FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今回の「魔法つかいプリキュア」ですけど、
まさに・・「異例づくし」の展開でしたね!
うーーむ、やっぱり「プリキュア」は予想をするのが極めて難しいし、何が起こるのか分かりゃしない・・・
まさにそんな感じだったと思います。

というか・・・

Aパートが「異例」とも思えるほどのとてつもない長さ!

同時に・・・・Bパートが、もしかして「歴代最短・・・?」と思わず感じてしまう程の短さ・・・

冒頭がほぼ回想シーンのみというのもプリキュアとしては珍しい部類に入るのかもしれないですよね。
なんでAパートがこんなに長いのかな・・と思っていたら、
そう・・! 皆様既にお気付きの通り、なぜか・・・戦闘中にも関わらず、
みらいの「回想シーン」が挿入されていて、
そうですね・・・あれ、人によっては「せっかくのバトルの緊張感が失われてしまった」みたいにマイナス的評価を
される方もいると思いますし、
「ここであえてみらいとリコの二人の絆の再確認をする事で、決戦前の高揚感を意図した」みたいな
プラスの評価をされる方もいると思います。
え・・・・私の意見ですか・・・?
そうですね・・・なんか私は全く別の事を考えておりまして、
「なんかあれは・・・みらいとリコちゃんの二人の馴れ初めのVTRみたい・・・そして今回の二人のフォームは
ダイヤである事を考えると、
あれは、も―――、まさに二人の結婚式じゃん!!」とヘンな事ばっかり考えていました・・・(笑)
ま・・だけどあの回想シーンは、
「みらいの回想」というよりは、「自分達はふたりでプリキュア! だからこれからも・・そして今この瞬間だって
二人が力を合わせればなんとかなる!!」みたいな事の再確認という演出があるようにも
感じたものでした!
というか・・・・この第21話は、回想シーンも含めてそうなのですけど、
みらいの「漢っぷり」がとても印象的です!
みらいってどうしてもポンコツリコちゃんについついその存在感が隠れがちみたいな所も無くは無いのですけど、
こうやって回想シーンを改めて見てみると
みらいは常にリコを色々な意味でサポートしてきて、その存在感とか慈愛の大きさは相当なものがあるんだなぁーと
今更ながらに感じたものでした・・・(笑)

そうですね・・・

あの回想シーンの意味するものとは、

力を取り込もうというドクロクシーに対して、
二人で力を合わせる方法で対抗するプリキュアという「対照性」を明確にしておこうという意図が
あるのかもしれないですよね。






それにしても・・・今回のみらいはまさに「漢」でしたね!!

なんかフレッシュの「ラブ兄貴」ではないけど「みらい兄貴!!」みたいな表現がぴったりみたいにも
感じてしまいました!!

それとドクロクシーのロボット化したみたいなものですけど、
ロケットパンチはなんか「ハッピーロボ」をなんか連想させてくれちゃいましたし、
「目からビーム」は、そりゃ言うまでも無く・・・あのラブリーをついつい思い出してしまいました!!




b78b8feb_convert_20160628124021.jpg



というか・・・ヤモーの「秘儀、尻尾切り」はなんか笑ってしまいました・・・(笑)
校長先生のびっくりするお顔がなんかとってもお茶目・・・

さすが「トカゲ」らしい御方ですよね・・・

ヤモーは、「もしかしてこの人が真の黒幕・・?」と思っていた事もあったのですけど、
まさかまさかの意外な方向に行ってしまいました。
ドクロクシィの中に自ら入ってしまい一体化するとは、かなり予想外でした。
そうですね・・・この流れは、スマイルで、ジョーカーがピエーロの中に入っていき
やはり一体化していったのと同じですね。
ヤモーとジョーカーは自ら望んで一体化したのですけど、
初代【無印】の場合は結構ひどい展開で、無理やり敵幹部がジャアクキングによって飲みこまれてしまう展開
だったのは今にして思うとなんか気の毒でした・・・

そうそう・・・今回の話でバッティーさんが「こうもり」に戻ってしまいましたけど、
三幹部・ヤモー・ドクロクシィは今の所・・・これで全て消滅・・・・
そうですね・・・
みらい風に表現すると
「今、最終回と言いましたぁ――?」みたいな雰囲気にすらなっていましたよね。

まだシリーズの半分も終わっていないのに、敵だけが全滅・・・・??

これって歴代でもあんまりなかった展開なんですけど、
(初代【無印】は、まさにそんな展開でしたよね・・・
ま・・結局、ジャアクキングのタネが三つに分かれ、ベルゼイ等新しい敵幹部が登場する形で
番組は続いていったものでした・・・)

歴代においては、ラスボスがシリーズ半ばでプリキュアと対峙・バトルを展開した事例って実はあんまり無くて、
初代・SS・スマイルぐらいなのかな・・・
だけどラスボス自体がシリーズ半ばで倒され、敵幹部が誰もいなくなり
まさに「そして・・・誰も敵幹部はいなくなった・・」という世界になってしまったのは、今作が初の快挙なのかも・・・!!

