FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


東方Projectの世界においては、創造主のZUN神主様が「東方求聞口授」のあとがきではっきりと述べられていた通り、
「不遇キャラ」というのもいたりもします。
ZUN神主様によるとそうした例が、東方求聞口授において、挿絵も紹介記事もコメントも特に何も無かった
キスメ・はたて・犬走椛がそれに該当するとの事です。
そうですよね・・・! ヤマメが口授において2ページも紹介されているのに、ヤマメと同系列みたいなキスメがスルー状態で、
またまた、あややがあんなにもZUN神主から、そして私からも・・・(笑・・)愛されているというのに
同じ天狗だというのに、はたてと椛もスルー状態ですからね・・・
なんかこの3人は少し気の毒な感じもあったりもします。
(椛は意外と同人誌関係ではかなりの人気があるようでして、東方の人気投票ランキングでもその意外な人気の高さが
窺い知ることが出来ると思います)

ミスティア・ローレライとかレティ・ホワイトロックの二人もキスメ・はたて・椛ほどではないにせよ
東方の世界では少しだけ「不遇キャラ」みたいな感じもあるのかな・・・?
ミスチーは公式漫画とか公式設定におけるまさかの・・・??響子とのパンクロックコンビの結成など
それなりに日は当たってはいるのかなとも思うのですけど、レティさんは東方妖々夢と文花帖以降は全く出番がありませんし、
公式漫画においても鈴奈庵の一コマでちらっと出てきただけですし、
少しと言うかかなり勿体無いと感じております。
レティ・ホワイトロックは実は東方でも屈指の「お姉さん系のふっくらキャラ」みたいな所もありますし、
レティさんの正統派美人さんぶりは実は私も大好きです!
最近の季節は既に寒い冬という事もありますので、このいくぶん不遇キャラとも思える雪女のレティについては、
当ブログで「支援」という意味も込めて今週末からレティさん語りも始めさせて頂く予定です!

それとですね・・・・

東方のグッズ・・・・特にフィギュアについては、霊夢・魔理沙・妖夢・咲夜・フランちゃん・アリス・あやや・ゆかりん・こいしちゃん・
さとり様・早苗さん等の人気キャラは色々と複数のメーカーから商品化されていて、これは実に嬉しい限りなのですが、
例えば、封獣ぬえ・ムラサ・一輪・物部布都あたりですらもフィギュア化されているというのに、
そして・・・上記で不遇キャラとあえて記したはたて・椛ですらフィギュア化されているというのに、
ミスティア・ローレライとレティ・ホワイトロックに関しては、東方でもかなりの古参キャラだというのに、
いまにだフィギュア化という商品化が実現されていないのは、少し納得いかないものは
あったりもしますね!
ま、それを言ってしまうとリグルも同じなんですけどね・・・(笑)

ミスチーも外見的にはかなり特徴がありますしとっても可愛いですし、レティさんなんかはかなりの正統派美人さん
ですから、グリフォンとかキューズQとかフィギュア化してくれると
とっても嬉しいものがありますね!








東方における「苦労人キャラ」というと真っ先に思い浮かぶのが、妖夢・十六夜咲夜・うどんげちゃんという
従者メンバーだと思いますけど
(咲夜さんの場合は、本人が「そんなの全然苦労のうちに入らないでしょ・・!」と言ってくれそうな完璧さはあると思います!)
ミスティア・ローレライ(以下、愛称のミスチーの表記をさせて頂きます・・)も実はこれはこれで意外と
苦労人みたいな所はあるのかな・・?とも思ったりもしますね。
そうそう・・ミスチーの正体は妖怪・夜雀を元ネタとする「鳥」です! 間違っても「蛾」ではありませんので・・・(笑・・)
ミスチーがよく蛾と勘違いされるのは、東方永夜抄におけるゆかりんの発言が原因なのですけど、
ま・・・あれは・・・・ゆかりんの「挑発」という事にしておきましょうね!

