FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


あやや=射命丸文はとっても魅力的で素敵な天狗です!
そしてこれほどまで黒ミニスカが似合う御方も幻想郷ではいないんじゃないのかな・・?とも思ってしまいます! (笑)

天狗も昔は、天狗の山にて鬼たちの支配下にあったのですけど、
鬼たちがなぜか「地上は退屈だしつまらないから地下世界に移住する・・」と言い出し、鬼たちは妖怪の山を去ってしまいます。
いわばそれまでの「主」を失った妖怪の山は、その後は「天狗」たちが鬼に代って実効支配をするようになります。
妖怪の山から鬼が去ってからも、ここの最上位は鬼神であり、
天狗はあくまで「鬼の代行」という事で妖怪の山を預かっているという事になっていますので、
形式的に鬼がいなくなってからも鬼には頭が上がらないという感じなのだと思います。
その事は天狗同様に「河童」も同じことなのだと思います。
河童は確かに「技術開発」に優れ、幻想郷内の理系とか発明ポジションを担当しているのですけど、
腕力的には、鬼は当然の事として、天狗に対しても数段劣るものだと思います。
つまり、河童という種族は、鬼にも頭が上がらないし天狗にも頭が上がらないのだと思います。
「妖怪の山」というエリアだけで見てしまうと、この山の神様が早苗さんがいる「守矢神社」の神々ですし、
この山を現在実質的に支配しているのは天狗で、
この天狗を頂点として、河童とか様々な妖怪や仙人たちが一つの「階層社会」みたいなものを築いているのだと思われます。

そして天狗は同時に狡猾な種族でもあります!

一応は元の上司の「鬼」は既にいないものの、やはりどこかで「鬼」を恐れている部分は間違いなくあると
思いますし、
東方文花帖における萃香とあややの会話の一部に、そうした点が示唆されていると思います。

萃香: 「天狗は昔っから強い者には下手に出て、弱い者には強気に出る。
     本当はもの凄く強い癖に適度に手を抜く、頭が切れる筈なのに惚ける。本当、やたらと狡猾だなぁ。」
 文: 「今の天狗はそこまで強くなくなったのですよ。今ではしがない情報屋みたいなもんです。」
萃香: 「何処まで本気かなぁ。」

確かに、腕力だけですと鬼には到底敵わないと思うのですけど、そうした点をカバーしているのが知性と組織力と
言えるのかもしれないですね。

天狗や河童全体の傾向として「鬼は昔の我々の上司=支配層であり、おっかない存在」と言うのが共通認識だと思います。
そうした中でも、あややは、なぜか幻想郷内に留まり続けている鬼の萃香とも普通にコミュニケーションを果たしていますし、
(茨歌仙においては、華扇は、同族を回避するせいなのか萃香を避ける傾向にあります・・)
「東方文花帖」においては、あややは萃香に対して普通に取材をしていますし、
萃香と普通に会話しており、一緒にお酒まで飲んでいます。
その辺りはあややの「強い者にも屈しない」という意志の表れでもあると思いますし、同時にあややのコミュニケーションの高さを
示唆していると思われます。
あの中ではあややは「焼き八つ目鰻が美味い屋台がありまして・・一緒にいかがですか?」となんとあの鬼の萃香を
普通に飲みに誘っています!
その屋台は、ミスティア・ローレライの屋台だと思われますが、あややは萃香に対して
「あの屋台は美味しいのですけど、ちょっと店主の歌がやかましくて・・」と言ったら萃香は
「そんなの私が黙らせてやる!」とかなんとか言っていましたので、うーーむ、ミスチーの受難はまだまだ続きそうですね・・(笑)
ゆゆ様から食材として狙われて、白蓮さんからは「うちの響子をたぶらかす不良」として成敗の対象になっていますし、
四季映姫様からはお説教の対象としてマークされていますし、その上、萃香にまで睨まれたら・・・
うーーむ、ミスチーはあれはあれで苦労人なのかもしれないですね!