なんとなくですけど・・・

「つい勢い余ってラスボス倒しちゃった…来週からどうしよう・・
 え・・・!? 次回が最終回って今言いましたぁ―!?
それじゃ困るから、早いとこ新しい敵幹部とラスボスが登場してくれないと困っちゃう・・
え・・・今、打切りって言いましたぁ―!?」みたいな
みらいのボヤキが聞こえてきそうな気も・・・??



f06db400_convert_20160628124053.jpg



そうそう・・・改めての話になってしまうのですが、
ミラクルが「リンクル!ガーネット!」というシーンなのですけど、
なんかあれは、スイートにおけるキュアメロディがベルティエを装着するシーンを
なんだか思い出させてしまいます。
メロディがこのベルティエを駆使しての必殺技発動時における最後の決め台詞のの「フィナーレ!!」が
とにかくめちゃくちゃ可愛くて、
スイートの第6話で最初にメロディのあの「フィナーレ!」を見た瞬間は・・・・
そう・・・言うまでも無く、私自身が「キュアメロディに陥落させられてしまった瞬間」でもありました・・・・(笑)

スイートの第6話は、今にして思うと、後のキュアミューズたるアコちゃんの初登場回でも
ありましたが、あの時は、まさに寂しがり屋の何か事情を抱えている眼鏡ツンデレ系という
感じでしたね。
確か第6話は、奏がメインの話でありましたけど、弟を大切にしたいという奏の気持ちよりも、
弟を守ろうとする奏を守りたいという響の気持ちが勝っていたのかなと思います。
それが結果的にリズムがメインの回でありながらも、そうした回でメロディが新しいアイテムの
ミラクルベルティエを取得したのは、
何か面白い展開だなーと思ったものです。
そうそう・・リズムは、ベルティエ取得に結構苦労し、一時期はかなり悩んでいましたよね。
あれは、まさに・・・フレッシュの美希たんの「どうして私だけ・・」の世界と全く同じでした・・・!!
メロディの可愛らしさ満開の「フィナーレ!」に比べてしまうと。
「フィナーレ」の直前にトコトコ退場してしまうリズムは・・・ツッコミ所満載ですけど、とにかく面白かったです!

後の「ホームスティ」の回で、ベルティエを半分ずつ交換してお互いのベルティエをくっつけて
使用している回もありましたけど、その発想は面白かったと思います。
アイテムの交換と言うのは、歴代プリキュアでもありそうでなかった話ですから・・・

あれれ・・・なんで、私、今ここで「スイート」の話をしているのでしょうか・・・??


135280e5-s_convert_20160628123942.jpg



はーちゃんのあの「にこっ・・」とした笑顔がとっても可愛かったです!!

だけど・・・・もしかして・・・

あの「にこっ・・」と笑った姿がはーちゃんとしての見納めなのかな・・・??

本格的な御披露目は次回以降の話になるのでしょうけど、
この回でまさかまさかの「キュアフェリーチェ」として登場してくるとは少し予想外でした・・・

しかも・・・あのフェリーチェ、むちゃくちゃ強い!!

なんかあれだけを見てしまうと「えーー、はーちゃんこんなに強いのだったら、もー二人のポンコツプリキュア
いらないじゃん・・!」と余計な事を言ってしまいたくもなりますよね・・・(笑)

ドクロクシーを一度は倒しながらも、その残影部分が再度みらい達を襲った際に
「これはやばい・・・二人は既に変身解除しているしぃ・・」と誰もが感じた際においては、
はーちゃんというか、キュアフェリーチェは、そのドクロクシーのなれの果てを「浄化」というよりは
完全に溶かしてしまっていましたからね・・・

なにあの強さ!!と思ってしまったものですけど、
なんかあの「無双」とも思える圧倒的な強さは、東方で主人公クラスの霊夢・魔理沙・十六夜咲夜・レミリア様を
一人で叩きのめしてしまった綿月依姫の無茶振り設定を
なんか一瞬頭によぎったものでした・・・(笑)

とにかく次回以降は待望のキュアフェリーチェの本格参戦が控えています!!

