FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ミスティア・ローレライにつきましては、実は当ブログで3/26の記事にて、その「多様性」とか「愛すべきキャラぶり」とか
実は・・・色々な人から狙われている・・??とか
色々と書かさせて頂きました。
また、その際に当ブログの大切なブロとも様のお一人で「五月雨日記」<仮の宿>の管理人を務められる
風月時雨様のとっても素敵なミスティア・ローレライのイラストを転載させて頂きました事に
改めて感謝の念を申し上げたいと思います。

ちなみにその記事と風月時雨様の描かれたミスティア・ローレライをご覧になりたい方は
こちらから!!  →  みすちー

まずは簡単に3/26の記事のおさらいをさせて頂きますと、
ミスティア・ローレライ(ファンの間ではミスチーの愛称が定着していますので、ここでは以下ミスチーと表記いたします・・)の
元ネタなのですけど、
これは高知・愛媛等で伝承される「夜雀」という妖怪がベースになっています。
夜雀ですけど、
「チッ、チッ、チッ」と鳴き声をあげながら夜に現れる妖怪で、山道を歩いている人の前後について来て、
結果的に夜盲症とか鳴き声か煩くて行き先をさえぎられ歩けなくなるみたいな被害があったりするそうです。

さてさて、このミスチーですけど、基本属性としては・・・
暗い夜道や人気のない森で歌や鳴き声を用いて人を惑わして、そうした歌に気を取られている間に道に迷い、
闇の妖怪たちに襲われるという感じです。
その上・・・人を鳥目にしてしまうという能力も持っていたりします。
そして基本的には、人間に対する友好度はかなり悪く、傾向としては大の人間嫌いみたいな雰囲気も
漂わせています。
つまりは、人間にとっては、決して性質の良くない妖怪なのだと思われます。
阿求ちゃんの著書の中でも、「夕方にトリモチ等の罠を仕掛けて、定期的に退治をしないといけない。
この手の妖怪は放置すると図に乗って人里まで降りてくるので、忘れずに退治しておこう」とまで
書かれてしまっています。

ま・・・最近の東方記事の例えば多々良小傘でも書いた通り、東方キャラと言うのは、
「多様性」がある所が本当に素晴らしいですよね!
小傘は、本来の人を驚かすというイタズラ妖怪という意味が必ずしも受け入れられないと悟ると
ベビーシッターに転向しそれが更にダメ・・・というと今度は鍛冶師に転向し、
まさに「多様性」を見せつけてくれるキャラとなっています。
それと同じ事は、ミスティア・ローレライに対しても言えるのかもしれないですよね。
その①で散々書いた通り、確かに本来は「おっかない妖怪」なのかもしれないのですけど、
幻想郷自体の人と妖怪の共存化が進展してる中においては、そうした妖怪としての側面よりも、
例えば・・・
八つ目鰻の屋台とか響子とのコラボロックバンド「鳥獣伎楽」とか
はたまた二次創作の「パカルテット」とか
ゆゆ様からの「食べちゃいたい・・」キャラとか
白蓮さんやゆゆ様・映姫様からのお説教対象または食材対象にもなったりと、
とにかくなんかネタには尽きそうにも無い感じがプンプンと漂っています。

だけど・・・そういう多様性も秘めていながら、ミスチーの本分はやっぱり東方屈指の「歌姫」なのかな・・・?
ま・・歌姫といっても人間がミスチーの歌を聴いてしまうと、気が狂ってしまいそうになるとか
決して「癒し」の歌姫ではないのですけどね・・・(笑)
だけど・・・
ミスチーの歌を聴くだけで狂ってしまうとか人を惑わしてしまうというのは、逆に言うと
「それほどまでにインパクトのある歌声」という事を立証しているという事なんでしようね。
いやいや、ミスチー! すごいよ!!
あなたは、八つ目鰻の屋台等の副業だけでなくて、ちゃんと「妖怪としての本業・本分」をきちんと果たして点が
素晴らしい!!と思ってしまいますよね!!
ミスチーの歌声は他のキャラもちゃんと認めていて、
例えば・・・
幽香からは、「貴方の内から出るのではなく幽かな声を歌にしている」と評されていますし、
四季映姫様からは
「このまま何も考えず歌い続ければ、周りの霊達もおかしくなる」
「それは、未曾有の大罪に繋がるかも知れない」
とまで評されています。

そうそう・・ミスチーは「人を夜盲症にさせてしまう能力」も有していますので、
これは・・・
パカルテットのメンバーでもあるルーミアとの相性も相当いいような気もしますね。
(三月精の肝試し大会では、ミスチーはルーミアと一緒にいる描写が結構多かったですよね・・・)

でもやっぱりミスチーの本分は、音楽活動にあるのかな・・・?

暗い夜道や人気の無い夜の森にて音楽活動をしているのですけど、その音楽活動と言うのが
ほぼ「即興」に近い形で、しかも・・!! 作詞作曲を一人でやってしまっているのは「すごい・・・!!」としか
言いようがないですよね!!
そうですね・・・ミスチーはまさに「幻想郷最大のシンガーソングライター」と言えるのかもしれないですよね!!

