FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


その③の続きです・・・

うどんげちゃんは、永琳様の「地上の民として暮らす! 」という決意も紫様からの無言のプレッシャーも
十分にわかっているのだと思います。
そうですね・・・うどんげちゃんとしては
「何か私にも師匠の永琳様のために出来る事はないのだろうか・・?」みたいな事も
日々の多忙な仕事の中で常に模索をしているのではないのかなとも思います。
永琳様としては「私たちは既に地上と言うか、幻想郷で暮らしている者」という認識だと思いますし、
「この幻想郷で生きていくからには、日々のメシのタネも必要であり、それが自分たちにとっては
幻想郷内の人里における人間たちへの治療活動と薬事行為なのであり、そのためにも
幻想郷内の人間からの信用を勝ち得て、置き薬営業の形を取る事で、あの永遠亭の薬師さんは私たちにとって
必要不可欠な存在である事を植え付ける必要があり、そうする事で結果的に
薬売りという日々のメシのタネを幻想郷内で定着させることが出来る」とお考えになっていたと思われます。

うどんげちゃんというのは、まさに永琳様の意図の最前線の営業部隊&アフターサポート隊という役割を
担っていたものだと思われます。
そうした事に対して異を唱えていたのが、そう・・「東方儚月抄」のゆかりん=八雲紫様なのだと思います。

紫様にとって一番恐れる事態は何かと言うと、人間が過度に力を付けたり、
場合によっては人間が妖怪化する事により、人間化した妖怪が既存の妖怪勢力を凌駕する事なのだと
思われます。
つまり、ゆかりんが一番願っている事は、幻想郷内のパワーバランスを現況通り維持し、
人間が過度に力を持たないようにする事と推察されます。
そうなるとゆかりんの永琳様に対する思惑として、
「薬の調合程度なら別にかまわないけど、月の技術を駆使して人間に対して高度な医療行為を行い、
結果として人間の延命行為並びに平均寿命の進歩などあまりにも人間寄り過ぎると、幻想郷内で
人間の勢力・パワーが増大してしまう危険性がある」
「そうした幻想郷内での人と妖怪のバランスを逸脱する行為はいかがなものか・・・」
「今のうちに・・・何か手を打っておかないと・・・・」
そう言った事を考えていたんじゃないのかな・・とも私には思えてなりません。
ゆかりんにとっては、永琳様の「人間に新薬を提供する」とか「置き薬配備」という行為自体が
「これは可能性的に、人間の寿命を無限大に伸ばしたり、人間が元々秘めていた能力を無限大に
発揮させたり、妖怪すらも上回る力を人間が持ってしまうのではないのか」という永琳に対する「一つの疑いの目」を
持ってしまう事に繋がってしまったのではないのかなと思います。
ゆかりんは「住民税」みたいな表現を取っていますけど、
これは換言すると・・・・
あなた達、永琳一派は幻想郷に逃げ込んできて、ここでひっそりと暮らしている。
それ自体は私は何とも思っていない。
そのまんまひっそりと永遠に生き続けていけばいい。そんな事は私のしったことではない。
だけど、幻想郷で暮らしている以上は、幻想郷のルール、つまり、人間に対して過度に肩入れせずに、
人と妖怪のパワーバランスを絶対的に守れ!!」という事を永琳様に迫っているのかな・・とも思ったりもします。
つまりは「郷に入れば郷に従え!  幻想郷で永久に暮らす決意をしたというならば
幻想郷のルールに従え!」という事をゆかりんは永琳様に求めているんじゃないのかなとも思えてなりません。

そうですね・・・これって永琳様にとっては「頭が痛い・・」という事なのかもしれないですね。
永琳様にとっては、幻想郷内での人間の勢力を伸ばすのに一役買うとか
幻想郷における人と妖怪のバランスを破壊するみたいな意図は全く無いのだとも思えます。
むしろ永琳様の意図としては「地上の民として暮らす決意はしたけど、それはあくまで目立たぬようにひっそりと・・」というものが
あるのだと思えます。
だけど幻想郷最大の賢者様のゆかりんが上記みたいな解釈を取っているのだから、永琳様としては
「うーーむ、これは少し配慮をしないといけないな・・」とお感じになっているのかもしれません。

