FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


まず冒頭でほんの少しばかり愚痴を・・・

先日なのですけど、ま、こうした事は決して珍しい事ではないのですが、またまた「不快すぎるコメント」を
頂いてしまいまして、
要は、最近の「魔法つかいプリキュア」の当プログとしての感想記事に関する批判とか
当ブログの「プリキュアカテゴリ記事」は誤解と偏見に満ちていて見るのにも値しないとか
そういう事を意図されていたと思うのですけど、なんか結構ひどいお言葉を頂いてしまいまして、
少しばかり凹んでおります・・
というか・・・あまりにも痛い言葉の羅列に怒り心頭という感じでもあります。
あの不快すぎるコメント自体は速攻で削除させて頂きましたが、別に当ブログにどんなコメントをされても
結構なのですけど、

1.ああいう嫌な事を書くのだったら、名無しとか鍵付コメントではなくて、名前を正々堂々と名乗った上で
 公開コメントの形で書いて欲しいです。

2.不快なコメントは、当ブログは速攻で削除いたします。

この2点は改めて申し上げたいと思います。

なんかなぁ・・・、当ブログで頂く不快コメントの9割というか・・・95%近くは「プリキュア」関連なのですよね。
この一年ほど私が結構本気モードで記事にしている「東方」関連では、おかげさまで
こうした不快コメントは一つもなく、皆様から頂くコメントはとにかくとても温かいものばかりです。
最近では、正直・・「もうプリキュア関連記事は卒業しようっかな・・・」みたいに考えてしまう事も実はあったりもします。

本来ですと、11/13放映の「魔法つかいプリキュア」の感想記事を書こうとしたのですけど、
その一件があって、なんかとてもそんな気分になれず、11/13の感想記事は、すいません・・
今回はお休みさせて頂きたいと思います。
というか・・・もう書かないかもしれないです!

でも結構あのコメントきつかったな・・・久しぶりに「コメント」で凹んでしまったもんな・・・・
どうやったらあんなひどい言葉が発せられるのだろう・・・

11/20放映分以降は、心機一転して感想記事なんかも書いてみようかとも思いますし、
「あんなコメントに屈してたまるかっ!!」という気持ちもあるのだけど、
これまでの経緯から「さすがにそろそろプリキュアは卒業か・・」とも思っています。

さてさて、今回は気分転換の意味もこめて私が歴代でも大好きな作品「スイートプリキュア」から、
私の「大好きピンク四天王」の一角でもある「キュアメロディの素敵なフィギュアの事を簡単に書かさせて頂きたいと
思います。
ちなみにですけど、今回取り上げるバンダイのS.Hフィギュアは2014年頃に散々記事にもさせて頂き、このフィギュアは
実際に私自身も購入をさせて頂いております・・・(笑)



繝。繝ュ繝・ぅ3_convert_20161113211012



こちらの「スイートプリキュア」のキュアメロディの商品概要を記させて頂きますと・・・

商品内容  
  ・本体
 ・交換用右手首3種、交換用左手首4種
 ・交換用手繋ぎパーツ1種
 ・交換用表情パーツ3種
 ・固定首ジョイントパーツ
 ・妖精ハミィ
 ・ミラクルベルティエ
 ・スタンド

主な商品素材 : ABS、PVC
商品サイズ   : 全高約14cm
販売価格 : 4860円(税込)

我が家にも、色々とプリキュア関連のグッズやフィギュアはあったりもするものですけど、
率直に書かせて頂くと、歴代プリキュアにおけるフィギュアの最高傑作はこの「キュアメロディ」ではないのかな・・?と
私は思っていたりもします。
というか、早いとこ、バンダイ様から「キュアラブリー」のフィギュアを発売して欲しいのですけどね・・・

とにかくこのメロディのフィギュアの完成度&精密度は極めて高いと思います!!
プリキュア5の頃のS.Hフィギュアも決して悪くは無いと思いたいのですけど、特にのぞみ=キュアドリームなんかは
関節がなんかギクシャクしているし、表情は少し固いし、何よりも首が「ろくろっ首」みたいに
妙に長いのはなんかいまた゜に抵抗があるというのか「ちょっと違うんだよな・・」と感じてしまいますね・・・(笑)
やはりメロディの完成度の高さと比較するとも一歩も二歩も及ばないというのが率直な感想になってしまいます。
プリキュア5のフィギュアと比べると、表情が自然ですし
関節が妙にギクシャクしていなくて、動きが極めてなめらかなのが実に素晴らしいと思います。
そうそう・・メロディのあのツインテールの髪型も可動できます!

