FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「東方Project」で登場する各キャラの特性と言うのか能力とか得意技については、
東方独特の表現で「××する程度の能力」と一般的に表現される事が多いです。
でもこれってある意味凄いですよね・・・
だって・・・
「空を飛ぶ程度の能力」とか「人を狂気にする程度の能力」とか「人間を幸せにする程度の能力」とか
「ありとあるゆるものを破壊する程度の能力」とか「運命を操る程度の能力」とか
「奇跡を起こす程度の能力」とか「人の心を読む程度の能力」などなど、
とてもじゃないですけど、そんな「××する程度の・・」というレヴェルではないですよね・・・! (笑)
紅魔館の門番の美鈴の能力は「気を使う程度の能力」なのですけど、
最初にこれを見た時は、
「なんだ、美鈴はレミリア様とか咲夜さんにペコペコしておべっかを使いながら世渡り上手しているんだなぁ・・」と
思ったものですけど、実際は中国特有のあの武術というのか太極拳における「気」の使い手というのか
要は・・カメカメ波みたいな波動を放つ事が出来るという事で
決して「気配りをする程度の能力」という訳ではありませんので・・・(笑)
中には、多々良小傘のように(手にしている妖怪番傘でもって)「人を驚かす程度の能力」みたいな
なんかくすっ・・となってしまいそうな微笑ましい能力もあったりします・・

え・・・・!? 私ですかぁ・・・??

そうですねぇ・・・高校~大学の頃でしたら「楽器(クラリネット)を吹く程度の能力」くらいしか無かったのかも・・?

今現在ですかぁ・・・?

そうですね・・・・仕事柄、「建築関係のトラブル・クレーム事案を治めて火消する程度の能力」と言いたい所ですけど、
たまーに本人が火消方法を間違って余計に火に油を注ぐ場合も多々あったりして・・・?? (滝汗・・!!)

若い頃、10代中盤から後半の頃でしたら、
自分で言うのも何ですけど「足が少しは速い程度の能力」があったのかもしれないです。
私、中学~大学の頃は運動系ではなくてずっと「吹奏楽部」だったのですけど、
100m短距離走と1500メートル中距離走と10キロ程度のミニマラソンぐらいでしたら、
運動部の部員にも決して引けを取らない「足の速さ」はあったと思います。
一番速い時で100m走は12秒後半ぐらい、10キロマラソンで45分ぐらいで完走出来ていたと思います。
ちなみにですけど・・高校の10キロマラソン大会は、運動部はほぼ全員ガチで走る真剣勝負の場でもあったのですけど、
そんな中、文化部の私が360人中50位以内に毎年入っていたのは、それこそ早苗さんじゃないけど
「奇跡を起こす程度の能力」と言えたのかもしれないですよ! (笑)

だけど・・・・そんな私も、あれから数十年(?)の歳月が流れました・・・

最近では、最寄駅の階段を上るだけで息がぜーぜーするとか、
目の前の信号が青が点滅し赤になりかかっているから瞬間的にダッシュしただけで息が上がってしまうとか
まさに自身の「前期高齢化」(??)が着々と進行しているのかもしれないですね・・・! (汗・・!)

高校の時の春の体育祭で、教師たちだけによるガチバトルの「教科別対抗リレー大会」が決行されていて、
あれ・・・私が在校中は、毎年のように「事件」が起きていて、
教師たちがリレーで走っている最中に肉離れを起こしたとか足が吊ったとか、
挙句の果てには・・・・アキレス腱を断絶したとか、とにかく惨憺たるものがありまして、
当時あの光景を見ていた時には、「ふんっ、あんなオヤジにはなりたくないねっ・・!」みたいな感じの私だったのですけど、
今現在はまさにそうした「あんなオヤジ」化してしまっているのかもしれないですね・・・(滝汗・・!!)

その一環なのかな・・?

