FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


あやや=射命丸文は天狗というのか「鴉天狗」という事で天狗社会の中では報道部隊に
属しています。
早苗さんじゃないですけど、常識と言うものがほとんど通用しない幻想郷において、どの妖怪たちもかなり自由に
行動して、特に妖怪全体を規律するルールとか人間社会で言う所の「支配者階級」が存在しないこの幻想郷においては、
こうした天狗社会のような「上下関係の規律が厳しく、種族ごとによって役割分担が明確に定められている」というのは
極めて珍しい種族であると思われます。
阿求ちゃん編の「東方求聞口授」においても、外界からやってきた八坂神奈子とか数千年の眠りから目覚めた神子は、
「自分達がイメージしている天狗とは随分とかけ離れていて、この幻想郷という外界と隔離された社会において
独自の驚異的な進化を遂げ、部分的に現代の人間文化すら超越している高度な文明を有している」とか
「幻想郷に支配者階級とか王族などが存在しないのは極めて興味深い」などと指摘をしています。
そうですね・・「幻想郷」というのは、もしかしたら例えて言うと「日本の携帯電話だけが世界の主流商品から一人分離して
独自の進化を遂げたガルパコス化した」ようなものなのかもしれないですね・・・(笑)

天狗や河童等様々な妖怪たちが暮らす「妖怪の山」において、天狗の前にこの妖怪の山を実質的に支配していたのが
「鬼」という種族なのですけど、
なぜか鬼たちは、幻想郷のこうしたルールに馴染めず、刺激とか戦いとか血の香りを求めて
地底深く潜ってしまいいわば妖怪の山を去ってしまいます。
(そうした中、そんな幻想郷の暮らしに溶け込んでしまっているのがあの萃香と言えるのかもしれないですね・・・)
そして元々鬼たちが被支配階層に課していた規律とかルールとか役割分担をそっくりそのまんま受け継ぐ形で
妖怪の山を実質的に支配・管理をしているのがこの「天狗」という種族に該当する訳です。

そしてこの「天狗」全体の傾向をおさらいしてみると・・・

〇天狗は強い力を持つが、その力を見せびらかすことはない

〇 身体能力も妖術能力も、幻想郷のどの妖怪にも引けを取らない強さを誇る

〇スピードも匹敵する妖怪は吸血鬼くらいという高速

〇とてつもない酒豪でも挨拶程度に一斗のお酒を空にしてしまう

〇天狗社会が全体として高度な文明を有し、種族による役割分担が明確に定められている。そして人間をはるかに凌ぐ
  高度な知性を有している

〇仲間意識が大変高く、仲間がやられると他の仲間がすぐに駆けつけ、やっつけた相手と敵対する。そして、
  妖怪の山に侵入者が現れると、すぐに排除に当たる

〇天狗の長である天魔は、神に近い力を持つ、天狗の中には神として信仰されているものもいる

そういった特徴があると思われます。

東方文花帖における萃香とあややの会話の一部に、そうした点が示唆されていると思います。

萃香: 「天狗は昔っから強い者には下手に出て、弱い者には強気に出る。
     本当はもの凄く強い癖に適度に手を抜く、頭が切れる筈なのに惚ける。本当、やたらと狡猾だなぁ。」
 文: 「今の天狗はそこまで強くなくなったのですよ。今ではしがない情報屋みたいなもんです。」
萃香: 「何処まで本気かなぁ。」

確かに、腕力だけですと鬼には到底敵わないと思うのですけど、そうした点をカバーしているのが知性と組織力と
言えるのかもしれないですね。

私達が天狗に対して持つ勝手なイメージで言うと「風のよう・・」とか「単独行動で行動する」みたいなイメージも
あったと思うのですけど、幻想郷における天狗は、高い能力を各自が有しながらも
きちんと規律された社会の中でルールに従って生きているという感じなのが、まさに「常識に囚われてはいけない世界」
そのものなのだと思います。
あややの生真面目とか少し融通が利かないといった性格も、もしかしたらあややの基本パーソナリティーというよりも
天狗全体の気質と言った方がよいのかもしれないですね。

