FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


もう今年はとっくに過ぎてしまいましたけど、2月2日は「ツインテールの日」です。
(ちなみに7月7日はポニーテールの日です)

ツインテールの日なのですけど、その根拠と言うものは・・そうですね・・・まさにあってないようなものですね・・・(笑)

制定した「日本ツインテール協会」によると…

「男性の皆さん、ツインテールの日に心惹かれる女性に2本のゴムを渡しましょう。
女性の皆さん、もしあなたに彼の気持ちを受け止める心があるのならツインテールで応えましょう。 」
という事らしいです・・・

ツインテール愛好家のためだけの日ではなく、恋人達の記念日の1つにしましょうとの意味もあるという事
らしいですね・・・

個人的な感覚なのですけど
「ポニーテール」は何となく実用的だけどキュートで可愛い感じ
「ツインテール」は何か少しアホっぽい可愛さというのか何となく「幼さ」が感じられるのが
たまらなくいいですよね・・・(笑)
誤解かもしれないけど「ツインテール」というと何か「コスプレの王道」みたいな印象も
ありますよね!!

東方Projectにおけるツインテールというのは、実はあまりいなくて、
(ツーサイトアップは結構いまして、代表的なのは、小野塚小町・にとり・サニーミルクあたりかな・・・?)
はたてぐらいなのかも・・?
プリキュアの場合ですと、まさに「ツインテールの宝庫」という感じがあり、
シャイニールミナス・ドリーム・レモネード・ピーチ・サンシャイン・メロディ・ハッピー・プリンセスなど一杯いましたよね!

他のアニメキャラにおいては・・・

うーーん、ざっと思い出してみると・・・

〇初音ミク

〇けいおんの中野梓(あずにゃん)

〇物語シリーズ/八九寺 真宵(はちくじ まよい)

〇セーラームーン

〇キルミーベイベー/ソーニャ

〇ハヤテのごとく! /三千院ナギ

〇ロウきゅーぶ! /三沢真帆

〇みなみけ/南夏奈

〇這いよれ!ニャル子さん/クーコ

〇魔法少女リリカルなのは/高町なのは

あたりが妥当なのかな・・・・? そうですね・・・やっぱり初音ミクはツインテールのまさに王道ですね!!

だけど・・・私にとっての「ツインテール」というと・・・・誰が何と言おうと、けいおんのあずにゃん(中野梓)で
「けって~い!!」という感じがあったりもします(By プリキュア5の夢原のぞみ)



004_convert_20141018175816.jpg







上の画像は、確か・・・2014年の秋ごろに中古おもちゃ店で大幅値下げというPOPについつい反応してしまい
思わず購入してしまったあずにゃんのフィギュアです!!、
ちなみにですけど、どうして「訳あり」と言う事で大幅値下げになっていたかと言うと、理由は簡単でして、
「箱無し」だからです。
だけど外箱が無い以外は新品未開封状態でしたので一つの掘り出し物なのかもしれないですね。

これ改めて見てみると、やっぱりあずにゃんはとっても可愛いですよね!!
私・・・「けいおん!」の5人の中では断トツにあずにゃんが大好きです!!

だって・・・とにかく健気だしめちゃくちゃ可愛いし、そして何よりもあのツインテールが最高だと思います!!

このフィギュアのギターを抱えた私服バージョンもとにかくとっても可愛いと思います!!

あずにゃんは、
真面目な所といじられキャラな部分と
ゆるいポンコばかりのメンバーの中では唯一まともなメンバーというのが
実にいいですね。
それとあの独特の黒髪ツインテールが実に魅力的です。
プリキュアの世界では、中学生メンバーよりも亜久里・アコという小学生メンバーの方が
しっかりしているという感じもあるのですけど、
けいおんも、学年が一番したのあずにゃんだけが唯一まともというのも
何か面白い所ですね。

あずにゃんは、極度に日焼けしやすい体質みたいで、
簡単に真っ黒になってしまい、
日焼けした後、必ず部員から「誰・・・?」と突っ込まれるのがお約束になっているキャラでしたね。
あまりにも極度に日焼けしやすい体質のため、よく「こげにゃん」とも言われていましたね・・・(笑)

