FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


私は「東方Project」の世界の中では、本当にマジで冗談抜きで八雲紫様=ゆかりんが
大好きです!
も――――、「ゆかりん最高!! 紫様、結婚して―――!! ゆかりん愛しているよ!!」と叫びたい気持ちで一杯です!

紫様はある意味、幻想郷最大のヒロインといっても差し支えは無いと思います。
(厳密に言うと、霊夢とのダブルヒロインという感じなのかな?)
本人は確かに面倒くさがり屋で寝てばっかりいて冬眠はしてしまうし、何よりも・・・幽々子(ゆゆ様)同様に
つかみどころがないキャラでもあり多少胡散くさくはあるのですけど
この紫様ほど「幻想郷」を愛している人はいないのかな・・・と感じる事も多々あったりもします。
特に、博麗神社を倒壊させてしまったりその歴史を改変させようとした天子をボコボコにやっつけて成敗した時の
ゆかりんのあの怒りに満ちた表情はまさに「鬼!」そのものでしたし、
「博麗神社はわたしのものっ!」と凄まじい迫力で言った際とか
三月精における「ちょっといいかしら・・」のあの威圧感は素晴らしかったです!

ゆかりん=紫様というと、「妖艶な成人女性」とか「大人っぽい」とか「ミステリアスな雰囲気」というイメージが
とっても強いですし、幻想郷最大の賢者&ヒロインという香りも強いのですけど、
時折見せられるあのいかにも素敵なレディーのような「可愛らしさ」もあったりして、本当に魅力が尽きない御方だと
思います!!

やっぱり、ゆかりんは最高ですよね!!

ゆかりんの式神は藍なのですけど、そうですね・・もしも私が生まれ変わって幻想郷に輪廻転生出来たとしたら、
私は藍になりたいです!
ゆかりんだったら、少しぐらいお仕置きされてもいいのかも・・・? (笑・・)

さてさて、可愛い仕様でお馴染みのねんどろいどですけど、グッドスマイルカンパニーから
とっても可愛くて素敵なゆかりんもご登場されています!



邏ォ_convert_20161021121548



上記の八雲紫=ゆかりんの商品概要を書かせて頂きますと・・・

商品名 : ねんどろいど 八雲紫
メーカー : グッドスマイルカンパニー
カテゴリー : ねんどろいど
価格 : 3,889円 +税
発売時期 : 2015年5月
全高: 約10cm
原型制作 : JUN(E.V.)

ゆかりんは、幻想郷最古参の妖怪にして最強の妖怪の一人なのですけど、
このねんどろいど版のゆかりんはとっても可愛いですね!
表情パーツは「通常顔」、ミステリアスな「不敵笑顔」、「ウインク顔」がセットされていますが、
ウインク顔はとっても可愛いし、不敵笑顔はどことなくふてぶてしさすら感じさせてもくれますね!
このねんどろいど仕様は、例えば霊夢・早苗さん・妖夢・こいしちゃんなどに代表されるようにどのキャラも
とにかくとっても可愛くかわいく仕上げられている中で、ゆかりんだけは
「ふてぶてしさ」とか「不敵さ」が伝わってくるのは、さすが幻想郷最強のスキマ妖怪様のなせる業ですね!
オプションパーツには、「扇子」、「傘」のほか、空間の裂け目である「スキマ」パーツ、
さらに漂流物の「道路標識」も付属されていますので、
遊ばせ方によっては、ゆかりんならではの神出鬼没な様子も再現できると思います。



邏ォ讒論convert_20161021121612



オプションとして曲げ腕と扇子が付属されているのですけど、
ゆかりんが扇子で口元を隠されると胡散臭さもなんとなくですけど増していくような感じも
ありますね・・・(笑)

こいしちゃんのウインクは無条件で「可愛い!」と叫びたくなってしまいますけど
ゆかりんのウインクは・・・「何か裏があるのかも・・・・!?」となんか思わず判断に迷ってしまいそうな
ある意味「怖さ」があるのかも・・・?

だけど、そうした威圧感とか怖さとか胡散臭さも紫様の素敵な持ち味なのだと思います!



繧・°繧垣convert_20161021121446



曲げ腕は左腕分も右腕分も両方付属されています。

ほっぺに手を当てるゆかりんのお姿は・・・・やはり少し胡散くさいのかもしれないですけど(?)
一見して「何を考えているのかよく分からない・・」という雰囲気こそが
まさにゆかりんそのものなのだと思います!

やっぱり、ゆかりんは本当に魅力溢れるキャラですね! 私はそんなゆかりん=八雲紫様が大好きです!!