そうですね・・・これは私達の社会でもよくある話なのですけど、「一つの組織」が突出して他の組織・部門・部署などを
上回る優れた実績を出してしまうと、案外その「一つの組織」が閉鎖的になってしまい、
他部門の干渉を嫌うとか
まわりからの余計な口出しを嫌がるとか「身内」だけで人事を固めてしまうとか
「閉鎖社会」になりがちなのかもしれません。
そうした例に漏れず、実は幻想郷の天狗社会もかなりの閉鎖社会の様相を呈しているようで、
よそものが妖怪の山に入ろうとしただけで「部外者は立ち入るべからず!」と警備担当の天狗から追い出されたり、
それでも無理に入ろうとすると武装部隊が掛けつけてくるという感じなのかもしれません。
(そうした警備を担当している一人が、東方のキャラでも実は案外隠れファンが多いのではないか・・と
噂をされている犬走椛なのです!)
これは余談ですけど、そうした大変警備が厳しい妖怪の山に誰からも気づかれる事なく、この山を登り切った
こいしちゃんは・・・うーーむ、やっぱりある意味「化物」としか言いようがないですよね・・・(笑)
さすが、さとり様の妹は違うねぇ――!!という感じでもあります!!
実際、「東方風神録」にて、神奈子と諏訪子に会いに行こうとした霊夢の前にたちはだかったのが・・・、
そう! あやや・・・射命丸文だったのでした!
その②やその③でも書いた通り、天狗の報道部隊でもある鴉天狗たちは、各自が色々な新聞を発行しているようですけど、
永琳様の「学級新聞みたいなものね・・」のお言葉に示唆されるように、天狗の新聞は明らかに「内向き」であり、
そうですね・・・私達の社会に例えると身内用の「業界新聞」みたいなもんじゃないのかな・・・?と思ったりもします。
だけどあややの場合、その辺がひと味もふた味も違っているのが、やっぱりあややの魅力なんだと思います!
あややは、積極的に幻想郷内の妖怪・妖精・吸血鬼・幽霊・獣妖・人間達と積極的にコミュニケーションを図り、
内輪ウケの新聞ではなくて、例え一部ガセネタがあったとしても積極的に「種族の垣根を越えた情報発信」を
している点が本当に素晴らしいと思いますね!
それに最近では小鈴を恫喝して(?)i「人間版文々。新聞」を鈴奈庵やカフェ等に置かせて貰ったり
紅魔館からの大口契約に成功したりと、一定の利益を出している点もあややを評価すべきポイントじゃないのかな・・とも
思ったりもします。

さてさて・・先ほど天狗の「閉鎖性」について言及いたしましたけど、それを示唆していたのが
早苗さんが初登場してきた「東方風神録」におけるあややVS霊夢のバトルなのだと思われます。
そしてこの中であややの有名なあのセリフ・・、そう
「さあ、手加減してあげるから本気で掛かってきなさい!」が登場してくるのです!

文:あやややや。侵入者の報告で来てみれば、まさか貴方とは……。
霊夢:別にあんたら天狗に用事がある訳じゃないわ。どいてよ。
文:侵入者の報告を受けて何故か私が呼び出されたのよ。私はただの新聞記者なのにねぇ。
霊夢:何が言いたいの?
文:貴方の事を一番良く知っているのが私だから。貴方の相談事にも乗れるかもしれないって上司の粋な計らいね。
霊夢:さっきも言ったけど天狗には用事はないわ。山に居る神様に会いたいの。
文:山の神様? はは~ん、さてはあの神様の事かな?
霊夢:何か知ってるの?
文:最近、天狗も手を焼く神様が住み着いたのよ。どんどんと山を自分の物にしようとするし……。
   最近は麓にまで降りて信仰を集めようとしている、って言う話だし……。
霊夢:……信仰を集めている。きっと、そいつだわ。そいつに会いたいの。何処にいる?
文:調子に乗るようだったら、天狗達が倒すつもりだったので、貴方が行く必要はないわ。
霊夢:折角ここまで来たんだから、良いじゃないの。その神様の居る所まで連れて行ってよ。
文:でも、私は貴方を通す訳に行かないの。私があっさり通しちゃったら、見回り天狗達も納得がいかないからね。
霊夢:面倒な種族ね。天狗って。
文:組織に属するってのは自分の意思だけでは動けなくなるって事よ。
   さあ、手加減してあげるから本気で掛かってきなさい!
霊夢:手加減はありがたいけど……だったら通してくれれば良いのに。

文:まじめに戦った事って殆ど無かったけど、予想以上の強さだったわ。これなら、あの厄介な神様も倒せるかもね。
霊夢:さあ、その神様の所まで案内して!

