FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


「響け! ユーフォニアム」は第一期も第二期もラストのセリフは久美子の「そして次の曲が始まるのです!」という言葉で
閉じられるのですけど、やっぱりこれは何度見ても「そして次の修羅場が始まるのです!」という言葉の方が
しっくりときそうな雰囲気があったりもします。
そして今回の第7話はまさにそうした「修羅場」というイメージに相応しい回だったと思います。
何よりも「素晴らしいな! さすが京都アニメーションは違うよな!」と感じさせてくれたのは、
Aパートのあすかママのそのモンスターさの後味の悪さとBパートの駅ビルコンサートの爽快さとまさかの晴香のソロという
見せ場が用意されていて、
そのあまりにも「対比の大胆さ」に深く共鳴を感じたものでした!
ちなみにですけど、冒頭の晴香部長の「駅ビルコンサートには、セイラ女子高校も出演します」というお言葉ですが、
そのセイラって誰がどうみても福岡の吹奏楽の超名門チーム・精華女子をイメージさせてくれますよね! (笑・・)
精華女子は2015年に唐突に藤重先生が去られてこの年は九州大会・ダメ金に終わってしまいましたが、
今年は無事に全国出場を果たししかも金賞受賞ですから、やはりその辺りは「さすがだな・・!」と感じさせてくれますね!
(精華女子の現顧問の櫻内先生は、確か出雲第一中も一時期指導されていた時期がありましたね!)

ま・・共鳴といってもあすかママのその主張には一言も共感するものはありませんでしたけどね・・・

関西大会を突破して全国大会出場を決めたこの大事な時期にわざわざあすかママがクレームをつけに
高校まで乗り込んできたという事は、もしかして・・・?
あすかは関西大会の本番演奏直前に部員に「全国行くぞ!」と檄を飛ばしていた一方で
家では母親に対しては
「いやいやお母さん! うちの部が関西を突破して全国に行ける訳ないから、関西大会が終わったら
吹奏楽とは縁を切って受験勉強に専念するから安心して!」みたいないわゆる「二枚舌」を使っていたという事なのかな・・?
あすかの本音としては「吹奏楽を続けたい!」とか「このメンバーみんなと名古屋国際会議場の全国のステージに立ちたい!」という
思いは間違いなくあると思います。
だけどそうしたあすかの強い願いを無視する形での母親の一方的な娘の気持ちをまるで無視の
母親提出による退部届提出というものはひと゜いものがあると思いますね!
もちろん母親の気持ちも分かります。
どういう家庭内事情があるのかは・・ま、それについてはどうか皆様が「原作」を読んで頂ければと思うのですけど、
あすかママはあすかが小さい頃から女手一つで育てていたもので、
ママとしては「あすかは自分のような苦労はさせたくない、出来れば吹奏楽なんて余計な事をしないで
受験に専念し、いい大学に入っていい会社に就職して、いい出会いに恵まれて幸せになって欲しい・・」という想いが
相当強いものと思われます。
だけど・・・
小学生の子供ならともかくとして、既に自分の意志とか主体性とか自我が芽生え始めている高校生の娘に
そうした親の一方的な思いを強制させ、結果的に娘が「こうしたい!」と強く願っている夢を断念させるというものは
「違うんじゃないのかな・・」と間違いなく感じさせてくれる話だったと思います。
元々あすか自体が大変聡明な女の子ですので、母親の言いたい事なんか百も承知だと思いますし、
別に母親がギャーギャー言わなくても全国大会が無事に終了さえすれば、頼まれなくたって勝手にどんどん一人で
受験勉強すると思います。
万一なのですけど、あすかが母親の意向に従う形で全国大会を前にして吹奏楽部を退部したって、
あすかはとてもじゃないけど受験勉強に専念できる精神状態をキープできる訳ないし、
「全国のステージで吹く事が出来るはずだったのに母親のせいでそのステージに立つこと自体が出来なかった」というのは、
間違いなく未来永劫ずっと忘れられない嫌な出来事になり、
あすかは母親をずっと恨み続けるという方向になると思います。
そうですね・・・あのモンスタークレーマー母親に対して申し上げたい事は、
「全国までどうせ一か月足らずなんだから、その期間はあすかのやりたいようにやせせてあげればいいじゃん!
退部して時間が空いたからと言ってまともな神経な人が普通に受験勉強に専念できる訳ないでしょ!」という事なのだと
思いますし、多分それは、この回を見ていた方の95%近くはそのようにお感じになるのかも
しれないですよね。
それと・・・部活続けることが親への当てつけという解釈ももしかしたらありなのかもしれないですよね・・・
あすか自身も親への感謝の気持ちは間違いなくあるのかもしれないのですけど、同時に
「チッ! うるせーな!」という気持ちを有する事の方が自然なようにも思えます。

