FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


「東方心綺楼」は、秦こころが「希望の面」を失うことにより起きた異変とも言えるのですけど、
「人の心」という意味で決定的に何かが欠けていたこいしちゃんと秦こころの二人に
焦点が当てられた作品という事でとても興味深いものがあると思います。

秦こころというのは、本来は物静かな妖怪というのか一種の付喪神とも言えるのだと思います。
付喪神と言っても、多々良小傘みたいな単なるいたずら妖怪とは明らかに異なるというか
小傘とは強さの次元が全然違うみたいな感じもありますよね。
こころは、元々は66種類の「仮面」を自由自在に操り、喜怒哀楽を含めた多種多様な感情を描いた仮面を
自分の周囲に浮かべ、実際にこころが被った仮面によって
性格が多様に変化するといった付喪神なのですけど、今風に言うと「多重人格」という事になるのかもしれませんね。
こころ自身は、色々なお面を被ったとしても、その被ったお面に支配されているという感じではなくて、
「表情豊かなポーカーフェイス」といった何やら矛盾するような二つ名が示唆する通り、
色々なお面を被って表情は変化するのだけど、「感情」自体は一定の冷静さ・静けさをキープしているみたいな
印象が強いようにも感じます。

この「東方心綺楼」なのですけど、

普段はただの静かな付喪神だった秦こころが
面の1つである「希望の面」がなくしてしまい能力が暴走し、その結果幻想郷の人々から希望の感情が失われ、
「ええじゃないか、ええじゃないか!」などと刹那的な快楽を求めるようになったことで、異変と言うのか
騒動が発生したというのが真相なのですけど、
実は・・・
こころがなくした「希望の面」を見つけて回収してしまったのが、こいしちゃんだったのです!!

そしてこの「希望の面の回収」という事実をもって、こいしちゃんは、色々な人たちから自分と言う存在を見て貰う事に
快感を覚え始め、こいしちゃんが「チェンジ」を図れるきっかけとなった作品と言えると思いますし、
正直、この時点では人気投票においてもキャラそのもののインパクトという意味でお姉さんのさとり様に大きく水を開けられた
こいしちゃんがとてつもない大ブレイクを成し遂げたまさに記念碑的な作品と言えるんじゃないのかな・・とも思いますね。
事実、こいしちゃんは、2015年の東方人気投票にて、あの霊夢と魔理沙を抑えて堂々の第一位を勝ち取り、
まさに「世界のこいしちゃん」を私たちに強く印象付ける結果となっていました!!

こいしちゃんは「無意識を操る程度の能力」という事で、
誰にも気づかれる事も無く、そして何の感情も有する事の無い放浪妖怪だったと思うのですけど、この作品以降は
その立ち位置は大きく変化することになります。
こころが紛失した「希望の面」をこいしちゃんが拾って自分のものにする事で、
こいしちゃんのいわば「絶対的な無の心」に「希望」という灯が点灯するようになり、
その結果として、こいしちゃんは、道教勢力・仏教勢力・魔理沙・霊夢等々とのバトルの中で勝ち進む事で、
「他人から注目される事の快感」とか「他人から自分と言う存在を認識される事への喜び」という
思いがけない「副産物」も得ることになっていったのです!
そう・・・・
従来までですと、そんなこいしちゃんを色々と心配して気を遣ってくれる人と言うと、
お姉さんでもあるさとり様以外は存在しなかったのですけど、
この「東方心綺楼」で持って、こいしちゃんに何か大きな「変化」があったのは間違いではないと思われます。
こころは希望の面を返してもらうために、何度となくこいしに接触を心掛け、
こころはこいしに対し「見つけたぞ! 私の宿敵よ!」とか何とか言うのですけど、
これって逆に表現すると・・・
「こいしを覚えていてくれて、探してくれる存在が・・・お姉ちゃん以外にも存在していた!! 私はとっても嬉しい!!」
という事にもなるのだと思います!
今までは誰からも気づかれる事なく、誰からもほぼ無視状態だったこいしちゃんの心に
大きな変化がもたらされるというのは、そりゃ・・・自明という事になりますよね!!
そう! この出来事を通してこいしちゃんの心の中には「希望」というものが出てくるのです!!

