FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


まず冒頭で申し上げたい事があります!!

私は、優子に謝罪したいです!!

第一期であまりにもド直球を放り込んできた挙句に、私がとにかく大好きで仕方が無い麗奈に
咬みついただけでなく、滝先生にまで「みんなが言っているんですよ! 先生が麗奈を贔屓したんじゃないかって!!」と
根拠のない流言を流し、優子の「香織先輩大好き!」という気持ちが逆に香織にみじめな思いをさせる結果に
なってしまったり等あの頃の優子は、まさに「バカリボン」という言葉が大変よくお似合いだったようにも
思えたものです。

しかし!!

第一期の例のオーディション以降、夏紀が株を上げまくってまさに「ストップ高!!」状態にまで上り詰めたのと同様に
第二期における優子の活躍というのか、第一期では考えられないような
その大人っぷりとかツンデレ振りとか意外と「全体の事を考えていたり周囲への配慮」が出来る気配りの人振りとか
まさに第二期における優子の株は上がりっ放しで、
第一期の夏紀同様、その株は毎週ストップ高を更新し続けているような印象すらあります!

そうですね・・・そういう優子を見てしまうと、私としては、そりゃ嫌でも
「優子!! 第一期ではあなたの事を毎回毎回バカリボン!と批判し続けていて申し訳なかった! すまん!!」と
謝罪したい気持ちで一杯であります!

とにかく私はこのブログにおいては、優子の事は金輪際「バカリボン」と呼ばない事を、ここに皆様に
お誓い申し上げますっ!! (笑・・)
それに・・優子は原作の上では、コンクール終了後には晴香部長の後を受け継いで「吹奏楽部・部長」に
就任したりもしています!







3b10f38d-s_convert_20161031193217.jpg



優子とみぞれの会話はまさに「圧巻」でした!!
とにかくあれはまさに「素晴らしき百合の世界」なのですけど、それ以上に優子の気持ちがストレートに描かれていて、
優子のこのまっすぐな気持ちが、みぞれの「固く閉ざされた心」をオープンにしたものだと思います!

私には希美しかいないから…拒絶されたら…

なんでそんな事言うの!? そしたら、みぞれにとって私は何なの!?

優子…私が可哀想だから優しくしてくれた。同情してくれた…

バカ!あんたマジでバカじゃないの!? 私でもいい加減キレるよ!! 何が好き好んで嫌いな奴と行動するのよ!!

部活だってそう!本当に希美の為だけに吹奏楽続けてきたの!? あれだけ練習して、コンクール目指して何もなかった!?

府大会で関西行きが決まって嬉しくなかった!?
私は嬉しかった!!頑張って良かった、努力は無駄じゃなかった!!
中学から引きずっていたものからやっと解放された気がした!みぞれは違う!?

嬉しかった…。でもそれと同じくらい、辞めていった子に申し訳なかった…喜んでいいのかなって・・

良いに決まってるじゃん。だから…笑って!!

今回の第4話は、この優子とみそせれのここの会話シーンだけでもう十分です! 正直他は何も必要ないかもです!!

これはまさに、優子の思いもよらぬファインプレーでみぞれの心がついに全面的に開放された!と言っても過言ではないと
思います!

さてさて、みぞれの「冷たい心」・「閉ざされた心」の原因と言うものは、中学の頃に遡り、そしてそれが決定的に
なったのは言うまでもなく「希美の退部」だったのです。
南中3年の時、部長だった希美を中心に頑張ったものの、結果的に県大会で銀賞に留まり、
お通夜状態の帰りのバスの中で、「みぞれ、高校では絶対に金取ろうね」と希美から言われたという背景があるのですけど、
そうした残念な審査結果だけでも、みぞりの心の傷になった上に、
バスの中で、高校でも一緒に金賞を目指そうと言ったのに、みぞれには何の相談も無く希美が部を辞めてしまったというのが
みそ゜れにとっては一番大きかったという事なのですね!
みぞれにしてみれば、自分を吹奏楽の世界に引きずり込んだ張本人が自分になんの一言の相談もなく
勝手に部を退部し、みぞれとしては、まさに「梯子を外されたような気持ち」だったのでしょうね。
そうした「なんで私に何にもいってくれないの・・?
希美は友達が一杯いるから、希美にとって私は大勢の中の一人なのかもしれないのに、
私にとっては・・希美こそが唯一絶対的な希望の灯だった!
だけど希美は私に何も言ってくれなかった・・
私は希美にとっては所詮はその他大勢みたいなものなの・・!?」という感覚だったのかもしれないですね!

