FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


まずはじめに・・

月曜の記事で「当ブログのプリキュアカテゴリからの撤退検討」と記しましたけど、
私自身も「プリキュア」が大好きである事は終生変わらないと思いますので、当面は細々ではありますが、
このまま継続をさせて頂きたいと思います。
但し、あまりにも最近頻発している名無しの非公開による長文の罵詈雑言の不快極まりないコメントが
今後も続くようでしたら、プリキュアカテゴリ全体のコメント欄は今後閉じさせて頂きたいと思います。


現在放映中の「魔法つかいプリキュア」もあとわずか一か月後には最終決戦に突入し、
最終決戦が始まると「ああ・・、惜しまれつつも最終回が近いんだなぁ・・」と感じてしまうと思います。
今作のプリキュアの「魔法つかい」は歴代プリキュアの中では比較的軽めの作品となっていて、
ドキドキ~姫プリの3代に渡って続いたどちらかというと「重たいシリーズ」のシリアスさを回避し、
無条件でどんな世代の皆様にも楽しめる内容になっていると思います。
そういう意味では、魔法つかいの路線はどちらかというと「スマイルプリキュア」の路線に近いのかなとも
思っています。

朝比奈みらい=キュアミラクルは本当に可愛いプリキュアですよね!

あの可愛らしさは、私が勝手に「私の大好きピンク系四天王」と命名したドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーに
全くひけをとらないと思います!

だけど・・・!!

歴代プリキュアにおける私の大・大・大本命は、そりゃ何と言っても「キュアラブリー」しかないです!!

建前の私の発言としては、「プリキュア愛」とか「歴代プリキュアは全員大好き!」とかなんとか言ってはいますけど、
ま・・正直・・
「この御方はちょっとね・・」みたいな御方も正直います・・・
「え、そのプリキュアって誰なの・・?」ともしも誰かから聞かれたとしたら、その時の私の答えは・・・・
フレッシュの最終回にて大輔から告白されたラブの回答
「し~らないっ!」という程度に留めておきたいと思います(笑・・)
(そうですね・・・少なくとも6人程度はいるのかな・・・)

プリキュアに関しては、とにかく私が歴代で一番大好きなプリキュアは誰が何と言っても「キュアラブリー」です!

うちのブログでも既に何度も書いている通り、
私の本音は「ラブリーこそ永遠なれ!」という感じで、「ラブリーの前にプリキュア無し! ラブリーの後にもプリキュア無し!」という
感じなのかもしれないです!
そのくらいラブリーは、私にとっては「神」というか「女神様!」みたいな存在で、とにかく「ラブリー大好きっ!」という
言葉しか思い浮かばないのかもしれないですね・・・(笑)
そうですね・・・比較する事自体に異論が出るのは百も承知なのですけど、
私がラブリーに対する「想い」というのは、東方キャラで例えると、「さとり様大好き!」とか「こいしちゃん大好き!」ととか
「ゆかりん死ぬほど愛している!」とか「早苗さんが素敵すぎて生きるのがつらい・・」とか「あややと一緒にデートしたい!」
みたいな感覚と同類項なのかもしれないですね・・・(笑)

だけど、そうしたラブリーなのですけど、残念ながらバンダイの「フィギュアーツ S.Hフィギュア」が
番組終了から既に2年近く経過しているのにいまだに商品化・発売されないのはとっても残念です!
「発売は、まだか、まだか・・」と首を長くして待っているのですけど、いまだに「ついに商品化決定!」という朗報が
飛び込んでこないのは実に遺憾な話です・・・(泣・・)

現在、フィギュアーツのプリキュアシリーズは、一般販売はほぼありませんし、ネット予約の完全受注生産です。
一般販売する為には、大量生産が絶対条件となるのですけど、問屋からそれだけの受注は見込めませんし、
何よりもここ最近はプリキュア自体の玩具販売が大変低迷していますので、
大量生産しても完売できる保証は全くないと言えるのかもしれません。
その為に、ネットで受注して少量生産しているのが現状です。