うーーむ、やっぱりミスチーの「多様性」は凄いですし、
特にあのほぼアドリブというのか思いつきというのか即興での歌詞つくりは、素晴らしいとしか言いようがないと
思います!!




みすちー2



みすちー


ミスチーのそうしたアドリブ即興歌詞が遺憾なく発揮されていたのは、
そう・・!
言うまでも無く「東方花映塚」でしたよね!!
以前も書いたと思うのですけど、この花映塚はゲームとしてはかなりマニアックで、通向きの作品とも言えますし、
この中においては、個人的には、小野塚小町・チルノの印象がとっても強いです。
だけど、上記の通り、ミスチーのバトル時における歌もかなりのインパクトがあると思いますし、
あのテキトーな歌詞とか替え歌振りとか既存曲のパロディーとか
あの歌詞を見ているだけで、なんかとっても面白いです!!

少し一例をあげてみると・・・

夜の鳥ぃ、夜の歌ぁ♪ 人は暗夜に灯(てい)を消せぇ♪永い夜に謡う

生水飲むと~おなかを壊す~♪ 湖飲むと~三途河~♪

お空の上はマッハの時代~♪ 文明開化の味がする~♪

ヒトッ、ヒトッ、ヒトをッ!人間を~さらえぇ♪

向日葵ぐるぐる向日葵ぐるぐる、向日葵ぐるぐる大当たり~♪

さくら~、さくら~♪ じんじゃもつかもみわたすかぎり~♪
かすみかくもか~彼岸ににおう♪

鴨が葱しょって~♪ やってくる~あ~やってくる~♪

春風や~教えておくれ~♪ 明日のおかずと今晩のおかず~♪

いっちどっはおいでよ~♪ ほてるはなみずき~♪

かーらーすー何故鳴くのー カラスの民意でしょう~

桜を切ったら叱られた~♪ 正直に言ったら感動された~♪

五人囃子の~♪ 首取れた~♪


うーーむ、これはある意味・・・ミスチーの「才能」なのかもしれないですよね・・・(笑)

というか・・・あのドSのいじめっこキャラの幽香に「向日葵」ネタの歌詞で挑発するとは・・・・
うーーむ、ミスチー、やっぱりあなたは凄いよ!!

この「東方花映塚」において印象的な対話は、プリズムリバー三姉妹の一人、リリカかな・・?

リリカ 「こんな小鳥が雲の上までやってくるなんて」
ミスチー 「あれ?妙に晴れてると思ったら雲の上じゃん。通りで羽が冷たいと思ったわ~♪」
リリカ 「音楽で勝負して負けたいのね?」

→そうですね・・・出来れば一度公式でもリリカとミスチーの音楽対決は是非実現してほしいですよね!

てゐとの対話もとっても面白かったです!

ミスチー「タラッタラッタラッタ、うさぎのダンス~♪」
てゐ 「えらく陽気な化け鳥が現れたもんね」
ミスチー 「兎はお呼びでない」
てゐ 「兎の歌を歌ってたじゃないの!?」

→てぬのツッコミはなかなかお見事です!!

四季映姫様からお説教を食らっているシーンも面白いです!!

映姫 「貴方は、自分の歌が持つ力を理解していない。
     歌は、時に霊を鎮め、時には活性化する。
     そう、貴方は少し混沌を呼びすぎる」
ミスチー 「……」
映姫 「このまま何も考えず歌い続ければ、周りの霊達もおかしくなるでしょう。
    それは、未曾有の大罪に繋がるかも知れない」
ミスチー 「せ、説教って訳?そんなの頭を素通りよ!」
映姫 「でしょうね。貴方は鳥、鳥の頭は小さいのですから。
    少しお灸を据えてあげましょう。降りしきる紫の桜の下で、
    鎮魂歌の一つでも歌えるようになるがいい!」

→このあたりはミスチーの鳥頭振り炸裂と、さすが「映姫様はひと味違う!!」という感じでしたね!!

ミスチーは「東方三月精」の中においても何度か登場していましたよね。
三月精の中で屋台を引いているシーンにおいては、上記の「夜の鳥ぃ、夜の歌ぁ♪」をとっても楽しそうに
歌っていたのは大変印象的です。
そうそう、三月精といえば、作者の比良坂真琴先生は、ZUN神主大先生より
セリフとか大まかなストーリー以外はほぼ全て一任されているとの事ですけど、それでも
東方各キャラの「身長対比」については、ZUN神主に指示を仰ぐことはあるとの事らしいです。
そうなると・・・
この「三月精」を見た方が各キャラの身長比較を知る際には適した参考書と言えるのかな・・とも思います。
あの三月精を見た限りでは、やはり、小野塚小町と射命丸文の身長が一つ抜きん出ているような印象が
ありますね。
それと少し意外だったのは、ミスチーなのですけど、
三月精においては随分とちびっこく描かれていて、光の三妖精・チルノ・リグルとほぼ身長が同じと言うのも
なんか少し意外にも感じたものです。
やっぱりチルノとかサニーミルクに比べると、少し大人っぽいとか苦労人とか
そうした印象があるからそのように感じるのかもしれないですよね。




20864064_convert_20110808122637.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2011年8月に描かれたミスチーです!!