キュアメロディのS.Hフィギュアのパーツの充実度も素晴らしいものがあると思います。
顔(表情)のパーツが3種類(笑顔・怒り顔・目を閉じた笑顔)に
手がなんと8種類もあります!
ベルティエも勿論ありますし、首を固定させるパーツに、台座、
そしてなんと! ハミィまでおまけで付いてきています!!
プリキュア5の頃のフィギュアには、顔と手は2種類ずつしか無かったですし、
台座も付いていないし、ココやナッツも付いていませんでしたからね! (笑・・)



繝。繝ュ繝・ぅ2_convert_20161113210937


繝。繝ュ繝・ぅ_convert_20161113210912


メロディの「フィナーレ!!」のシーンは特にめちゃくちゃ可愛かったですよね!

あのシーンは、このフィギュアを通して再現できるというのが実に楽しいと思います!!

スイートの場合、敵を撃破する時の掛け声が「フィナーレ!!」というもので
これはさすが音楽に関係するシリーズだったなーと思われます。
音楽の上では、フィナーレというのは「終楽章」とか「終曲」という意味で使われることが多いです。

スイートの場合、響というかメロディーのこの「フィナーレ!!」と叫んだ時の
笑顔が本当に可愛くて大好きでした。
いかにも喜びに溢れている表情が本当に魅力的でした!!

「スイートプリキュア」は、初期の頃は、マイナスと言うか、「喪失」から始まった物語のようにも思えます。
「子供の頃は楽しかった・・・」
「あの頃は無邪気で楽しかった」
「親友の奏とも毎日楽しく過ごせていた・・・」
しかし、思春期を迎える頃に、お互いに色々と合って、開始当時の響と奏は、
すれ違いと誤解と喧嘩の繰り返し・・・
そして、
「あの楽しかった日々にはもう戻れない・・・」という喪失感を抱えている状態から
この物語は開始されていくのですよね。

スイートの場合、序盤は、お互いの不信感・コミュニケーションギャップ・
性格の不一致を乗り越えられない未熟さもあり、どちらかと言うとマイナスからのスタートと言う
感じが濃厚です。
謎の黒の仮面のプリキュア~キュアビートの誕生までは、
これまでの喪失感を取り戻すために、プリキュアをしながらも二人の関係を模索し、
これまでのコミュニケーションギャップを埋めていった期間とも言えるのかもしれません。
最終的には、響と奏での新たな友情関係の構築と信頼関係の構築⇒エレンのプリキュアとしての覚醒
⇒ミューズの参加⇒幸せと不幸は相反するものではなくて、交互に訪れるもので、幸せのすぐ目の前に
 不幸があったり、その逆もある。結果として人間社会と言うのは、幸せも不幸も、明と暗も、
 動と静も、進歩と停滞も両方から成り立つものであり、一方だけに光を当てても何の解決にもならないし、
 一方を認めるからもう一方も成立するという哲学的な讃歌の内にフィナーレを結ぶという
 壮大なストーリーを展開という事になっていくのです。

とにかくとっても素敵な内容のあるシリーズだったと思いますし、私もとにかく大好きなシリーズの一つです!!




譛ィ逾槫キ・謌ソ縺ョ繧ュ繝・繧「繝。繝ュ繝・ぅ_convert_20161113211037



木神工房メロディ



最後に・・・こちらは木神工房さんのキュアメロディです!

この商品の概要は下記の通りです。

ディーラー:木神工房
原型:たかぎこうじ
スケール:1/8
高さ:24cm前後

販売当時の価格は不明ですけど、最近のオークションの落札価格を見てみると24000円前後の価格で
取引されているようです。
ワンダーフェスティバル2012夏のアイテムとして制作されたとの事です。

このメロディは、まさに「大人の魅力」だと思いますね!