要は・・・子供なんてのは、高校生ぐらいになったら親がギャーギャーと口出しすべきじゃないし、
こういう時期の子供に対しては「温かい気持ちでその子を信じてそっと見守ってあげる」という方が
大切じゃないのかな・・?と思いますね。

吹奏楽コンクールと3年生と受験というのは、その両立と言うのはある意味永遠のテーマと言えるのかも
しれないですよね。
私自身、中3の時も高校3年も9月頃までは、普通に吹奏楽コンクールメンバーとして練習していましたけど、
ま、私自身決して両立出来ていたとは口が裂けても言えないのですが、
練習の時は受験の事を考えずに過ごし、勉強している祭はコンクールの事は考えないようにするしか
ないのだと思うのですけど、これは中々簡単に出来る事ではないですよね。
ここで対比される御方っと言うと、第一期で登場していた葵ですよね!
受験に専念するという事で吹奏楽部を退部した葵でしたけど、あれは間違いなく本心ではないと思いますし、
北宇治が全国を決めた事を知った葵には間違いなく「動揺」はあるものだと思います。
葵は・・多分ですけどあすか同様「親の意向」というものも相当あったんじゃないのかな・・・?
それと・・・・久美子の家でも、何か知らないけどお姉ちゃん絡みというのか大分家庭内がゴタゴタしてきましたけど、
あれももしかして・・?
久美子のお姉ちゃんが「本当は吹奏楽を続けたかったのだけど、あの当時は受験とか長女という親からの
プレッシャーもあり、とてもじゃないけど続けられる状況では無かった・・
今の久美子は全国を決めてとても生き生きとしている・・
それに比べて今の私はなんていう目的意識の無い生活をしているのか!
吹奏楽を止めたその代償がこんな怠惰な生活なの・・!?」という事も多少はあるんじゃないのかな・・・・??

部活とか親とか顧問の先生というと、ま・・この話は既に何度か書いてはいますけど、
私自身も決していい話は無かったのかもしれないですね・・・

私自身の中学の時の吹奏楽部の先生は、ま・・・確かに短気で上から目線ですぐ怒鳴り散らすおっかない人でしたけど
確かに、音楽的才能もそうですし、過去の実績もそうですし、
人としての「魅力」も確かにあったかもしれません・・・
何て言うのかな、「緩急の差」が巧いというのか、怒っている時と面白い話をしている時のギャップがとても激しく
面白い話をする時は、例えば・・・「白鳥の湖」のバレリーナの格好で踊りながら色々とギャグを飛ばしたり
その「落差」が持ち味だったかもしれないです。
音楽的には、元々声楽出身というせいもあったと思いますが、
とにかく「腹式呼吸」というかお腹から息を吸う・吐く事にこだわり、
同時に「歌い廻し」というか感情を込めてたっぷりと歌う事に主体を置いていたような記憶もありますね。
バリトン独特の高い音域で楽譜に書いてある音符を歌い上げ、
「歌う事と同じような感覚で楽器を吹いてみろ・・・」と言っていた事は・・、ま、間違ってはいないと
思うのだけど
その指導方法が当時としては既に時代錯誤だったのかもしれませんよね。
音楽概念とか音楽指導と言うものをあんなにも一方的に「お前たちは黙って俺の言う事さえ聞いてりゃいいんだ!」と言うんじゃ
誰もついてこないと思いますし、間違いなく「心服」はしないと思います。

