FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


改めてですけど、北宇治高校吹奏楽部、全国大会出場おめでとう!!

一応、10年間同じく一応は「全国大会」を目指していた私にとっては、まさに感涙ものの展開でもありました!
(改めてですけど・・5月の段階で「海兵隊」から満足に吹けなかったチームがこんな短期間で全国大会に進める事は
現実的にはほぼ100%ありえませんけどね・・)

とにかく前回の第5話の関西大会とあの12分間ほぼノーカット演奏シーンが素晴らしすぎて、
あの第5話はも―――、録画しておいたものを既に何度見たかわかりゃしないほどです・・・!!
自分達の演奏が終わって、審査結果発表のシーンとか表彰式の場面なんかもかなりリアルなものかあり、
不肖・・この私も中学・高校で吹奏楽部・部長として表彰式で表彰状を授与された者としては
「なつかしいな・・・!!」という想いで一杯でした!!

確かに「吹奏楽コンクール」は賛否両論あるのは分かりますし、みぞれの言葉が示唆するように
全員が合点がいくものではないのですけど、
私はなんだかんだいって吹奏楽コンクールは、自分が審査を受ける立場でも
純粋に一人の聴衆として音楽そのものを楽しむ立場でも両方とも大好きです!!

さてさて・・・そんな素敵な第5話の後で「果たしてどんな展開を持ってくるのかな・・」と思っていたら
「文化祭」というイベントが高校にはありましたよね!
振り返ってみると、私自身も高校や大学の場合、吹奏楽コンクールが終わった頃に丁度、文化祭とか学園祭の
タイミングでもあり、
こうした文化祭における吹奏楽部のステージというのは、どちらかというとやりたい放題に好き勝手に
吹きまくるという感じが濃厚で、
普段のピッチがどうたらこうたらとかアンサンブルがどうしたこうしたみたいな堅苦しい話は無しにして
どちらかというと歌謡曲とか流行曲とかポップスを会場と一体となって楽しんでのびのびと吹くという感じでしたね!
ああいう雰囲気はたまには悪くは無いものです!!

余談ですけど、この北宇治の文化祭の指揮者は滝先生ではなくてあすかでした!

あすかが聴衆に対する挨拶の中で、「今度名古屋で開催される全国大会」という言い方をしていましたけど、
そっか・・・
今現在の現役奏者にとっての全国大会は、名古屋の国際会議場なのですね!
うーーむ、やはり私にとっての吹奏楽コンクールの聖地は「普門館」以外ありえない!!という感覚なのですけど、
耐震性の問題で使用不可、いずれ解体というんじゃ仕方ないですね・・・とっても寂しいものがありますけど・・・(泣・・)








9ffd917e-s_convert_20161114184053.jpg


539e41a1-s_convert_20161114184125.jpg



北宇治高校吹奏楽部のメイドさんはみんなとっても可愛いですね!

久美子・夏紀・みぞれ・・・みんなとっても可愛いしメイド服がよく似合っていますね!

麗奈の「雪女」も素晴らしいけど、香織の着ぐるみは最高に可愛かったです!!

ちなみにですけど・・・・私が初めて高校の文化祭に吹奏楽部員として参加した頃って、なんかいかにも男子校らしい
妙な事ばかりさせられていたものです・・・(苦笑・・)

うちの高校は田舎の男子高校という事もあり、
文化祭はひたすら「女の子たちに来てもらうツール」という感覚しかなく、
とにかく目立ってナンボという雰囲気は至る所にありました。
文化祭の前日には、「市中行進」といって宣伝を兼ねて各部共に「自由な発想の下」というコンセプトの下、
市内のアーケード街や買物公園などを仮装行進するという妙なイベントがあったりしたものです。
例えば、柔道部なんかは畳を背負ったり、ラクビー部はなぜか河童の仮装をしたり、全身金粉まみれとか海水パンツ一丁とか
各部ともとにかく色々と妙な恰好で行進をしていたものでした・・・
うちの吹奏楽部はというと・・・
毎年毎年性懲りもなく、「女装」というのが伝統になっていて、
なぜかうちの高校の部室には、どこから調達したのかは不明なのですけど、
各種女子高の制服が揃っていて、
特に可愛い(?)系の男子生徒に、そうした制服を着用させるのが毎年の恒例となっていました・・
当時の自分は、今もそうかもしれないですけど体系的にはかなり華奢な方でしたので、
その制服の餌食となってしまいました・・・
そうして市内を女装して歩いたものですが、
ホント、正直恥ずかしかったです・・・
今では絶対に出来ませんけどね!!(苦笑・・)

