FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


レミリア様ってとっても可愛くて素敵なんだけど、どことなく不思議な感じもしますよね・・!
先日1/4に当ブログで dream fantasy のアミグリさんが
描かれた「フランドール・スカーレット」のイラスト作品集をさせて頂きましたが、
あのフランちゃんはとってもとっても可愛かったですよね!
そして、レミリア様は、そのフランちゃんの実姉です。
そしてレミリア様は幻想郷内のカリスマに溢れた吸血鬼というのがそもそもの東方における公式の設定です。
その後公式においても、結構レミリア様の「カリスマ崩壊」みたいな事もあったりもしたものですけど、
基本的には、カリスマ性に溢れた吸血鬼というのがレミリア様本来のお姿なのかなぁ・・とも思ったりもしますね!

阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においては、吸血鬼は「カリスマの具現」と形容されています。

レミリア様もよくその「カリスマ性」が讃えられることもありますし、逆に見た目の可愛らしさとか
500歳とは思えないほどのおこちゃま的なわがままとかで「カリスマブレイク」(カリスマ崩壊)と真逆な事が
言われたりもするのですけど、
そうですね・・私としては、レミリア様は「とにかく可愛いんだから、別に最初からカリスマ性無くても別にいいじゃん・・」
みたいな意見ですね・・(笑)

そうしたレミリア様は、東方フィギュアの世界でも大人気でして、妹のフランちゃんのフィギュアもかなりの種類が
既に発売されているのですけど、レミリア様だって負けていません!
当ブログでも昨年既にレミリア様のフィギュアは、畏敬に溢れた作品からねんどろいどみたいなゆるくて可愛いものも含めて
幾つかご紹介させて頂いてはいるのですけど、
今回は、昨年秋にキューズQから発売された、まさに「カリスマ性」に溢れた恐怖の吸血鬼に相応しいレミリア様の
見方によっては「怖すぎ・・」とすら感じさせる素晴らしきフィギュアを取り上げさせて頂きたいと思います。
そして後半に、当ブログがいつも大変お世話になっている dream fantasy のアミグリさんが描かれた、キューズQとは対照的な「可愛いかわいいレミリア様」のイラストを
転載させて頂きたいと思います。



繝ャ繝溘Μ繧「_convert_20161225185859



それにしてもこのキューズQのレミリア様のフィギュアは大変な迫力がありますねぇ~!!

これこそが「レミリアおぜうさまのカリスマ!!」なのだと思います!!

このレミリア様は、「東方Project」二次創作ゲーム「紅魔城伝説」から、華麗にデザインアレンジを施された作品です。
それ故、他のレミリア様のフィギュア作品とは明らかに雰囲気が異なるように感じられます。
晩杯あきら氏による優雅なデザインの魅力最大限引き出し、大変巧みに立体化の表現が実現しています。
4枚羽・グングニルの迫力等によりレミリア様のカリスマが最大限の魅力として溢れていると思います。

このキューズQのレミリア様の商品概要は下記の通りです。

商品名……レミリア・スカーレット[紅魔城伝説版]
原型製作……Noin
彩色製作……ei
キャラクターデザイン……晩杯あきら
スケール……1/8スケール(全高:頭頂約18cm、羽先約24cm)
発売時期……2016年10月
仕様……PVC製塗装済み完成品(一部ABS)
標準小売価格……16,500円(+税)

それにしてもまさに「圧巻!!」ですね!!

フィギュア本体はそれほど大きくはないのですけど、
ひらめいたドレスや大きな翼、巨大なグングニル(レミリア様の武器、槍です!)によって
ぱっと見の印象は、「でかい・・」とか「すごい迫力がある」とか「このボリューム感が凄い!!」という印象の方が
大変強いです。



繝ャ繝溘Μ繧「2_convert_20161225185924


繝ャ繝溘Μ繧「讒論convert_20161225190010



他のフィギュアのレミリア様ですと「かわいい~」みたいな雰囲気になってしまうのですけど、
このレミリア様のお顔は、ちょっとマジで怖いです!
まさに「怒りのレミリア様!」という感じなのですけど、考えてみるとレミリア様は元々がおっかない吸血鬼
なのですから、このくらいの恐怖感は最初からない方がおかしいといつてもいいのかもしれないですね。
逆に言うと、今までのレミリア様が少しばかりゆるく作られすぎていて、
なんとなくですけど「カリスマブレイク」の方ばかり強調されすぎていたようにも感じてしまいます。

だからそうした意味において、恐怖の吸血鬼らしいレミリア様のフィギュアが登場した事の意義は大きいとも
言えると思います。
まさに「キューズQさま! よくやった、よくやった!!」と称賛したい気持ちで一杯ですね!

衣装の各部に付いている細かくうねるスカートや、チェーンや首元の宝石などの小物や
腕のレースなども緻密に造形されていて、
どのアングルから見てもため息をつかざるを得ない見応え抜群の仕上がりとなっています。

まさに圧巻の仕上がりとしか言いようがない完成度を誇っていると思えます。



繧後∩縺ダconvert_20161225185833



後ろから見てもこのボリューム感が伝わって来ますね!!
翼も繊細な彩色が施されることで、美しい仕上がりとなっているのが素晴らしいです!