なーーんだ! みぞれは実は寂しがり屋だったのですね!

そしてそこに希美が登場します!

私、何か気に障る事しちゃったかな? 私バカだからさぁ、なんか心当たりがないんだけど??

どうして話してくれなかったの…部活辞めた時…

だって必要なかったから

だって、みぞれ頑張ってたじゃん! 私が腐ってた時も…誰も練習してなくても1人で練習してた!

そんな人に、一緒に辞めようとか言える訳ないじゃん!

もしかして…仲間はずれにされたって思ってた?

違うよ!全然違うよ、そんなつもりじゃ!ごめんね…


そうですね・・・・「ごちそうさまでした!」としか言いようがないシーンでもあるのですけど、
希美は・・細かい事にこだわらない性格なのですね! 否! 違いますね・・・!
この鈍感さと廻りが見えないで突っ走る感じはまさに「愛乃めぐみ=キュアラブリー」そのものでしたね!! (笑)



e01a000e-s_convert_20161031193340.jpg



そうそう、この素晴らしき百合回の中で、実は「黒い」部分もあったりしたものでした・・・

何かと言うと、そう! 言うまでもなくあすかです!

みぞれが希美の姿を見たと同時に例のあのトラウマが蘇ってきて、みぞれはまさにパニック状態・・

それを見ていたあすかの「ちっ……最悪」という舌打ちはかなり強烈なものがありました!

ラスト近くのあすかのセリフもある意味怖すぎなのかも・・?

コンクール終わるまで引き離しておきたかったんだけどなぁ・・・

でもずるい性格してるよね、みぞれちゃんも。
みぞれちゃんが希美ちゃんに固執してるのって結局1人が怖いからでしょ?優子ちゃんは保険だね・・・

案外、人って打算的に動くものだと思うな・・・

うーーむ、私はあすか先輩に申し上げたいです!!

「いやいや、あなたが一番打算で動いていると思いますよっ!!」とね・・・

あすかは決して「本音」を語りません! その言動はまさに本音を建前でくるんだ「あいまいなもの」ばかり・・・

果たしてあすかの本音とは・・!?

そうですね・・その辺りは関西大会終了後に、あすかの「心の闇」として大きくクローズアップ
されていくのです。
そしてその時から、ま「次の曲、じゃない・・次の修羅場が始まっていくのです!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここから先は少し余談です・・・

さてさて、この回の冒頭で北宇治高校吹奏楽部の関西大会での出演順が発表されていましたけど、
いや―ー、後半の出番で本当に良かったですね!
吹奏楽コンクールにおいてはよく言われることなのですけど「朝一番のプログラム一番の演奏は不利」とか
「どうしても朝一番の演奏だと、音楽が十分に覚醒することなく終わってしまい、普段の練習の成果が
あまり発揮されないまま終わってしまう事がありがち」とか
「プログラム一番の演奏は傾向として審査が厳しくなりがち」とは
色々な人たちが色々な所で愚痴ったりもしていますよね・・

私自身はどうだったかな・・?

幸いにして、10年間の吹奏楽コンクールの中で、「朝一番のプログラム一番」の経験は高校2年の地区予選
だけでした!
朝一番の演奏というと、普門館開催の頃は、AM9:05スタートなのですけど、
午前9時の本番は、やはり奏者にとっても指揮者にとっても結構シビアな条件だと思いますよ!
私の高校の地区予選も確か午前9時半頃スタートだったと思いますが、
午前9時半開始と言うと、早朝5時頃に学校に集合して色々と準備をするものですけど、
やはり何か今一つ気分が乗らないままいつの間にか本番が終わっていた・・みたいな記憶しか無かったですね・・・
実際にステージで演奏しても、本番中なんだけど、
「あれれ・・なんかいつもと違うよなぁ・・」みたいなヘンな違和感しか無かったようにも感じられました。
地区予選を突破して県大会に進めたのはある意味不幸中の幸いだったのかもしれないですね。

