FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回のその⑦において初めて時機に抜擢されすっかり「妖怪退治の楽しさ」に目覚めてしまった早苗さんの
ボケとすこーしドSっぽい(?)感じのセリフ集を取り上げさせて頂きましたけど、
昨年発売され現時点ては東方の最新ゲームとなっている「東方紺珠伝」において、
早苗さんは・・・更に更にはっちゃけてくれて、とにかく数多くの名言(迷言・・? 暴言・・・?)を残してくれ、
東方ファンの間に「やっぱり早苗さんは一味違う・・・!!」と唸らせてくれたものでした!
ま・・・古くからのおしとやか早苗さんがお好みの方にとっては、逆に・・・「うーーん・・」と頭を抱え込むような
お話だったのかも・・・?

その「東方紺珠伝」における早苗さんの最大の迷言は、やはり誰が何と言っても女神様・ヘカーティアとの
あの対話なんでしょうね・・・

あれを一部下記に抜粋させて頂くと・・・

ヘカーティア:んもう。待ちくたびれたわよん。
早苗:むむ、敵が二人?
ヘカーティア:二人に見えるかしら?
        ふふふ、まあ良いでしょう。この人間が純狐を手こずらせてるの?
純狐:手こずるなんてもんじゃ無い。この人間のおかげで我々の敗北が半分だけ決定した。
ヘカーティア:ええええ? それほどまで……。
純狐:月の民は滑稽だわ。こんな人間を送り込んでくるなんて。
ヘカーティア:ふーん、面白い。純狐がそこまで言うんなら本物ね。
早苗:何かヤバイ雰囲気……。ひとまず退散して味方を呼んでこようかしら。
ヘカーティア:そーんなに怖がらなくてもいいわよ? 何も本気で戦ったりはしないわよぉ。
        どうやら純狐も敗北を覚悟しているみたいだし……もう勝ち負けは重要じゃ無いみたい。
        だから私達も正々堂々一人ずつ戦うわ。これは余興みたいなもんよ。
早苗:そうですか、安心しました。
    では改めて……さっさと勝負しろ! この変なTシャツヤロー!
ヘカーティア:よーし、可愛いねぇ。ちょっと遊んでやるわ。
        本来なら、人間など相手にしないんだけど、『貴方は私に暴言を吐いた』
        それだけの理由で貴方を地獄へ堕とす。ただそれだけの理由だ! 死んでも悔しがれ!

そうですね・・・・早苗さんのあの「この変なTシャツヤロー!」は凄まじいインパクトを残してくれていましたよね!!
だって・・・・早苗さんのあの余計な一言のせいで、地球・神・異界の女神様でもあられるヘカーティア様の
逆鱗に触れてしまいましたからね・・・
ちなみにですけど、同じく自機のうどんげちゃんは、ヘカーティアについては「変な恰好」と発言しているのですけど、
ヘカーティア様はなぜかこれは無視しています・・・
うーーむ、ヘカーティア様はよっぽとこの「変なTシャツヤロー」という言葉が癪に障ったのでしょうね・・・・

早苗さんの初登場の「東方神風録」からこの最新作の「東方紺珠伝」においては、それなりの時間が経過している事に
なりますけど、
そうですね・・・・
早苗さんは、この期間にまさに自身のかつての発言「幻想郷は常識に囚われてはいけない世界なのですね」を
見事に実践されて、そして自らのものにしていったかのような感じがありますよね。
外界出身のちょっとおとしやかで上品な女の子がどんどん幻想郷の非常識な世界に染まっていって
自身が段々とはっちゃけていったのがこの期間の「軌跡」と言えるのかもしれません。

そう・・・早苗さんの能力は「奇跡を起こす程度の能力」なのですけど、
早苗さん自身の歩みこそが、まさに「軌跡は奇跡!!」と言えるのかもしれないですよね!!

初対面の霊夢に対して敬語を使いながら「博霊神社の営業停止」を要求していた早苗さんが
このわずかな期間で
女神様・ヘカーティアに対してのこのはっちゃけた暴言!!
うーーん、本当に素晴らしいですよね!!
まさにこの瞬間に「早苗さんの成長を実感した!!」と言えるのかもしれないですよね!!