「けいおん!」は、唯・澪・律・紬というあまりにもゆるい4人のメンバーで構成された「放課後ティパーティー」と言う
バンドのゆるい活動を描いた作品で、唯たちが2年に進級した際に新入生として入部してきたのが
このあずにゃんだったのでした!
ちなみにこのポンコツ部の顧問の先生は、山中さわ子、通称さわちゃん先生なのですけど、
このさわちゃん先生は実は、唯たちの学校の吹奏楽部の指揮者兼顧問という設定は忘れられがちなのかも・・??
声優さん繋がりで言うと、
このさわちゃん先生と「デート・ア・ライプ」で登場するとにかく私が大好きキャラの「時崎狂三」が同じ声優さんと言うのも
何か信じられない話です・・・・
やはり声優さんの演技力はすごい・・・・
だけど・・・・りっちゃんの声優さんと「氷菓」の千反田えるの声優さんが実は同一人物であると知った時は
まさに「驚き!」以外の何者でも無かったです。
それと・・・あずにゃん役の声優さんの竹達彩奈さんは本当に素晴らしかったです!!
竹澤さんは、最近このブログでも何度か出てきた「だがしかし」のメインヒロインのほたるちゃんとか
「デート・ア・ライブ」の琴里とか「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の高坂桐乃とか
とにかく素晴らしい声優さんの一人だと思います!




1000093664_8_convert_20160621023402.jpg


プリキュアにも前述の通り「ツインテール」はかなり登場していますけど、私の中での
「歴代プリキュアベストツインテール」は誰が何と言ってもキュアメロディです!!
だって・・・とてつもなく可愛いし同時に力強さもあるし、まさに理想的なツインテールだと思います!!

そして今更言うまでもない話ですけど、私の中でのベストポニーテールは、キュアラブリーです!!
というかラブリーは変身前のめぐみの時からポニーテールで、こちらもとにかくめちゃくちゃ可愛いです!!

後期EDでは、そのツインテールの髪の毛がゆさゆさと揺れてダンスをしているのですけど
ああいうメロディがとてつもなく
可愛くキュートに見えてしまいますね・・・・




azusacann_convert_20100609124513.png


hapi-azu!!!!!!!!!!!!!_convert_20140506171859.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2010年6月と2014年5月に描かれたけいおんのあずにゃん=中野梓です!!

アミグリさんのこのとっても可愛いあずにゃんを見てしまうと
「やっぱりアニメのツインテールキャラはあずにゃんが一番!!」と思ってしまいますね!!
あずにゃんの真面目な感じとか弄られキャラみたいな雰囲気もそこはかとなく滲み出ているような感じがします。

なんかアミグリさんの素敵なあずにゃんを見てしまうと、多分どっかにしまいこんであるはずの
けいおんを録画したDVDを探してまたまた見てなってしまいたくなりますね・・・(笑)

さてさて・・・・

先ほど「キュアメロディ」のツインテールに少し触れましたけど、歴代プリキュアの中では
「スマイルプリキュア」のキュアハッピーのツインテールもとっても可愛かったですね!

実はアミグリさんは2012年にこの「キュアハッピー」も描かれています!
このハッピーをご覧になりたい方は是非是非こちらから!! → アミグリさん/ キュアハッピー

またアミグリさんは2010年にも「けいおん!」から唯を描かれています。この唯もとっても可愛いです!
この唯をご覧になりたい方はこちらから・・・ → アミグリさん/けいおん・唯

またまたアミグリさんは、「東方」というイメージがある素敵な絵師様なのですけど、
実は東方・艦これ以外にも版権アニメのとっても素敵なイラストを描かれる事もあり、
最近の作品の中では、現在東京MX等で放映中の「三者三葉」の西川葉子もいかにも「お嬢様!」みたいなオーラが
溢れていてとっても素敵です!!
この葉子様をご覧になりたい方は是非是非こちらから!! → アミグリさん/西川葉子