妖怪の山に棲んでいる妖怪たち、特に天狗と河童は上記の通り「鬼」を今でも恐れています。
「東方地霊殿」は、さとり様&こいしちゃんが初登場したゲームでもありますし、
この古明地姉妹とかお空の暴走がとても印象的ではあるのですが、このゲームの中では、さり気なくなのですけど、
「鬼」に対する天狗=あややと河童=にとりの「対応の違い」が明確に描かれていて
この辺りは大変興味深いものがあります。
「東方地霊殿」における自機は霊夢と魔理沙の二人なのですけど、サポート妖怪という形で
「玉」という通信機器を通して、霊夢には、ゆかりん・あやや・萃香、魔理沙には、パチュリー・アリス・にとりの
それぞれ3人の中から1人選べるようになっています。
この地霊殿の3面ボスが実は「鬼」でもある星熊勇儀なのですけど、
(星熊勇儀は、地底の怨霊たちを日々やっつける事で地底生活を「私の楽園」と呼ぶぐらい楽しんでいるようですね)
もしも霊夢と魔理沙のサポート妖怪が、あややとにとりの場合は、当たりの絵の話ですけど、相手が「鬼」という事で
かなりへコヘコしてへりくだっているのが極めて印象的です!
だけどその辺りも「同じへりくだった態度」であってもあややとにとりではその対応には天と地の開きがあるようにも
感じられるのは大変面白いものがあると思います。

にとりは完璧に勇儀に対してビビって恐れおののいているのですけど、
あややにはそうした雰囲気は皆無です。
あやや・にとり共に、誰が見ても分かるような言葉遣いで話しており、かなり言葉遣いに気を付けて話をしているのが
よく分かるのですけど、あややは最初から「自分は天狗である」と名乗っていて、かなり積極的に話しかけています。
一方にとりの方は、とにかく勇儀を避けていて、自ら話しかけている様子はほぼ皆無です。
にとりは、しまいには魔理沙に対して
「お願いだから早いとこ地底に戻られて地上には出ないように伝えて!!」と懇願しているのはかなり面白かったです!
ちなみにですけど、にとりは、魔理沙から「鬼なら既に一匹幻想郷に居るじゃないか」と萃香の事を持ち出されても
「あの方にも頭が上がらないのよ もう上司が増えるのは懲り懲り」と言っている事から分かる通り、
あややとは違いにとりは、萃香に対しても相当な苦手意識があると思われます。
ちなみにですけど、あややは自分から進んで勇儀に積極的に話しかけていたのは大変印象的でした!

ちなみにですけど、地霊殿におけるあややとにとりの勇儀との会話を一部抜粋してみますと・・・

あやや:(どうもどうも。初めまして、天狗の射命丸です)
勇儀:あん? ……天狗だってー?
    ふーん、見た感じ天狗だとは思えんが……。
霊夢:いや私は天狗じゃない。人間よ。
勇儀:あーん? さっきから何言ってるのさ?
あやや:(いえいえ人間の振りをした天狗なのです。ちょっと調べ事がありまして……)
霊夢:ちょっ。
あやや:(天狗のままでは不味いと思いまして、こうやって潜入させて頂きました)
勇儀:ほう、天狗がここに降りてくるなんて……。
    我々と出会うのを嫌がって避けているかと思ったよ。
あやや:(いえいえそんな。いつか挨拶に伺いたいと)
勇儀:へぇ、それで人間の振りして? 私はそういう天狗の調子の良い嘘が大嫌いなんだよ。
あやや:(滅相もない。嘘を吐いているつもりは無いんですが)
霊夢:ふーん、あやが自分で動かないで私を地下に向かわせたのって、苦手な奴が居るから?
勇儀:ふふん。ま、天狗の事だし、許してやってもいいんだけど……条件がある。
    許せるのは強い奴と勇気のある奴だけだ!