譌ゥ闍励&繧点convert_20160612201259



そうそう・・・早苗さんは公式漫画の中では、これは以前書いたと思うのですけど、
「東方鈴奈庵」の中においては、おしとやかで丁寧で大変洗練されていてスマートで聡明そうな印象がありますけど、
たまーにですけど霊夢に対して
「そんな乞食のような事、する訳ないじゃん」とタメ口を叩いたり、
「レッドスネイク、カモーン!」と昔のギャグをお茶目に披露したりと、それなりにはっちゃけた早苗さん節も時折
お披露目してくれているのはなんか微笑ましいものがあったりもします。
だけど・・・「東方茨歌仙」における早苗さんは、この漫画の中ではすっかり準レギュラー入りを果たしているのですけど、
そのせいもあるかとは思いますが、かなりというか・・・むしろ霊夢以上にやんちゃな印象すら感じさせ、
早苗さんのはっちゃけ振りが最高潮に達している作品と言えるのかな・・とも思えます。
あの作品の中では、早苗さんはどちらかというと「ボケ役」に徹しているような感じすらありますね・・・(笑)
だけど、霊夢が茨仙から無理やり修行に行かされ一週間ほど博霊神社を留守にした際、茨仙から
「霊夢がいない間は、あんたが博霊神社をしっかりと管理して」と依頼されると、
かなり真面目に博霊神社の巫女さんの代役を務めいたのは、「さすが早苗さん!」という感じでした。

茨歌仙における早苗さんを象徴させるエピソードと言うと・・・

代表的なのが、第7話なのかな・・・??

「人から神様になった者」についての事例が話題になった際の早苗さんのあの得意満面の笑顔での
「それ、わたし! わたし!」と無邪気な笑みで自分を指さすシーンは、
いかにも・・・・「はっちゃけ早苗さん」に相応しい笑顔だったと思います!
そうそう・・・早苗さんは、他の作品とかゲームにおいては、アホ毛はないと思うのですけど、
この茨歌仙の早苗さんは、双葉のような特徴的なアホ毛がついており、話が進むほどに成長(?)しているのが
何とも言えず楽しいです。

そうそう・・・「鈴奈庵」と「茨歌仙」の二つの公式漫画においては、同じような描写をしているのだけど
意図している事が結構違いがありそう・・なんていう興味深いシーンもあったりもします。
その一つが幻想郷の人里に対する人間達への、説法というのか、営業活動と言うのか布教活動と言うのか、
啓蒙活動を描いた場面なのですが、
鈴奈庵の場合、早苗さんは民衆に対して誠実に丁寧に分かりやすく親しみをもって接している様子が
よく伝わってきますけど、
茨歌仙の場合、「奇跡を起こす力・・それはすなわち神の所業・・・現人神でもある私はこうやって奇跡を
起こすことが出来る! だから皆さんも私の話に耳を傾けて下さい!」みたいな感じで
自分の力に絶対的な自信を持ち、時にそれが自信過剰になって暴走してしまう早苗さんらしさを何やら
示唆しているようなシーンでもありました。
あの早苗さんは、「奇跡が起きるのを信じたければ、すなわち・・私を信じなさい!!」というオーラが漂っているような
感じがとっても素敵です。
公式においても、早苗さんは、手品等のちょっとした奇跡を民衆に見せて、民衆を引きつけたうえで布教活動を行う
みたいな描写もあつたと思うのですけど、
そうですね・・・茨歌仙の早苗さんは、1のちょびっとした奇跡を100にまで上げ底して民衆を煽るような感じすら
ありましたね・・・(笑)
二つの公式漫画でも同じキャラの同じような場面でも何やら印象度が全く異なるような雰囲気もあるのですけど、
ここはあくまで幻想郷の世界・・・
そう・・・多様性が何よりも求められる世界ですので、そうした「多様性」とか「違い」があるのはいかにも東方らしい
話だと思いますね。
というか・・むしろこの「違い」が面白いのだと思います。
上記の画像は、左が鈴奈庵の早苗さんなのですけど、この時は・・・なんかいかにも外界出身の早苗さんが
「資本主義の理屈」に基づいて民衆に対して語りかけているような感じがすると
以前の記事で書いた事があるのですけど、
あの記事は・・そうですね・・・実は自分でも気にいっている妄想記事でもありますので、
もしも・・・あの記事を改めてご覧になりたい方は是非是非こちらから!! → 鈴奈庵・早苗さん

そうそう・・資本主義と言うと、早苗さんはこの茨歌仙において、
「店を繁盛させる福の神」と耳にすると、早速勘違いを起し「それってミシュランの人・・・?」とか言って
周りの人たちに「なんじゃそれ・・」という雰囲気を作ってしまったのは、いかにも外界出身らしいエピソードでしたね!