永琳様とすると、「私達とすると別に人間の片棒を担ぐという意志は毛頭ない! 人間に薬事行為や治療行為を施すというのは
あくまでも私たちの生活の糧としてのものであり、生活防衛のため!」という考えなのだと思いますけど、
それはゆかりんにとっては「目に余る行為」に映ったと言えるのかもしれません。

そうしたゆかりんと永琳様のやりとりとか永琳様の困った状況を、永琳様の地上の弟子でもあるうどんげちゃんとしては、
やはり「何か」を感じていたのかもしれないですよね。

「師匠の永琳様は、月から逃げてきた私をかばってくれたし、お咎めも特になかったし、月の綿月姉妹に自分を
引き渡すこともしなかったし、これから共に一緒にこの地上で生きていこう!とも言ってくれた御方であり、
私は永琳様に大変な恩義を感じている!」

「この幻想郷で何か私にできることは無いのか・・」

「こんな私でも拾ってくれた永琳様から受けたこの恩義を少しでも私はお返ししたい!」

「私が出来る事ってなんだろう・・」

そうした事をうどんげちゃんは、日々の仕事の中から色々とうどんげちゃんなりに考えていたのだと思います。

そしてそこから導き出した展開と言うのが、あの「鈴奈庵」におけるうどんげちゃんの活躍と魔理沙との追いかけっこ
じゃないのかな・・?とも思ったりもしますね。

「東方鈴奈庵」においては、うどんげちゃんは薬売りとして人間の里に入り、
薬と一緒にうどけんげちゃんお手製の置物を売り込んでいたのです!
この置物とは「鼠よけ」なのですけど、実はうどんげちゃんの出身の月世界の「電磁波」の技術を応用したもので、
人の耳には聞こえないけど鼠の耳には入ってしまう特殊な音波を出すことによって、鼠がその置物から一定範囲には
立ち寄らないものにするというものなのです。
(あれれ・・? そうなるとこの置物がある所には、ナズーリンは近づくのを嫌がるという事になるのかな・・?)
そうですね・・・
うどけんげちゃんの意図としては
「あの困った妖怪は薬に対してあんまりいい顔をしていないようだから、そんだったら薬じゃなくて
鼠よけという置物なら別に問題ないじゃん! 私、あったまいいーーーっ!」と思っていたのかもしれないですよね・・(笑)
この置物は、幻想郷の人里内でも口コミで評判となっていたものの、
「それを売っているのが何か怪しい妖怪」という噂を霊夢や魔理沙が聞きつけ、調査に乗り込んだのが魔理沙でして、
人間の姿に化けて、薬や置物を行商していたうどんげちゃんを発見し、追い掛け回してたあのシーンは
とにかくとっても面白かったです!
うどんげちゃんは「 ダッと 」のごとく逃亡したものの、あえなく魔理沙によって「御用!」となってしまい、
そこで隠していた耳が露わになって、その怪しい行商人の正体がうどんげちゃんと判明したものでした!
「そりゃ逃げるわよ 暴徒が襲いかかってきたら 」と魔理沙に対して述べていましたけど、臆病な気があるうどんげちゃん
としては自然な反応なのかもしれないですよね。

このシーンのうどんげちゃんの格好は、俗に「鈴奈庵優曇華」とも言われているようでして、
甚平のようなラフな着物を着て長い耳と髪を編み笠で隠し周囲の人間に溶け込むような男性的な恰好が
とても印象的でしたし、とても可愛かったです!
あの長い髪や耳を編み笠に隠していて、それがほどけた状態のうどんげちゃんは、とてつもなく可愛かったですね!

うどんげちゃんは、人里の外と思しき場所まで逃げに逃げ、人気のない場所で追いかけてきた魔理沙とともに
息を切らしつつ座り込み、魔理沙に持参の竹製と思われる水筒の水を分け与えつつ
この行商の意図について語っていたシーンは、まさにうどんげちゃんとしての「覚悟」とか
「永琳様に対して私が出来る事」を示唆する場面でもあり、とても素敵な場面だったと思います。

ちなみにですけど、その置物は永琳様の手を借りずにうどんげちゃん自身が開発した自信作との事です!