文化祭では、吹奏楽部のステージは午前と午後で計2回開催しましたけど、
入場者は子供たちと周辺の中学生ばかりでしたね・・・

当時どんな曲を演奏したかというと、

〇Dr.スランプ あられちゃん

〇ハイティーン・ブギ

〇愛のコリーダ

〇スマイル・フォー・ミー(河合奈保子)

〇ピンクパンサーのテーマ

〇明日にかける橋

〇トップ・オブ・ザ・ワールド

などでした。何か今となっては時代を感じますね・・・(苦笑・・)




9fd7c7b9_convert_20161114184021.jpg



そうした文化祭回の楽しい雰囲気が支配的な今回でしたけど、
さりげなく滝先生の「重たい過去」も静かに提示されていたのは大変印象的でした!

滝先生の第一期におけるあの「なんですか?これ」のインパクトはとにかく大きかったですけど、
あのシーンが第二期でも再現されていて嬉しかったです!
滝先生の「なんですか、これ・・」という言葉の裏側には、実は「亡き妻の意志を引き継いで、北宇治を
再度全国大会に連れて行き、自分の亡き妻や父親の想いを現実のものにしていく!」という強い決意が
潜んでいたのだと思います!

車中での久美子との会話・・・・

そこに写っているのは私の妻です。
大学の同級生で、橋本先生と私の妻は北宇治高校の生徒でもあったんですよ

その頃は私の父が顧問で、全国大会にも行っていたらしいです

妻の話だと、高校3年間、全国大会には出ても金賞は取れなかったって…

だから、自分が先生になって、母校を金賞に導くんだって…病気になってからもよく言っていました・・・


滝先生自身も父親に対する反発とか「妻を亡くした喪失感」とか
色々な個人としての事情があるにも関わらず、そうした「私情」を出さず指導者として吹奏楽部をここまで
立派に飛躍させたのはとにかく素晴らしいものがあると思います!
吹奏楽部指揮者&顧問として厳しく部員達を指導してたのは、やはり「奥様の意志を受け継ぐ事の重さ」というものが
あったのでしょうね!
そして滝先生の願いとしては「全国大会でのゴールド金賞」!!・・・!!
滝先生の父親も何度か北宇治を引き連れて全国大会に臨んでいるのですけど金賞には届かなかった様子ですし、
なによりも亡き妻の意志はかなり重たいものがありそうですね。

ラストシーンにおいて、あすかに近づく女性は誰・・・?
たぶんあすかの母親なんでしょうけど、原作でも提示されているあすかの「複雑な家庭の事情」が次回以降
明らかになりそうです。
そしてここから「あすかの心の闇」にもメスが入っていくのかな・・・

そして・・・次の曲じゃない、次の修羅場がはじまるのです!!
スポンサーサイト



11/13(日)のさいたま市内は、「第2回さいたま国際マラソン」の大会当日で、
朝から沿道にはたくさんの観客が応援に駆け付け、ランナー達が大勢走っていました。
ま・・・、早朝から「お疲れ様・・」と言ってあけだい気分ですね。
私は日曜日というと例によって出勤なのですけど、うちの会社の目の前の道路も、このマラソン大会の沿道コースと
なっておりまして、当日の生中継のテレビを見ていたら、当たり前の話ですけど、瞬間的にうちの会社とか
歩道に立ててあるのぼりなんかもちらっとテレビに映っていました! (笑・・)

昨年の大会もそうでしたし、例えば駅伝大会とかさいたまシティーマラソン大会が開催される時って、
さいたま市の「大動脈」とも言える産業道路・旧中山道・国道122号・国道463号(通称・うらとこ街道)なんかが
部分的または全面的に通行止めとか一時封鎖になってしまい、
完璧に交通が麻痺してしまいます。
当日は日曜なので、平日開催よりは全然影響度は低いと思うのですけど
私のように「日曜出勤」の人間にとってはある意味死活問題なのですっ!!

