆかりん・永琳様・ゆゆ様・アリス・レミリア様・フランちゃん・萃香・チルノ・光の三妖精・
プリズムリバー三姉妹・ミスチー・妖夢・パチュリー・妹紅・慧音大先生・てゐ・輝夜・藍・レティ―などなど
とにかく濃厚で一癖も二癖もありそうな強者ばかりなのですけど、
そうした個性的な皆様を相手にしても、どんなキャラに対しても恐れる事もへりくだる事も無く対等にフランクな感覚で
接することが出来ているあややの「適応性」というか「相手に合わせていける能力」というのは
本当に素晴らしいものがあると思います!
東方キャラでこうした高度なコミュニケーション能力がありそうな御方って実はあんまりいなくて、
どちらかというと喧嘩っ早いキャラとかコミュニケーション能力が皆無みたいな人が多そうな世界でもありますからね・・(笑)
もしもですけど、さとり様がこうしたインタビュー記者を務められた場合、対話をするよりも早く相手の心を読み取ってしまい、
それを相手に問答無用で伝える傾向にありますので、
インタビュー相手は、怒って退席してしまうのかも・・?
そうした事を考えると、やはりあややの能力は賞賛すべきものがあると思いますよね!

改めて振り返ってみると、東方文花帖におけるあややとのインタビューにおいて初めて明らかになった事実も多々ありますし、
他にもルーミアの鉄板ネタでもありますあの「へー、そーなのかー」を引き出したのもあややですし、
妖夢は実はただ働きである事が判明したのもあやや記事からでありますし、
何よりも・・・東方屈指の箱入り娘で、その言動すらも幻想郷内ではめったに明らかにされることが無い
フランちゃんのインタビューを敢行され、フランちゃんのあの名言「きゅーーっとしてどっかーーん」を引き出したのも
やはりあややなんですよね!

あややは本人自身が「私は1000歳を超えている」と認めているのですけど、やはりあのコミュニケーション能力の高さは
伊達に年を取っている訳では無いという事もきちんと提示していましたよね!

そうしたあややのインタビュー記事の「東方文花帖」で明らかになった事の一つが、
幻想郷内で暮らすあのおっかない吸血鬼一派の紅魔館で繰り広げられている「節分」なのでした!

と言うか・・・幻想郷にも「節分」という行事が行われているのですよね!
東方Projectにおける節分は「豆をまいて鬼を追い払う側」と「追い払われる側」の
両者の視点から語られる傾向がある訳なのですけど、あややの紅魔館における節分記事とは、
パチュリーさんからのインタビュー記事という事もあり、
「豆まきの意味」について、「退治される」鬼側の視点からパチュリーさんとしての意図を伝えているのは大変興味深いものが
ありますし、同時に「萃香みたいなはぐれ鬼」の存在を警戒しそれに対する対応策として節分を企画するパチュリーさんの
意図もあり、そのダブルスタンダードはいかにも知識人らしいパチュリーさんらしい感じが漂っていると思います。
本記事は、少し節分には早い感じもあるのですけど、一応・・紅魔館=吸血鬼=鬼という事で
退治される側からの視点で触れさせて頂き、
そして再度なのですけど、2/3の節分記事において、今度は鬼を追い払う側としての霊夢の博麗神社としての見解とか
鬼でありながら霊夢側の立ち位置にもなっている華扇の事を
華扇のグリフォンフィギュアと合わせて簡単に書かせて頂きたいと思っています。

レミリア様って「吸血鬼」なんですけど、同時に「鬼」とも言えるかもしれないですよね!