勇儀:お見事! その腕に免じて用件を聞いてやろう!
あやや:(へへぇ。有難うございます。
    端的に用件を言いますが……地上に怨霊が出ようとしています。
    勿論、鬼の貴方の仕業とは思いませんが)
霊夢:え? 怨霊だって? 初耳よ、初耳!
勇儀:え? 何だって?
あやや:(放っておけば貴方達にとっても不都合でしょう?)
勇儀:ふーむ。そうか、それは嘘じゃないんだね?
あやや:(どうして私が嘘を吐きましょう。とにかく、その怨霊の調査をしたくて)
勇儀:そうか、ま、今回はその強さと酒に免じて信用してやるよ。
あやや:(へへへ、有難きお言葉で)

うーーむ、あややの世渡り上手さは「まさにお見事!」という感じですね!
最初はわさ゜と大袈裟にへりくだって相手を油断させて、最後にはちゃんと「成果」を挙げている辺りは
「さすが、あやや!」という感じですね!!


勇儀:どうした? もう降参かい?
にとり:(どうも、まさか貴方みたいな人に目を付けられるなんてねぇ)
魔理沙:うん? 知り合いか?
にとり:(この方は、私達や天狗の大ボスの鬼)
勇儀:なんだ? 独り言かと思ったらその玉と会話しているのか。
にとり:(山は鬼が留守の間だけ、私達と天狗が預かっている事になってるのさ。
      もう、長い間留守だったんで平和だったんだけど……)
魔理沙:鬼なら既に一匹幻想郷に居るじゃないか。
にとり:(あの方にも頭が上がらないのよ。もう上司が増えるのは懲り懲り)
勇儀:いかにも、私は山の四天王の一人、力の勇儀。
    といっても、もう地底に降りて来ちゃったので山には行ってないけどね。
にとり:(どうかそのまま地上には出てこないでください、って言ってよ)
魔理沙:あはは、お前はボスに見つかるのが嫌だから私に行かせたって事か?
     とんだお笑いぐさだぜ。こんな奴倒しちゃえばいいじゃん。
勇儀:……話が読めないな。どうやら、その珠は私を知っているようね。
魔理沙:いいんだ、ここから先は私の出番。さあ、そこを通して貰おうか!
勇儀:その珠の正体が気になるけど……まずは、売られた喧嘩を買わないとね!

勇儀:お見事! 何かと不思議な奴だが、腕っ節が強い奴には悪い奴はいない。
にとり:(さ、次に行こう次に)
魔理沙:次って行き先判ってるのか? そもそもお前の目的もよく判らん。
にとり:(目的は温泉で相違ない。地上に間欠泉を出してる奴を探せ)
魔理沙:うん? お前もやっぱり温泉が目当てなんだな。
     河童が温泉で酒呑んでるのは絵になるからなぁ。
勇儀:その珠からの声……河童の声なのか。
    おーい、聞こえるかい? 珠の河童よ。
にとり:(ひゅい!?)
勇儀:山では平和に楽しくやってるかねぇ。
にとり:(へえへえ、全くお変わりなく)
勇儀:心配するな。別に山を取り返そうとか思ってないさ。


うーーむ、やっぱり、にとりはあややと違って心の底から「鬼」を怖がっている様子が手に取るように
分かりますね!

そんな「鬼」に対しても表面的にはへりくだりながらも結果としてきちんと成果を上げて、
鬼と言えども全く物怖じしないあややは、やっぱり素敵ですよね!!
まさに美しく強いという雰囲気がよくお似合いだと思います!!








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記と下記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんがに描かれた「秋静葉」です!!
ちなみにですけど、「秋静葉」は、前回のあややその④語りの際に「東方神風録」つながりで既に一度転載を
させて頂いているのですけど、その時の秋静葉は2014年に描かれたものでした。
上記の秋静葉は、アミグリさんが2012年9月に描かれたものでして、
前回転載の時に比べると、髪型がロング仕様になっていて、前回とはかなり違った雰囲気を醸し出しているのが
印象的です。

2012年9月のアミグリさんの記事を一部引用させて頂きますと、

「ロングヘアーも似合うかなと思って髪を長くしてみましたがいかがでしょうか?
静葉を描くのは初めてでした!」

との事ですけど、いやいや、これは静葉初描きとは思えない仕上がりだと思います!