この文と霊夢の会話は色々な意味で大変興味深いものがありますね!

そのポイントを整理してみると・・・・

1.あややは、霊夢の事を常に取材対象として意識していて、常に霊夢の動向を気に掛けていると思われます。
  「貴方の事を一番良く知っているのが私だから・・」という言葉がそれを裏付けしていると思います。
 そして霊夢というよりは、それは歴代の「博麗神社の巫女さん」もそんな感じで常に気に掛けていたという事になるのかな
 とも思います。
 それを示唆していたのが「東方儚月抄」におけるあややの
 「「そろそろ新しい巫女を捜さなきゃ行けない時期ってことか もう何度目になるのでしょう」という呟きなのかも
 しれませんね。
 博麗神社の歴代の巫女さんは霊夢のようにとてつもなく強い巫女さんもいたかもしれないし、妖怪にやっつけられて
 簡単に命を落した巫女さんだってもしかしたらいるかもしれないですし、
 あややはそうした歴代の巫女さんをじっと見守り続けていたと言えるのかもしれないですね。

2.あややは、一見自由に幻想郷内を取材しているように見えるけど、天狗の山全体に何か異変があった場合は
 「組織の一員」として対応に当たっているという事だと思いますし、
 あややの「組織に属するってのは自分の意思だけでは動けなくなるって事よ」という言葉は、
 まさに天狗社会は、まるでどっかの日本社会の会社の中の一場面みたいなやはり「組織の面倒さ」というものを
 感じさせてくれるものだと思います。

3.あややは本当は強い・・・だけどわざと負けた・・・という事なのだと思います。
  あややが霊夢の知り合いと言う事で、自警隊リーダーの大天狗に呼び出され、多分ですけど霊夢を追い出すように
  指示は受けていたのだと思います。
  ここであやや自身の策略もあり、
 「霊夢との関係はこれからも維持していきたいし、今回のこの異変を解決するにはむしろ霊夢を守矢神社に
 行かせた方がいいんじゃないの・・?
だけど私がここで戦闘もしないで霊夢を通過させると私の立場も悪くなってしまうから、一応戦うふりして
 わざと負けよう・・」と考えたのだと思われます。
 うーーむ、やっぱりあややの「洞察力」は素晴らしいものがありますよね!

そんなあややがやっぱり私は大好きです!

→射命丸文 その⑤へ続く・・・




kansei-sizuhasan_convert_20141001164643.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2014年10月に描かれた「秋静葉」です!!

ちなみに秋静葉とは、上記でちらっと話が出ていました「東方風神録」の1面にて妹の秋穣子と共に1面ボスとして
霊夢・魔理沙とバトルを繰り広げています。
この秋静葉と秋穣子は姉妹でして、東方では「秋姉妹」として親しまれています。
妹の穣子とともに幻想郷の秋を司る神の一柱であり、静葉は「紅葉の神」、妹の穣子は「豊穣の神」という事で祀られています。
存在自体が秋の風物詩そのものと言えると思います。
普段は、妹の穣子との二柱で幻想郷の秋を司っている通り、この秋姉妹ままさに「神様」そのものなのですけど、
この風神録では、最終的に霊夢は、早苗さんという現人神、そして神奈子と諏訪子というまさに現役バリバリの神様を
やっつけてしまいますから、戦闘力が極度に低いこの秋姉妹は、霊夢の敵ではないという感じでした。
ま・・・霊夢はあの通り異変とあればとにかく「やっつけろー」という感じで、神様が相手とかそんなの関係ありませんので、
神様と言えども「退治」の対象になってしまうのは、やっぱり霊夢らしい話ですよね・・・(笑)
ま・・早苗さんにしたって、この後の「東方星蓮船」においては、仏門に帰依したはずの寅丸星なんかも
「参ったか―」とやっつけてしまうので、ま・・・「お互い様・・」という感じですね・・・(笑)

秋静葉の衣装デザインはとっても美しくてまさに「秋の神様」に相応しいものがありますよね!