これは「可愛い」という表現よりは「美しい」という言い方の方がよく似合いそうな気がしますね。
へそ出しが思いっきり強調されているのが魅力的だと思います!
スポンサーサイト



11/1の記事にて

「この2ヶ月の間に、仙台の関連会社も含めて全部門の顧客・会員に対しての
さすがに今はもう「全軒」は不可能なのですけど、主要顧客1200~1250軒に対するアフター責任者としての
「顧客へのカレンダー配布」を名目にした「アフター訪問」を実施いたします。
ま、これって・・単なるカレンダー配りならよっぼと業者への委託とかアルバイトに依頼した方がいいと思うのですけど、
どうして私自身がやるのかと言うと、そりゃ言うまでもなく
ある程度の顧客をフェイストゥフェイスで廻る事によって、
主要顧客全体の雰囲気とかどういった事に対して不満を抱えているかとか
はたまた「今後の家に対する計画」とか不動産情報とか大規模修繕計画情報のリサーチとか
いわば「隠れたクレームの洗い出し」と「情報収集」みたいな役割を担っていると思いますし、
実際毎年こうした事を実施することで、クレーム未然防止とか実際に「契約」へとつながる貴重すぎる情報の提供も
図れておりますので、私としても結構気持ち的に「力」が入る二か月になりそうです。 」

と書かさせて頂いたのですけど、現実はその予告通り、否! それ以上のものになってしまっています。

11月に入って以降は帰宅時間は平均PM23:00過ぎ以降ばかりでひどい時は午前様なのかな・・
そして、自分自身でスケージュリングした仕事自体が中々消化できていない!、というのか、まー、とにかく
色々とジャマが入ってばかりで、余計なクレーム案件の対応とか施工先の近隣クレーマーに対する応援要請とかで
自分自身の仕事の進捗状況がかなりやばい感じにもなってしまっていて、
結果的に自分自身の定休日すらも「休日出勤」に充当せざるを得ない感じになってしまっていて、
なんと・・・!
結果的に私は11/1~11/14までの二週間は、一日も休みがありませんでした・・(泣・・・)
というか・・・実は・・・11/15自体も完全休みではなくて、結果的に半日休日出勤という感じになってしまいました・・

さすがにそろそろ体力的に限界という事で、その半日休みの際も
寝てばっかり・・・という感じにもなっていました・・・
そうですね、私自身の計算ではこの調子で消化していければなんとか11月末頃までには「一区切り」が
立てられそうでもありますので、
なんとかあと少し・・もう少し頑張ってみたいと思います!

そんな訳で、ブログ管理運営自体は、自身の日々の更新記事を書き続けるという事しか出来ていませんし、
皆様のブログの閲覧等はあんまりしていなくて申し訳なくも感じております。

先日の記事の中で「10月は神風吹きまくり!!」みたいな事も書いたのですけど、
私の上長の感覚としては、「おまえが一番目立ってどうすんの・・・!?」みたいな視線も感じたりもしています。
「あなたの本来業務はサポートとかアフターにあるのだから、もう少し黒子の役に徹してとか
影武者としての役割をもっと自覚して!!」みたいな言い方もされてはいるのですけど、
そうですね・・・これはあくまで私自身の感覚としては
「会社全体の受注の50~60%程度を自分達のみたいな非営業部隊が叩き出している現況の方が
会社全体としてはやばいんじゃないの・・・?
本来の営業部隊がこの体たらく・・あのポンコツ振りじゃ、うちらみたいな非営業部隊が前線に出ざるを得ないじゃん・・」
みたいなものもあるのですけど、鄧小平の言葉じゃないですが「黒猫でも白猫でも鼠をちゃんと捕まえられるのが
いいネコ」というのもありますので、私としては、別に誰が営業担当とかどのポジションが最前線部門とかそういう形式的な事は
どうでもよくて、結果として会社全体の「受注目標」が達成できていればそれでいいじゃん・・みたいな
ものがあります。
とにかく今年は残りあと二か月足らずですので、自分自身の「本来の役割」を果たししつつ、10月みたいに
情報提供みたいな形でも何か「大きな貢献」が出来ればいいなぁ・・とは思っています。

先ほど黒子とか影武者みたいな役割と書きましたけど、これには二つほど意味がありまして、
一つは何かクレーム事案が起きた場合、炎上しない前に、つまりは消費生活センター等にタレこまれる前に
なんとかうまくまるめこむというのか「適切に処理をする」という事でもありますし、
同時に二つ目なのですけど、会社顧客をアットランダムに巡回する事で、なにか営業担当が隠し事をしていないか・・
なにか妙な事をやらかしていないかそれを日々チェックしているという面もあるのかなぁ・・と思っています。
勿論、そうしたクレームを洗い出すことも大切なのですけど、
社内的に「こういう部署の人間が定期的にサポートとして廻っているから、どんなに隠し事をしていたって
いつかは絶対にバレてしまうよ・・・
だからそうした妙な隠し事とか隠蔽工作は最初からしないほうがあたなのためですよ・・」という
なにか「無言のプレッシャー」を社内全体に与えているのが、もしかしたら・・・私自身が求められる最大の役割なのかも
しれないですよね・・・
言うならば、これは「東方Project」において八雲紫様が永琳様に対して未来永劫かけ続けている
「不気味なプレッシャー」ともしかしたら・・・どこかで繋がるものがあるのかもしれないと考えると、
それはそれで私としては「自分の仕事・役割としての矜持」は感じる事もあったりもします。