そして2014年に描かれ前回のあややその④で転載をさせて頂きました秋静葉の雰囲気とは全然異なるというのか、
「秋静葉」という同じ素材を使用しているとは思えないほどの素敵な「描き方の違い」をされていると思います!
というか・・髪型ひとつだけでこんなにも雰囲気が変わってくるものですね!
それをきちんと描き分けているアミグリさんって・・・・やっぱり「凄い、すこすぎる!!」と感じてしまいますね!




kansei-sizuhasan_convert_20141001164643.png




参考までに・・・こちらはアミグリさんが2014年10月に描かれた「秋静葉」でして、こちらはあややその④の際に
既に一度転載をさせて頂いております。

ちなみに秋静葉とは、上記でちらっと話が出ていました「東方風神録」の1面にて妹の秋穣子と共に1面ボスとして
霊夢・魔理沙とバトルを繰り広げています。
この秋静葉と秋穣子は姉妹でして、東方では「秋姉妹」として親しまれています。
妹の穣子とともに幻想郷の秋を司る神の一柱であり、静葉は「紅葉の神」、妹の穣子は「豊穣の神」という事で祀られています。
存在自体が秋の風物詩そのものと言えると思います。

上記のこの素敵な秋静葉のイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

先ほど河童のにとりの話が出ましたけど、アミグリさんが描かれた ちるの にとり もとっても可愛いですよ!!

最後に宣伝になりますが、11/23(水・祝)にアミグリさんの「オリジナル創作イラスト その⑤」も開催させて
頂きますので、
こちらの方も是非皆様にご覧頂ければ幸いです!
どうぞ宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト



8.基町高校

C/バレエ組曲「シルヴィア」~Ⅰ.前奏曲と狩りの女神(L.ドリーブ)


基町高校は、一部のオールド吹奏楽ファンの間では「基町トーン」という言葉で語られる事もあるのですけど、
柔らかいサウンド・優しい語り口・決して乱暴に鳴らさない・丁寧な音楽作り・温かい雰囲気というのが
その一つの特徴なのかなとも感じるのですが、
そうした「基町トーン」が最高潮に達した演奏が、1981年の序曲ハ調なのではないのかなとも思えます。
翌年の1982年の歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲が、長年に渡ってこの基町高校を指導・指揮されてこられた
増広先生の勇退の年という事になってしまい、全国大会の評価としては銀賞に留まりましたけど、
あのいかにも「おじいちゃんが優しい語り口で孫たちに民話を語っているような」温かい雰囲気が曲の随所から
感じられて、最後の普門館としては大変満足がいかれた演奏になっていたと思います。
あの優しくて温和な手作り雰囲気は、まさに増広先生=基町高校吹奏楽部のコンビによる「基町トーン」の
素晴らしい有終の美に相応しい演奏だったと思います。

そうそう、これは余談ですけど、1982年の増広先生の勇退の年のあのウインザーの陽気な女房たちの
一つ前の演奏が、実は・・そう! 今やすでにある意味「伝説」と化しているあの市立川口の自作自演の
「無言の変革」~そこに人の影はなかったなんですよね!
普通あれだけ普門館の聴衆の度胆を抜きまくりの壮絶極まりないまさに「猛毒」そのものの演奏を自分達の演奏の前に
聴いてしまうと、多分・・ヒビって動揺するのだと思われます。
だけど・・当時の増広先生=基町高校吹奏楽部の奏者の皆様は全く動揺することなく、
「市立川口は市立川口、そして自分たちは自分たちの演奏をするだけ!」みたいな雰囲気が課題曲の冒頭から
感じられて、自分たちの練習の成果を普段通り発揮されていたのはさすがだと思います!
市立川口のあのあまりにも凄まじい「猛毒」をこの基町の温かい音楽で持って完全に普門館の空気を
「中和」していたような感じすらあったと思えます。