繧・°繧翫s_convert_20161021121511


ゆかりん交換パーツ



このねんどろいどのゆかりんには面白い遊びが出来るパーツが付属されているのが
とっても素敵ですよね!

一見見てみると、ゆかりんの上半身だけ姿を現していて下半身は行方不明・・・・とか
または、とある場所すら別の場所へ空間移動する瞬間のゆかりんといったイメージを具現化した
とっても面白い試みだと思います。

スキマから体をのぞかせるための交換用ボディパーツが付属されているのは、このためなんですね!



紫交換



交換用ボディパーツに頭と腕を付け替えることで、このようにスキマから上半身だけのぞかせた姿を
再現することが出来ます!
だけど・・・もしもなのですけど、外界にいる私達の居住空間に、ある日突然このゆかりんが
外界と幻想郷の二つの世界の境界のスキマから
顔だけひょこっとお出しになったとしたら・・・
相当おっかないものはありそうなのかもですね・・・(笑)
そう言えば三月精においては、唐突に隙間からその姿を現されたゆかりんから声を掛けられた
あの光の三妖精たちは相当ビビっていましたよね! (笑・・)



蜈ォ髮イ邏ォ_convert_20161021121636



あれれ・・・? なんかZUN帽を脱がれたゆかりんは、何となくですけど
少し魔理沙に似ているような気も・・・?

そうですね・・・このZUN帽を脱がれたゆかりんは、ゆかりんのコスプレをしている魔理沙のようにも
見えたりして・・・・!?



ゆかりん大好き



スキマ妖怪として、外界に存在している「道路標識」なんかもまるで魔理沙みたいな感覚で(?)
盗まれてきたものなのかもしれないですね・・・(笑)
そう言えばゆかりんは「三月精」において、霊夢の博麗神社のお賽銭箱に「2000円札」を奉納されていましたけど、
あの珍しいお札も外界から盗まれてきたものなのかも・・・??

ゆかりん=八雲紫様は、別名「境界の妖怪」とか「スキマ妖怪」とか呼ばれていて、
要は・・・神出鬼没と言う言葉がぴったりとくるかのように、どんな場所から場所へと瞬間移動が可能で
または手とか足とか体の部分だけを別の空間に出没させることも可能という凄まじい能力もお持ちの御方です・・・
境界の能力で明治時代に「博麗大結界」を張られ戦国時代に「幻と実体の境界」を張られ、
いわば二重結界を張り、幻想郷を異世界として完成させられた幻想郷最大のヒロインなのです!
同時に霊夢と並んで東方の世界の最重要人物のお一人なのだと言えると思います。
そしてこの能力は、幻想郷内に留まらず、
幻想郷内と外界とか地上と月界とか幻想郷内と冥界とか地上と地下奥深くの旧地獄とか
はたまた・・・現実と夢とか
現実の見た目の世界と絵画の中とか、とにかく紫様の「境界」というのはほぼ無限大という感じてもありますから、
まさに無敵といっても過言ではないとてつもなく圧倒的な強さと力を有している妖怪なのだと思います。

そんな訳で、八雲紫様は、基本的には、「妖艶な成人女性」とか「大人っぽい」とか「ミステリアスな雰囲気」という
イメージの方が絶対にしっくりくると思います。
「少しおっかない・・」とか「威厳」とか「偉容」を感じさせる雰囲気の方がゆかりんらしくて、
いかにも幻想郷の賢者とか知恵袋とかヒロインみたいな「強さ」をイメージさせるものだと思います。

だけど、こうしたねんどろいど仕様のゆかりんもとっても素敵ですね! こんな可愛いゆかりんフィギュアは
とっても貴重だと思います。

やっぱり、ゆかりんは最高ですね!!




miniyukarin_convert_20130524170451.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

今回のゆかりんのイラストについては、アミグリさんのかなり初期の頃の作品と2013年の作品の
素晴らしい2枚の作品を皆様にご紹介させて頂きたいと思います。

まず一枚目なのですけど、こちらは2013年5月に描かれた少しデフォルメ化されたとっても可愛いゆかりんです!

この雰囲気は、上記のねんどろいど仕様みたいな「可愛らしさ」に溢れていますよね!

アミグリさんのイラストにはたまにですけど、こうしたデフォルメ化されたキャラのイラストを描かれることもあるのですが、
これがとっても可愛い作品が多いと思います。
その中でもこのゆかりんは特に際立ったデフォルメ化された可愛らしさに溢れていますね!
上記のねんどろいどのウインクゆかりんは少し不敵な香りも漂っていますけど、アミグリさんのこの
デフォルメゆかりんのウインクは、まさに「可愛い!」以外の言葉が出てこないですね!