「東方心綺楼」の世界と言うのは、こころが何か「変化」するきっかけになったとも思えますし、それ以上に、
こいしちゃんが「大きく変化する」という意味では、大変大きな意義があると思います。
こいしちゃんはその異変の中で、東方の主要キャラ、特に宗教勢力との戦いを繰り広げていくのですけど、
その中で着実に勝利を収めていき、こいしちゃんの「わーい、また勝ったー」の言葉に象徴されるように
他者から注目される事に段々と自分の存在着意義とか価値を見出していく事になります。

そうですね・・これは以前も「物部布都」語りの際に散々語っていたのですけど、
私としては、こいしちゃんに対しての見事な負けっぷりを見せ付けてくれる布都のポンコツさがとっても印象的です!






68cc2045_convert_20161107202946.jpg



こいここ2




こいしちゃんとこころの二人には共通性もありますし、互換性もありますし、
ある意味一蓮托生というのか、片方が完成してしまうともう片方はその存在意義を喪失してしまうみたいな
関係性もあるように思えます。
こいしちゃんにとって「秦こころ」という存在は、もしかしてなのですけど、実姉のさとり様との関係性よりも
もしかしたら深いものがあるのかもしれないですね。

この二人には「感情の不安定性」みたいな共通点があるようにも思えるのですけど
さてさて・・・その「不安定性」ってそもそも何なの・・・?と自問自答してみると、なんか答えに窮してしまいます。
だって、そりゃそうですよね・・・
こころは元々は穏やかで物静かな傾向がある付喪神なのですけど、「希望の面」一つ失くした事で
あんなにも普段の「ポーカーフェイス」もどこへやら・・・あれほどまで暴走をしてしまうキャラでもあるし、
対してこいしちゃの方は、「サードアイ」を自ら閉じることで元々が「感情」なんてものを有していないキャラ・・・
そうした二人の不安定性の共通点を論ずる事自体矛盾があるような気さえします。
こいしちゃんは元々笑顔が可愛いし、見た目もとってもキュートでとっても可愛いのですけど、
本人は何も感じてはいない・・・感じる事さえできない「無の存在」なのです。
一方こころは・・・
感情を司る感情豊かな付喪神なのですけど、お面に表情を頼っており、表情を作ることができない欠点があります。
こころは希望の面を失って、一部の感情が欠けてしまい、
こいしちゃんは希望の面を拾って、少しだけ感情を感じることができるようになってしまいました。
お互いに何かが欠けている状態になっていると言えるのかもしれないです。

そうですね・・・・
こころとこいしちゃんの関係性は、そうしたお互いの不安定さを見据えた「微妙な関係」と言う事と
言えるのかもしれません。
最終的には、こころは神子から新しい「希望の面」を授かる事でこの異変は収拾という事になるのですけど、
こころがこの新しい希望の面を巧みに使いこなし、こいしちゃんが今現在持っている拾ってきた古い方の希望の面の効力が
無効になってしまうと、
こいしちゃんにせっかく芽生え始めた「感情」が完全に喪失され、
こしいちゃんは以前と同様に感情も存在感もなくした単なる放浪妖怪に戻ってしまうし、
逆にこころが新しい希望の面を使いこなせないままだと、こころは付喪神としての本分が果たせない中途半端な存在に
なってしまう・・・
なんかそうした厄介でもあり、微妙な問題をこの二人は現在も・・・そしてしばらくは抱えていく・・・
なんかそんな展開になりつつあるような感じがします。