レミリア様の身体的能力ってある意味なのですけど、萃香の「鬼」としての能力と
射命丸文の「天狗」としての能力の両方を具備していると言えるのかもしれないですよね。
鬼のパワーとしては、大量の悪魔を一声で召還する魔力を元々有し、
頭以外なら全身の再生を一晩で出来る再生能力を全て併せ持っていますし、
たくさんのコウモリに分身したり、霧状になる事も出来るとの事です。
(紅魔郷異変の中で、レミリア様が幻想郷にまき散らしたあの紅い霧はレミリア様が指先から発したものとの事です)
またそのパワーとしては、大木を片手で持ち上げるほどの怪力を持つと阿求ちゃんの著作の中では
書かれていたりもしています。
そしてスピードの方ですけど、やはり阿求ちゃんの描写の中では、瞬く間に里を通り抜けるとされていますので、
レミリア様の身体的能力の高さは凄まじいものがあるとしか言いようがないですよね・・
これに一応正体は今一つ不明ですけど「運命操作能力」とか、そのお伴には常に十六夜咲夜が控えていますので、
案外・・・
「レミリア様、幻想郷内では最強説」なんていうのも決して何の根拠も無い・・という訳ではなさそうですね。

レミリア様のそうした鬼や天狗としての特性は同時に「弱点」を抱えているとも言えます。

ま、一番代表的なものとしては、吸血鬼全般の特性でもあるのですが、夜行性ゆえに
昼間というか、「日光」に弱いというのがありますね。
だけど・・・
レミリア様は、十六夜咲夜に日傘を差して貰ってはおりますけど、結構頻繁に昼間外出されていて、
霊夢の博麗神社に行ったり、お花見とかを楽しまれていますからね・・
あのシーンを見てみると「本当にレミリア様は吸血鬼なのか・・!?」とツッコミを入れたくもなりますね・・・(笑)
鬼の種族共通の弱点でもあるのですけど、炒った豆に触ると皮膚が焼けるとの事です・・・
ま・・そうは言ってもレミリア様は、実は大の納豆好きでもあるのですけどね・・・(笑)
うーーーむ、大晦日の時は年越しそばを美味しそうに食べ、普段も納豆を食べられるとは・・・!
レミリア様は、本当に西洋出身の吸血鬼なんでしょうか・・・?? (笑)

「東方文花帖」の描写では、紅魔館ではパチュリーさん主導の下、「節分」が行われていて、
当然ながら、ある意味「鬼」とも言える吸血鬼のレミリア様は、
豆まきによって撒かれた豆に触れると火傷を負う様子との事です。
紅魔館の豆まきは「人陰を見つけると取りあえず豆を投げつける ・・」という結構豪快なものらしく、
レミリア様としてはその豪快な様子を豆が当たらないように楽しみながら観戦しているという感じなのはれませんけど、
あややによると、レミリア様は、上記の通り、節分の豆が当たると皮膚が焼けてしまうとの事ですので、
レミリア様自身が参加できないとあって恵方巻きを口にくわえてつまらなそうにしていた様子との事らしいです・・・(笑)

だったらそんな節分なんて紅魔館でやらなければいいじゃん! みたいなツッコミが入りそうなのですけど、
それに関しては、あややがパチュリーさんからそのインタビューにおいて色々と興味深い事を聞き出していて
大変面白いものがあったりもします。
パチュリーさんによると、この豆まきは「 鬼の対策強化 」という紅魔館全体における対鬼の防衛能力の向上を
目指したものであるという意図もあるとの事です。
鬼は節分においては本来は「退治されるべき存在」なのですけど、パチュリーさんとしては、
レミリア様の事も配慮しつつ、「それでは退治される鬼としてはどうすればいいのか・・?」という意図も紅魔館の節分として
あるんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
そして面白い事にパチュリーさんの本意としては、レミリア様は鬼じゃないのか・・という事は一旦置いておいて、
「今現在の幻想郷には鬼はほぼ全て旧地獄の地底に移住をしていて鬼は存在していないけど、
萃香のようなとてつもなく強い鬼が、はぐれ鬼みたいな形で博麗神社周辺にホイホイ出没しているので、
これは確かに紅魔館=吸血鬼=鬼という図式にはなっているけど、鬼はやはり紅魔館としては警戒をしないといけない」
という事も意図されている点は大変興味深いものはあると思います。
要は「退治される側」と「鬼を退治する側の立ち位置」という二つの側面からパチュリーさんは「節分」を
見ているという事なのだと思います。

