FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


東方Projectのアリス・マーガトロイドの記事を書く際って、
このポンコツ管理人は「他に言葉が無いのかよ・・」と自分にツッコミを入れたいくらい
毎回毎回判で押したように「アリスはお人形遣いなんだけど、アリス本人が人形以上に人形らしい
可愛らしさに溢れている」と書かせて頂いておりましたけど、
だって、本当にアリスは可愛い女の子がてんこ盛りの東方の世界においてもまさに「屈指の美少女キャラ」だと
思いますし、そのドールみたいな可愛らしさ・美しさは、東方でもトップレヴェルに位置しているのかもしれないです!

アリスの能力なのですけどそれは「人形を自由自在に操る」という事です。
人形をアリス自身が手作りして、そうした人形を一度になんと・・・!!10体~15体前後を同時に動かす事が出来て、
その複数の人形が一つの動作しか出来ないというのではなくて、
15体が同時にバラバラに動く事が容易に出来るというから、こりゃまさに凄い!としか言いようがないですね!!
しかもなのですけど、人形が人形に命令して動かす事も出来ますので、まさにとてつもない人形遣いなのだと思います。
アリスは一体どうやってこんな複数もの人形を同時に操っているのかと言うと、
人形自体に「魂」を吹き込むとかそういう方法ではなくて、アリス自体が「見えない糸」を駆使して
一生懸命背後から操作をしているとの事ですけど、これって結局は全てがアリス自身が操っているという事ですので、
アリスとしては「せわしくてしょーがない・・」みたいな感じなのかもしれないですね・・・(笑)
同じ「魔法使い」という同業者の魔理沙に言わせると、
「全部自分で操っているとアリスは言うけど、もの凄く嘘くさいぜ!!」との事ですけど
なんかこれは分かる気がしますね・・・
だけどアリス自身は「「自分で考える人形より、自分で操った方が便利なような気がしてきた・・」みたいな事も
言っていますから、やっぱり自分で操作をしているという事なのでしょうね。

それにしてもアリスは「素敵な人形遣い」だと思います! くどいようですけど、本人がお人形さん以上に
お人形さんらしいですからね!! (笑・・)

うちのブログでも既に何人かのねんどろいど仕様によるとってもゆるくて可愛いちびっこフィギュアを
ご紹介させて頂いておりましたけど
(ねんどろいど仕様でも胡散臭さと威厳を遺憾なく発揮しているゆかりんは特に素晴らしいものがあると思いますし、
十六夜咲夜のキリッ!とした生命感溢れる力強さも素敵でした!)
ねんどろいど仕様によるアリスはとてつもなく可愛いと思います!
もしかして・・・このねんどろいど仕様のアリスは、東方ねんどろいどキャラの中では最高傑作と言えるのかもしれないほどの
完成度の高さを誇っていると思います。
ねんどろいどはその「ゆるさ」も一つの魅力ではあるのですけど、アリスに関しては、ゆるさよりも
「美しさ」を感じさせてくれていると思います。



縺ゅj縺兩convert_20161123174510



このねんどろいど仕様のアリスですけど、
オプションパーツには「笑顔」パーツ、「魔道書」のほか、アリスの代名詞とも言える「上海人形」が3体付属されています!
この上海人形もとっても可愛いですし、まさにアリスの素敵なお供と言えると思います。
人形を使って戦闘を行う動作とか魔導書を手にしている様子とか
素敵な自分だけのアリスを楽しむことが出るのだと思います。

やっぱりアリスは東方でも屈指の美少女キャラだと感じたものでした!

このアリスの商品概要は下記の通りです。

商品名 : ねんどろいど アリス・マーガトロイド
メーカー : グッドスマイルカンパニー
カテゴリー : ねんどろいど
価格 : 3,333円 +税
発売時期 : 2013年1月
仕様 : ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア・ノンスケール・専用台座付属
全高 : 約10cm
原型制作 : JUN(E.V.)