今まで全国大会でも朝一番という外れクジを引いて、気の毒だった演奏も色々と聴いてきましたが、
(一番ひどかったと感じたのは、1995年の玉川学園中等部の「海」かな・・?)
でも振り返ってみると、1970年代の終わりから1980年代の初期の頃って、
プログラム一番のチームでも普通に金賞を取っていたりします。

1978年 天理高校 A/スパルタカス
1979年 川口高校 B/二つの交響的断章
1980年 就実高校 A/ル=シッドのバレエ音楽
1984年 天理高校 A/フェスティヴァル・ヴァリエーション

ところがこれ以降は、プログラム一番のチームは、金賞から遠ざかる時代が
長く続く事になります。
でも、例えば、1985年の花輪高校(A/ガジベコフ・交響曲第2番)のように
朝一番でも重量感たっぷりに且つ生き生きと演奏していた学校もあったのですが
なぜか評価は銅賞でした・・・
あの銅賞は、個人的には今でも納得できない銅賞の一つです。
1986年のプログラム一番の川本高校の「シェェラザート」も決して悪い演奏では
無かったと思います。
だけど、87年の東京朝鮮と88年の嘉穂、89年の関東第一は結構ひどい演奏でした・・・
92年の精華女子は、爽やかなダフニスとクロエで、夜明けは本当に朝一番に相応しい
演奏でしたね。93年の柏と94年の名電は、いかにも寝起きという感じの演奏で
気の毒でした。

10年以上プログラム一番が金賞から遠ざかっていたのを打破したのが
96年の柏でした。(Ⅳ/三つの夜想曲)
この演奏は結構素晴らしかったと思います。
この年から前半の部と後半の部の聴衆の入替えが始まり、混雑を回避させるためなのか、
比較的早い時間から開場した記憶があるのですが、
そのせいか会場の雰囲気が早い時間帯から暖まっているという感覚が
あったのは、果たして自分だけでしょうか・・・?
そのせいか、音が遠くに飛ぶという印象も無く、音がうまくブレンドしているような
印象もありました。

でも全体的に言えるのですが、遠くの支部から来たチームは、朝早い時間帯の演奏は
やはり不利というか、
本来の実力が中々発揮しにくいのかもしれませんよね。

そんな中、やはり79年の市立川口のあの演奏はやはり驚異的だと思います。
だって、あのチームはあの年が初出場なんですよねっ!
さすが私が「神」と崇める伝説の学校のあのとてつもない伝説の名演は格が違うっ!!という感じですね!
スポンサーサイト



1.日本大学豊山高校


A/吹奏楽のためのカタストロフィー(保科洋)


日大豊山を語る前に少しばかり余談を・・・・(笑)

もう大変古い話になってしまいますけど、先日アニメ「響け! ユーフォニアム」の第二期が放映開始となりました。
第一期の冒頭シーンは、麗奈が久美子に対して、県大会の結果がダメ金で関西大会に進めなかった事について
「悔しい・・死ぬほど悔しい・・」と語りかけていましたけど、
ま・・それを言ったら私なんか結果的に県大会・都大会予選は、まさに「悔しい・・死ぬほど悔しい」の連続でした。
だけど、コンクールとかスポーツの試合というものは、時に残酷なもので、
その過程の中でどんなに充実していたり又はとてもなく苦しくて厳しい練習をしていた状況であっても
吹奏楽コンクールで思った様な評価に結び付かなかったり、試合で負ける事と言うのは
決して珍しい話じゃありませんからね。
吹奏楽コンクールだって、支部大会ましてや全国大会に出場できる人達はほんとにわずかの人達のみで、
ほとんどの関係者は、地区予選・県大会で散っていますからね。