「夫婦」以外の何者でもないみらいとリコと一緒にプリキュア出来ちゃう御方は・・・・
あ・・勿論勝木さんではありませんよ・・・(苦笑・・)
「二人の小さな子供」ポジションでもあった「はーちゃん」以外ありなない!!という感じですよね!!
スポンサーサイト



13.銚子商業


B/ディオニソスの祭り(F.シュミット)


小澤先生は今現在も神奈川大学を指揮されて、現役バリバリなのですけど、
是非是非まだまだ「現役」を続けられ、あの素晴らしい演奏を私達に聴かせ続けて頂きたいと思います。
だけど、この小澤先生は本当に偉大な吹奏楽指導者&指揮者ですよね!
だって・・・・
1970年代初頭に銚子商業を指揮されて以降、全国大会出場は、2015年現在でなんと計36回!!
しかも・・・
その内33回が金賞というのは、まさにこの数字は驚異的なものだと思います。
しかも・・・銀賞3回のうち2回は、1971年~72年の初出場間もない頃の銚子商業時代という事を
考えると、1980年代以降は、1997年のイベリア以外は、「全国大会に出れば全て金賞」という
とてつもない数字を叩き出しています。
1970年代のまだ日本の吹奏楽が試行錯誤を繰り返している段階から今現在に至るまで
素晴らしい演奏と凄まじい実績を残されている小澤先生には本当に頭が下がる思いですし、
まだまだ日本の吹奏楽界を盛り上げていって欲しいと切に切に・・・願っております!!

最近の小澤先生の指揮による神奈川大学の演奏においては、
三善晃/交響三章、バルトーク/中国の不思議な役人、田村文生/残酷メアリ
シュワントナー/・・・・・・そしてどこにも山の姿はないが
大変強く印象に残っています。
特に・・・交響三章のあの神がかった演奏は・・・1980年の秋田南高校のやはり神降臨の演奏に
勝るとも劣らない大変素晴らしい演奏だと思います。

だけど・・・

そういう小澤先生も、1970年代の銚子商業時代には、歌劇「運命の力」序曲とかリシルド序曲とか
今では絶対にありえない選曲をされていたのがなんかとても興味深いです。
というか・・・
小澤先生の全国大会初出場の際の自由曲が、シベリウス/交響曲第2番終楽章というのも・・・・
うーーむ、今では100%絶対にありえない選曲ですね・・・(苦笑・・・) 

昔というか、1980年代初めの頃のBJを読み返してみると、結構何人もの人たちが
「1977年の銚子商業のディオニソスの祭りの演奏は、高校の部の飛躍を示唆する演奏」と言われてはいるのですけど、
そうですね・・・これはあくまで私の感じ方なのですけど、
「えーー、それって違うじゃん・・高校の部の飛躍を示唆した演奏って、1976年の秋田南のペトルーシュカ
じゃないの・・・?」とも思ってしまいます。
秋田南のペトルーシュカについてはこのブログでは過去に何度も何度も執拗に書いていますので、ここでは
割愛をさせて頂きますが、あの演奏こそが当時は「充実した中学の部に比べると今一つ・・・」とか
今現在では絶対にあり得ない事を指摘されていた「高校の部」において、
1980年代から現在に至るまでの「高校の部の素晴らしき充実」の一つのきっかけになったのではないのかな・・とすら
感じています。
それと・・・・よく1970年代においては、よくBJなんかで
「吹奏楽コンクールで一番充実しているのは中学の部で、高校・大学と年が進むにつれてレヴェルが低下している」みたいな
指摘もちらほらと見られていましたけど、
これは・・・・私の私見ですけど「それは絶対に違う!!」と思っています。
1970年代の初めの頃だって、既に花輪・名古屋電気・浜松工業・富山商業・など素晴らしいチーム&演奏は
一杯ありましたし、
例えば・・・
あの吉永陽一先生指揮での1974年の兵庫高校のJ.B.チャンスの「朝鮮民謡の主題による変奏曲」も
そうした70年代を代表する素晴らしい「知る人ぞ知る隠れた名演」だと思います。
この兵庫高校の演奏なのですけど、極めて残念な事にレコードもCDも存在していませんし、
YouTubeに今の所UPされていませんので、正直・・・・誰も知らないというのかまさに「知る人ぞ知る演奏」という事に
なってしまいますし、
全国大会では「銀賞」という評価に留まってはいるのですけど、
これって・・・も――――、とにかく吉永先生の個性とアクの強さが遺憾なく発揮されていて、
確かにとてつもなく好き嫌いがはっきりと分かれる演奏ですし、評価は分かれる演奏なのだと思いますが、
とにかく・・・素晴らしい演奏だと思います。
この曲の冒頭は例の「アリラン」の哀愁漂うメロディーがクラリネットによって朗々と吹かれる部分から
開始されていくのですけど、
とにかく吉永先生指揮の兵庫高校の演奏は、この冒頭部部分のテンポがめちゃくちゃ速くて
冒頭から「個性炸裂!」を予感させます。
展開部の打楽器、特に・・タムタムの扱いは極めてユニークですし、木魚等の響かせ方も面白いですよね。
一転して中間部は、冒頭と同じようなメロディーラインが展開されるのですけど、
冒頭とは異なり、この部分は吉永先生はなぜか急速にテンポを落として、感情たっぷりに朗々と吹き上げていきます。
この「テンポ感の落差」はまさに「お見事!!」としか言いようがないです。
そしてこの部分のラストのトランペットソロは、当時としては珍しい女性トランペット奏者との事で、
これは一部で話題になっていましたね・・・・
あのトランペットの優しく哀愁溢れる雰囲気はとっても素晴らしかったと思います。
そして中間部が終わってラストまでのアレグロの部分はまたまた・・・異常なテンポの速さ!!
そしてまさに「一気呵成」に曲は閉じられていきます。
この演奏は、とにかく「テンポ設定の落差」という解釈がとっても当時としては斬新でしたし、
中間部のたっぷりとした「歌心」が素晴らしかったと思います。
この演奏、是非是非皆様にも聴いて欲しいなぁ・・・と思うのですけど、肝心の音源がないですからね・・・(泣・・)
この1974年の「朝鮮民謡の主題による変奏曲」を聴くと思い出すのは、
吉永先生が西宮高校に異動した時の1987年の全国大会の課題曲A/風紋ですね。
この「風紋」も中間部は、とにかく信じられないほどテンポ設定が速く、当時・・・普門館にいた聴衆は私も含めて
ほとんどの人があっけにとられていたと思います・・・(笑)
ああいう個性的な指揮者は当分現れないのかなぁ・・・・