改めてですけど、ルーミアじゃないですけど、金髪とかリボンというものは美少女にとってはある意味必須と言えるのかも
しれないですね。
黒髪の霊夢や早苗さんも素敵な美少女だと思いますけど・・・




繧「繝ェ繧ケ_convert_20161123174449


繧「繝ェ繧ケ3_convert_20161123174532



繧「繝ェ繧ケ2_convert_20161123175059



改めてですけど、このねんどろいど仕様のアリスはまさに完璧な美少女だと思います。

ねんどろいどの魅力は、どちらかというとデフォルメとかちょっと崩した雰囲気とかあのゆるさだと思うのですけど、
このアリスの場合はそうした要素はあんまり感じさせてくれません。
どちらかというとお嬢様!みたいな「気品」すらも感じさせてくれるオーラがあると思います。
ま・・「お嬢様」とか「おぜうさま」というとレミリア様がいらっしゃるのですけど、ねんどろいど仕様のレミリア様の場合は、
どちらかというとカリスマブレイクしちゃったみたいなゆる可愛らしさの方が印象的だっただけに
その対照性が極めて面白いと思います。

このねんどろいど仕様のセットてすと、他のキャラは、通常顔の他に「表情パーツ」として2つほどセットされているのですけど、
アリスの場合は通常顔パーツの他に笑顔パーツしかありません。
つまり表情パーツは二種類だけなのですけど、これは・・・アリスの場合「上海人形」がセットされる事が多く、
このねんどろいど版には上海人形がなんと3体もセットされていますので、その分のコストカットとして
アリスの表情パーツが一つ減らされた可能性もあるのかな・・?とも思っています。
霊夢の場合も三つ目がのんべんだらりの変顔、咲夜さんの場合ですとすまし顔というものでしたので、
アリスの変顔はさすがに無理としても、お怒り顔とかおすまし顔とかニヤリ顔なんかも
たまーには「変化球」として良かったのかもしれないですね・・・(笑・・)

それにしても本当にこのアリスはめちゃくちゃ可愛いと思います!
アリスは人形みたいな容姿なので、フィギュアという三次元でもきちんと立体映えしていると思います!
バックに上海人形がセットされていると、「人形遣いとしてのアリス」がしっかりと表現されていますし、
どちらかというとゆるく表現されている上海人形とアリスの対比という意味で、アリスの美少女っぽい感じが
より強くイメージされているようにも感じられます!

ドレスの鮮やかなブルー仕様とか、青い瞳もまさに「東方の素敵なお人形さん」だと思います!

上海人形も素敵なアイテムですね!
3対セットのうち、1体はイヤホンジャックにもなったりしますし、残り2体は槍と剣を装備しています。




アリス4


繧「繝ェ_convert_20161123174324



オプションとして各種曲げ腕が付属されていて、左手が3種類、右手が1種類となっています。

腕を交換することで様々なポーズを再現可能となるのが心憎いですね!

腕の交換パーツの多様さと上海人形3対は、
「人形を操る」というアリスの元々の能力を強く意識させているようにも感じられますし、結果として
アリスも可愛いし上海人形も可愛いし、
アリスのお人形さんファミリーはみーんなとっても可愛い!という事なのだと思います!



縺セ繧翫≠繧垣convert_20161123174414



さてさて・・同じ「魔法使い」という同業者で共に同じく「魔法の森」で暮らすという意味で、
魔理沙とこのアリスは、東方でもよく百合カップルとして描かれている事が多いと思いますが、
ねんどろいど版の魔理沙とアリスのいわゆる「まりあり」もとっても可愛くて素晴らしいですよね!
ちょっと男っぽい雰囲気もある魔理沙に、いかにも女の子そのもののアリス・・・
うーーむ、霊夢と魔理沙のいわゆる「れいまり」がどちらかというと中性的な雰囲気も感じさせてくれているのですけど、
この「まりあり」は素敵な男の子と女の子のカップリングと言えるのかもしれないですね・・・(笑)

東方で「魔法使い」というとパチュリーさんもいますけど、パチュリーさんは次元がちょっと違う魔法使いという雰囲気も
あったりするのですけど、「東方文花帖」のアンソロジー漫画で、
魔理沙と仲良くしているパチュリーさんに焼きもちを妬いてしまうアリスがとっても可愛かったのは印象的でした!



aris_convert_20091105092510.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いアリスは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2009年11月に描かれたものです!