アミグリさん!! いつも本当にありがとうございます!!
スポンサーサイト



10.淀川工業高校


B/歌劇「運命の力」序曲(G.ヴェルディ)


この年の高校の部は、22チームの出場で結果的に評価の配分は、金が7 銀が9 銅が6と
前年度の1976年における全20チームの出場で、金と銀が各3 そして残りの14チームが全て銅賞と言う
今の視点では絶対にありえないほどの超ウルトラ激辛審査から比べると
「あ、なんか普通の審査になったのだな・・・」と思わず感じてしまうくらいのスタンダードな審査になっていたと
思います。
だけど、その銅賞6チームの中に、この淀川工業が入っていたとは、なんか少し意外なような
感じもあったりもします。
2015年の時点で、淀川工業(現・淀川工科)のとてつもなく長い吹奏楽コンクール出場実績の中で
これが唯一の銅賞受賞という事になってはいます。

だけど・・・

この事は最近の記事の中の観音寺第一高校の記事の際にも触れてはいるのですけど、
全く同じ自由曲を演奏しながら銀賞に留まった観音寺第一と銅賞という結果に沈んだ淀工の
両校の演奏に「目に見える差」というのは無いと思います。
ま、確かにこの年の秋田南・弘前南・銚子商業・名古屋電気・浜松工業等のより優れた演奏に比べると
両校の演奏は、正直「なんかアピールポイントはうすいよね・・」とも感じるのですけど
決して悪い演奏ではなかったと思います。
淀川工業にとっては、「審査は水物」という言葉じゃないけど、少し運が悪かったな・・・という感じですね。
先日も似たような事を書き、繰り返しになってしまうのですけど、
BJの高校の部の講評にて
「運が悪かったのは、前日に歴史的名演に相応しい今津中学校と全く同じ自由曲を選んでいた事」と書かれていましたが、
そうですね・・・それに関しては・・
「前日の今津は関係ないじゃん・・高校の部は高校の部でしょ・・」とも言いたくもなってしまいますね・・・(苦笑・・)

確か1986年のBJの「頑張る先生」という一年間の連載コラムの中で丸谷先生は、
この年の「運命の力」の審査結果について当初は納得いっていない事を色々と言われていましたけど、
なんかあの記事を読んでみると、
後日浜松工業の遠山先生から、「丸ちゃん、あれはよくないよ・・」と諭され、
改めて自分たちの演奏を聴き直してみると・・・
「うん、確かに・・これはひどいね・・」と思ったとの事です。

だけど・・・・

今現在の視点・感覚で聴いても、そんなにひどい演奏ではないと思います。

一言で言うと、「熱くてドラマチックな演奏」だと思います。
確かに少し大雑把に捉えたような箇所もありますし、部分的に細部の詰めが甘くて雑に聴こえる箇所も
無くは無いですし、
「歌う事」に主眼をおきすぎてしまった結果、パートバランスが少し悪いな・・と感じる点もあります。
テンポが「タイムオーバー」を恐れたあまり、少し速過ぎる箇所もあったのかも・・・

結果論になるのですけど、この年の銅賞と言うのは、後日の淀川工業のあの「輝かしい栄光の軌跡」の前の
一つの「プレリュード」とも言えるのかなとも思いますし、
一つの通過点だったのかな・・とも思います。
この年の銅賞受賞チームの中には、淀工の他に、高岡商業・兵庫のような後年に素晴らしい演奏を聴かせてくれた
チームもありますから、
長い目で見ると「今回の銅賞は一つの通過点」と言う感じなんでしょうね。

それと・・丸谷先生=淀工とヴェルディは今一つ相性が悪かったのかな・・・
結果的にシチリア島と運命の力で4回のうち金賞は一度だけというのも淀工にしては珍しいという選曲
なのかもしれないですよね。
ま・・・1990年の特別演奏では、ヴェルディのアイーダを高らかに演奏されていたのは素晴らしかったですね!!

 | BLOG TOP |