FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吉野家の「豚丼」って美味しいですよね!!
私、実は吉野家でも数少ない(?)牛丼よりは豚丼派だと思います・・・(笑)

今年はなんか感覚としては例年よりは「寒い」という感じで、まさに幻想郷の雪女・レティ―さんが幻想郷内では
飽き足らず外界にも遠征されてきて大暴れしているような雰囲気すらありますよね・・(笑)
そういう寒い季節ですと、飲み物としては「熱い生姜湯」が最高だと思います!
市販の生姜湯に更に「ショウガ」そのものをすったものを入れ、そこに更にほんの少しばかりはちみつを加えて
加熱したものを飲むとかなり体内は温まるような気もしますし、
冬場は「冷え症」の傾向が強い私にとっては、まさに強い味方の飲み物と言えると思います。
そして冬場に体内が温まる食べ物として、上記の吉野家の豚丼も悪くないと思っています。
勿論、只の豚丼ではなくて、店内でちょっとしたトッピングをした場合ではあるのですけど、美味しいし、体が
温まるから私は結構好んで食べています。

ではどうするのかと言うと、豚丼にオプションで注文した「キムチ」を加え、
その上に、七味唐辛子を「これでもかっ!」というくらい大量にふりかけ、更に紅ショウガを大量に入れて、
丼内をいい具合にかき混ぜると、
あくまで私の感覚ですけど、「そんなに辛い!」という味覚はしないのですけど、それを食べて家に戻る間は、
結構体内はポカポカと温まり、家に戻っても、普段はどうしても冷えがちになってしまう足先なんかも
温かみは数時間はキープ出来るのはありがたいですね!

ちなみにですけど、上記の豚丼にキムチ・大量の七味唐辛子&紅ショウガを施すと、
豚丼自体は「真紅」に染まってしまいます・・! (汗・・!!)
これ、店内で一度写真を撮った事もあるのですけど、あまりにも「我慢大会」みたいな感じの豚丼になってしまいましたので、
画像の公開は自重させて頂きたいと思います・・(笑)

私、必ずしも激辛好みではないですので、そんなに「激辛!!」という感じではないと思いますし、
私の感覚としては、「美味しい!」と感じています!!



雎壻クシ_convert_20170112160825



この吉野家の「豚丼」ですけど、牛肉の狂牛病問題でアメリカからの牛肉が停止され、
牛丼の販売が出来なくなった吉野家が牛丼に代わる代用商品として登場した商品なのですけど、
私はこの「豚丼」は、発売当時もそして今現在も大好きです!
豚丼と牛丼は当然ながら牛丼の方が価格的には高いのですけど、もしも、この二つの商品が同じ価格だったと仮定したら、
私は迷う事なく「豚丼」の方を選ぶと思います。
(もちろん、吉野家の牛丼は完成された素晴らしい商品であり、私もあのお味は大好きですよ!!)
牛丼の販売が復活し、豚丼が廃止になった際はかなり残念に思えたものでした。
豚丼は、牛丼より脂っこくないし、柔らかいし、味がしっとりと染み込み全体的にマイルドで優しい味のようにも思えますし、
「食べやすい」という印象が強いようにも感じられます。
吉野家の牛丼という大変コアなファンの皆様にとっては「豚丼」というと「何を異端な商品を・・」と
思われるかももしかしたら多いのかもしれませんけど、私は豚丼自体はとっても大好きです!

以前もこの話はちらっと書いたことがあるのですけど、2000年代初めに豚丼が発売されて間もない頃、
豚肉と一緒に煮込まれていた具材というのは、現行の玉ねぎではなくて実は、なんと・・・・!!
「ゴボウ」でしたっ!!
正直、ゴボウの頃の豚丼は、決して今現在のように決しておいしくはなかったと思います。
だって生臭いし、苦みは強いし、固いし、豚肉との相性がいいのかよく分からないし、少なくとも美味しくはなかったと思います。
最初にあれを食べた時は
「これって絶対に売れないだろうなぁ・・・・」という印象でしたけど、
その後すぐに現行の「玉ねぎ」になった時は、素直に「おいしい!!」と感じたものでした。

なんであれ最初はゴボウを具材として選んだのかな・・・・??








この豚丼なのですけど、確か2007年頃までは、「吉ブー」というイメージキャラクターがいて、
「何杯以上食べるとストラップとか置物の吉ブーグッズをプレゼント!!」みたいなキャンペーンも展開されていて、
私も幾つか今でも自室内に置いてあると思いますよ。
この吉ブーは結構可愛いと思います!