それと一つ嫌だったのは・・・・

この先生、音楽の授業なんかもそうした緩急の差が巧いから一般の生徒からの人気はとてつもなく高かったし、
年に数回開催する父兄を交えての「公開練習」では、
普段の短気・怒りんぼはどこへやら・・・大変理性的で知的な指導をするから、
部員の父兄どもは・・・・コロッと騙されてしまうのですよね・・・・
部員たちは内心醒めていて、
「おいおい、おっさん、普段と全然違うじゃんかよ・・・、父兄の前だといい恰好しやがって、
この猫被り音楽教師が!!」と私は「不信感」しか無かったですね!
何か・・・・13~15歳にして
「大人ってずるい・・・」と妙にメランコラリックになったのも事実ですし、そうした顧問の言う事ばかり信用し、
私の言う事なんかまるで耳を傾けてくれなかった親に対する不信感も
今にして思うとこの当時から既に始まっていたのかもしれないです。








234c1241-s_convert_20161119175114.jpg



94f1f802-s_convert_20161119175043.jpg



それにしても今回の話の滝先生とあすかママの会話はなかなか壮絶なものがあったと思います!!


先生なら、子供にとって今何が大切かわかりますよね? すぐ退部届を受理してください!

私は何があっても、その退部届を受け取るつもりはありません!!

サックスの3年生の退部は認めたと聞きましたけど?

斎藤さんは、自分の意志で退部すると言ってきました。だから認めたのです。
しかし、その退部届はお母さんの意志で書かれたものではないですか?

この子は、私がここまで一人で育ててきたんです!!

だから、娘の将来は私が決めます。部活動はこの子にとって枷でしかありません!!

私は本人の意思を尊重します。田中さんが望まない以上、その届は受け取りません!

あすか。この場で、退部すると言いなさい。今ずく辞めなさい!!

お母さん、私部活辞めたく…

うーーむ、この辺りの滝先生・母親との会話は本当に痺れるものがありました!!
だけど何回見てもこのシーンは、あすかママに「いやいや、それは絶対に違うって!」と申し上げたい気持ちで
一杯ですね!
上記でも書いたけども、確かに高校時代はそれでいいかもしれないけど、結果的にあなたは未来永劫あすかから
恨まれて、まともな老後なんておくれないし、この先ずっと「娘との確執」を抱えて生きていくかもしれないけど
それでも本当にいいの・・?とあすかママに伝えたいですね。

あすかの「お母さん、私部活辞めたく…」と言った瞬間のあすかママのあすかに対する平手打ちは・・・
あれは親のエゴですね。
同時にあすかの「心の闇」の本質とは、母娘関係の中に潜んでいるのかな・・とも思います。

そうですね・・・私としては、あすかママが一方的に退部届を持ってきた際に
「なんですか・・これ・・?」のあの名言をあすかママに対して発してあげた上で、退部届をビリビリに破いて欲しかったなぁ・・とも
思ったりもしたものでした! (笑・・)




49e29ec8-s_convert_20161119174957.jpg



そんなこんなであすかが全国大会に向けた練習に参加しなくなってからの練習風景において、
あすかがいないという事実に動揺し気の抜けた演奏ばかりしている部員に対しての
滝先生の「なんですか・・これ・・?」はなつかしかったですね!

滝先生の「そのような事実はありません。
皆さんはこれからも、そんな噂話が1つ出るたびに集中力を切らして、こんな気の抜けた演奏をするつもりですか?」
というお言葉は吹奏楽指導者としては理想的なものがあると思いました。



25fe7f5d-s_convert_20161119174932.jpg



晴香部長の言葉も素敵でした!

皆不安になるのは当然だと思う。でもこのままあすかに頼ってたらだめだと思うの!