あややはパチュリーさんに「どうして突然鬼の対策強化を行おうとしたのか?」という質問を投げかけたのですけど、
「吸血鬼の館が、平和ボケの間に鬼に侵略された、って事になったら洒落にもならないでしょう?」 と
パチュリーさんは答えているのですけど、あややとしては心のどこかでは
「でもそうは言っても鬼自体既に幻想郷では一匹を除いては存在しない種族なんだし、そんなに警戒する事も
ないじゃん・・」みたいな意識があると言えるのかもしれないですが、
その点はぐぐっと堪えてあえて反論せず、パチュリーさんと意図をきちんと把握しようとする点は、
あややの新聞記者としての「矜持」を感じさせもしていると思います。

それと・・パチュリーさんの節分に対する見解として

「あれは鬼が決めたお遊びというか、人間に対する皮肉なの。
鬼は人間が嘘吐きである事を一番嫌ったから、炒った豆を持たせた 」

「豆をまくという行為は、本来は芽が出てそのまま農作に繋がるの。
その豆に火を加えてしまうと芽が出なくなってしまう。つまり人間は偽りの農作を演じることになる……と 」

「最初は恐らく、人間が自分を退治出来る様に鬼の方が決めた弱点だったんでしょう 。
本当は致命的な弱点も持っているけど、それを見つけられる前に代わりの弱点を作る。
強い物ほど、変な弱点を持っているのよ 」

というのは大変興味深いパチュリーさんとしての考えなのだと思います。
この点は2/3でもからたせて頂きますが、華扇との考えとは少し異なっているのは大変面白いものがあると思います。

あややはパチュリーさんに対して
「吸血鬼も炒った豆に弱かったのは、日光に弱いことを隠すためって事ですか? 」とツッコミを入れているのですけど、

「日光に弱いのもカモフラージュかもしれない。日傘一つで外を出歩いてるし ・・」と
暗に「レミリア様は実は鬼・・?」という事をはからずもパチュリーさん自身が示唆されているのは
「なるほどねぇ・・」と感じたものでした。




blog-pache_convert_20140705185515.png



sama-pache-dedsuyo!!_convert_20140724175502.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介コーナーです!

上記のとつても幻想的で美しいパチュリーさんのイラストは、2014年 7 月にアミグリさんが描かれた
下書きと完成作品です!

2014年7月のこのイラストの掲載時は、「夏らしい絵を描こうプロジェクト第一弾 」という
アミグリさんのオリジナル企画の一環でした!

このイラスト、本当に「夏」にぴったりの一枚だと思います!

パチュリーさんは、さとり様同様に「紫色」を基調にしているのですけど、
紫をベースにしながらも部分的に「水色」を入れているのが、「涼しげな印象」をもたらしていると思います。
アミグリさんのこの記事掲載時のお言葉として
「フリルも透けている感じで塗ってみたけどどうでしょうかー」とありましたけど、
その透明感こそが「清涼感」に繋がっていると思いますし、やっぱり夏に相応しい「涼風」みたいに
爽やかな風が舞っているみたいな雰囲気が漂いますよね!!
印象としては、まさに「川辺に佇む美少女」という感じだと思います。!
この素敵なイラストは、一度既に転載済ではあるのですけど、
もっともっと多くの皆様に見て頂きたいと思い、アミグリさんからのご了解も頂き、改めて再転載をさせて頂きたいと
思います。

このパチュリーさんのイラストは、アミグリさんはpixivにも投稿されているのですけど、
実を言うと・・・・
私自身がアミグリさんの作品でpixivにて初めてブックマークしたのがこの「パチュリーさん」だったのでした!!
その意味では、私にとっても大変「思い入れがある一枚」です!!