バンダイの子会社であるメガハウスが展開している「世界制服作戦」のプリキュアシリーズも苦戦しているのか、
当初と比べ値上げとなり、主役は一般販売、他は更に高価でネット限定販売になっています。

「艦これ」「アイカツ」他、の人気作品のフィギュアが好評ですので、
これまでプリキュアのフィギュアを購入していたファンが、そうした作品購入に移ったと言えるのかもしれないですね。
事実、私自身もこの2年間はプリキュアグッズの購入は限りなくゼロに近いです。
その分、「東方Project」のフィギュアの方に目移りしてしまっているというのが実態なのかもしれないです。

だけど・・・!!

とにかくどんなことがあっても、たとえ少々予約価格が高くたって構いませんので「キュアラブリー」の
フィギュアーツだけはいつの日にか世に出して欲しいですね!
そういえば「スイートプリキュア」のメロディだって、番組放映終了の約2年後にあの素晴らしいフィギュアーツが
発売されていましたからね!

そういう意味ではラブリーにもそうした事を期待しています!

そうした中、ラブリーには食玩とか一番くじ等でわずかながらもちびっこいフィギュアが幾つか出ていますけど、
これはとにかく「み~んなとっても可愛い!」という感じですね!



らぶり



こちらは食玩のキューティフィギュアのラブリーです!

ラブリーに関しては、今現在このキューティフィギュアが一番大きいというのも、なんか残念な話です。
2014年頃には既に、アミューズメント玩具系のDXフィギュアすら商品化されていませんでしたからね・・・(大泣・・)

でもこのキューティフィギュアはとっても可愛く仕上がっていますね!
ラブリーはピンク系プリキュアなのですけど、歴代の中では・・、特に現役の魔法つかいのミラクルと比較すると
「随分とピンクの色彩が濃い」みたいな印象もあるのですけど、ラブリーの場合ピンクトーン一色ではなくて
黒が混在しているので、このピンクと黒の色の調合というかそのバランス感覚がとっても素敵だと思いますし、
視覚的にも大変見栄えがしているようにも感じられます。
何かどことなく「アホ」っぽいようにも感じられるのは・・・気のせいという事にしておきましょうか・・・(笑)

この食玩が発売された頃に放映されていたお話が
めぐみの成績は学年最下位という事が判明した回でもあったのですけど、アホっぽい感じに見えるのは、
そういう理由のせいなのかな・・・??



繧√$縺ソ_convert_20161127184216



さてさて、こちらは、プライズアイテム「とるぷりフィギュア」から、ラブリーの基本フォームと
フォームチェンジのチェリーフラメンコです。

フォームチェンジ姿は、結果的にガシャポンや食玩のキーチェンのマスコットフィギュアしか発売されなかったものですから、
デフォルメであっても出来のいいフィギュアが発売されていたのは
ラブリー好きの私にとっては大変ありがたい話でした!

欲を言うとロリホップ・・の方も出来れば商品化して欲しかったですね。
このシリーズは残念ながら第二弾で当時は終わっていましたからね・・・(泣・・)

でもとっても可愛いラブリーだと思います!



繝ゥ繝悶Μ繝シ_convert_20161127184241



このキーチェーン付のマスコットフィギュアは、2014年当時、ラブリーのフィギュア関係では一番最初に
商品化されていたものです。

確か番組放映開始と同時に発売されていましたけど、言うまでもなく当時の私はいの一番にラブリーを
購入していましたね・・(笑)

ちなみにですけど・・このマスコットフィギュアは二つ持っているのですけど、一つはいまだに未開封です。
そしてあと一つは、私の車の鍵に文字通り「マスコット」として付けられています・・(笑・・)



002_convert_20140808183942.jpg



最後に・・・これは当ブログのプロフィール画像にもなっているのですけど、
2014年の真夏の盛りに一番くじで出ていたもので、このラブリーのとっても可愛いデフォルメフィギュアは
E賞として取扱いされていましたけど、
確か・・このラブリーのE賞を引き当てるのに、5回ほど掛かったかな・・・
この一番くじは一回500円でしたので、ラブリーを引き当てるまでに2500円くらい投入していたのかも・・・?