先日なのですけど、夜中に寝ている最中にふくらはぎに激痛が走り、
瞬間的に太ももあたりが硬直化し、その後にピーン!とした激痛が走り、
とにかくあまりの痛さにすっかり目が覚めてしまいました!
あれって、「こむら返り」とも言うそうですね。
まさに「足がつる」という言い方がぴったり来そうな激痛でした。
感覚としてはふくらはぎ~ふとももの部分のみの筋肉が硬直化し、足が瞬間的に麻痺してしまい、
自分の足が自分の足じゃないみたい・・といった感覚ですね。
だけど、数分我慢して耐えていると、自然にその硬直がゆっくりゆっくり解除され、その内自然に歩ける程度には
回復してきます。

一般的に「こむら返り」とは・・・

ふくらはぎの筋肉が急激に収縮することによって足がつった状態になることで、
激しい痛みを伴う症状です。ふくらはぎだけでなく、あしくびや太もも、土踏まず、指、首、肩など、
色々なところの筋肉でも起こるのですが、ふくらはぎで起こるケースがもっとも多い症状です。

という事らしいのですけど

大体パターンとしては

①水泳や野球、サッカー、テニスなどのスポーツをしている 時や買い物や犬の散歩、
 家事をしているとき、通勤などの日常生活

②就寝中

というケースが多いみたいですけど
①の場合は一過性、②の場合はクセになると恒常的に起きる可能性があるとの事です。

うーーん、こういう「こむら返り」というと何となく私のイメージとしては
高齢者に多い症状という感じがしたのですけど、
ま、私自身、確かに昔と違ってもう若くはないですからね・・・・(苦笑・・・)

でもあの時はとてつもなく痛かったです!
以前経験した「尿路結石」みたいな尋常ではない痛みという域には全然達していませんけど、
寝ている時に布団の中で唐突にふくらはぎが「足がつったような感覚」になるのは
正直驚きましたし、結構痛かったですね!
だけど朝起きてみると、普通に歩けるし痛みもなくなっているから今にして思うと
「あれは何だったんだ・・・??」という感じですね。
ちなみにですけど、足が夜中に突然つった場合は、
つっている筋肉をゆっくりと伸ばすようにして、つった足の親指を手前にゆっくりと引き寄せれば、ふくらはぎが伸び、
ひとまず、その方法で、激痛からは回避できるとの事です。

調べてみると、こむら返りの原因は、疲れ・ビタミンB1とマグネシウムとミネラルの不足とか運動不足とか
体温調整と汗のかき方の問題など色々とあるみたいですし、
人によっては「疲れ等による筋肉の暴走」とか言われる方もいるみたいです。
夏よりは冬に多く発症するみたいですね。
それは、寒さのために身体が緊張状態になり、血行が悪くなるためらしいですけど、
何にせよ「寒がり」で冬が大の苦手な私にとっては、
またまた「頭痛のタネ」が一つ増えたという感じなのかもしれないですね。
スポンサーサイト



昨年末でしたけど、いつものように「住宅ローンの現在の返済状況の明細表」が届いていました。

昨年の3月の記事においては「25年返済のうち、15年が無事に完了し残りはあと10年!」みたいな内容だったと
思いますが、今年はあれから1年が経過していましたので、
残務の完済までは「あと残り9年」という事になりました!
これって結構気持ち的には大きいのかもしれないです。
昨年の時点は、「25年のうちの15年が完了し、丁度2/3が終わった」という感じでしたけど、あと「残り10年」という事で
まだ「二桁」だったのです。
それが今年度の時点では「残り9年」という事でついに「残り一桁!!」にまで突入した事になります。

あと9年間頑張って返済し続けていれば、やっと無事に「住宅ローン」を完済出来ちゃいます!!
これって・・・
「まだまだ残り9年間」と解釈するのか
「残りはもうあとわずか9年・・」と解釈するかで気持ちは結構変わるのかなとも思うのですけど、
とにかく無事に16年間一回も遅延がなく返済し続けられたのは、当たり前の事なのですけど
こういう不安定が先行きが見えない時代においては、「一つの誇り」と思ってもいいのかもしれないですよね。

こうした「住宅ローン」は、所詮は「借金」です。

だけど、こうした「借金」というのは気持ちとしては確かに「マイナス」なのですけど、逆に考えると、
こういう「マイナスを少しずつ減らしていく・・・長期に渡って減らしていく・・・」というのは
逆に意外と「励み」にもなったりもするものだとも思っています。
「こういう長期間の借金というのは、いくら住宅ローンと言えども、気持ちの上では多少なりとも重圧になる」みたいな
マイナスの感情をマイナスのまま抱え込んで日々を過ごすのも一つの方策ですし、
「ちゃんと日々の仕事をきちんとこなして毎月着実に残債を減らしていく事で、いつの日にかその残債そのものが
ゼロになり、ゼロになれば余裕は出てくるし、ヘンな重圧も無くなる。
そのゼロに向けて残りの返済期間を頑張っていこう!!」みたいに
マイナスの感情を少しでも「励み・張り合い」に変換させて過ごしていくというのも一つの方策ですし、
それをどう捉えるのかというのは、自分次第という事なのかもしれないですよね。