これは「 地上の民として暮らす 」という永琳様の覚悟と決意をうどんげちゃんなりに実践したものと
言っても過言ではないですし、そうした主体性が出てきたというのは、まさにうどんげちゃんの「大きな成長」
なのだと思います!

そうそう、この「鈴奈庵」の話の中で、最後のコマで、永琳様から
「私に内緒で勝手な事をして・・!」みたいな感じで怒られて、耳を引っ張られてお仕置きされているうどんげちゃんが
いましたけど、永琳様の目は完全に笑っていましたね!

あれは・・・・

「私のために実はこんなに頑張ってくれたうどんげ! ありがとう!!」と本当は言いたかったのかもしれないですし、
そうした成長を見せてくれたうどんげが実は嬉しくて嬉しくて仕方が無いという
永琳様の気持ちも感じられたものでした!
ではなんでそんなお仕置きなんか表面的にしたかというと、ゆかりんはカラスとか藍を使って永遠亭のスパイ活動も
されているようですので、
ゆかりんの視線を気にされる永琳様も実は潜んでいた・・と言えるのかもしれないですね。



tewi-2014-011_convert_20141126153542.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の妖怪兎・因幡てゐを描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんです!!

ちなみにですけど、この素敵なてゐのイラストは2014年11月にアミグリさんが描かれたものです。

二次創作においては、よく永琳様が弟子のうどんげちゃんにお説教しているとか無茶振りをされているとか、
永琳様が開発された「新薬」の人体実験・・・じゃない妖獣実験をうどんげちゃんに対して行っているとか、
例えば永琳様がうどんげちゃんに対して設定した「販売ノルマ」の未達時とかなにかポカをしてしまった際とかの
永琳様がうどんげちゃんにお仕置きを何かやらかしてしまうみたいな事が描かれることが結構多いと
思うのですけど、
そうですね・・それは「東方儚月抄」の漫画版と同時期に出されていた公式四コマ漫画の
「月のイナバと地上の因幡」の影響が多少はあるのかも・・・?
確かにあの漫画における永琳様の笑顔のうどんげちゃんに対する無茶振りとお仕置き(?)なんかは、
画風とストーリーが大変ほのぼのとしているせいもあるかとは思うのですけど、なんか笑ってしまうものが多かったです!

だけどあの四コマ漫画におけるてゐの「チクリ」とかうどんげちゃんに対するイタズラ振りや策略振りは
すさまじいものがありましたね・・(笑・・)
一例ですけど「今日は疲れちゃった・・」みたいな事を言われている永琳様に対して、
うどんげちゃんは「今日はもう早めにお休みください」と優しい言葉をかけているのに、うどんげちゃんの背後にいた
てゐがうどんげちゃんの声色を真似して
「もうお若くはないのですから・・」と呟き、永琳様からとてつもなく冷たい視線を浴びていて固まっているうどんげちゃんと
それをほくそ笑んでいるてゐがとてつもなく楽しかったです。

東方の世界においては、よく「東方五大老」みたいな表現で、永琳様・ゆかりん・ゆゆ様・聖白蓮・八坂神奈子が
「ご年配キャラ」(?)みたいな大変失礼な言い方をされてしまう事も多々あったりするのですけど(笑・・)
そうしたとてつもなくご長寿の皆様も、とにかくお綺麗でお美しいのは素敵すぎます!
そんな中、因幡てゐは元ネタが日本の神話の世界の「因幡の白兎」でもありまして、おそらくですけど、
八坂神奈子・白蓮さんよりもはるかに年上というのはほぼ定説になっているのかな・・?
一説においては、東方の世界では永琳様に続いて二番目に御年を重ねられているのは実はこのてゐであるとも
言われてもいたりします。
だけどそうしたとてつもなく長生きをしたこの妖怪兎のてゐですらも、東方ではとてつもなく「ロリ可愛いキャラ」に
なってしまうのは、凄い話ですよね!
東方においては、てゐは実は陰では「とてつもないロリ婆さん兎」とすら言われてもいるようですね・・・(笑)

だけど、てゐはとにかく可愛いからそれはされでOKだと思います! (笑・・)

多少・・御性格がトラブルメーカーの傾向があったり、うどんげちゃんに対するチクリを日常茶飯事的に
行ったりもするのも、そうですね・・てゐのうどんげちゃんに対する「愛情」の裏返しなのかもしれないですよね!