だけど、これは換言すると、東方の因幡てゐみたいな「チクリ」なのかもしれないですよね・・・(苦笑・・)

先日もですけど、またまた信じられない事案が発生し、5月にとっくに工事が完工している現場で、
断熱性・健康等の環境改善度におけるさいたま市からの「補助金対象」物件にもなっているにも関わらず、
営業担当がまさかまさかの・・・補助金申請し忘れというポカをやらかしているのが
私のこうした日々のチェック体制によって露見してしまい、そういう場合、私も、ま・・役割なので仕方が無いので
営業担当責任者にチクリ・・じゃない・・「報告」を入れるのですけど、
営業担当からは「余計な事しやがって・・」みたいに恨まれますし、
その当該顧客からは「半年経過しても補助金申請すらしていないなんてお前の会社は一体どんな社員教育を
してるんじゃ!!」とお叱り受けまくりですし、
とにかく・・最近は「疲れました・・・」という感じの日々であります・・・・







afff56f1_convert_20161106201104.jpg


e07b9186_convert_20161106201128.jpg



「疲れました・・」というとハートキャッチの第一話のつぼみのぼやきを思い起こしますね! (笑・・)

ハートキャッチの第一話は、本当に「深い」ものを感じます。

冒頭から、ムーンライトとダークプリキュアのガチバトルから始まり、しかもまさかの
プリキュアが敗北する展開・・・
正直最初にこのシーンを見た時は、そのあまりの予想外の展開に
衝撃と新鮮さを感じました。
つぼみの登校シーンで、「四つ葉のクローバー」を見つけるシーンは、
前作「フレッシュ」からの無事引継ぎ完了を示唆するシーンでもあり、何か妙に印象に
残っています。

だけどハートキャッチの第一話で優れている点は、
つぼみとえりかのその時点での弱点・ココロの痛み・コンプレックスに感じている点を
容赦なくさらけ出し、

例えば・・・・

つぼみ→人見知り・内気・気弱さ
えりか→図々しさ・姉へのコンプレックス・他人への思いやりの欠如

(ま、ハピネスのひめは、つぼみとえりかの欠点を一人で抱え込んでいましたね・・・、この辺りが
 「一人ハートキャッチ」と呼ばれる由縁なのかな・・・・)

結果的にこの段階から、最終回に至るまで、この二人の成長を描くという点では
本当に面白い試みだったと思いますし、
成功したと思います。
その意味では、マリンが「うざ可愛い」とか一部で行われているプリキュア総選挙で
ぶっちぎりの一位獲得というのも何となく分る気がします。

そうした二人の弱さをさらけ出した後も、
妖精二匹とつぼみの出会い・敵幹部の登場・キュアブロッサム誕生など
唐突な展開にも左程違和感を感じることなく物語が進展していく演出には
本当に感服させられたものでした。

「ハートキャッチ」って、「キュアマリン」という
「歴代でも突出した一人だけ毛色が異なるプリキュア」のおかけで(?)
;歴代シリーズの中でも
「屈指の変化球シリーズ」とか言われますけど、
いやいや、ハートキャッチはよーーく見てみると、かなり「重たい要素」も内在しているのですよね・・・
つまり「人の心の弱さ」とか「他人には見せたくない心の隙間」とか
そうしたものを容赦なく抉っている側面もあると思います。

ま、そうした重さを回避するために、
ああいう「マリン」という歴代でも屈指のヘンな変化球プリキュアを持ってきたのかもしれませんよね。

とにかく第一話におけるつぼみの「疲れました・・」という原因の100%はえりかなのですけど、
そのえりかには「何か悪いことしちゃった・・」みたいな意識がほほ皆無で、
そうですね・・・えりかの良い所でもあるしとてつもなく悪い所でもあるのですけど、
えりかの「悪意が無い点」というのは、ある意味とてつもなく恐ろしいものではありましたね・・・(笑)

 | BLOG TOP |