あ・・・今は1977年の銚子商業の話でしたよね・・・あれれ・・なんていきなり吉永先生に話が
それてしまったのかな・・・(苦笑・・)

1973年~76年の4年間で銚子商業は全国大会での4年連続金賞を達成されていて、
この年は「5年連続金賞」が掛った大変プレッシャーのかかる節目の年だったと思います。
そうですね・・・・
73年~76年の銚子商業は、リシルド・運命の力・トッカータとフーガ・寄港地といった当時としては無難な自由曲を
選んでいて、どちらかというとこの間は、特に目立つ個性もあんまり感じさせない
どちらかというと無難で優等生みたいな感じの演奏が多かったと思います。
(その点が、「下品でどこが悪いねん! うちらはやりたいようにやらさせてもらいまっせ!」みたいな個性の塊りの
 吉永先生率いる兵庫高校との大きな違いなのかもしれないですよね・・)
だけど・・・1977年の銚子商業は、そうした節目の年にあえて「冒険」をしてきました。
それが何かと言うと、難曲中の難曲と言う事で、当時高校の部ではほとんど演奏されてはいなかった
シュミットの「ディオニソスの祭り」という大変な難曲を自由曲に選んだという事なのでした。
ちなみにこの曲ですけど、今現在もコンクールの自由曲としては定番中の定番という事で、
忘れられずに演奏され続けているというのは本当に凄い事だと思いますし、まさにこの曲が「不滅の名曲」である事を
物語っていると思います。

結果論になりますが、銚子商業は1980年の全国大会でも再度この「ディオニソスの祭り」を自由曲に
しているのですけど、
そうですね・・・銚子商業による二つのこの「ディオニソスの祭り」に関しては、
私個人の意見としては、1980年の方が断然素晴らしいと思います。
77年の演奏は、確かに上手いのだけど、なんか部分的に消化不良とか迷っている・・・みたいな印象も
受けたりするのですけど、1980年の演奏には、そうした「迷い」は全く無いと思います。
77年の演奏は、難曲をよく音にしているという印象はあるのですけど、聴衆に「何か」は伝えきれていなかったようにも
感じられます。
小澤先生としても77年の経験をベースにされて80年に再チャレンジをされて、この時はほぼ完璧に
この難曲を自分達のものとして完成させ、普門館の聴衆に「何か」を間違いなく伝えていたと思います。

最後に・・・・
あくまで個人的な趣味ですけど、この「ディオニソスの祭り」で、小澤先生の指揮以外で
大好きな演奏と言うと・・・・

1.1985年の兵庫県の御影高校

2.1993年の東京の乗泉寺吹奏楽団

などがあげられると思います。

だけど・・・あの楊先生指揮の御影の「すさまじくアクが漲った演奏」は・・・素晴らしかったですね!!
あれは・・・
当時の自分の周辺では「兵庫高校の吉永陽一先生の再来!!」と話題になっていました・・・

こういうアクの強い演奏は往々にして好き嫌いというか評価は分かれると思いますが、
私はこういう強い攻めの演奏、隅からすみまでコンクールを意識した演奏は決して嫌いではありません。
積極的で自意識過剰の演奏で、大好きです。
よく「甲子園には魔物が棲んでいる」とか言われますけど、
同様に音楽にも魔物が住みつく時もあります。
御影高校のアクの強い演奏には、「魔物」が住みついていたと思いますし、
演奏者も、そうした魔的な感覚ももしかして吹いている最中にも感じていたかもしれませんよね・・・

 | BLOG TOP |