静葉のロングスカートは、裾に向かって赤色から黄色へと移り変わるグラデーションの生地をしていて、
その裾は、楓の葉を思わせるような形の切り欠きになっている。のがとっても印象的です。

そしてそして・・・我らがアミグリさんが描かれるこの秋静葉は、原作の立ち絵よりももっと精緻で手が込んでいる
印象があります。
立ち絵においては静葉の衣装は「ドレス」という感じなのですけど、
アミグリさんが描かれる静葉は、スカート全体が何かフリルっぽくなっているのは素晴らしいアレンジだと思います。
こちらの方がよりむしろ立ち絵よりも可愛く見えると思います。
そして全体的にまさに「秋の香り」が一枚の絵から素敵に漂っていると思いますし、
そこには「愁映」みたいな雰囲気・・・・紅葉した落ち葉がひらひらと舞ってきて、その落ち葉の上を人が
しゃりしゃりと音を立てながら歩いていく・・・・
なんかそんな風景を連想させる素晴らしい秋静葉だと思います。

静葉のこの透明感というのかこの「ひそやかさ」が私はとっても大好きです!!

そうそう・・静葉はとってもおとなしい性格ですけども妹の穣子の方は少し活発との事で、あややの評価では
「この子は少しキレやすい」との事です、
というか、あれは・・ダブルスボイラーにてあややが穣子を自分の写真の練習モデルとして安易にこき使っていたのが
原因なのかもしれないですね・・・(笑・・)


上記のこの素敵な秋静葉のイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

ちなみに・・アミグリさんが描かれた妹の秋穣子のイラストをご覧になりたい方はこちらからどうぞ! → 秋ですよー
スポンサーサイト



生演奏の管弦楽団の演奏会を聴きに行く時の醍醐味の一つは、ライブ感と共に
オーケストラの発する大音響の爽快さもあるのかな・・と感じる事もあったりします。
クラシック音楽というとどうしても世間的には「お堅い」とか「生真面目」みたいな印象を持たれがちなのですけど、
中には男気溢れる豪快な作品もあったりして、聴くだけで「日頃のストレス発散!」みたいな感じの曲も実はあったりもします。
楽譜のfffに対して、管弦楽団のメンバーが「俺も、オレも、僕も、私も、自分も・・」とバカ丸出し風に
音量だけを目標に演奏するのも確かにどんなものなのかな・・とも思う時もあるのですけど、
何か気持ちを奮い立たせたい時とか、元気になりたい時とか、自分自身に喝を入れるために
管弦楽の大音量の音楽を聴いて気分をスカッとさせるのも決して悪くはないと思います。

大音量の曲というと、お勧めしたい曲が二つほどあります。

1.組曲「惑星」よりⅠ.火星(G.ホルスト)

出たしこそややミステリアスに始まり、弦楽器の刻みに乗ってトロンボーンが不気味に
メロディーを奏でますが、ホルンの絶叫の雄叫び以降は、すさまじい大音響が待っています。
金管楽器のリズムの刻みや金管セクションのメロディーラインがまるで放送事故みたいな世界を繰り広げていき、
それに小太鼓やティンパニ奏者2名やドラのリズムセクションの暴力的響きが加わっていきますので、
これはまさに「魑魅魍魎」の世界なのかもしれません。


2.交響詩「ローマの松」~Ⅳ.アッピア街道の松(O.レスピーギ)

これは前半と後半の対比がすさまじいものがあります。
前半は、コールアングレのソロを中心に展開されていきますが、
バンダ(金管楽器の別動隊)が客席又は舞台端が加わって以降は、華麗なる音の響きを展開させていきます。
そして、大太鼓による連打以降は、全楽器がひたすら楽譜の「ffff」の頂点を極めるために爆演が続いていき、
火星以上の大音量が展開されていきます。

CDでこれらの曲の大音量・大音響を忠実に再現することは難しいものがあると思いますが、
それを具現化した奇跡のような演奏も存在します。
火星は、レヴァイン指揮のシカゴ響がお勧めです!
アッピア街道の松は、バティス指揮のロイヤルフィルが圧倒的に素晴らしい名演を聴かせてくれます。