そうした中、アミグリさんが描かれたこのてゐはとてつもなく可愛いロリ兎ちゃんだと思います!
ピンクのドレスがてゐにとてもよく似合っていると思いますし、背景のうさぎちゃんがまたまた可愛いですね!
てゐの髪飾りと首飾りが「ニンジン」をあしらっているのもさりげない演出ですけど心憎いと思います。
なんかこんな可愛いてゐを見ていると、
「あれれ・・本当にこんな可愛い妖怪ウサギちゃんがうどんげちゃんに対するチクリを入れているのかな・・?」
みたいにも感じさせてくれているとも思います。
てゐの能力として「人間を幸福にする程度の能力」がありますけど、アミグリさんが描かれるてゐは、まさに
こうしたてゐらしい「幸せをもたらすうさぎちゃん」そのものであり、とっても可愛いですね!!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

最後に・・・アミグリさんと言うと、当ブログでも何度かアミグリさんの創作オリジナルイラストを転載させて
頂きましたが、その中の一つの「シャボン玉」というオリジナルは、
まさにこうした素敵な「うさ耳ちゃん」でもあります!
このシャボン玉がとにかくとっても可愛くて素晴らしくて、私はこの「シャボン玉」も大好きです!
何度か転載をさせて頂きました「flower」も素敵ですけど、この「シャボン玉」も本当に素晴らしい作品だと思いますし、
再度下記に転載をさせて頂きますので、ご覧になって頂けるととっても嬉しいです!



syabondama02_convert_20130414170037.png


この「シャボン玉」も素敵な名作オリジナル創作作品だと思います!

私はこの作品も大好きです!!

ちなみにですけど、うさ耳じゃなくて猫耳関連ですけど、アミグリさんが2013年4月に描かれた 猫耳咲夜さん も
とっても可愛いです!!
スポンサーサイト



ちなみにですけど・・・・

この記事をもって「吹奏楽カテゴリ」記事が累計800記事に到達いたしました!!

今年の7月にプリキュアカテゴリが累計1000記事に到達していましたので、
うーーむ、自分で言うのも何ですけど、私・・・意外と(?)吹奏楽記事も書きまくっていたのですね! (笑)
最近の当ブログは、プリキュアというよりは完全に「東方」がメインになってしまっていますけど、
そうした中、吹奏楽関連記事も、これからもどんどん書いていくつもりですし、
正直、吹奏楽記事は「無限」にネタがありますので、こちらのカテゴリも今後とも宜しくお願いいたします!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クリフトン=ウィリアムズというと、1960年代~70年代にかけて日本の吹奏楽コンクールにおいては、
ほぼ毎年取り上げられるかなりの人気作曲家だったと思います。
その中でも特に、

〇ファンファーレとアレグロ

〇交響組曲

〇ザ・シンフォニアンズ

以上の3曲は古典的名曲だと思いますけど、最近のコンクールではほとんど演奏されないのはとっても残念ですね。
「ファンファーレとアレグロ」の冒頭のサウンドの鮮烈さはまさに「あざやか!」とか「とてつもないインパクト!」としか
言いようが無い「強烈さ」はあると思います。
まさにあれは「パンチが効いた」という言葉がぴったりだと思います。

個人的には、C・ウィリアムスというと、やはり忘れちゃいけない作品は交響的舞曲第3番「フィエスタ!」だと思います。
この曲、今現在の感覚で聴いても新鮮な感覚に溢れていて、
躍動感・リズムの切れ・楽しさは「名曲」の名に恥じないと思います。
前述の通り「ファンファーレとアレグロ」の冒頭もそうでしたけど、
いきなり金管楽器のファンファーレ的コラールで開始され、
その後打楽器(というかマラカス)だけの演奏になったかと思うと、
突然展開部が開始され、ラテン系リズムがゆるやかに楽しく展開されていきます。
コルネットのソロも素晴らしい・・・!! あのラテン系のノリの良さは、リードの「エル・カミーノ・レアル」の世界を
彷彿とさせてくれていると感じます。
曲としては、リズミカルな部分と情緒たっぷりの歌の部分が交互に繰り返され、ラストになだれ込んでいきます。
ラストのトロンボーン奏者によるグリッサンドがこれまた圧巻!!