私は自分よりあすかの方が優秀だと思ってる。皆もあすかがなんでもできるから頼ってた。
でもあすかは特別だからそれで良いんだって・・・

でもあすかは特別なんかじゃなかった。私達が勝手にあの子を特別にしていた。
副部長にパートリーダーにドラムメジャーとか…完璧にこなすのが当たり前で、弱
みを見せないから平気なんだろうって思ってた。

今度は私達があすかを支える番だと思う。あの子がいつ戻ってきても良いように!

あすか以外、頼りない先輩ばっかって感じてる子もいるかもしれない。
それでもついてきてほしい…。お願いします!!

この辺りは第一期では「頼りない部長」だった晴香の「成長」が感じられますね!!

そして同時に・・・晴香が発言している祭に他の部員に「シ――ッ」と制している香織はとても素敵でしたし、
まさに「天使」でした!!



94c2a3c9-s_convert_20161119175019.jpg



駅コンの演奏シーンも素敵でした!

晴香が担当する「バリトンサックス」は吹奏楽的には「縁の下の力持ち」みたいな役割を担っていて
普段はこうした華やかなソロを担当する事はあんまりないのに、
本来アルトサックスのソロをバリトンに代用させて晴香のソロとしての見せ場を作ってあげた
滝先生も素晴らしかったと思いますし、それに応える形で
堂々としたソロを聴かせてくれた晴香も素敵だったと思います!!

前半の修羅場とラスト近くのこうしたのびのびとした雰囲気の落差がいかにも「響け! ユーフォニアム」らしくて
いい味出しているなぁ・・と感じたものでした!!
スポンサーサイト



吹奏楽のオリジナル作品の中で「イギリスの民謡」をベースにした組曲と言うと、
ヴォーン=ウィリアムズの「イギリス民謡組曲」とかブリテンの「イギリス民謡組曲~過ぎ去りし時」とか
ホルストの「セントポール組曲」などが有名だったりもしますが、
(参考までにですけど、ホルストには実は「日本組曲」という知る人ぞ知る管弦楽版の組曲が存在していて、
 この曲・・・お江戸日本橋とかぼうやー、よいこーだー、ねんねーしーなーの馴染みのあるメロディーが登場します!)
そうですね・・・私といたしまして、「イギリス民謡」をベースにした吹奏楽オリジナル曲で、同時に
「この曲だけは絶対に忘れてはいけない、必ず後世まで受け継がれていって欲しい!」と願う曲として真っ先に上げたいのは、
P.グレインジャーの「リンカンシャーの花束」ですね!
グレインジャー自身は、実はイギリスで生まれたわけでもなくイギリスで育った訳でもなく、
実際はオーストラリア人です。
だけど、理由はよく分かりませんけど、イギリス民謡にはまり、その収集を色々とする中で、
「こうしたイギリス民謡を自分なりにアレンジしたり、再構築したりしてみよう」として色々と試行錯誤した一つの完成体が
この「リンカンシャーの花束」と言えるのです。
この曲はどうみても「組曲」だと思えるのですけど、なぜか曲のタイトルとして「組曲」の名は登場してこないのが
なんか不思議な感じもあります。

曲は以下の六曲から構成されています。

Ⅰ.リスボン

Ⅱ.ホークストゥの農場

Ⅲ.ラ・フォード公園の密猟者

Ⅳ.元気な若い水夫

Ⅴ.メルボルン

Ⅵ.行方不明の婦人が見つかった

一見聴いてみると、民謡をベースにしているせいもあり、非常にシンプルで明快で分かり易い作品のようにも聴こえます。
だけど、この曲、意外とやっかいというか、スコアを眺めていると分かるのですが、
不協和音あり、複数のメロディーが同時進行したり、楽章によっては、「小節」という概念をとっぱらったり
かなり難解な要素がてんこ盛りです。