アミグリさんが描かれるミスチーは、まさに「羽ばたく鳥!!」みたいな雰囲気に包まれていて、
なんか・・
「これから一緒に空を飛ぼう!! そして二人で羽ばたいていこう!!」みたいな事をミスチーから囁かれているような
妄想を思わず感じてしまう程の
とっても素敵なイラストだと思います!!

この作品は・・・2011年の作品で、丁度5年前のイラストです。

うーーむ・・・・当時で既に素晴らしい完成度のミスチーなのですけど、今現在のアミグリさんの感性・視点で
描かれたミスチーは一体どうなるのか・・・??
なんかとっても興味がありますね・・・・

最後に・・・・「東方花映塚」というと、チルノのあの有名なセリフ「あたいったら最強ね!」が
登場するのですけど、
そうした「あたいったら最強ね!」のチルノを描かれたアミグリさんの2012年9月に描かれたチルノが
とっても可愛いし、
チルノの個性が遺憾なく発揮されている素晴らしい一枚だと思います。
あの「へそだし」がとっても可愛いです!!

このチルノをご覧になりたい方はこちらから!! → あたいったら最強ね!

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

さてさて・・・次回の東方語りは、

東方キューズフィギュア

封獣ぬえ その②

早苗さん その⑨

などを予定しております。
スポンサーサイト



12.東邦高校


B/歌劇「タンホイザー」序曲(R.ワーグナー)


当時は、稲垣先生の下、大変な伝統と実績を有していた学校で、東海支部においては浜松工業と並んで
「東海の雄」みたいなイメージがあった学校だと思います。
知る人ぞ知る曲と演奏になってしまいますけど、
あくまで個人的な印象なのですが、1981年のホヘアーの「セレヴレーション21」の演奏はいかにも男子校らしい演奏であり、
洗練さと格好よさに満ち溢れれていて私は大好きな演奏です。

この年のこのチームに関しては、最近の1978年の「カディッシュ」と大体似たような感想になってしまいます。
一言で言うと、少し淡白な演奏であり、
良い意味でも悪い意味でも男子校らしい演奏・・・つまり、木管特にクラリネットセクションの響きが少し貧弱になってしまい、
後半それが「全体的な迫力の弱さ」というのか「息切れ」みたいな印象を与えているような感じがあります。

そうですね・・・この年の演奏に関しては、
課題曲と自由曲の前半まではサウンドにキレと洗練さと迫力が感じられ、音楽的な流れも盛り上がりが感じられ、
素晴らしい演奏だったと思います。
だけど・・・自由曲の中盤から後半にかけては前述の通り木管のパワー不足もあり、
音楽の流れが急速に説得力を失い、なんか結果としては中途半端とまではいなないにせよ、
少し勿体ない感じの演奏になったのかな・・とも思います。
自由曲の息切れの原因は何かな・・・?
原曲における弦楽器パートの「リズムの刻み」は、吹奏楽アレンジ版ではクラリネットが担当することになってしまうのですけど、
この部分の刻みが大変淡白で切れ味が悪くて、なんかふにゃっ・・とした感じでリズムを刻んでいるから
結果として「ダイナミックスさ」を失ってしまったのかな・・・とも感じたものでした。
ま・・こういうワーグナーとかリストの交響詩「レ・プレリュード」のようにロマンティックで息の長い曲で
よくこうした「弦の刻み」を吹奏楽アレンジではクラリネットが担当することが多い傾向にあるのですけど、
往々にして、アレンジがあまり適切でないせいか、なんかふにゃっ・・とした雰囲気になりがちで
この年の東邦もそんな感じだったのではないのかな・・とも思いました。

この東邦高校ですけど、77年~78年、そして1983年の「ハムレットの音楽」なんかは、
「あれれ・・男子校にしては幾分パワー不足・・」みたいなものを感じていたものですけど、
1984年の男子校としては最後の普門館となった課題曲B/土俗的舞曲と自由曲のジェイガーの吹奏楽のための交響曲は、
逆にいかにも男子校らしい豪快で粗っぽいドライヴになっていて
「あ・・・こういう演奏の方が生き生きとしていいのかも・・」と感じたものでした。
東邦は、稲垣先生が勇退された1987年に全国大会にも出場できたのは、なんか・・・
「最後に花を添えた・・」みたいな感じで良かったと思いますが、
(ま・・あの年の1987年の東海大会の東海大学第一高校の自滅によって救われたのかも・・・??)
普門館での演奏は、当時は男女共学になっていたのに、
音量をバリバリに鳴らして凄まじい「豪快な演奏」になっていたのは、なんか興味深いものがあったものでした・・・

 | BLOG TOP |