吉野家の看板商品である牛丼が無事に復活し、豚丼が一時的に商品として廃止になった際に
「吉ブーは修行のため世界各地を旅立つことになりました・・・」というweb上の告知がなされ、
豚丼と吉ブーが店頭から消えていたのですけど、昨年、2016年にお久しぶりに豚丼がメニューとして正式に復活した時は、
残念ながら吉ブーも豚丼と一緒に復活する事が無かったのは少し勿体ない感じもしますね。

吉ブーも放浪の旅から戻ってくるのは果たしていつの事なのかな・・・??
スポンサーサイト



最寄駅周辺には、以前は大体4~5店舗ぐらいの書店があり、その内の一つは
4階建の書店で、専門書関係もそうなのですけど、漫画本とかアニメ本なんかもかなりマニアックなものが充実し、
以前から大変重宝させて頂いていたのですけど、昨年末をもってあえなく閉店・・・
あれれ・・・? という事はなんと・・! 私が普段最寄駅として使用している駅から半径1キロ圏内には
本屋さんがゼロになってしまっていました・・(泣・・)
そう言えば、最寄駅ではないのですけど、1/1の元旦記事でも書いた通り、私は埼玉県最大の!?「風俗の街」でもある西川口に
累計5年近く住んでいたのですけど、その西川口の駅周辺は、意外にも・・・(?)
書店関係がかなり充実し、21世紀の初めには6店舗程度の大小はあるにせよ書店があったものですけど、
いつの間にか、ここもほぼ全滅状態になっていましたね・・・
西川口駅西口の三菱東京UFJ銀行の隣は、以前は書店だったのですけど、いつの間にかローソンになっていて
同じく東口の駅の目の前の大型商業ビルの3階は、以前は品揃えが充実していた書店だったのですけど、
いつの間にやらビル全体がパチンコ屋になっていました・・・(泣・・)

うーーむ、やはり最近は私達自身が、書籍・漫画・雑誌を含めて、いわゆる「紙媒体」を読まなくなったという事が
大きいのかもしれないですね。
私が高校~大学生の頃って、既にファミコン等の家庭用ゲーム機器は浸透していましたけど、
例えば学校とか部活とかアルバイト等が終わって帰宅し、ご飯とかお風呂等が終わり自室に戻った際って
本とか漫画といった「紙媒体」を寝っ転がって読むというのが
一つの時間の使い方みたいな感じもあったのですけど、
最近は、一部屋にテレビ1台は既に当たり前のようですし、何よりも自室内には携帯・スマホ・PC等があるから、
別に紙媒体を読まなくても、幾らでも一人で「楽しい時間」を過ごすことが出来ちゃうんですよね!

最近は、よく「活字離れ」・「本離れ」・「出版業界の危機」とか色々言われていますけど、
どうなんでしょ・・・?
昔に比べたら、私達日本人自体が「本」を読まなくなったという事なのかな・・・?
別に紙媒体でなくても「電子書籍」として本を読んでいる人が増えているという事なのかな・・・?
ちなみにですけど、
私自身は、こんな事書くと「やっぱり昭和生まれのアナログ人間は感覚が古いね・・」みたいに
言われてしまうのかもしれないですが、
私自身は「本」・「漫画」を読む場合は、昔ながらの紙媒体のいわゆる「紙製の本」の方が圧倒的にいいです!
感覚としては「電子書籍」で本を読むと、本を読んでいるという感覚が今一つ乏しいし、
なんとなくパソコンでサイトを眺めているのとほぼ同じような感覚に陥り、今一つ読書をしているという感じは
しにくいものですね。
それと・・・最近は老眼が進行中のため・・!? (汗・・!) スマホの携帯小説とか電子書籍での
あのチマチマした細かい文字を読む事自体、なんか大変面倒くさくなってきています・・・(苦笑・・)
そしてこれはやはり感覚の問題なのでしょうけど、ページをめくるという行動の代わりに
画面をタッチしてスライドさせるのもなんか未だに抵抗があったりもしますし、
例えば紙媒体ですと、ページをめくればめくるほど「あ――、あと残りこのくらいでこの物語が終わる・・あと少しだ、頑張れ!」
みたいな感覚はあったりするもので、これが「物語読破」に向けての一つの励みにもなったりするのですけど、
電子書籍はそれがないから、やっぱり昭和生まれのアナログ感覚の私には、やっぱり
「ちょっとね・・」という感じになってしまいますね。
ま・・・こんな事書いている自体、既に「時代遅れのアナログ世代」の典型なんでしょうけどね・・・(汗・・!!)

そうそう、冒頭で出版業界の危機というか、本の売り上げ低迷とか書店の経営難の背景には、
もしかして・・
アマゾンの存在なんかも大きいのかな・・?ともふと思う事があります。
昨年末も、いくつか本・雑誌を購入したのですけど、
私が「この本欲しい・・」と思うのは大抵、すこーし(?)マニアックなものばかり・・・(汗・・!)
それと・・東方関係の書籍は一般書店ではあんまり見た事ないのかも・・?
「この本欲しい!」と思っていても書店にないから、やはりこういう時便利なのは「アマゾン」ですよね!
実際アマゾンに在庫切れとか無い本自体がそんなに無いのかも・・?というくらいの充実感はあります。
しかも、特に完璧な新品にこだわらなければ、
新品に近い中古本で良ければ、かなり安く購入できる場合も多々ありますし、
新刊本でも、少なくとも書店で買うよりは全然安く買える事の方が多いと感じます。
うーーむもやはりこうした現況では、冒頭の話じゃないですけど、街の書店はこれからもどんどん閉店が進行し、
本屋さん自体が「街の遺跡」みたいな感じになってしまう時代も案外近いのかもしれないですね。

なんにせよ、私自身は、自分の頭がこれ以上ポンコツ化&ボケ化しないうちに、
こうしたブログ管理運営とか本・漫画を読む事もこれからも日々取り組んでいきたいなぁ・・と思っています。

 | BLOG TOP |