さてさて、このミスチーですけど、基本属性としては、
暗い夜道や人気のない森で歌や鳴き声を用いて人を惑わして、そうした歌に気を取られている間に人を道に迷わせて、
闇の妖怪たちに襲われるという設定になっています。
更に、人を鳥目にしてしまうという能力も持っていたりします。
そして基本的には、人間に対する友好度はかなり悪く、傾向としては大の人間嫌いみたいな雰囲気も
漂わせています。
つまりは、人間にとっては、決して性質の良くない妖怪なのだと思われます。
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」の中でも、「夕方にトリモチ等の罠を仕掛けて、定期的に退治をしないといけない。
この手の妖怪は放置すると図に乗って人里まで降りてくるので、忘れずに退治しておこう」とまで
書かれてしまっています。
(阿求ちゃんの視点では「性質の悪い妖怪の一人という書き方をしているのが大変興味深いです)

ミスチーは基本設定が「鳥」という事であややとは「焼き鳥絶対反対!」という一点においては
意気投合しているのは大変面白いものがあると思います。
そしてミスチーは、「幻想郷内においては、焼き鳥よりも八つ目鰻をお酒のおつまみとして認識して貰おう!」という事で
なぜか、八つ目鰻の屋台を夜間に出して商売もしているのがなんか楽しいですね!
ちなみにですけど、このミスチーの屋台訪れた事がある東方キャラとては、霊夢・魔理沙・光の三妖精・あやや・萃香・
小野塚小町・妹紅が挙げられと思います。
萃香と共に万一星熊勇儀がミスチーの屋台を訪れたら、ミスチーはにとりと同様にビビったりもするのかな・・・??

八つ目鰻の在庫が無い時は、ただのウナギとか、ひどい時はどじょうを「これが八つ目鰻」とか何とか言って
誤魔化して出しているようですので、たまにはあこぎな商売もしているようですね・・・(笑)
あのね・・・ミスチー・・・・それが四季映姫様にばれちゃうと、東方花映塚の時と同じように映姫様から
またまた大説教食らってしまいますよ・・・・(苦笑・・)
そうした屋台のおかげかどうか分かりませんけど、あの美食家にて幻想郷でも最大級の大食いキャラでもある
西行寺幽々子(ゆゆ様)より・・・
ミスチー自身が「おいしそう・・・」と「食べちゃいたいキャラ」にもなっているのは何か面白いですよね・・・
うーーむ、ミスチー・・・あなたは・・・・
ゆゆ様から食料として狙われ、白蓮さんから「うちの響子をたぶらかす不良」としてお仕置きの対象となっていて、
映姫様からもお説教の対象ともなっているし・・・・
うーーん、あなたの前途は・・・まさに多難そうですね・・・・(苦笑・・)
三月精の漫画の中でも、このミスチーの屋台の事は出ていましたけど、
光の三妖精から声を掛けられた時、ミスチーはギクッ・・としていましたけど、
あれは・・・・声の主は、白蓮さんか四季映姫様かゆゆ様だったらやばい・・・・とでも思っていたのかもしれないですね・・(笑)

うーーむ、ミスチーの受難の日々はまだまだ続きそうですね・・・




繝溘せ繝√・_convert_20161121202420



繝溘せ繝√・1_convert_20161121202501



それにしても・・・レティ・ホワイトロックとミスチーの公式のフィギュアがいまだに一つも発売されていないのは
少し合点がいかない気もしますね・・・
レティさんなんかあんなおっとりとしたふくよかな(?)おねえさん系の素敵な御方なのに
公式フィギュアがいまだに無いというのはとてつもなく気の毒な感じもあります・・・(泣・・)

さてさて、そんな中、公式ではないのですけどいわゆる同人系の制作ガレッジキッドで制作するのに
正直素人では難しい感じではあるのかな・・?とは思うのですけど
エボ式社というところから確か2010年頃にミスチーのフィギュアが出ていたと思います。
現在では発売もされていませんし、ヤフオク等でも流通している事はまずないと思いますので、
現時点の入手は極めて困難なのかもしれないですね・・・

このミスチーの商品概要を下記に記させて頂きますと・・・

商品名 : ミスティア・ローレライ
サイズ :1/7スケール
メーカー : エポ式

そうですね・・・情報があんまりないです・・・

既に4~5年前の作品のようですし、
数年前までは、イベント参加・再販をされていたようですけどサークル自体が現在活動休止中みたいですので
詳細も今一つよく分からないですね・・・

このエボ式社のミスチーですけど、夜雀みたいな妖怪としての怖さとか爪等の怖さはあんまり感じさせてくれず、
「可愛い」側面のミスチーが表現されていてとっても可愛いですね!

こういうミスチーでしたら、是非是非一緒にカラオケで歌でも歌ってみたいです!!




譚ア譁ケ驕雁ョエ髮€_convert_20161121200844



ミスチーは、最近は公式ゲームでも公式漫画でもとんとご無沙汰していて、「もったいないな・・」と感じる事も
あるのですけど、やはり「ミスチーが大好き!!」というファンの方も大勢いらっしゃるのですね!

