FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うーーーん、難しいなぁ・・・
こんな事書いてしまうとまたまた皆様からのご批判を浴びてしまうのは百も承知なのですけど、
「響け! ユーフォニアム」に関しましては、私は圧倒的に第二期よりは第一期の方が好きというか、
感銘度が強いと感じます。
正直に書くと、私自身は決してこの原作もアニメも好きではありません。
はっきり言うと見たくないです!
なぜかと言うと、第一期の感想記事書いている時に述べている通りなのですけど、
このアニメを見ていると、私自身の10年間に及ぶ「吹奏楽との関わり」のトラウマや嫌だったことが
まるで走馬灯のように鮮明に思い出され、
私自身としては「忘れてしまいたい嫌な事」として封印してきた「過去の記憶」がこのアニメを見てしまうと
まるで昨日の出来事みたいに蘇ってきてしまい、
正直このアニメを見ること自体苦痛でした。
それでもどうして見ていたかというと、やはり「懐かしい・・」という感情と
「自分にもそうやって何か一つの事に集中して取り組んでいた時期もあったし、普門館で一度は吹いてみたい!という
夢を純粋に追いかけていた時期もあったし、それはやはり私としても大変尊いものがあるし
確かにその過程は嫌な事の連続だったのかもしれないけど、そこで得たものは私の生涯の誇りである」という事を
改めて第一期で認識したからなのでした。
特に第一期第12話における久美子の「うまくなりたい、うまくなりたい・・!」と泣きながら夜の京都の町を
駆け抜けていくシーンは、まさに当時の「私」そのものだったと言えるのかもしれないです。

そうですね・・・「大好き」なゆえに、その大好きな事を改めてああやってアニメで見せつけられるという事に
今でも幾分抵抗があるといっても宜しいのではないのかな・・?とも思っています。
換言すると・・・・
大切な事は「そっと自分の秘めた心にだけ封印しておきたい・・」
そんな事なのかもしれないですね。
それでもこの原作&アニメは、私の中で「封印してきたもの」を改めてそっ・・・と見つめ直すいい機会でも
あったのかなぁ・・とも思っています。
以前の自分でしたら、吹奏楽生活の中で特に「最悪の思い出」しかない中学の吹奏楽部なんか
元部長として顔を出す事自体「絶対嫌!」という感じだったのかもしれないですけど、
一昨年や昨年末の記事で述べた通り、
一応は・・・先輩として母校の後輩達にささやかではあるのですけどああしたお土産みたいな差し入れをする事が
出来るようになったというのは、
この「響け・・」を見て、改めて私自身の「私にとって吹奏楽とは何だったのか・・」という事を見つめ直す一つの機会でも
ありましたし、
同時に「何かわだかまり」みたいなものが一つ吹っ切れたという事でもあるのかなぁ・・と思ったりもしています。
とにかく、私にとって「吹奏楽」=「普門館で一度吹いてみたい」という事であったのですし、
結果的にその夢は実現はできなかったのですけど、
巡り巡って「クラシック音楽に興味を持つようになった」という
「音楽」の深い森の中に迷い込むきっかけを作ってくれたのがまさにこの「吹奏楽」である事を考えると、
やはり「吹奏楽」には「感謝」とか「ありがとう!」という気持ちしかないです!

だから二期に渡るこの「響け! ユーフォニアム」は、私にとってトラウマの蘇りでもあると同時に
「やはり自分にとって吹奏楽とは私自身が音楽に目覚める一つのきっかけだったんだぁー!」みたいな事を
改めて再認識させてくれたアニメなのだと思います。
ただ・・・吹奏楽経験者にとっては見方にとっては「相当痛いアニメ」である事は間違いないと思います!









「響け! ユーフォニアム」第二期は、序盤と第8~9話あたりが大変素晴らしかったと思います。
第二話での希美のあのけしからん水着姿で、あのような深刻な話をさせちゃうあの粋な演出とか
あすかの母親の毒親ぶりとかあすかの例のあの「香織が靴ひもを結んであげる時の嫌悪感」あたりの話は
親兄弟と必ずしも(というか全然・・!)うまくいっていなかった私自身の感情を直撃させられちゃいましたし、
第10話の久美子が泣きながらあすかにストレートな気持ちをぶつけたシーンあたりし
第二期の白眉だったと思います。

だけど・・・これはあくまで私の感覚ですけど、第二期はやはり第一期には遠く及ばない・・・

色々と理由はあるのですけど、第11話以降がエピローグ化してしまい、番外編みたいな展開になってしまったのは
勿体無い気はしますし、
第13話の最終回はやはり「全国大会」で終わらせて欲しかったと思っています。
第12話で課題曲も自由曲も全部カットというのもなんか私的にはドン引き状態でした・・・
(最終回の練習風景であの「三日月の舞」を今更流されてもねぇ・・という想いは強かったですね・・・)