2009年の作品ですのでもアミグリさんとしてはかなり初期の頃の作品なのですけど、
このアリスもとてつもなく可愛いです!
確かに上記のようなねんどろいどの可愛い三次元のアリスも大変魅力的ですけど、
アミグリさんが描かれるアリスも全然負けていないと思います!

アミグリさんが描かれたこのアリスは、まさに「少女」そのものだと思います。

この「ぺたん・・・」と座り込んだアリスがとてつもなく可愛いし、男の子にとっては「守ってあげたくなってしまうような感じ」
なのだと思います。
なんか思わずついつい手を差し伸べて「どうしたの・・?」と聞きたくなってしまうかのような
少女らしいアリスだと思います!

いや―――、これは文句のつけようがないロリ可愛らしさに溢れていますよね!

そうそう、アミグリさんが描かれたアリスというと、既に当ブログでは一度転載済なのですけど、
2013年1月に描かれた 冬仕様のロングヘア仕様の あーーりーーすうう もとっても素晴らしいアリスだと思います!

→ あーーりーーすうう

それと・・・2013年6月に描かれた アリスさん もシンプル イズ ベストを証明した素敵な作品だと思います!


上記のアリスのイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!


最後に宣伝になりますが、12/14(水)にアミグリさんの「オリジナル創作イラスト その⑦」も開催させて
頂きますので、こちらの方も是非皆様にご覧頂ければ幸いです!
どうぞ宜しくお願いいたします。
その⑦ですけど、これは紹介記事を書いている私自身がとっても楽しくウキウキと書かせて頂けたくらい
とっても楽しくて素敵な内容ですよ! (笑)
スポンサーサイト



ゆゆ様は「幽霊」ではなくて「亡霊」です。
亡霊は、生前同様の姿をし、触れる事も話す事も生前同様に出来ます。
千年近くも冥界の「白玉楼」にて亡霊のまま住み続け、幻想郷担当の閻魔の四季映姫様からの命令を受けて、
冥界での幽霊管理を一任されています。
亡霊なのですけどちゃんと「足」はありますけど、亡霊らしい周辺の霊魂(人魂? 幽体?)とか額の三角巾を見ると
「あ、やっぱりゆゆ様は冥界の人なんだ・・・」と思ってしまいますね。



ゆゆ2



ゆゆ



ゆゆ様と言うと、私的には「東方儚月抄」が大変印象的です。
ゆゆ様は、何となくおっとりしているとかふわっとしているみたいな印象も一見ありそうなのですけど、
いやいや、実は大変な切れ者であることが
この東方儚月抄で明らかになったと思います。
あの作品の中では、

主演→霊夢・魔理沙・レミリア様・十六夜咲夜・綿月姉妹

助演→永琳様・うどんげちゃん

黒幕→紫様=ゆかりん

みたいな感じもあるのですけど、実は「真の主人公はもしかしてゆゆ様ではないのかな・・」と思わせる
抜群の切れ者&知恵者という印象をもたらしていたと思います。
特に特に・・・ゆかりんとのあの「阿吽の呼吸」は素晴らしいしお見事でした!!!
あの話の中ではまさに「最重要人物」だと思いますし、
あの時のゆゆ様は本当に惚れ惚れするくらいかっこうよかったです!!

ゆゆ様の姓は「西行寺」ですけど、よく二次創作においてはその姓から「ゆゆ様=実は東方では最強説!?」みたいなネタも
チラホラとありますけどそれは十分に根拠があるような気もしますね。

ゆかりんとゆゆ様は、東方儚月抄の漫画版においては、底巻のラストのあの宴席シーン以外は実は一度たりとも
顔を合わせてはいません!
何も事前打ち合わせをしていないどころか、作戦会議も協議どころか、手紙とか、文面での指示書とか
一言すら「言葉」を交わしていないのに、以心伝心というのか
「あ・うんの呼吸」でお互いがお互いの意図するところをわかってぶっつけ本番で行動し、
結果的にそれが「成功」しちゃう点は、本当にあれは「すごいな・・」と思ってしまいます。
ゆかりんも素晴らしいけど、それ以上にゆゆ様が素晴らしいのだと思います!