だって・・・・

普段ならば、新都心界隈からさいたま市緑区東浦和方面に行くのには車で15分程度で到着しますけど、
うらとこ街道とか産業道路が通行止め状態になってしまうと、目的地にたどり着く事自体が困難にもなってしまいます。
ああなってしまうと最早「お手上げ」ですよね・・・・
結局、一旦国道17号へ迂回し、南浦和を経由し、川口へ大きく迂回→東川口→東浦和という超迂回ルートで
辿る結果になってしまい、午前中には通行止めは大体解除されたものの、本来組んでいたスケジュール消化は
大幅に狂ってしまい、何か消化不良のまま日曜終了みたくなってしまいました・・・

ま、これは毎年この時期の定番と言えば定番なのですけど
どうせなら、さいたま市街地をマラソンコースにするのではなくて
見沼とか岩槻みたいなところをコースにすれば多少は交通麻痺を防止できるのに・・・と
思ってしまいますね・・・・

あ・・・、こんなローカルな記事書いても
さいたま市周辺に住んでいる方以外は「何の事やらちんぷんかんぷん・・・・」という
感じでしょうね・・・・
ローカルな話題、大変失礼しました・・・・・(苦笑・・・)

私自身は子供の時から不思議と水泳でも陸上でも、短距離走はそんなに速くは無かったのですけど、
長距離レースは得意な方と言うか、自分自身でも好きでして、長距離走は昔から結構得意ではありました。
高校時代、毎年秋になると10キロの校内マラソン大会が開催され、
運動部の人は、大抵「150位以内に入らないと練習禁止」とか「追放」というノルマもあったようで
ほぼ全員本気モードでした。
文化部は逆に全員テキトーでしたが、私が所属した吹奏楽部は数少ないノルマ設定部
でしたので、本気モードにならざるを得ない感じでした。
私の母校は、山の上にある学校でしたので、10キロともなるとアップダウンの激しい
かなりきついコースを走るのですが、特にラスト1キロで現れる
名物「心臓破りの阪」というものがあり、毎年毎年これに苦しめられていました!
あれはまさに「悪夢」以外の何者でも無かったですね!

だけど当時は若かったし体力はありましたので、
10キロを一年の時は50分だったものの、三年生の時には45分を切る事が出来、
順位も校内で50位以内に入る事が出来たのは、自分でも「出来すぎ」と思っています。

その約10年後に、山梨県内のとある金融機関に在籍をしていた頃、当時山梨県昭和町にて
「ふれあいマラソン大会」が開催され、そこの10キロ部門に私自身がほぼ強制的に
出場する羽目となり、久しぶりに10キロを走った事があります。
だけど当時はもう既に高校時代の面影は全く無かったですね・・・(苦笑・・)
走っても走っても全然足がついていかないし、息切れするし、とにかく散々なものでした!
完走できただけで御の字という感じでしたね・・・(苦笑・・)記録は確か55分だったかな・・・

だけど・・・そこから更に歳月は過ぎていき、現在の私自身に「10キロ走れ!」と言われても
多分完走すら出来ないと思います! (苦笑・・)
さすがに今はさんな体力はもうないですね・・・
今は、駅の階段を走った程度で「ぜーぜー」みたくなってしまう事もありますからね・・・

マラソンって走者は「つらい」と思いますよ・・あれはまさに「孤独との戦い」ですね。
私自身の体験から言うと、
10キロを1時間掛けて自分のベストを出し切り走った方が、だらだらちんたら走るよりは全然楽と言えるのかもしれません。
なぜかというと、
10キロを1時間掛けて全速力で走るのもつらいですし、同じ10キロを2時間掛けてだらだら走るのも両方大変
なのですけど、同じ「大変でつらい」のなら、少しでもその大変な時間が短い方が、
気分的にも翌日の疲労度の観点から言ってもまだマシ・・という感覚があったのはなんか不思議な気もしたものでした・・・

 | BLOG TOP |