それと・・・やはり繰り返しになりますが、
5月の段階で「海兵隊」すらまともに吹けなかったチームが、いくら優秀な指導者を迎えたとしても
わずか四か月程度の練習で「全国大会」に行けてしまうあの無茶振り設定が
どうしても私的には納得いきません!
ま・・これはフィクションですし、アニメでしょ・・と言われればそれまでなんですけど、
やはり「全国大会」とか「普門館」を本気で目指していた私の視点で見てしまうと、
「こんなの絶対にありえないね・・! 百歩譲って四国や中国支部なら分かるとしても
あの激戦の関西大会を突破して全国大会出場何てありえない!
吹奏楽コンクールは決してそんな甘いものではない!
それは「吹奏楽コンクールなんてちょびっと練習さえすれば全国に出れちゃうんだ!」みたいなヘンな誤解を
持たれてしまうのも、なんか・・・逆に現役奏者とか吹奏楽経験者に対して大変失礼な話じゃないのかな・・・」と
やはりどうしてもこの点は違和感を感じてしまいます。
それに、リアル的には関西代表チームが銅賞を受賞する事は多分ありえない展開だと思います・・・
関西は、大阪にあんな強豪校が揃い、最近では確かに以前ほどの勢いはないのですけど、奈良・京都・兵庫県には
古豪の名門校が揃っていますので、現実的には北宇治みたいな学校が関西大会を突破するなんてことは
120%あり得ませんし、どうしても私としてはその点が合点がいかないというのも大きかったのかもしれないです。

そしてやっぱり・・・関西大会終了後、部内であんなにゴタゴタが続きすぎ、
私としては、
「おまえら、せっかく掴んだ全国の切符なのに、そんなにぶったるんだ状態で練習してどうするの?
全国大会で演奏できるなんて、出来ない人たちの視点で見てみると羨ましい限り・・・
そんな人たちの想いは一体どうなるの・・?
少しは集中して音楽に向き合えよ!!」みたいな気持の方が終始強くて、
やはりその点が第二期が私にとって今一つしっくりこなかった一番の理由じゃないのかな・・とも感じています。

そして・・・原作もそうですけどアニメで万一、全国大会で北宇治が「金賞」なんか受賞したら
私としてはこのアニメ自体が「クソアニメ化」していたのは間違いないんじゃないのかな・・とすら感じております。

だから・・・

私としては原作もアニメも北宇治の全国大会の結果が「銅賞」である事は大満足なのです!

というか・・・そうでないと整合性取れないし、
私としても銅賞以外の賞だったら「こんなの違うじゃん!」と感じてしまっていたと思います。
だから今回は銅賞でよかったのです!
今回は北宇治の音が全国で響いたというだけでいいのだと思います。
そして・・・次回以降・・・久美子たちが2年生になって、更に自分達の音楽に磨きを掛けて
吹奏楽部としてのチームとしてのまとまりが出来て初めてその時に本気で「全国大会金賞」を目指せばいいのだと
私は思います。




5a03747f_convert_20161231152832.jpg



6f2ff3e3_convert_20161231152910.jpg



出番待ちシーンで
「あ!栄高校です!関東の雄 指揮者は小滝先生」とかサファイアちゃんが言うシーンがありましたけど、
あれは埼玉栄高校の大滝先生をモデルにしたと思われますね・・・(笑)
ちなみに現在は大滝先生は勇退されて、現在の埼玉栄は奥先生が指導されています。
そして「あ、セイラ・・」とか言っているシーンは、
あれは間違いなく福岡の名門、精華女子の事ですね! (笑)

指揮者賞贈呈の際って、結構生徒達が「先生への呼びかけ」という事でパフォーマンスをする事も
見受けられますよね・・・(笑)
生徒全員で「○○せんせーい」と呼びかけしたり
あだなで呼びかけしたり、中々微笑ましいものがありますよね。

そんな中、高坂麗奈はまさかの「滝先生への告白」をやらかしてくれましたけど、
さすがにああいうのは私も見た事はないですね・・・(苦笑・・)
ま、当たり前の話ですけど・・

なんかこのアニメの感想記事は第一期も第二期も言いたい事ばかり書いてしまいましたけど
とにかく「私の忘れていた原点」みたいなものを思い起こさせてくれる素晴らしいアニメである事は間違いないですし、
こんなハイクオリティーのアニメを制作して頂けた京都アニメーションには
感謝の気持ちで一杯です。

本当に2年間に渡って素敵なアニメを見させて頂きありがとうございました!!
スポンサーサイト



段々とお正月気分も薄れてきて世の中全体が通常モードに戻ってきていますね。

お正月の初売りの際にフラフラとイトーヨーカドーのショッピングモールをうちの奥様とフラフラと散策していたら
正月用BGMとして、「春の海」とか雅楽「越天楽」がかかっていました。
なるほど、確かにこれらの曲は日常にBGMとして店内で流しても相当違和感はあると思いますが、
正月と言うのんびりとした何となくおめでたい時間に、これらの曲を流しても全然違和感はありませんね。
何となく興味深いものは感じました。