この後姿の翼の特異性は、「絶対領域」でお馴染みのあの封獣ぬえの特異性に迫るものがありますけど、
このレミリア様の場合は、まさに異様、そして同時に偉容ですね!

この特異な翼は、まさに吸血鬼の翼に相応しいと思います。

ゆゆ様は、レミリア様の翼を「コウモリの羽みたい・・」と冷やかしたことがありましたけど、
いやいや! この翼に関してはコウモリと言ったら、レミリア様に失礼・・みたいな感じすらあると思います。

それと・・・このフィギュアのレミリア様の足の細さ、脚線美も素晴らしいですね!
やはりここからも普段の「おこちゃま」じゃないレミリア様を見ることが出来ますね!



繝ャ繝溘Μ繧「3_convert_20161225185945



脚はスラリと美しく、なびくスカートのフリルの造形も素晴らしいですね!

ピンクを基調とした可愛らしい衣装とは対照的な、吸血鬼らしいキッと睨みつけている表情も圧巻です!
こういうレミリア様を見てしまうと、二度と「おこちゃま」とか「カリスマブレイク」みたいな悪口も
言えなくなってしまいそうですね!
全体のバランスをうまく整えてくれている髪の繊細な彩色表現も一つのポイントだと思います。



繝ャ繝溘Μ繧「讒・_convert_20161225190038



禍々しさが感じられる黒のアイラインや真紅の瞳、鋭利な牙などはまさに「恐怖の吸血鬼」そのもの!!
そしてその御尊顔は、見どころ満載、非常に素晴らしい出来になっています。

このレミリア様は、数ある東方フィギュアの中でも、文句無しに最高傑作の一つに数えても支障はないと
感じます。そのくらい抜群の完成度を誇っていますし、
ここまでくるとフィギュアの領域をとっくに超越して「芸術品」とも言えるんじゃないのかな・・とすら感じてしまいますね!

レミリア様の持つ、思わずひれ伏したくなるような恐ろしい程に美しく魅力的な愛らしさが見事に
表現されていると思います。
本当に素晴らしいです!!



buru-remiriachan_convert_20130422151820.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

上記の「青のレミリア様」を描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この素敵なイラストは2013年4月にアミグリさんが描かれたものです。

当時のアミグリさんのお言葉として
「青バージョンのレミリアなので、レミリア・ブルーレットですw」と言われていました・・(笑)
ちなみにですけどこの「青のレミリア様」には元絵がありまして、
それがこちらの2012年7月に描かれた  レミリアお嬢様 です!

2012年7月の通常のピンクを基調とするレミリア様も、2013年4月の青のレミリア様もどちらも可愛いですね!
正直・・・今回のこのキューズQのカリスマと偉容に満ち溢れたレミリア様を見てしまうと、
このアミグリさんが描かれたレミリア様を見ると
まさに・・・!
砂漠で水を求めて瀕死になっていたところに、「オアシス」が見つかった・・という例えがぴったりきそうな
まさに可愛いかわいい「癒し」みたいなレミリア様がここにいると思います。

いつものレミリア様を見慣れていると「やっぱりレミリア様はこうでないとね・・」としみじみ感じてしまうのですけど、
ま・・たまーにはキューズQみたいなレミリア様を見るのも悪くはないのかも・・?
だけどこうしたアミグリさんが描かれるような可愛いレミリア様がいるからこそ、
少しイレギュラーみたいなキューズQフィギュアが見映えがするという事に繋がるのかな・・とも思ったりしますね。

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんのレミリア様ののイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんと言えば、当ブログにおいても、1/4に「フランちゃん特集」をさせて頂き、
1/7には版権作品の特集もさせて頂きました。
もしも皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・?
こんな可愛いカティアとか美月を素敵に描けちゃう人のブログってどんな絵が掲載されているのだろう・・?
他にどんな作品を描いているのかな・・・?」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ  dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

どうかアミグリさんの素敵なブログの方も何卒宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト



先日までは1983年の全国大会・高校の部の私のあのような拙い感想記事をご覧頂き、時に素敵なコメントを頂き
ありがとうございました!
今回から1989年の全国大会・高校の部について語らさせて頂きたいと思います。
とてつもなく古い記事で一度1989年の全国大会の事は一度書いてはいるのですけど、当時はまだ開設当時という事で
慣れない事も多々あり、あまり満足した内容ではないものですので、
ここで改めて1989年の全国大会の事も前回の記事を一応ベースにさせて頂きますが、
内容的にはほぼ別記事と思って頂ければ幸いです。

今回は、プログラム一番の関東第一高校の本編の前に、またまた例によって(?)
この1989年という時代背景とか当時の私自身の事を簡単に書かせて頂く「番外編」から
スタートさせて頂きたいと思います。