それを見越しているのかどうかは分かりませんけど、
今現在、この二人は・・・
在家信者扱いという事にはなっていますけど、白蓮さんの命蓮寺のメンバーともなっていて
その辺りの絡みが今後あるのかどうかは正直よく分かりませんけど、
なんか興味は尽きない・・・という感じにもなっています。

どちらかというと・・・
こころのほうがそうした状況をむしろ楽しんでいるのかも・・・・?
こころの「「返せったらぁ。……しかしまあ、もう新しいお面も貰ったから本当は要らないんだけどね。」と言うセリフが
何となくですけど、こころの心境を示唆しているようにも感じたりもします。



こいここ




感情豊かな無表情のこころと、表情豊かな無感情のこいしちゃん!
こころは感情は持つが表情が無いのに対し、こいしちゃんは表情があるけど感情が無い・・・
同じ精神操作系の能力を有する二人なのですけど、こころは「感情」を操り、こいしは「無意識」を操ります。
やっぱりこの二人の「互換性」はなんか切っても切れない縁というのか「腐れ縁」みたいな感じもありますね!
そうした二人が出会えたあのゲームの意義はやはりとてつもなく大きなものがあるんじゃないのかなとも思いますね!

こころとこいしちゃんの関係性は同時にある意味大変デリケートなものを内在しています。
こころは今回の異変を通じて新たな希望を見出していきますけど、
逆にこいしちゃんは、異変が収束してしまうと「みんなが自分を見てくれる」という希望を失ってしまうのです!
だけど・・・
そんなこいしちゃんをこころはライバル視し、こいしちゃんに血気盛んに挑んでいきますし、
これまで誰からも無関心だったこいしちゃんもまた、「自分に挑んできて、ちゃんと自分と言う存在を見ていてくれる!」という
「希望」を見出しているのです!

そう! こころとこいしちゃんの関係性は「希望」なのです!

そしてこの事がよく二次創作で言われるような「こいここは僕たちの希望の恋心!!」という事に繋がっていくのだと思えます!

よく言われる話ですけど、「愛情」の正反対の言葉は「嫌い」ではないのです!
実は「無関心」とか「無視」なのです。
こいしちゃんは「サードアイ」を閉じる事によってずっと長い間、他人からは無視され続けまさに無関心状態の存在でした。
だけど「秦こころ」という一種の喧嘩相手を見出すことによって
「自分を見ていてくれる・・」という「無関心の正反対」の事象が発生し、それがひいては・・こいしちゃんにとっては
愛情とか希望という感情に結びついているんじゃないのかな・・?とも改めて思ったりもしますね!




5-14-koisi-2016-002_convert_20160514144144.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが、本年度・・2016年5月14日の「5月14日はこいしちゃんの日」を記念して
描かれたとってもとっても可愛いこいしちゃんです!!

この「こいしちゃんの日」のこいしちゃんイラストは一度既に当ブログで転載をさせて頂いているのですけど、
このイラストがとにかく大好きで大好きで仕方がない私は、アミグリさんにおねだりをさせて頂き(笑・・)
今年の7月に続きまして、このとっても可愛いこいしちゃんイラストを再転載させて頂きたいと思います!!

上記のとっても可愛いかわいいこいしちゃんは、そのアミグリさんが今年の
「5月14日はこいしちゃんの日」にちなんで、このポンコツ管理人からのリクエストによって描いて頂けた
ものなのです!!
アミグリさん! あの時は本当にありがとうございました!!
あの日はまさに「こいしちゃんの日」に相応しい本当にとっても素敵なこいしちゃんをお目にかかる事が
出来てめちゃくちゃハッピーな一日でした!!