なんかこういうちびっこそうで可愛いゆかりんに対して思わず「このこのぉーーーーっ」とか言って指で
ツンツンしたくなってしまいそうな可愛らしさがありますね! (笑)




yukarin_convert_20091120163715.png



続きまして2枚目のイラストは、2009年9月に描かれたアミグリさんのかなり初期の頃の作品です!

このゆかりんもとっても素敵です!

アミグリさんにしては少し珍しいポーズで、体育座りしたみたいなゆかりんがとっても可愛いのですけど
同時に「ほのかなお色気」も漂っていて、まさに可愛さとお色気が見事に調和された素敵な作品だと
思います!
そうですね・・こんな可愛いゆかりんがちょっと大胆に(?)体育座りをされていて、少しその素敵な両足を
広げられていると、思わず「ちょっと横に座っていいですか・・?」みたいにお願いして
そのまんまこの可愛いゆかりんの隣で一緒に他愛もないおしゃべりを一緒に楽しみたい!みたいな脳内妄想が
湧き起こってしまうような素敵なゆかりんだと思います!

あー――、やっぱりゆかりんは最高ですね!

そしてそうしたゆかりんの魅力をこうした形で素敵に私たちにちゃんと伝えているアミグリさんの「絵師様としての腕」に
改めて惚れ惚れしちゃいそう・・と思ってしまいます!

上記のこの素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので
くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

最後に・・・アミグリさんが過去に描かれたこうしたデフォルメ作品の中にも本当に魅力的な作品が
幾つもあります。
その中では、このフランちゃんがとっても可愛いと思います!

このデフォルメフランちゃんはこちらからご覧ください → でふぉるめふらんちゃん

そしてこのチルノもとっても可愛いですね!

このデフォルメチルノはこちらからご覧ください → きゃわわわわわ

これからもこうした可愛いデフォルメ絵もたまーには描いて頂ければ嬉しいものがありますね!
(最近のデフォルメお燐ちゃんも可愛かったですね!)
スポンサーサイト



クラシック音楽の世界では「ロメオとジュリエット」を題材にした曲と言うと
ベルリオーズの劇的交響曲「ロメオとジュリエット」もそれなりに有名なのかなとは思うのですけど、
圧倒的な知名度を誇るのは、誰が何と言ってもプロコフィエフのバレエ音楽が一番なのだと思われます。
20世紀の名作バレエという評価は既に定着済だと思いますし、
世界各国のバレエ団が日本上演をする際に、よくこの「ロメオとジュリエット」は上演されていますよね。

シェークスピア原作の戯曲は、ご存じの通り、悲劇的結末で終ってしまうのですけど、プロコフィエフの場合は、
何と・・・!!最初の構想の段階では、これを「ハッピーエンド」で終らせる構想を練っていたとの事です。
終幕でロメオが1分早く駆けつけジュリエットが生きていることに気付きハッピーエンドを迎える・・・・というもの
だったそうですけど、それではなぜプロコフィエフはあえてハッピーエンディングにしたのかその理由とは、
「生きているから踊れる・・・死んだら踊れない・・・」という理由との事です。
ちなみにプロコフィエフはこのバレエ音楽を作曲中に知人に書いた手紙の中で
「今、ジュリエットは第二幕の中を歩いています・・」という素敵な一文を記したというエピソードが残されているそうです。
さすがにこの有名な原作を曲解したハッピーエンディングはまずい・・・という事で、劇場サイドがプロフィエフに対して
「悲劇的結末もバレエと言う表現形態で十分表現・演出出来る・・」と説得し、
何とか原作通りの結末になったとのエピソードも残されています。

そうなんですよね!

やっぱり「ロメオとジュリエット」は若き青年と少女の「悲劇的な死」があるからこそ、その抒情性が光っているとも
思いますし、そうした「抒情性」とか「ロマンティックさ」を前面に出した香り高き作品こそが
今回取り上げさせて頂きますチャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」です!