ですけど惜しまれつつも増広先生は1982年の普門館を最後に勇退されましたが、
日本のスクールバンドの場合、往々にして長年実績を積み上げてきた優秀な指導者がその学校を離れてしまうと、
後任の先生がご苦労され、なかなかそれまでのような実績が上げにくいとか
中々いい演奏ができないとか、結果的に支部大会とか県大会で散ってしまうとか
後任の先生にとっては色々と悩まれる事も多いものだと思われます。
自分の個性というかカラーは早く出したいけど、なかなか前任の先生のカラーとか伝統みたいなものが立ちはだかってしまい、
自分としてのカラーが出せないまま、いつの間にかコンクールの表舞台から姿を消すという事例は
本当に数多くありましたよね!

だけど基町高校の場合は、その点も大変見事だったと思います。
後を受け継いだ土居先生の演奏スタイルはまさにあれは、「基町トーン」そのものであり、
それが遺憾なく発揮されていた演奏が85年の喜歌劇「こうもり」序曲だったと思います。
とにかくあのワルツは聴いていてとっても楽しかったし心地よかったです!!
土居先生はその後何度か普門館での全国大会でその演奏を聴く事ができましたけど、いつ聴いても
「あい変わらずの基町トーンをキープし続けている! 自分たちのサウンドはこれだっ!というものを持っていて
それが長年ずっとこうやって継承つれ続けているのはすごいものだ・・」と
当時感心していたものです。
普門館みたいなあんな広い会場でも、決して大音量とか過剰な表現はせずに、大変理性的で且つ
温かみが感じられる素敵な音楽を増広先生同様に全国大会でも聴衆に伝え続けていた事は、大変立派な事だと
思いますし、まさに「公立高校の鑑」だと思います。

1983年の演奏も結果的に銅賞という評価ではありましたけど、私個人としては
「え・・・この演奏で銅賞!? 少し厳しすぎるのかも・・」という思いは当時感じていたものでした。
課題曲C/カドリーユみたいな愛くるしい曲は、そうですね・・この課題曲は男子校の私自身もこの曲を吹いていたのですけど、
印象としては男子校みたいな武骨な学校が演奏してもあんまりうまくいかない傾向があります。
(楽譜を見るとよく分かるのですけど、この曲自体大変うすく書かれています)
こういう課題曲は、あまり力まない中庸なサウンドを有するチームの方が得意なのかなと感じるのですけど、
そうした意味では基町にまさにうってつけみたいな曲で、曲全体を温かく包み込んでいたのは大変印象的です。
自由曲は少し地味すぎたのかも・・?
ドリーブの「シルヴィア」は、たまに吹奏楽コンクールでも演奏されるのですけど、大抵の場合、Ⅳのバッカスの行進を
メインにプログラム構成されることがほとんどなのに、正直、あまり盛り上がる箇所も多くなく、どちらかというと
牧歌的でのんびりとした雰囲気のこのⅠを吹奏楽コンクールで演奏する事はかなり勇気がいるとは思うのですけど、
このチームは、そうした曲のほのぼの感とか牧歌的な雰囲気を大変見事に歌い上げていたと思います。
曲が地味な分だけポロが出やすい曲手もありますので、そうした点が銅賞になってしまった理由なのかな・・とも思ったりします。

だけど、こうやって「偉大な前任者」からバトンタッチされても、伝統的な「基町トーン」を崩すことなく
土居先生としての音楽を立派にコンクールで表現されていたと思いますし、私個人としては、もう少し高い評価でも
よかったような気もしますけど、この演奏が銅賞になってしまう事自体、80年代初めの高校の部が
既にハイレヴェルになっていた事を証明しているようにも感じられます。

 | BLOG TOP |