だけどこのとっても可愛いラブリーを無事にくじで引き当てる事が出来た時はとっても嬉しかったですね!

タイトルの通りその当時の私の心境はまさに「ハピネス!!」たったと思いますね!! (笑・・)

ちなみにですけど・・・・

2014年当時の話ですけど、このE賞を無事にそんなにお金を掛けずに5回程度で引き当てる事が出来たのは、
「今回の一番くじでE賞が当たりますように!」と当時念を送って頂きました
五月雨日記<仮の宿>の素敵な管理人さんの風月時雨さんのおかげと言えるのかもしれないですね!

風月時雨さん! あの時は本当にありがとうございました!

風月時雨さんの「祈り」は文字通り天に通じた!という事になるのですけど、
やはり風月時雨さんは、もしかして・・東方の早苗さんのように「素敵な奇跡を起こす程度の能力」をお持ちの
現人神!と言えるのかもしれないですね! (笑・・)
やはりこの御方は幻想郷ではなくて外界の「素敵な風祝」と言えるのかもしれないですね!
スポンサーサイト



以前魔法つかいの感想記事にて
「チクルンはいずれ改心キャラ?」とか「敵側サイドとプリキュアサイドの両方サイドで揺れ動くチクルンの葛藤」とか
「プリキュア側にでも敵側にでもどちらかを裏切る場合のチクルンの憂鬱」とか
書いたような事がありましたし、
「チクルンが握られている弱みこそがなにか魔法つかいプリキュアのキーポイントとなりそうな重大なネタが
含まれているのかも・・?」みたいな事を書いていたと思いますが、
否! なんか意外としょぼい理由でしたね・・(笑)

「へっ!1人くらいサボってたって…
まぁバレたら怖~い女王様にとっちめられちまうけどな!」とかなんとかうそぶくチクルンでしたけど、
それをオルーバに聞きつけられて
「面白いね。では、僕がバラしに行ってあげよう」
「ふふ。ちょうどお友達が欲しかったんだ。力になってくれるかい?」という事で
オルーバたちの仲間にさせられてしまったというのがその真相のようですけど、
う―――む、なんという期待外れの(?)しょぼい理由!
まったく・・「お前、そんなしょーもね―ことで妖精の仲間たちを裏切るんじゃねーよ!」というツッコミを入れたい所では
ありますが、これってそんだけ「妖精の女王」が怖い御方・・という事でもあるのかな・・?
そしてもしかして・・、案外その女王様が実は「真の黒幕でしたぁ・・!」なーんてオチはある訳ないですよね・・・
そしてラストでなぜか唐突に「ドア」が出てきて、そのドアからその妖精の里に行けるとの事ですけど、
あのラストのあの妖精の里の風景ってたしか、はーちゃんのうっすらとした記憶にあった場所ですよね!
うーーむ、次回はもしかして案外・・? はーちゃんの秘密に触れる核心の回だったりして・・?
そうそう、考えてみると、はーちゃんは元々は「妖精」でもありますので、はーちゃんとチクルンって元々は
同系列とも言えるのですよね!
そして妖精の里とか妖精の里の女王が、もしかして終盤の「魔法つかいプリキュア」の核心として抵触する
可能性もあるんじゃないのかな・・?

だけど結果的にこれでチクルンも今後オルーバたちに恫喝される事もスパイ活動をさせられることもなくなり
ここに晴れてチクルンはプリキュア達のメンバーとして認知されるようになったのは大変嬉しい事ですね!
そして同時に、まさか最終決戦を前にシャーキンスが殉職して退場するとは思わなかっただけに
こちらの方も予想外でした!