また今回あえてこの素敵なパチュリーさんの完成作品の前段階としての下絵も合わせて転載をさせて頂きますので、
この素敵な下絵→完成の変化も皆様に見て頂きたいと思います!
こうやって一枚のイラストは仕上がっていくのですね・・!

上記のこの素敵なパチュリーさんのイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんと言えば、当ブログにおいても、先日も「アミグリさんの版権作品特集 その②」等を企画化させて頂きましたが、
皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・?
こんな可愛いカティアちゃんとかあかりとか黒ウサギを素敵に描けちゃう人のブログってどんな絵が掲載されているのだろう・・?
他にどんな作品を描いているのかな・・・?」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!
また当ブログでは、現在「霊夢語り」も長期連載(?)を現在進行形で進展中なのですけど、
この霊夢語りで転載させて頂くイラストは、全てアミグリさんが描かれた霊夢ですので、
こちらの方も楽しみにして頂けるととっても嬉しいです!

どうぞ宜しくお願いいたします!

それでは次回の霊夢語りその③およびアミグリさんの版権作品特集その③なども引き続き
宜しくお願いします。
そして2月に入ると・・「素敵なこいしちゃん特集企画」もあったりして・・・??
それについては月末記事で告知をさせて頂きたいと思います。
スポンサーサイト



1989というと平成元年・・・

うーーん、そうですねぇ・・・・身の回りの人たちとか職場の中の人達も
いつの間にか「平成生まれ」の人が随分と増えてきたようにも感じられる今日この頃です・・・
うーーむ、私のような「昭和生まれ」は段々と肩身が狭くなりつつあるのかもしれないですね・・・(汗・・!)
最近の記事でも書いている通り、私が社会人デビューを果たしたのが1988年ですので、
平成元年は社会人2年目という事になります。
この頃は、今現在のような「住宅・建築業界」ではなくて金融関係の仕事をさせて頂いていたのですけど、
とにかく「全て」がアバウトでどんぶり勘定で、「ま、いっか・・」の世界の建築業界の今現在の視点で当時を眺めてみると
本当に金融機関というものは、全てが「細かい規定」によって決められていて
箸の上げ下ろしまで煩く言われる感じで、
そうですね・・・血液型がO型で、元々が細かい規定に縛られるのが苦手の私としては、
現在の住宅業界の方が完全に体質に合っていると思います・・(笑)
(ちなみに私が今現在の住宅業界に身を転じたのは、2001年の当時在籍していた金融機関が破綻して以降の話です)
逆に今現在の「全てがテキトーな住宅業界」に身も心も慣れてしまった私が、今更金融機関に戻れと言われたとしても
多分ですけど、100%務まらないと自覚しております・・・(苦笑・・)
それと・・・結果論になってしまいますけど、20代前半であんなにも、組織の厳しさとか
規定に縛られる事の意義とかを叩きこまれてしまうと、
その後逆に規定や規律がゆるい業界に転じると、その業界がとてつもなくゆるく感じられ、
仕事面では大変やりやすくなったような印象すらありますし、今現在もよく社内とかうちの奥様から等から
「とても感情的で妄想癖が強くて大雑把な蟹座のO型のキャラに見えないねぇ・・」みたいな評を言われる事がありますけど、
それは20代前半で骨の髄まで叩きこまれた「規律」のせいじゃないのかな・・と思う時もありますね。
ま・・・私本来の(?)「妄想癖」は、当ブログの特に・・・「東方カテゴリ」で遺憾なく発揮していると
思うのですけど・・・・(苦笑・・)