この曲は「序曲」というタイトルが付いているのですけど、印象としては「交響詩」みたいな感じがいたします。
演奏時間が20分程度ですし、曲としては「かなり長い・・」みたいな印象もあります。
だけどこの20分の曲の中に、荘厳なコラール・愛のテーマ・諍い・人間の死・甘美さ・せつなさ・激しさなど
とにかく色々な要素が「これでもかっ!」とばかりに盛り込まれていて、
聴いていて飽きる事はありません。
20分の曲の中に「出会い→喧騒→愛の逃避行→死」のストーリーがギュギュッ・・と詰め込まれていて、
目を閉じてこの曲を聴いているとシェークスピアのあの誇り高き戯曲の様々な名場面が浮かんでくるような感じすらあります。
特に素晴らしいのが冒頭のクラリネットをメインとする荘厳なコラールと中間部の「愛のテーマ」だと
思います。
そして特に特に中間部の「愛のテーマ」の盛り上がりとかまさに「ロマンティックが延々と続いていく・・」みたいな
香り高き抒情性が素晴らしすぎます!
そしてラストのティンバニのロールを背景にした金管を中心としたコラール風なエンディングも
「哀しい死」ではなくて「天国で二人は幸せに結ばれる・・」みたいな何か一つの「救い」が示唆されているようにも
感じられ、とっても素敵だと思います。
それと個人的な印象ですけど、前半とか後半の展開部で登場する「シンバル」の凄まじい連打に次ぐ連打のあの迫力は
圧倒されるものもあったりします。

昔なのですけど、「もしも自分が死んだら・・」と考えた際に、
「自分の葬式では、焼香とか参列者退場の際のBGMとして最適な曲はチャイコフスキーの幻想序曲・ロメオとジュリエットが
相応しいのかもしれない。
この曲には、人の出会い・愛・諍い・運命の皮肉さ・荘厳な死といった人間の一生みたいなものが
凝縮されているし、あの中間部の愛のテーマの感動性とかラストの救いみたいな感じとか
全体を貫く透明感と荘厳さは、まさに告別式の雰囲気にぴったりなのかも・・」と考えた事もあったほとです・・(笑)

チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」は、交響曲第一番と第二番の間に作曲された
比較的初期の作品なのですけど、とても若い頃の作品とは思えない完成度は既にあると思いますし、
私自身もチャイコフスキーの作品としては大好きな曲の一つです。
なお、チャイコフスキーはこの曲以外にシェイクスピアを題材とした曲として、幻想曲「テンペスト」、
幻想的序曲「ハムレット」を作曲しています。
但しテンペストもハムレットも中々実演されない大変マイナーな作品です。
(ちなみに私自身は、チャイコフスキーで特に大好きな曲は、交響曲第5番とバレエ組曲「眠りの森の美女」です!
そして・・これは既に「響け! ユーフォニアムカテゴリ」で書いたことでもあるのですけど、
私自身がトラウマを感じてしまうチャイコフスキーの曲は、スラブ行進曲です・・・)

この幻想序曲なのですけど、シェイクスピアの原作から主に3つのテーマに絞って書かれています。

1.ローレンス修道士を表す宗教的で荘厳な序奏部
2.モンタギュー家とキュピレット家の争いを描写する第一主題
3.バルコニーのシーンに代表されるロメオとジュリエットの愛の場面を美しくまた悲しく歌う第二主題

前述の通り、1の冒頭場面のクラリネットをメインとする木管のコラールは神々しいですし、
2の激しさ・・特にシンバルの連打は大変印象的ですし、3の「愛のテーマ」の美しさ・ロマンティックは
まさに「この世のものとは思えない美しさ」があると思います。

それと・・・専門的な事を一言書くと、標題音楽でありながらソナタ形式を取っていて、
構成面でもひきしまった作品になっている点は「すごいな・・」と感心してしまいます。

この曲をCDで聴く場合、私が特に特にお勧めしたいのは、バーンスタイン指揮/ニューヨークフィルの演奏です!
この演奏はすごい・・すごすぎると思います。
(特に冒頭のクラリネットの音色はこの世のものとは思えないです・・中間部も大変美しいですし、聴き方によっては
退廃的なものすら感じさせています)

最後に・・・この曲は何度か吹奏楽コンクール・全国大会でも演奏されているのですけど、
その中では1986年の下松高校の演奏は、結果的に銅賞なのですけど、
私個人としてはこの銅賞と言う結果は少し納得いかないものがあり、
演奏が「厳しい雰囲気の中に温かい心が伝わってくる」という素敵な演奏だったと思います。
抜きんでた技術とか圧倒的なサウンドを持っている訳でもなく、印象としては普通の先生と普通の生徒たちが、
普段の練習を精一杯頑張り、手作りの音楽を普門館でも誠実に発揮したという感じなのですけど、
この「普通さ」が結果的に実に新鮮と言うのか、「音楽が誠実・実直、素直」というプラスの要素を生んだような気もします。

 | BLOG TOP |