改めてですけど、チクルンに「女王にいいつけてやるぞ!」と恫喝するオルーバは、
そうですね・・・東方で例えると、うどんげちゃんの永琳様に対する愚痴とか陰口みたいなものを
永琳様にチクリを入れようとしている因幡てゐみたいなものでしたね・・・

今回のお話で一番印象的だった場面なのですけど、
「さてさて、どうやってリンクルストーンを盗み出しオルーバたちに渡せばいいのだろう・・」と思案するチクルンに対して、
「何してるモフ?」とチクルンの背後にそっと近づくモフルンがいましたけど、
「びっくりさせんなよ! おいらの後ろに立つヤツはチクチクしちゃうぜ~!?」とか何とか言っているチクルンが
とっても面白かったです!
あの時のチクルンに対しては
「おまえはゴルゴ13なのかっ!?」とツッコミを入れたい気持ちで一杯です!! (笑)
ま・・・ゴルゴ13の背後に立つ人はどんな人でもゴルゴによって撃たれるか空手技を食らってしまいますけどね・・(笑)

ラストでみらいたちがチクルンのために作ってあげたプリンを食べているチクルンはとっても可愛かったですけど、
あの時のチクルンは「うめぇ!ほんとにうめぇ!」と言っていましたけど、
そうですね・・埼玉県在住で「浦和の調ちゃん」とか「十万石まんじゅう」をよくネタにしている私としては、
チクルン初登場時のように「うまい、うますぎる!」と言って欲しかったですね!! (笑・・)



859ffbbd-s_convert_20161128104742.jpg



プリキュアたちというのか、魔法学校の生徒たちはプリンも魔法で作ってしまうのですね!

というか・・一瞬でプリンを生み出すというのではなくて、プリンの調理過程の中で
例えば卵を割るとかミルクをかき混ぜるといったあくまで補助的な作業のみ魔法を使用していましたけど、
あれって、
そんな部分的な事で魔法を使う手間暇かけるのだったら、最初から全部手作業の方が効率いいじゃん!とも
感じてしまうのですけど、
今作のテーマでもある「魔法は必ずしも万能じゃない!」とか
「自分の努力で出来る事は魔法を使わないで自分たちの力で成し遂げましょう!」みたいな事をやはり示唆する話でもあり、
そういう意味では十分にストーリーとしての妥当性はあるもんだと感じたものでした。

あ・・そう言えば、ドキドキのまこぴーはオムライス調理の際に、卵をうまく割れませんでしたし、
プリキュア5のかれんさんに至っては「卵雑炊づくり」の際に普通に卵の中に殻を落としていましたし、
それを見ていたこまちなんかも「あら~、卵の殻はカルシウムの栄養があるから別にいいんじゃないの~」
とか何とか言っていた頃から比べると
後輩たちも随分と進化をしたものですね・・・(笑)


0eefca23-s_convert_20161128104720.jpg



64180524-s_convert_20161128104803.jpg



「こやつはオルーバの手先。ヤツの命令でリンクルストーンを盗んできたのだ!」と
あっさりとチクルンの正体をばらすシャーキンスでしたけど、
ばらされて頭を抱えるチクルンは、ハピネスでキュアフォーチュンから「この世界にサイアークが撒き散らされる
原因をつくったのはキュアプリンセス」とやはり秘密をばらされて頭を抱えるひめと
なんか似ているような感じもありました!
ま・・いおなはあの頃は融通が利かない御方で
「私はあなたを許さない! 絶対によ!」と公言しちゃう人でもありましたけど、
魔法つかいのプリキュア達は本当に優しい人たちばかりですよね! (笑)

チクルン決死の変身アイテム奪取も立派でしたけど、プリキュアたちを一度は裏切ったチクルンに対して
「女王さまにも、モフルンたちが一緒に謝りに行くモフ」とか
「まずはプリン食べるモフ・・」と優しく語りかけるモフルンはもっと立派だったと思います!

さてさて、この回をもってチクルンもプリキュアの正式なお友達入り!!

そして物語はいよいよ最終決戦に向かって動いていくことになります!

なんかあれは、蜂が熊に改心を促されてデレるみたいな雰囲気がありとってもよかったです!

 | BLOG TOP |