幻想郷の登場人物って結構頻繁に宴会をしているような感じもあり、
結構「酒豪」が揃っている印象があります。
「酒が神がかり的に強い・・」というと・・・そうですね・・・・萃香・八坂神奈子・射命丸文あたりが三大酒豪という
感じなのかな・・・?
ゆゆ様とか紫様、永琳様もなんか強そう・・・
だって・・・・光の三妖精ですら、3人で一晩で一升瓶を空にしちゃうのですから・・・・(笑)
だけど茨歌仙でもそうした描写がありましたけど、早苗さんはお酒はからっきしダメ・・というか
ほとんど下戸ですね・・・
幻想郷で下戸と言うのは極めて珍しい設定なんですけど、
そのせいか・・・宴席で酔いつぶれてすぐに寝ちゃったり、霊夢に絡み酒されたり・・・ま・・色々大変そうですね・・・
早苗さんが酔いつぶれた場合は、神奈子あたりが早苗さんを抱きかかえて
「しょうがないわね・・」みたいな感じで布団にまで運ぶのかもしれないですよね・・(笑)








さてさて・・・

上記のとっても素敵で可愛い早苗さんのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2010年8月に描かれた早苗さんです。

2010年8月か・・・

そうですね・・・アミグリさんの特筆して素晴らしい事は、
上記の早苗さんは6年前の作品なのですけど、
実はアミグリさんのブログ「dream fantasy」の開設は2008年3月という実は大変な「歴史と伝統と実績」がある
優れたブログでありまして、
こうやって毎日毎日・・・日々コツコツと・・・無から有を創造される「イラスト」というブログをこれだけ
長期間に渡って続けられている事は本当に素晴らしい事だと思いますし、
これは是非是非・・・アミグリさんの誇り・・・矜持として大切にされて欲しいと切に切に願っております!!

だって・・・・自分のこんなポンコツブログなんて、今度の8月でようやく5年目に入るに過ぎませんし、
未だって青色吐息の状態な訳ですから
これだけ素敵なイラストをこんな長期間に渡ってブログを継続されているアミグリさんに
私は心から敬意を表したいと思います!!

こちらの早苗さんは、とっても爽やかな感じがします。
とてもとても・・・後年ヘカーティア様に対して「「変なTシャツヤロー」と発言してしまった御方と同じとは
思えないのかもしれないですけど、
それこそがまさしく早苗さんの「成長」なのでしょう!

とにかくこの早苗さんの初々しさは素敵な魅力です!!

カエルとヘビの髪飾りが一際目立っている感じもありますけど、
実は・・・・私・・「ヘビ年」なんですよ・・・(→年がも――バレバレっすよ・・・苦笑・・・)
だからこうやってヘビが髪飾りに使用され、こうやって一際大きく描かれると実はとっても嬉しい気持ちに
なったりもします・・(笑)



sanae-sandesu-0_convert_20160127165447_convert_20160504041537.png



最後に・・・・

上記の早苗さんは、アミグリさんが今年の1月に描かれ、当ブログが早苗さん その①記事で一度転載を
させて頂いているのですけど、
アミグリさんのご了解を頂いた上でもう一度再掲載をさせて頂きたいと思います。

だって・・・

この早苗さんはまさに素晴らしいからです!!

まさに・・・霊夢じゃないけど「幻想郷の素敵な巫女さん」そのものだと思います!!

風がさーーーっと抜き抜け、髪やスカートが少し舞うような感じの雰囲気が滲み出ていて
早苗さんの可愛らしさと清楚な感じがとっても大好きです!!

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!