1989年と言うと、平成元年でもあるのですが、
振り返ってみると前年の1988年は、確かに経済も絶好調で株価も不動産価格もグイグイ上がりまくり、
金融機関は1990年以降の総量規制はかかっていないし、不動産業への融資はやりたい放題の時代
でしたので、景気は相当良かったのだと思います。
1988年は冷夏という事もあり、何かどんよりとした感じは否定できない雰囲気があり、
昭和天皇のご病状が悪化し、世間全体が「自粛」という事で、バーゲンとかイベントとか
お祝いというものがことごとく自粛されていた傾向がありましたので、
世の中全体が「この好景気を楽しもう!!」という雰囲気では全然なかったと思います。

結果的に昭和天皇がご逝去され、時代が平成へと移ると一気に時代が明るくなっていったような
印象があります。
それまでの自粛ムードを一気に打ち破り、好景気を世の中全体で享受したのがこの年だったのだと
思います。
だけど、皮肉な事に、「平成」の時代で好景気という言葉で覆われたのはこの1989年だけで
翌年からは早くも「バブルの崩壊」という事が盛んに言われ始めるようになります。

私は1988年にとある第二地方銀行に入行し、
この年は金融機関に入行して二年目に入り、そろそろ仕事も覚え始め、
住宅ローンとか保証協会付融資とか、単純な不動産担保付融資の仕事も担当するようになり、
徐々にではありますが、社会人としての自分に慣れていった頃でもありました。
もっとも翌年からは、営業担当としてデビューする事となり、しかもいきなり山梨の支店へ飛ばされ
見知らぬ異郷の地で一人奮戦する事になるとは、当時は知る由もありませんでした・・・
金融機関の新入行員というと、他行ですと最初の一ヶ月程度は「研修」という事になるのかもしれないですけど、
「実務は頭で覚えず実地で覚えろ!」との方針で、入行式が終わったと同時に支店に配属され、
一般的には「出納係」から始まり、ここで現金の数え方、いわゆる「札勘」から実務を覚え始めるのですけど、
私の場合はなぜかいきなり「融資課」に配属され、
最初の一年間は何がなんだかさっぱりわからん・・・何がわからないのかもわからない・・みたいな状況でも
あったのですけど、ま・・なんとなく自然に覚えていったというか覚えさせられたという感覚が強いですね。
あの頃は、後述しますけどまさに「バブルの時代」で不動産取引に関する融資がメインでしたので、
とにかくあの頃は、取引先の不動産屋が仕入れた商品物件としての「土地」を金融機関的に
「担保として問題ないのか・・」みたいな観点から調査し、
(具体的には近隣売買事例を聞き込み、周辺の路線価等を参考にしながら、金融機関所定の書式の
不動産担保調書とか決算書をベースに決算分析調査書みたいなものをやたらと書いていた記憶がありますね!)

1989年と言うと「バブルの絶頂期」という評価なのでしょうけど、当時金融機関に在籍していた
私にとっては、結構しんどかった時期ではあります。
というのも、当時は金融機関にとっては「融資競争」の真っ只中というか、
銀行が頭を下げて、顧客に
「どうぞ当行からお金を借りて下さい」
「当行からの融資で不動産・マンション・リゾートマンション・株式・・・とにかく何でもいいから
 モノを買ってください」
「お金はいくらでも貸してあげます」
「年収とか過去の経歴何か問題ではありません。不動産担保さえ頂ければ、当行担保評価の120%以上
 お金をお貸ししますよ」
「アパートを建ててみてはどうでしょう? その建築資金と建築業者は、当行で責任を持って紹介
 いたします。なーに、建てた後も入居率100%を維持できるように当行が全面的にバックアップ
 しますから・・」
「不動産をお持ちでなくても、株式を担保にだって出来ますよ。株価の70%程度はお貸しできますよ」
「老後が不安ではありませんか? 当行と提携している生命保険会社の年金保険を検討されては
 いかがでしょうか? 保険料を月払いでなくて、一括して払った方がお得ですよ。えっ、一括で
 払えない? 大丈夫ですよ、当行の保険ローンで一括払いを立替えますから・・・」

などなどあまーーーい言葉で随分と顧客を勧誘したものですよね。
当然そうした甘い言葉に騙されたか人達は、その数年後にいたーーい目を見る事になります・・・
そして最終的に私達自身も、2001年6月に「金融機関破綻」というカタストロフィーを迎えるのです・・・

だけど、正直1989年時点で、あの頃は
「金融機関がバタバタ破綻する時代が来る」とか「1000万円までした保証されない」という事を
考えた事はなかったです!
とにかくあの頃は、今現在のように金融機関が普通に倒産するという常識は全く無かったと思います。


この年の課題曲は、比較的A「風と炎の踊り」の人気があったようですが、
今でもこの曲はあまり好きになれません。
前半の長さに比べて後半の「炎」の部分があまりにもあっけない感じがあったりもします。
BのWISHは、大好きな曲です。この曲独特のチャーミングな部分をうまく出せたチームは
結構書少なかったと思います。
Dのすてきな日々は、文字通り楽しい曲です。あのドラムセットはかっこよかったですね!

さてさて・・次回の番外編はこの1989年の課題曲について軽く触れさせて頂きたいと思います。

 | BLOG TOP |