「越天楽」というと、宮廷音楽というのか「雅楽」の中では一番知名度がありますし、
和式の結婚式ではすっかり定番のBGMの一つだと思います。

「雅楽」といっても、日本と西洋の楽器の種類の違いというのはあっても
基本的には、弦楽器・管楽器・打楽器から構成されています。
西洋の弦楽器に相当するのが、琵琶と筝
西洋の管楽器に相当するのが、竜笛・笙・篳篥
打楽器が、楽太鼓・鉦鼓
と言えると思います。

「なーんだ、楽器の基本的構成が同じならば、越天楽を西洋楽器でも表現できるじゃーん」と考えたのが、
近衛秀麿編曲の管弦楽版「越天楽」だと思います。
近衛秀麿は元々お公家さんの一族でしたけど、西洋音楽もしっかりと勉強されていて、
楽器の移し替え・移調は、案外造作はなかったのかもしれません。
例えば、琵琶と筝はヴァイオリンに、篳篥はオーボエに、竜笛はフルートに、楽太鼓はスネアドラムに等
色々苦労はあったのかもしれませんが、
こうして西洋楽器としての「越天楽」が完成したのでした。

本物の雅楽が演奏したオリジナルの越天楽も聴いたことがありますけど、楽器の違いは大きな違いとも
言えると思います。そして何よりも音楽の作り方が、やはりどことなく西洋風に聴こえます。
できるだけ雅楽風に歌わせようとする意図は分かりますけど、
どうしても小節の頭で楽器同士が揃ってしまう感覚は強いと思います。
雅楽みたいな「微妙なズレ」というものはそこには無くて、やはり西洋合理主義のキッチリカッチリ感はあると感じます。
だけど、曲のメロディーラインの雰囲気自体は驚くほど良く似ているようにも聴こえます。
そう思える根拠は、そうですね・・・言葉にすると大変難しいのですけど「ゆったりとしたゆるいテンポ」が
例え本来の雅楽で演奏しても西洋楽器で演奏しても、大した違いは出ていないという事があると思えますし、
この極めてゆったりとしたテンポが、いかにも日本古来らしいメロディーを奏でる事に大変よく合っているからなのかなぁ・・とも
感じたものでした。

私自身、管弦楽版/近衛秀麿編曲の「越天楽」は、20世紀の間は聴いた事が無かったのですけど、
21世紀に入って間もなくの頃、ナクソスレーベルから、沼尻竜典指揮/都響の「邦人作品集」のCDが出て、
この中にこの「越天楽」が収録されていました!

最初聴いた時は、正直驚きました・・・
全く違和感がないのです・・・
以前何となく感覚で聴いていた雅楽としての「越天楽」を
西洋楽器の管弦楽版で聴いても、
それ程大きく変わったという感じは正直しませんでした。
演奏が、テンポがゆっくり気味で、非常に音色が洗練されているというせいもあるのかもしれませんけど、
とにかく意外な程違和感はありませんでした。

面白いもので、以前何かの実験番組か何かで、
雅楽のような和楽器で、チャイコフスキーの白鳥の湖とか
「ルスランとリュドミーラ」序曲をやっていたことがあるのですが、
当然のことながら、こちらは思いっきり「ヘンな」演奏でしたし違和感は相当なものがあったと感じました。
この違和感は、「日本人が能や文楽を西洋人が演じた時に感じる違和感」と似ているような気もします。
「越天楽」の管弦楽版を最初に聴こうと思った際の事前の予想としては、
上記のように例えばアメリカ人が歌舞伎とか能とか文楽を演じた時みたいな違和感を感じるのかなと
思っていましたけど、そうした違和感は全くありませんでした。
和の楽器で西洋の音楽を奏でる事と洋の楽器で和の音楽を奏でる事の違和感の違い・・・、
こうした「違和感の違い」というものはやはり面白いものだと思いますし、
そこには「日本人にしかわからない感覚」というものもあると思います。

黛敏郎にも「舞楽~BUGAKU」という「越天楽」と発想が同じような曲があるのですけど、
こちらもあまり違和感がないという印象はあります。
この曲を更に吹奏楽にアレンジして演奏した、1995年の秋田南高校の素晴らしい演奏しか
現在手許に無いから、一度じっくり原曲を聴いてみたいのですね。

そうそう・・この管弦楽版の「越天楽」なのですけど、実は第二次世界大戦前にこの曲を録音されていた
超大物指揮者がいましたね!
そう! それこそがストコフスキー指揮のフィラブルフィア管弦楽団でした。
ちなみにその音源はSPレコードです。
近衛秀麿が編曲し指揮した管弦楽版「越天楽」を聴いたストコフスキーが気に入ってコンサートでたまに演奏し、
こうやって録音まで残していたのですね!
ちなみにこのSPレコードは聴いたことがないのですけど、演奏自体はとっても興味がありますね。
日本の雅楽が戦前のアメリカの管弦楽で演奏され録音までされていたという事実は意外だけど、なんとなく
嬉しいものはあったりもしますね。


 | BLOG TOP |