いやー、聴いていて飽きることのない素晴らしい作品だと思います!

実は最近まで知らなかったのですけど、
この曲の原曲は実は実は管弦楽曲だったのですね・・・
オーケストラのための交響的舞曲というタイトルらしいのですが、
吹奏楽による「交響的舞曲第3番 フィエスタ!」は、管弦楽版による原曲の第三曲を吹奏楽用にアレンジしたとの事です。
何となくですけど、原曲版なんかは一度どんな感じの曲なのか聴いてみたい感じもしますし、
合計五曲あるというこのシリーズの中で、他の四曲がどんな曲なのかという事も興味はありますね。
一度なのですけど、上野の東京文化会館の音楽資料室等でウィリアムズの管弦楽版の「交響的舞曲」の音源とかスコアが
無いかを調べに行った事がありましたけど、確かその際は「該当なし」という回答がなされていたような
記憶があります。

この曲は最近の吹奏楽コンクールでもたまにですけど耳にする事もあります。
こうした古典的名曲が現在でもしっかりと受け継がれている事は本当に嬉しく思いますね!

この曲のコンクールでの名演と言うと
1977年の瑞穂青少年吹奏楽団に尽きると思います。
いや、あの演奏は本当に素晴らしい・・・!!
演奏がほぼノーミスだし、リズムの切れ・コルネットの音色・躍動感・たっぷりとした歌い方
どれをとっても文句のつけようがない素晴らしい演奏です。
電電中国【現・NTT西日本】も佐藤先生は、二回この曲を取り上げていましたね。
佐藤氏は1988年にも同じ作曲家の交響組曲を取り上げていましたので
余程C・ウィリアムスが好きだったのかもしれませんよね。

CDで聴くならば
ダン指揮/ダラスWO とか山下一史/東京佼成がいいと思うのですけど、私としては決してこの二つのプロの演奏が
「決定打」とは思っていません。
あの瑞穂青少年を超えてはいないと感じるだけに、この曲の更なる名演が今後出てくる事を大いに期待したいと
思います。

話は全然違うのですけどむかーし1984年のBJを眺めていると、東京都大会・高校の部予選会にて、
とある学校がこの交響的舞曲第3番を演奏し、規定違反により失格となったと記されていましたが
その規定違反とは何かと言うと
冒頭の打楽器(マラカス)だけの場面で、指揮者も奏者と一緒にマラカスを振ったからという理由との事です。
吹奏楽連盟の規定では、確かに

〇指揮者は課題曲・自由曲共に同じでないといけない

〇指揮者は演奏中は、楽器を演奏してはいけない

等の細かい規定がありますが、記事によると事前に
「指揮者が瞬間的に奏者と一緒にマラカスを振っても大丈夫か」という問い合わせをした上で
確認を取った上での失格という事でしたけど、
これがホントなら少し気の毒な感じはしますよね・・・

規定をよく見てみると、
指揮者がいなくても演奏可能とも書かれています。
実際私が知る限りでは、
指揮者なしでの演奏と言うと、1988年の天童市役所音楽隊の演奏が記憶に残っています。
あの演奏は私も生で聴きましたけど、課題曲・自由曲共に出だしだけ指揮者の阿部氏がタクトを振り
それ以外は指揮者も奏者として加わっていました。

プロのオケの場合、たまにですけど
ピアノ協奏曲の際、指揮者が独奏ソリストを務めながら同時に指揮を振るという事も
たまにあったりもします。
N響の定期演奏会でも、モーツアルトやラヴェルのピアノ協奏曲の際に、プレヴィンとかアシュケナージが
そうした事をやっていたと記憶していますけど、あれはかなり大変だと思いますね・・
さすがに吹奏楽コンクールにおいては、そうした規定もありますので、指揮者がソリストを兼任というのはありえない話
になってしまいますよね・・(笑)

 | BLOG TOP |