実はなのですけど、東方同人系としては珍しい部類に入ると思うのですけど、来年6月には
京都にてこのミスチーの単独イベントの開催が決定されています!

いや―――、これは嬉しいニュースですね!

京都という事でさすがに参加する事自体は難しいと思うのですけど、東方でも屈指の苦労人ポジションの
ミスチーの単独イベントは、日頃のミスチーの苦労振りに対する
「おつかれさま!」という感謝の側面も少しはあるのかもしれないですね。

2017年6月25日に京都府のみやこめっせさんにて開催予定のミスティア・ローレライオンリーイベント
「東方遊宴雀」というのがその単独イベントなのですけど、
これは本音は是非行ってミスチーグッズなんか入手出来たらとっても嬉しいものがあります!

ちなみにですけど、このイベントの通行証は「おかみすちー」という屋台のおかみさんとしてのミスチーが描かれています!

うーーむ、このおかみさんの格好は・・・・ますますゆゆ様から「食材」として狙われそうなのかもしれないですね・・(笑)




20864064_convert_20110808122637.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いミスチーのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2011年8月に描かれたミスチーです!!

アミグリさんが描かれるミスチーは、ミスチーの「怖さ・危険度」よりも
ゆゆ様や白蓮さんに追っかけまわされていそうな「可愛らしさ」の方がより強く描かれていて
とっても可愛くて素敵です!
実はこのミスチーは今年の6月に一度転載をさせて頂いているのですけど、あまりにも素敵で可愛いもので
出来れば多くの皆様に一人でも多くアミグリさんが描かれたミスチーを見て頂きたいと思い、
再転載をさせて頂きました。

このミスチーはアミグリさんが2011年8月に描かれたものですけど、この当時からアミグリさんらしい「個性」が既に
遺憾なく発揮されていて、ミスチーは色々な絵師様が様々なミスチーを描かれているのですけど、
これはまさに「アミグリさんのミスチー」なのだと思います!!

やっぱりアミグリさんのイラストは過去作品も現在の作品もどちらも素敵ですね!!
スポンサーサイト



ドン・ギリスなんていうアメリカの作曲家&指揮者&音楽教育家の名前を知る人って
あまりというかほとんどいないのかもしれないですね・・
ま、そりゃそうですね・・・
ギリスの作品が、日本のプロの管弦楽団の演奏会や吹奏楽コンクールの自由曲として演奏されることは
まずないと思います。
吹奏楽コンクール・全国大会で、ギリスの作品が最後に演奏されたのは1980年の鹿児島大学だったと記憶しています。
確かその自由曲は「シンフォニーX」(シンフォニーエックス)という曲だったと思います。
実に36年以上も全国大会はおろか支部大会でも演奏されない既に「忘却の彼方の作曲家」の一人
なのかもしれません。

その中で日本で一番馴染みがあるギリスの曲と言うと「タルサ交響的肖像」なのかなと思ったりもします。
この曲、若き日の八田泰一先生が公苑会吹奏楽団を1965年に指揮された際の自由曲です。
公苑会吹奏楽団が瑞穂青少年吹奏楽団に押されて全国大会に出場できない状況が続いていた頃、
八田先生は、公苑会吹奏楽団とは別に「豊島区吹奏楽団」の指揮者としても迎え入れられ、この豊島区吹奏楽団では、
吹奏楽にお詳しい人ならばご存じの通り、何度も全国大会に出場され、この中でも、
1981年の交響詩「ティル・オイレンシュピゲールの愉快ないたずら」とか88年のダフニスのクロエ等の名演を
残してくれています。
公苑会では吹奏楽オリジナル作品をメインに自由曲にされ、豊島区吹奏楽団では主にフランス系のアレンジものを
自由曲に選ばれることが多く、八田先生としてもどこかで「使い分け」をされていたのかもしれないですね。
ちなみにですけど・・私自身はこの八田先生指揮の公苑会の霊友会小谷ホールでの都大会予選を何度か聴いたことが
ありますけど、この当時の公苑会には往年の力は皆無で、88年のアルメニアンダンスパートⅡと89年のオセロの
惨憺たる演奏以降はコンクールにすら出場していませんし、もしかしたら既に解団されているのかもしれません。
話がそれてしまいました・・・この「タルサ交響的肖像」ですけど、
公苑会の全国大会での演奏を収録したトラヤ社のカスタムテープでしか聴いたことがないもので、
詳しい事は正直よく分かりません・・・
もしかしたら原曲は、吹奏楽曲ではなくて管弦楽曲なのかもしれません。
(管弦楽曲としては、ギリス作品集のCDの中に収録されています・・・)
だけど公苑会の演奏を聴く限りでは、いかにも古き良き時代のアメリカとか胡散臭いアメリカそのまんまの
大変ドロ臭い曲ですね。
ラスト近くのパレードの部分が何かいかにも「胡散臭いアメリカ」みたいなインチキ臭い香りが
プンプンと漂ってきています・・・(笑)
ま、このトラヤのカスタムテープ自体音質が「モノラル録音」で極めて音質は良くないのですけどね・・・
だけどこれ以外にこの曲が聴ける演奏がほぼ皆無・・・・
ちなみに「タルサ交響的肖像」の正式タイトルは、
「タルサー石油に関する交響的描写」というものらしいのですけど、
最初は「タルサー石油」という油田とか企業名の歴史をイメージした曲なのかなと思ったのですけど、
「タルサ―~石油に関する交響的描写」というのがどうやら正してみたいで、別に「タルサ―石油」という会社や油田の事を
テーマにした訳では無いらしく、あくまで石油とか油田についての漠然としたイメージを謳い上げた曲らしいです。
この辺りは、私自身もあんまり詳しい事はよく分からないですけど、とにかく公苑会のモノラル録音を聴く限りでは
「胡散臭い曲」というイメージが強いですね・・・(笑)