さてさて・・・1989年辺りというと、日本ではまだまだ「完全週休二日制」は定着しておりませんでしたし、
どちらかというと「土曜日は半ドン」という会社の方が多かったような気もします。
あ・・! 先日、社内の平成生まれの女の子に「半ドン」という言葉をつかったら
「なにそれ・・?」みたいなキョトン・・・とした顔をされてしまいましたので、やはり、私のような「ポンコツ昭和生まれ」は
そろそろ退場処分が近いのかもしれないですね・・・(汗・・!)
当時の金融機関は、第二と第三の土曜のみ休みで、それ以外の土曜は、いわゆる「半ドン」、つまり・・
勤務は昼までという感じで、あの当時は事務の女子行員さんのおねーさんたちも、現金と伝票さえ符号していれば
午後2時ぐらいには上がっていたような気がします。
(営業とか融資関係の人達は、土曜も平日もあんまり関係はなかったですね・・・)
そうそう、今現在の金融機関のATMコーナーは、平日は夜22時ぐらいまで稼働しているのはもはや当たり前の光景ですし、
土日も稼働しているのはほぼ常態化していると思います。
そして今現在は、土日でも深夜でも、金融機関のATMコーナーで「現金の入金」は普通に出来ます。
そして何よりも・・・
コンビニ等で設置してあるATMコーナーで当たり前のように、現金の出し入れが出来ますので
「やはり時代は進化しているねぇ・・」と思わざるを得ないですね。

ちなみに、1989年当時は、日曜に稼働しているATM自体が少なかったですし、
当時のATMは、土日の場合は、現金の入金自体が出来ませんでした。
しかも当時は、基本的には「都市銀行のキャッシュカードは都市銀行同士でしか使えない」という感じでしたので、
私が在籍していた第二地方銀行のキャッシュカードを日曜日に利用できる金融機関を見つけること自体が
至難の業でしたので、やはりここにも「時代の進化」は痛感せざるを得ないですね。
1989年当時の私は千葉県船橋市の寮にいましたけど、日曜日で当行のキャッシュカードを利用する場合は、
船橋ではなくて、津田沼か市川の千葉相互銀行(現・京葉銀行)まで行かないとダメで
当時は「なんて不便な銀行なんだぁーー!」と随分と恨めしく感じていたものです・・・(苦笑・・)

そうそう・・・

第二・第三土曜日だけはお休みだったのですけど、ATMのキャッシュコーナーはどの支店も稼働しています。

そういう場合、「万が一ATM稼働中のトラブルはどうすんの・・?」みたいに思われる方もいらっしゃると思うのですけど、
現在は、警備会社にその管理が全面委託されているケースがほとんどで、何かトラブル発生時は、
電話モニターからの遠隔操作、または警備員が駆け付けるというのが基本システムになっていると思います。
しかし、当時はそんなシステムはなかったんですよねぇ・・・
で、どうしていたのかと言うと、基本的には「ATM当番」と言って、営業・業務・融資の各課の男子行員が
交代交代で土曜に出勤し、何か非常事態が起きた場合に備えるという感じで、
支店内で待機という感じでした。
ちなみに・・今現在はどうか知る由もありませんけど、当時のキャッシュコーナーのトラブルの原因は、
ほぼ例外なく「お札自体の欠陥」です。
例えば・・・いまだに聖徳太子の旧札を入れちゃうとか、ボロボロの破れかかった紙幣を入れちゃうとか
濡れた紙幣を入れちゃうとかそういうのが原因でしたけど、
そういう場合って、コピー機で詰まった紙を取り除くのとほぼ同じ要領でそうした欠陥お札を取り除いていたものでした・・(笑)
だけどそうしたトラブルが起きる事って極めて稀で、
そうした当番って上席と平行員のペアになるのですけど、上席は普通に仕事しまくっているし、
私としては・・・仕事している振りして、本でも読み耽っていたような記憶がありますね・・・(汗・・!)
だけどこのATM当番のいい所は、土曜の二時であがれるし、
この当番を2回やると自動的に「平日休み」が一日強制的に取得させられるという事でしたね。

だけど確か、平成2年以降は、前述の通り、警備会社の委託化によってこうした当番も廃止になり、
平成3年頃には「完全週休二日制」へと移行していきましたので、
やはり時代と言うものは少しずつ「変化」をしていくものなのですね。

 | BLOG TOP |