見方によっては・・・・

そんなダブル囮作戦なんてまどろっこしい事しなくても最初からゆゆ様一人だけを月界に派遣し、
何かテキトーなものを盗ませても効果は同じじゃん・・みたいな事を言う人もいるかとは思いますが、
否! それは違うのです!
ゆかりんの「意図」というのは、第一次月面戦争のリベンジでもなくて、綿月姉妹をぎゃふんと言わせることでもなくて、
実は・・・・
そう・・!! ゆかりんのターゲットは、永琳様なのですから!!
永琳様に未来永劫の不気味なプレッシャーを与え続ける事がゆかりんの目的なのであり、それは結果的に
成功を収めた事になるのですけど、その最大の功労者は間違いなくゆゆ様なのだと思います!

半面、なぜかゆゆ様には「大食い」という噂が以前から絶えず、
一度は、ミスチーを焼き鳥の食材として狙っていましたからね・・・(笑)
しかも、その「大食い」というのがついに公式でも認定され、
東方心綺楼で背景に出演した際、観戦しながら物凄いペースで無限におにぎりを食べ続けるというモーションで登場し、
まさにあれは「すさまじい大食漢」ぶりを遺憾なく発揮されていたのがとっても印象的です。

ゆゆ様とレティ・ホワイトロックは、あくまで個人的な感じ方なのですけど、どことなく外見的な雰囲気が
似ているような感じもあるのかなぁ・・と思ったりもしていまして、
あのどことなくふっくらとしたような少しまるっこいような(?)感じは、どことなく「東方の素敵なおかあさん」みたいな
感じもあるのかな・・?とも感じる事もあったりします。
その「ふっくらとした雰囲気」というのが、そうしたゆゆ様=大食い説の発端になっているのかな・・とも思ったりもしますね。
うーーむ、日本未来の「幽霊・亡霊」というと怨念とか恨みとかでガリガリにやせ細っているみたいな印象も
あるんじゃないのかな・・とも思ったりもするのですけど、
いやいや、幻想郷の世界は早苗さんじゃないですけど「常識が通用しない世界」でもありますので、
「亡霊だからやせ細っている・・」という世間一般の感覚をとっくに超越した存在こそがゆゆ様と言えるのかも
しれないですね。

ゆゆ様は、とにかく「食べ物」とセットで描かれる事が多いようにも感じられるのが面白い所です。

射命丸文とのインタビュー中もそうでしたし、異変解決にあたってのバトルの最中でも、
会話の中でなぜか「食べ物」に結び付けて語る傾向が大変強いですよね!
その辺りが大食い・腹ペコキャラという設定に結びついているのかもしれませんけど、
公式漫画でもお団子とかよく食べていましたからね・・・・(笑)
そのあややとのインタビュー記事の中でも・・・

ゆゆ様:失礼ねぇ・・誰が古いのよ・・
あやや:誰もあなたのこととは言っていませんが・・
ゆゆ様:私だってぴっちぴっちの亡霊なのよ・・
あやや:話を戻しますが、なぜ桜の花をまいたのですか? 私は真実が知りたいのです!
ゆゆ様:真実は一番面白いもの、面白いものは人によって違うから、真実も違って見えてしまうのよね・・・
     例えば、このお饅頭をそれに例えると・・・
あやや:おっと・・・またまた話をごまかされるところでした・・