アミグリさんが過去に描かれたこいしちゃんは、フランちゃん同様とてつもない「名作」が山のようにあるのですけど、
「アミグリさんが描かれたこいしちゃんから一つだけ選べ!!」みたいに言われてしまうと、
とてつもなく迷うと思います。

だって・・・あんだけ素敵なこいしちゃんがあんだけ一杯いる訳ですし、一つだけ・・と言われても「そりゃも無理っすよ・・!」という
感じになると思います。
だけど迷いに迷ってギリギリ二つだけに絞ると、「春こいしちゃん」と今年のこいしちゃんの日の作品なのかな・・・
そしてやっぱり・・
私の中では、「アミグリさんが描かれたこいしちゃんの中での私自身のベストこいしちゃん」は、
この上記の今年の「こいしちゃんの日」のイラストと言えるのかもしれません!

それだけ、私、このイラストとってもとっても大好きなんですよ――――っ!!

アミグリさん!! 本当にこんなにも素敵なこいしちゃんを描いて頂きありがとうございました!

ちなみにですけど、アミグリさんが2013年3月に描かれた 春✿こいし は本当に素晴らしいですよ!
これは今年の「こいしちゃんの日」のあの名作に決してひけをとらない素晴らしい作品だと思います!

そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用・転載は、
あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

最後に宣伝ですけど、12/1には、またまたアミグリさんの素敵な「創作オリジナルイラスト」のその⑥を
予定させて頂いておりますので、
どうかこちらの方もご覧頂けるととっても嬉しいです!!
更に・・・アミグリさんの創作オリジナル作品の紹介記事は、その⑦も既に掲載が決定しております!!
スポンサーサイト



14.習志野高校


C/交響曲~第四楽章(矢代秋雄)


習志野高校は、1981年が全国大会初出場でしたけど、初出場からの3年間の自由曲は、
この当時はまだ習志野としての方向性が手探り状態という印象が感じられるのも興味深いものがあると思います。
新妻先生時代の習志野というと、海・ダフニスとクロエ・寄港地・スペイン狂詩曲といった繊細なフランス音楽に
絶対的な自信を持っているといったイメージを感じていたものですけど、
1981~83年の自由曲は、寄港地というフランス音楽→呪文とトッカータと言うバリバリの吹奏楽オリジナル曲
→矢代秋雄の交響曲という現代邦人作品というまさに三者三様的なものがあり、
特にあの習志野が「呪文とトッカータ」みたいな吹奏楽オリジナル作品を自由曲に選ぶこと自体、
異例中の異例みたいなものでしたし、82年の演奏はそういう意味では大変貴重な演奏だったと思います。
あくまで個人的な感想なのですけど、習志野の方向性が見え始めたのは85年の波の見える風景とローマの祭りで、
その方向性が確固たるものとして完成されたのが、あのあまりにも繊細で美しい87年の
「ダフニスとクロエ」第二組曲~パントマイム・全員の踊りなのだと思います。
「ダフニスとクロエ」って今現在も吹奏楽コンクールの大人気自由曲ですし、この曲に関しては、
とにかく色々と素晴らしい名演が続出している訳なのですけど、
私個人の個人的感想を記すと、ダフクロで87年の習志野を超越する演奏はいまだに出現していないような気さえします。
87年の習志野はブログラム3番とかなり早い出演順だったにも関わらず、あのように奇跡的な名演を
後世の私たちに残してくれてのは、本当にありがたい事だと思いますし、あの演奏を直接普門館のステージで聴く事が
出来た私はまさに果報者なのかもしれないですね・・

1983年の習志野は3回目の全国大会出場なのですけど、この時点では既に「名門校」みたいな雰囲気もあり、
大御所みたいな貫禄すら感じさせてくれていました。
「これが自分たちの音楽!」という確固たる方向性が決定づけられてはいないとは思うのですけど、
既に習志野らしい「個性」は間違いなく聴衆にアピール出来ていたと思います。