Ⅰも、早くも部分的に同時進行メロディーが現れたりしてますし、
Ⅱは抒情楽章なのですが、徐々に盛り上げていく表現力は意外と難しい代物ですし、ソロもかなり表現力が求められます。
Ⅲにいたっては、出だしのソロが中々合わせにくいですし、聴き方によってはストラヴィンスキーのペトルーシュカとか
アイヴズの交響曲第4番のように同時に複数のメロディーが奏でられる場面もあったりして
奏者にとっても指揮者にとっても「正確に演奏する事自体がとても大変」という大変面倒な曲でもあると思います。
Ⅳが聴いていて一番楽しいし、いかにも「うきうきと歩いている」みたいな雰囲気があると思います。
Ⅴは、この楽章では「小節」という概念をとっぱらい、この部分に小節という区分はありません。
ラストでは、ここでチャイム・シロフォーンが加わり色彩的に一番派手な感じがします。
特にⅡのソロとかⅢの曲の構成の複雑さは、奏者というよりもむしろかなり厄介な指揮者泣かせの大変な難曲のようにも
感じられます。
事実、この曲の初演においては、ソロ奏者に大きなミスがあったりⅢが見事に崩壊し演奏がほぼ破綻した雰囲気で
終わったという記録が残っているようでして、当時の初演の指揮者がグレインジャーに謝罪をしたという
エピソードも残されています。
全体的にはⅡが結構しみじみとさせられますし、あの徐々にゆったりと盛り上がっていく感動性はあるのですけど、
同時に作曲者としての「計算」も感じられるのが巧いと思います。
このⅡは、「けちん坊な農園主と召使の悲劇」という民謡をベースにされているとの事です。
Ⅴは、「戦争の歌」という民謡をベースにしていますので、音楽的には一番盛り上がる部分です。

CDでこの曲を聴く場合、やはり、フェネル指揮/東京佼成が一番しっくりきますし、納得させられます。
だけど、この「リンカンシャーの花束」を含めた「グレインジャー作品集」というCDを出した超大物指揮者も存在します。
誰かと言うと、泣く子も黙る「ベルリンフィル」の音楽監督のサイモン・ラトルなのですけど、
ベルリンフィルに移籍する少し前に、
この「グレンジャー作品集」をバーミンガム響を従えて録音しています。
この若き天才指揮者にも、何か感じるものがあったのかもしれませんし、
それだけグレンジャーを評価したという事なのでしょうね。
この作品集CDの中で、組曲「早わかり」という曲も収録されているのですけど、これ、実は私自身も初めて聴く曲でしたが、
実はとてつもない「隠れた名曲」だと思います。

このグレインジャーの素晴らしい吹奏楽オリジナル作品は、日本のコンクールでは演奏されることはほとんどないのが
とっても残念です。実はなのですけど、全国大会ではまだ一度も自由曲として演奏されていません。
ヴォーン=ウィリアムズの「イギリス民謡組曲」とかホルストの第一・第二組曲は全国大会でも演奏実績があるだけに
かなりもったいない感じはしますけど、確かに、演奏効果が中々得にくいし、全体としては現在のコンクールの視点から
眺めてしまうと「地味な曲・・」みたいにも感じられるし、技術的には大変難しいし、
そうですね・・一言で言うと「労多くして実りが少ない曲」でもありますので、中々吹奏楽コンクールでは
演奏されにくい曲と言えるのかもしれないですね。
唯一吹奏楽コンクールで生の演奏を聴いたのは、1988年の東京都大会の乗泉寺吹奏楽団の演奏でした。
このチーム、Ⅰ・Ⅳ・Ⅴを取り上げていましたけど、
Ⅴで終わらせると明らかに印象としては中途半端な感じになってしまうような感じもあります。
私が指揮者だったら、多分ですけど、Ⅱ・Ⅴ・Ⅵの組合せにするのかな・・?

だけどこうした「温故知新」みたいな素敵な古典的吹奏楽オリジナル作品も、コンクールで演奏されなくてもいいから
みんなに聴いてもらい続ける曲であり続けてほしいなぁ・・とも思いますね。

 | BLOG TOP |