うーーむ、この辺りは、ゆゆ様の食べ物大好きぶりとその飄々とした感じが如実に表れていると思います。

前述の通り、ゆゆ様はミスチーを「焼き鳥」の食材として狙っていましたけど、
同じ「鳥系」のあややとかお空なんかには興味がないのかな・・?
あややとはインタビューに応じていましたけど、ミスチーみたいな反応を見せないのは
「カラスは食材ではない・・」と思われているせいなのかもしれないですね・・・(笑)
基本的にはゆゆ様には食べられないものはほとんどないのかもしれないですね・・・(笑)
あ・・・、そう言えば「タヌキ」が元ネタのマミゾウ親分はゆゆ様的にはどうなんでしょ・・?
狸は「かちかち山」じゃないですけど「狸汁」みたいな料理もあるようですし、食材の一つでもあるようですけど、
果たしてマミゾウを見た時にゆゆ様は何を感じるのでしょうか・・?(笑)

兎肉はかなり美味しいとの話もありますけど、
もしかして・・?
ゆゆ様はうどんげちゃんも食材として熱い視線を送っているのかな・・?
そう思っていたら既に公式でもそうした描写がありましたね!

東方永夜抄におけるゆゆ様・妖夢・うどんげちゃんの素敵な会話の中でも

うどんげ:ふふふ。月の事ばっかに気を取られて……。
      既に私の罠に嵌っている事に気が付いていないのかしら?
妖夢:!?
うどんげ:貴方の方向は狂い始めている。もう真っ直ぐ飛んでいられない!
妖夢:そういえば、幽々子さま、なんであいつが鳥なんですか? 兎じゃぁ……。
ゆゆ様:兎は、皮をはいで食べると、鳥になるの。覚えておきなさい。
うどんげ:嘘を教えるな。っつか、無視するな!

そんな事もありましたよね・・・(笑)

更に「東方文花帖」においては、
第百十九季 文月の四刷の文々。新聞における4コマ漫画においては、
ゆゆ様と妖夢との会話において、この二人からはうどんげちゃんは、「食用」として認識されているのが
なんとも楽しかったです!
うーーむ、ゆゆ様は、ミスチーを食材として認識されている上に、実はうどんげちゃんも「食材」として、やはり予想通り・・
熱い視線を送っていたのですね!! (笑・・)

この中で、ゆゆ様は、
「兎がどうして一匹・二匹と数えられないで、一羽・二羽と鳥みたいな数え方をされていたかというと
昔の僧侶たちは牛豚兎等の肉を食べる事が厳禁とされ、鳥肉はその例外事項とされていた中で、
僧侶たちの詭弁として、兎は実は鳥である。だから一羽・二羽という呼び方で数えられるし、鳥なんだから
自分たちが食べても何ら問題は無い」みたいな事を妖夢に教え、その後で
うどんげちゃんを熱い視線で見つめていましたので、やはりゆゆ様はうどんげちゃんも
「食べちゃいたい!」と思っていたのかもしれないですよね・・・(笑)

前述の東方儚月抄の中巻の「紅魔館パーティー」という立食パーティーが催された事がありましたけど、
あの時のゆゆ様は「食べ放題」である事をいい事に無限大に食べ続けるという事はさすがにされていませんけど、
あれ・・ゆゆ様が本気モードになったとしたら、
咲夜さんが調理された料理は、ゆゆ様が軽く全部平らげてしまうという事もありうるのかもしれないですね・・・(笑)
ま、あのシーンでゆゆ様は紅魔館からお酒を懐の中にちょろまかしてきていたのは
さすが!という感じでしたし、この素敵なちょろまかしがラストシーンにおける月界からの古酒盗み出しという本番に向けての
かる~い練習台になっていたのかもしれないですね。

最後にあの紅魔館パーティーにおけるゆゆ様の衣装はとっても素敵でした!
そして従者の妖夢は、正装に近いのだけど、どことなくですけど「しまむら妖夢」みたいな雰囲気も感じられ
ニット帽、マフラーと手袋を着ていた様子はとっても可愛かったです!

ちなみにですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の素敵な管理人さんの
アミグリさんが2010年11月に描かれた しまむら妖夢 はとっても可愛くて素敵です!

この「しまむら妖夢」も当ブログでいずれ転載をさせて頂きたい素敵な作品の一つだと思います!

 | BLOG TOP |