ギリスの吹奏楽の他の作品と言うと、前述の通り
1980年に鹿児島大学が自由曲で演奏した「シンフォニーX」(シンフォニーエックス)というものが
あるのですけど、
この曲、残念ながら一度も聴いたことがありません・・・
ちなみに、「シンフォニーX」の「X」は、第10番という意味ではなく「謎」を表すの事らしいです・・・
ギリスの管弦楽としての交響曲としては、
51/2番と言う奇妙な番号付の交響曲が最も知られていると思います。
内容は・・・・、うーーん、やっぱり古き良きアメリカ、自由なアメリカ、胡散臭いアメリカを絵に描いたような
曲ですね・・・
何というのかな・・・・
コープランドとグローフェとバーンスタインを足して三で割ったような音楽です。
ちなみにこの交響曲第5 1/2番」は、第二楽章がドヴォルザークの新世界のあのあまりにも有名な第二楽章を
パロディー化したようにも聴こえます・・
三楽章は静かな弦楽器の刻みを間に挟みながら、騒がしいブルース、ジャズ、ラテン音楽が交互に乱入し、
第四楽章は、なぜかストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」の断片らしきものも乱入してきます。
16分前後の短いシンフォニーですけど、聴いた限りの印象としてはやっぱり「胡散臭い」という感じですね・・・
胡散臭いというよりは「ヘンな曲」という感覚なのかもしれないです。

だけど、ギリスと言うとそのもっとも「ヘンな曲」というのか「妙ちくりんな曲」というと、
「台所用品による変奏曲」に尽きると思います・・・

だけどこの曲、相当ヘンな曲だと思いますし、ジャンルとしては「冗談音楽」という位置づけの方が合っているのかも
しれないです。

この曲には管・打楽器以外に8人のキッチン部隊がいます。
この8人の奏者は、台所で主に調理用具として使う、フライパン、平鍋、ざる、ボウル、たらい、
鍋、泡立て器をそれぞれ違うリズムで叩きます。
また、8人の演奏者達にはそれぞれ名前があり、順番に、チャーハン・小龍包・
杏仁豆腐・マーボー豆腐・抄青菜・肉包子・坦坦麺、焼麦となっています。

曲は、管楽器と台所用品を叩くキッチン部隊のかけあいが多く、
印象としては妙ちくりんなチャイニース風の音楽が展開されていきます。

この曲一度だけ生の演奏会で聴いたことがあります。
どこだったかな・・・・
確か都内の一般バンドのチャリティー無料コンサートだったような記憶があるけど、すいません・・・
私の脳も既に忘却の彼方です・・・(苦笑)
印象としては、とにかくキッチン部隊の方大変そうという雰囲気でしたけど、底抜けに楽しい曲という感じでしたし、
まさに「音楽の冗談」に相応しい曲とも言えると思います。

この種のヘンな曲は吹奏楽コンクールでは、今後も演奏されることは100%ないと思いますけど
たまーにはこうした楽しいヘンな曲も
演奏会の一曲として聴くのも悪くはないのかもしれないですね。
少なくとも「場の雰囲気をやわらげる」には一定の効果があると思います。
たまにはこういう「ユーモア感覚」も味わって欲しいな・・とも思ったりもしますね。

 | BLOG TOP |