課題曲C/カドリーユは、大変繊細で軽快で曲自体がうすく書かれていまして、
この曲を選んだチームの多くはなんか重たい感じで透明感に欠けるような印象もあったものですし、
花輪・野庭・明石北などのようにどちらかというと「ちょっとクセのある演奏」をしている学校の方が
印象度としては強かったような感じもありました。
その点、習志野のカドリーユは、作曲者の後藤洋氏が「この課題曲はこのように演奏して欲しい・・」と内心
考えていた通りの演奏をしてくれているようにも思えます。
私自身の印象としては「愛くるしい女子高生」みたいな印象で、あの軽快感とチャーミングな響きとサウンドの透明感は
高校の部においては右に出るものはいなかったと断言しても決して過言ではないと思います。
矛盾する発言かもしれないのは重々承知しているのですけど、カドリーユの演奏としては、私自身が最も大好きな演奏は
明石北高校のかなり個性的でクセのある演奏なのですが、
明石北・花輪・野庭のカドリーユを聴いた後に習志野のカドリーユを聴くと、とにかくその素直な響きとか可愛らしさに
なんか思わず胸きゅんきゅん・・となってしまいそうですね・・(笑)

自由曲の矢代秋雄/交響曲~第四楽章も、文句の付けようがない演奏だったと思います。
結果論になりますが、習志野は1991年にもこの矢代秋雄の交響曲を自由曲として演奏しているのですけど、
音楽的感銘度の高さという点においては、1983年の方がはるかに上みたいな印象を私自身は感じています。
これはあくまで私個人の見解なのですけど、矢代秋雄の交響曲の吹奏楽コンクールにおける演奏の中では、
1982年の仁賀保高校を超越する演奏は恐らく今後も存在しないだろうと思っています。
そのくらい仁賀保の「スピード感溢れる怒涛の後半部分と前半のひそやかさの対比」はほぼ完璧に
近いものがあったと思います。
矢代秋雄の交響曲~第四楽章なのですけど、吹奏楽コンクールにおいては
とにかくやたらと前半部分のホルンの雄叫びが強調される傾向にあると思うのですが、
あれって、私も何度かプロの管弦楽団による原曲の演奏を聴いたことがありますけど
あのホルンの部分はそんなに吹奏楽コンクールほど叫ばないみたいな印象があります。
この交響曲を吹奏楽コンクールで全国大会で初演したのは1979年の秋田南高校なのですけど、
秋田南にしたって前半のあのホルンは、そんなにシャウトしていないと思います。
1982年の仁賀保も勿論秋田南よりははるかに強調してはいるのですけど、
感覚としては「秋田南の解釈に近い」と言えると思います。
そうですね・・・
あの交響曲の前半部分の原曲におけるホルンに近いのは、意外かもしれませんが
1981年の田柄中学校なのではないのかなとも思っています。

そして・・・・
あのホルンを吹奏楽コンクールで初めてあんなにも強調したというのか「雄叫び」に近い感覚でシャウトしたのが
1983年の習志野高校だと思います。
最初にあの演奏を聴いた時はまさに「目から点・・・」だったと思います。
だって・・・・まさに「地響き」みたいな感じで、うぉぉぉーーーーーーんと叫ぶかのような雰囲気だったと思います。
多分ですけど83年の習志野のあのホルンの雄叫びは、その後のあの交響曲の演奏にあたっては
結構他校に与えた影響は大きいと思いますし、
83年以降、ああしたホルンの雄叫びを強調した演奏が増えてきたかのようにも感じられます。

習志野の演奏は、部分的に少しだけ木管、特にクラリネットセクションの動きが不鮮明みたいな感じられ、
全体が少しぼやけてしまう部分もあるのですけど、
サウンド自体に「ひそやかな透明感」に包まれているため、あまりそうした弱点を感じさせないのはさすがだと
思いました。
ラスト近くの金管のコラールの「清楚な響き」が本当に胸を打つものがあると思います。

まさに「習志野の今現在につながる伝説」は、ここから始まったといっても過言ではない素晴らしい演奏だと思います!

 | BLOG TOP |