だけど思うのですが、
結局「ff」の醍醐味は、それを際立たせる「pp」の存在があるからこそ引き立つと思うのです。
火星も、それ以降の水星と金星の静かな神秘的な響きがあるからこそ、火星と木星が引き立つわけで
アッピア街道の松も、前半の静かさがあるから後半の爆発の効果が発揮されると思うのです。

要は「対比」の大切さ
音楽は、すべてが「大音量」だけでは成り立たないし、
ppがあるからffが生きると思うのです。

それは「人の道」も同じことなのかな・・・??
楽しいだけでは駄目で、辛い事があったりするから、たとえ瞬間的であっても「楽しさ」が
引き立つという事なのかもしれないですよね。

そうですね・・・音楽のダイナミックスと言うのは決して「音量」だけではないと思うのです。
要は、静かな部分と壮大に豪快に咆哮して鳴り響く部分の「静と動の対比の落差」なのだと思います。
もう一つ一例を挙げるとストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」もそうした傾向があると思います。
この組曲は冒頭の序奏から「王女たちのロンド」あたりまでは、とにかくミステリアスで静かで美しい音楽が
延々と展開されていくのですけど、
「魔王カスチェイの凶悪な踊り」の場面に入ると、唐突に金管セクションのとてつもない大音量と
バスドラム・ティンパニ・シンバルによる打楽器の凶暴ですさまじい「ドスン!!」という打撃音から開始され、
それまでの「王女たちのロンド」との静けさとのあまりにも違いが前述の「とてつもない「ダイナミックスレンジの落差」を
呼び込んでいるのだと思います。
あの場面は、それまでの静かで美しい音楽を耳にしてウトウトし始めた聴衆のまさに眠りを覚ます
とてつもなく激しく暴力的な音楽であり、
あの「落差」はとにかくいつあの場面が始まってもゾクゾクさせられるものがありますね!

私自身のむかしむかしの話なのですけど、5月の連休中に
サントリーホール近辺をブラブラしていたら(→何ていう所を散策しているのでしょうね・・)
「当日券あります」の札があったので、曲目を見てみたら、
サン=サーンスの「動物の謝肉祭」・「火の鳥」とか書いてあったから、思わず当日券を買って入ってしまいました。

沼尻竜典さん指揮/新星日響だったと思いますが、
会場に入ってびっくりしました・・・
この日は「こどもの日、特別演奏会」という事で、小さな子供とその親たちばかりで
30過ぎの男が一人でノコノコ入れる雰囲気は全くありませんでした。
むしろ「こっ恥ずかしい」感で一杯でしたね(苦笑・・)

幼児用の演奏会ですので、演奏中も子供のはしゃぐ声が終始止まらない感じでしたが、
それはそれで仕方ないのかも・・・
何か貴重な経験だったと思いますし、幼児のみなさん達もそうやって物心が付く前からこんなクラシック音楽に
触れる機会が持てていた事はとても素晴らしい事なのだと思います。
沼尻さんと司会者の女の人の会話が何か面白かったのは今でも覚えています。
確か「指揮者のお仕事って儲かりまっか?」「ボチボチでんな!」というなぜか関西弁トークはとても楽しかったです!

動物の謝肉祭の「カッコー」では、クラリネット奏者が
カッコーのお面を付けて、舞台脇でライトアップされた状態で吹いていたのは何か印象に残っています。

でもこの日一番「なるほど」と思ったのは上記で書いた「火の鳥」でした。

前半は子供たちも退屈そうにしていましたが、例の「魔王カスチェイの凶悪な踊り」の部分で全体の「ドスン!」という
とてつもない強烈な音が鳴り響いた瞬間に、今まではしゃいでいた子供達が急にシーーンとなり、
ビクッとのけぞっていたようになったのは、さすが「ストラヴィンスキーのインパクト!」と感じたものでした!

帰りに、他の子供たちと同様にお土産のお菓子を係りの人から配られたのは、さすがに「トホホ」という感じでしたね(苦笑・・)

 | BLOG TOP |