私の高校の1983年の野球部もそんな感じでしたね・・

この年・・1983年の夏は、私にとっては今にして振り返るととてつもなく「記憶に残る夏」だったと思います。

というのも、私の高校の野球部が、
当時の宮城県の甲子園出場は、毎年毎年仙台育英と東北高校の二大強豪校が争っているという状況の中、
地方の名も無いノーシードの県立男子高校の私達の学校が、何と奇跡的に仙台育英をベスト8で、東北高校を準決勝で
それぞれ終盤の大逆転の末、この二大強豪校を撃破するというとてつもない快挙を成し遂げたのです。
そしてあと一つ勝てば、あの甲子園へ・・・という所までいったのですが、
決勝戦でポロ負けし、とんびに油揚げをさらわれるような形で
甲子園出場を逃したのでした・・・
しかも、決勝戦は、9回1アウトまで、相手高校の投手にノーヒットノーランを食らっていましたからね・・
だけど負けたのですが、あの一瞬の夏の日の思い出は
何か今でも鮮明に私の記憶の中にインプットされていますし、確かにとてつもなく悔しくて
麗奈の「悔しい・・死ぬほど悔しい・・」という気持ちと全く同じなのですけど、それと同時に
「過ぎてしまった遠い夏の日の思い出・・」として私のポンコツ脳の中では完璧に美化されてしまっています・・・(笑・・)

さてさて・・・1983年の全国大会・高校の部のプログラム一番は、全国大会では初出場となる日大豊山でした。
現在の吹連の規定はよく分かりませんけど、この当時の高校の部は、出場メンバーに不足がある時は
付属高校の場合は付属中学校の生徒を出場させても良い旨の規定があり、
この年の日大豊山には数名中学生奏者も加わっていたとの事です。
(当時のレコードジャケットの写真を見ても、確かに中学生らしい雰囲気の奏者もいたようですね・・・)
85~86年の都大会と全国大会での日大豊山の演奏を生で聴いた限りでは、
確かに数名は何か幼い雰囲気の中学生らしき人が何人かはいたと記憶しています。

演奏は、初出場・プログラム一番というせいもあったと思いますが、
一言で言うと「不安定な演奏であり、伝わるものがほとんどない」演奏という感じです。
課題曲Aの冒頭からして既に音自体に不安定さが伝わり、前半のダイナミックスな動きも中間部の短いゆったりとした部分も
何となくですけど委縮して吹いているような感じが伝わり、もう少し伸び伸びと吹いて欲しかったような気持ちは
あります。
というか・・・これが「普門館には魔物が棲んでいる」と言われる所以であり、特に朝一番の普門館は
ホールが広いのに全然音が響いてこないみたいな雰囲気はあると思いますし、
まさに全国大会初出場の日大豊山はこの「普門館の魔物」に飲み込まれてしまったとしか言いようが演奏
だったと思いますが、朝一番・初出場というあまりにもシビアすぎる条件を考えると
「なんか気の毒・・・」としか言いようが無かったとも思えます。
自由曲の保科洋の「カタストロフィー」はあまりにも陰鬱な世界ですけど、
この日大豊山の全体的に少しおっとりとした優しいサウンドの学校としては選曲ミスなのかなぁ・・と
痛感せずにはいられない演奏だったと思います。
やはり冒頭から音自体が不安定ですし、あの「陰鬱な世界観」を聴く人に伝えよう・・何かは伝えよう・・という意図は
確かに伝わるものの、音の貧弱さと奏者の緊張感とか曲全体の構成力不足が災いし、
聴衆にはあまり伝わらなかったのかもしれないです・・
翌年の1984年も同じく保科洋の「交響的断章」を自由曲に選んでいましたけど、感想は「カタストロフィーと以下同文」
みたいな印象でした・・
このチームは、そうですね・・どちらかと言うと、こうした邦人の陰鬱な作品よりも
親しみやすい明るいクラシック音楽のアレンジものの方がチームカラーに合っているような感じがあると
思いますし、1985年の「ファウスト」とか86年の「サムソンとデリラ」におけるあの「伸び伸びとした感じ」は、
そうしたチームとしての長所を生かした選曲だったと思いました。

これは完璧に余談ですけど、1996~1999年にかけて勤務していたとある金融機関にて
中野区上高田~松が丘~沼袋エリアを担当していた際に、顧客であるお寿司屋さんの息子さんが
日大豊山高校在学時に、このカタストロフィーにて奏者として全国大会出場を果たし、指揮者の大橋先生も
このお寿司屋さんに食べに来たこともあると聞いて、驚いた事があります。
同時に「意外と世間は狭いものだな・・」と実感させられた瞬間でもありました!

大橋先生は、埼玉の所沢市民吹奏楽団も指揮されていて、何度か関東大会にも進まれていましたけど、
もしかして埼玉県とも何か「御縁」があるのかもしれないですね。


 | BLOG TOP |