追記

アミグリさんの最新記事の「十六夜咲夜」がまたまたとっても素敵すぎます!!
アミグリさんのお言葉を引用させて頂くと、
「最初いつもの目で描いてたんですが、少し釣り目にしたらしっくりきました。」との事ですが、
確かに・・・
今年2月の同人誌ゲスト寄稿の際の咲夜とは少し雰囲気が違いますよね。
最新作のほうがほんの少しだけやんちゃな感じもあったりもしますね。

最新作の十六夜咲夜さんをご覧になりたい方は、こちらから・・・ → 咲夜さん

ちなみに・・・

今年2月のゲスト寄稿の際の十六夜咲夜さんはこちらから・・・ → ゲスト寄稿・咲夜さん

最新作も2月の作品も、私は両方とも大好きです!!
スポンサーサイト



11.前橋商業高校


B/吹奏楽のための鄙歌第1番(小山清茂)


やっぱり大木先生指揮-前橋商業のサウンドは「邦人作品」が本当によく合っていると思います。
その中でも、特に小山清茂の作品との相性は最高なのだと思いますし、
そうですね・・・色々なチームがこの小山清茂の作品を演奏してきましたけど、
この前橋商業を超越する演奏を残したチームは一つも無い・・!!とすら断言できそうな感じがするほど
小山清茂を演奏した時の前橋商業の演奏は、まさに横綱相撲なのだと思います。
1978年~80年の3年間は、小山清茂の「鄙びた日本情緒のわびさびの世界」を完璧に自分達の音楽として
完璧に消化し、自信をもって「これが自分達の進むべき音楽」として演奏していますから、
本当にこの3年間は、まさに前橋商業の黄金時代だったのだと思います。
特に特に・・・1980年の演奏は、課題曲も「花祭り」という小山清茂作曲の作品でもありましたので、
まさに・・・・「大木先生=前橋商業サウンド=小山ワールド」の世界が炸裂!!というまさに・・・・「稀有な名演」を
後世の私達に残してくれたと思います。
1976年の自由曲が交響組曲「野人」でしたので、前橋商業は5年連続で当時としてはまだ珍しい「邦人作品」を
積極的に取り上げていて、これは本当に素晴らしい事だと思います。
最近の邦人作品には本当に素晴らしい作品が多くてとっても嬉しい限りなのですけど、
半面小山清茂みたいな日本の情緒とかわびさびみたいな「泥臭い」作品が少ないだけに、
こうしたある意味「日本人の心のふるさと」みたいな作品を積極的に取り上げ、且つ後世の私たちに
素晴らしい名演をこんなにも残してくれた大木先生=前橋商業の皆様に心の底から
敬意を表させて頂きたいと思います。
本当に「ありがとう!!」みたいな感謝の気持ちで一杯ですね!!

さてさて、この年の課題曲B、バーレスクですけど、やはりこういう音楽は前橋商業の路線に
まさにドンピシャという感じがしていて、
前橋商のサウンドと音楽の方向性がピタリと一致しているような印象がありました。
(あ・・・勿論、前橋商のサウンドと目指している方向性に一番合致していた課題曲は言うまでも無く「花祭り」ですけどね・・)
これは78年の前橋商業の記事で既に書いてはいるのですけど、
78年の課題曲A/ジュビラーテと前橋商業のサウンドには微妙に「ズレ」を感じたものです。
ズレというのか「違和感」という感じかな・・?
そう、なんかあれはアメリカ人が日本の「能」を舞っているような「文化的な違和感」というものなのかもしれません。
前橋商業のサウンドは、やっぱりなんかあのインチキで胡散臭い感じがプンプンと漂いそうないわゆる
アメリカの吹奏楽オリジナル作品とは全く目指している方向性がそもそも違っているような感じすら
ありました。
相当昔のBJの記事で「あなたが今一番演奏したい曲は何ですか?」というアンケートが実施されていたのですけど、
あの中で大木先生は、兼田敏の「シンフォニックバンドのための序曲」を挙げられていて
「上手なオーボエ奏者がいたら今すぐ演奏したい曲」と評されていましたけど、
うん、これは確かによく分かりますね。
前橋商業のあのサウンドにあの曲は本当に「最高の相性」だと私も思います。
ま・・・結局コンクールであの曲を自由曲にしなかったのは、大木先生を満足させるオーボエ奏者が部内に
いなかったから・・・という事になるのかな・・・?
(だけど・・・79年の「木挽歌」のコールアングレ奏者の上手さは・・・あれはまさにプロレヴェルだと思います!!)