だけどどうせ同じ「長期の住宅ローン」を抱えるのなら、少しでも気持ちに「張り合い」みたいなプラスの気持ちというのか
前向きな気持ちを持っていた方が、
多分ですけど、毎日を楽しく過ごせるような気もいたします。



ゆにっと



住宅ローンが16年目という事は、逆に言うと、家を施工してから既に16年の歳月が経過したという事でも
あるのですよね!
うーーん、早いなぁ・・・つい先日施工したと思っていたら、もう16年!
建築会社に在籍している人間の視点でついつい見てしまうと、
「なーに、25年の住宅ローンが完済した頃には、外装・設備・屋根等の大規模改修工事をしなくちゃ
いけない時期になっているから、どうせその頃にはまたまた色々と出費がかさむよ・・」みたいな感じに
なってしまうのでしょうね・・・・(汗・・!)
だけど「住宅ローン」を完済出来たら、気持ちの上ではググッ!となにか「余裕」みたいなものは間違いなく
生れてきそうな気もします。

自慢じゃないですけど、我が家は、施工後16年経過している家にはあんまり見えないです・・・
外壁はサィディング外壁材なのですけど、セラミックコーティングを施しているせいか、汚れとかクラック(ひび割れ)とか隙間とか
目地の割れなんかほぼ皆無ですし、
室内も天井とか壁のクロスには全く「汚れ」はないと思いますし、
建築会社の私が言うのも何ですけど、どうみても施工後16年の家には見えないです。
あ・・・だけどこれ理由がありまして、
天井や壁のクロスの汚れの原因は、ほとんどは、
1.小さいお子様とかペット
2.ご主人のタバコ
3.キッチンの油
が原因と思われるのですけど、うちは、子供もペットもいないし、私はタバコは吸った事ないし、
うちの奥様は基本的に油を使用する面倒な料理は一切しないから、
これって・・・汚れる訳がないのですよね・・・(苦笑・・)

それと、実を言うと、うちの家の工法は、全国的にも大変珍しいのですけど、
木造軸組在来工法なのですけど、同時に工場で建物全体の80%を作り上げて、工場生産してきた
箱みたいな「ユニット」をトラックで運び、それを施工現場でクレーン車で釣り上げて組み立てていくという
ユニット工法(プレハブ工法)でもありますので、
家の精密度はかなり高いんじゃないのかな・・・とも思っております。
その「ユニット」なのですけど、窓・外壁・室内電気配線・建具・外壁と室内壁の間の断熱材やタイベック材の施工とか
室内喚起システムとか、当然ながら家の柱・筋違・梁といった基本構造は
全て工場内で生産される工法で、
生産過程ごとに細かい監理・チェックが入るので、大工さん・職人の腕によって多少は出来不出来がどうしても生じてしまう
現場施工の家よりは家自体の精度は相当高いと思われます。
そして、工場で概ね8割仕上げた状態のユニット=箱をクレーン車で吊り上げて現場で
まるでおもちゃのブロックのようにポンポンと積み重ねていき、
最初のユニット据え付けから最終ユニット据え付け、そして屋根の基本部材を乗せれば、
一応、たった一日・・・否! 施工開始から7時間程度で、
一見見てしまうと家が完成したようにも見えて、
近所の人たちからは「まるで豊臣秀吉の墨俣一夜城みたい・・」とか言われましたけど、まさに
そんな感じの家だったのでした!

え・・・・? どうしてそんな工法の家を選んだのかですって・・・?

そりゃ簡単ですよ!
2001年~06年当時の私は、そうした工法の住宅メーカーに勤めていて、
工場生産の精度の高さは十分すぎるほど分かっていましたし、
何よりも・・・例え自分の家だろうが、それはあくまで「1棟の契約」でもありましたので、
どうせ家を建てるなら、同時にその1棟で「今月のノルマをクリアしちまえーー!」みたいな安易なノリも
あったのかもしれないですね・・・(汗・・!)

 | BLOG TOP |