またまた話がそれてしまいますけど、
1979年の課題曲B/プレリュードもあの「独特の間の世界」とか「あの不思議な音の空間」は、
前橋商業が得意とする「和のわびさびの世界」とはまた異なった感じでもあるのですけど、
不思議と違和感はなかったです・・・
ちなみに言うと・・・・前橋商業の「プレリュード」は、冒頭の長大な「ティンパニソロ」は全てカットされていて、
いきなりクラリネットの陰気なうねりの音から開始されています。
あの課題曲はもしかしてあのティンパニ部分は、作曲者の指示によって「オプション扱い」と言う事で
演奏してもしなくてもいいという感じだったのかも・・・?
だけど、あの「プレリュード」はあの長大なティンパニソロが無かったら、曲の魅力が半減してしまいそうな感じも
しなくはないのですけど、前橋商業の「プレリュード」はそうした違和感とか魅力低下というものは
無かったと思います。
ちなみにですけど、79年の全国大会・高校の部で課題曲Bを選んだチームの中で冒頭のティンパニソロをカットしていたのは
前橋商業だけです。
これは完璧余談ですけど、1969年の中学の部の課題曲の「ふるさとの情景」においては、
原曲のラストは本来は静かに閉じられるのですけど、「曲が長すぎる」という理由で吹奏楽連盟から
作曲者の川崎優先生の了解の下、賑やかで派手な「お祭り」の部分で威勢よく閉じられるように指示されていて
原曲の静粛な部分はカットされてしまったとの事です・・・
これも余談ですけど、1994年の駒澤大学は、都大会で全国大会代表に選出されながら後日辞退したのは、
課題曲Ⅰ/ベリーを摘んだらダンスにしようを無許可で部分的にカットして演奏したからとの事で「規定違反」を吹連から
指摘された事情もあったようですね。

前橋商業の1977年の演奏ですけど、演奏自体は相当地味で、少しもやっ・・・とした仕上がりのせいか
銀賞に留まっていますけど、私は決して悪くは無い演奏だと思いますし、
推しい銀賞の一つだと思います。
BJの講評の中では「少し特殊楽器に頼り過ぎ・・」みたいな評価をされていましたけど、
ま・・・それを言ってしまうと・・・
「えーー、それじゃー、1981年の市立川口の無言の変革~問いとか1991年の埼玉栄のシュワントナーなんて
もろに特殊楽器そのものじゃん・・」みたいな反論もしたくもなってしまいますね・・・・
1977年の前橋商業の特殊楽器と言っても、法螺貝とか和打楽器ぐらいで、
印象としては、そんなに特殊楽器の効果に依存しずきてはいないんじゃないのかな・・・とも感じます。
曲自体、1980年の「吹奏楽のための鄙歌第2番」みたいな明確な分かりやすさ・エネルギッシュな感じが
ある訳ではなくて、何となくですけど・・・・
「鼻が詰まった・・」みたいなモソモソとした感じの曲でもありますので、
その点がコンクールとしては、「印象が薄い・・・」みたいな感覚を聴く者に与えてしまったのではないのかな・・・とも
感じます。

最後に・・・・

この「鄙歌」ですけど、原曲は「管弦楽のための鄙歌」という事で、この管弦楽版は第1番~第4番まで
作曲されています。
(吹奏楽コンクールによる第1~2番の吹奏楽アレンジは、大木先生がされていたようです・・・)
レコードは確か、1~3番までは存在していたと思います。
私自身は、日本フィルのガラコンサートでこの第2番を聴いた事はあります。印象としては、とっても分かり易くて
とてつもない「エネルギー」を秘めていて、何となくですけど「民衆の祭り」みたいな雰囲気を有している曲なんだな・・と
感じたものでした。
1990年代の関東大会B部門でこの鄙歌第2番は何度か演奏はされていて、私も何度か聴いた事があります。
そして・・・・最後の第5番のみは、最初から「吹奏楽」用に作られた曲との事ですけど、
残念ながらこの第5番は聴いた事は一度も無いです。

 | BLOG TOP |