FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら「本当にまたか・・」という感じもするのですけど、
とにかくグリフォン企画・制作の東方フィギュアの世界も本当に素晴らしいものがありますので、
これで8回目ですけど、この素晴らしい世界をまたまた今回も取り上げさせて頂きたいと思います。

何となくなのですけど、東方×ドールの世界は「洗練された美しさの世界」という感じがあり
擬人化された人形みたいな感じもするのですけど、
(改めてですけど、Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画は本当に素晴らしいですよね!!)
東方×フィギュアの世界は、どちらかというと本来のキャラに近いというか、
力強さ・迫力・実写的みたいな雰囲気もあると思います。
ま・・、確かにどちらの世界もとにかく「素晴らしい!!」としか言いようがないですけどね。
だけど・・・・
お財布のひも的にはやっぱり・・・「フィギュア」の方がまだ少しは近いのかな・・・・とも思ったりもします。
(それでも一体7000~9000円という価格帯ですけどね・・・)
現在は、発売は終了しているのですけど、是非是非新しいシリーズの企画とかそれが無理ならば
昔の商品の再発売も実現して欲しいものですね!!

あ・・・・ちなみにですけど、下記で取り上げさせて頂く東方フィギュアは、ほとんどが2012年に発売または予約受付開始を
したものでして、
当然ながら、現在では販売とか予約はしておりませんので、あしからず・・・・
(アマゾンとかヤフオクでは、ドールと違って今でも頻繁に見かけますね)




闌ィ闖ッ_convert_20160603160135



今回のトップバッターは茨木華扇です。
このブログにおいてはこの名前が出てくるのは珍しいのかも・・・?
と言うかこのブログではまだそんなに多くは語っていないけど、実は結構以前から気になっているキャラの一人でも
ありますので、近々茨木華扇についても熱く(暑苦しく)語ってみたいと思います。

スケールは1/8 サイズ約18.5㎝ 価格は発売当時の税込で9240円でした。

茨木華扇は東方の中では、ゲームというよりはむしろ公式漫画「東方茨歌仙」での活躍が目立つキャラと言う事で、
漫画の方にウエイトが置かれているという事は、「東方三月精」のあの光の三妖精に近いような
立ち位置にもあると思います。
というか・・
公式漫画のタイトルが「東方茨歌仙」、キャラクター名が「茨華仙」であり、本名が「茨木華扇」と
これでは何か・・・「かせん」読みの漢字を混同しちゃいそうですね・・・(笑)

華扇ですけが、設定の上では「仙人」となっていますけど、
どんなんでしょ・・・なんか色々な説がありますけど、要はただの「仙人」ではないのは間違いないですね。
というか・・・茨歌仙でも結構華扇はミステリアスと言うか謎要素もありますし、まだまだ正体解明は先の話なのかも
しれないですよね。
そして多分ですけど・・・華扇の正体は本当は「鬼」じゃないのかな・・・?
ま・・それを象徴しているのが「角」という事なのですけど、華扇はいつも髪型をあのお団子ヘアにしていますから、
「本当に角があるの・・?」みたいな感じになっていますけどね・・・
うーーん、鬼と言うよりは・・・そうですね・・・少なくとも「妖怪」に近い立ち位置とも言えるのかな・・とも思いますね。
ま・・本人自体は極めて人間友好度が高いし、霊夢に対しても良い意味でのダメだし連発を
しまくっていますからね・・(笑)
茨歌仙第9話にて霊夢が「妖怪は無条件で退治する」といういつもながらの発言をした際には、
華扇がくしゃみをするという何やら意味ありげなワンシーンが出ていたのが大変印象的ですし、
第14話で、座敷童の使い方などについて「人間のスパイ」としてこれを使用していると発言した紫は、
この華扇については、
「この狭い幻想郷のどこに全妖怪のお腹を満たす食料があると思っているの・・」と何やらとても意味深な事を
言うと同時に「あなたは、こっち側(注.妖怪側)じゃなかったの・・?」と言う辺りは、
華扇は少なくとも只の仙人ではない・・という事を示唆していたと思います。

改めてですけど、この華扇のフィギュアは頭の「お団子」がとっても可愛いと思います。
右手の「包帯」のつくりが実に巧いですね!
あ・・・ちなみに華扇は怪我をしているのではありません。
包帯に包まれた右腕は失くしたために実体がなく、煙のようなものが詰まっているとの事です。
だけどこのグリフォンフィギュアはなんかいかにも「腕が実在していそう・・」みたいな雰囲気を醸し出しているのが
実に秀逸ですね!
ちなみに失くした腕については今現在も探索中という事で、茨歌仙第1話での霊夢との出会いも
霊夢が「ヘンな腕を祀っている」と聞きつけたのがそもそものきっかけでした。
(ま・・結局、それはマジックハンドでしたけど・・・笑・・)
左手の「鎖」も東方における鬼の象徴みたいで、なんか実に意味深です。

当ブログのブロとも様のお一人のちー様が最近この華扇を描かれていて、その際に
「東方の手枷がついているキャラを見るとドキドキする自分がいます(笑)」と書かれていましたけど、
いやーー、そのお気持ち、私もとっても共感しますね・・・(笑)
そうですね・・・なんでああやって女の子が「鎖」とか「手錠」なんかでつながれていると思わず「ドキッ・・」として
しまうものなんでしょうか・・??(笑)
だけど・・、「東方儚月抄」底巻にて、豊姫によって拘束→手を縛られてしまった紫様と藍しゃまは・・・
うーーん、確かに「見せかけの降伏・囮」とはいえ、なんかあんまり見たくない気も・・・・??
私にとっては、やっぱり紫様というのは、ああやって他者への土下座とか拘束なんて「屈辱」はあんまり
見たくはないシーンなのかも・・・・??
最近では・・・首輪という鎖が付いているヘカーティアが登場しましたけど、
この女神様に対してすら「このヘンなTシャツヤロー!」と暴言を吐いてしまう早苗さんがとっても素敵です!!




豌ク豎歙convert_20160617065045



続きまして・・・永江衣玖です。

スケールは1/8 サイズ約21㎝ 価格は発売当時の税込で8610円でした。

永江衣玖は、龍の世界と人間の世界の間に棲む「竜宮の使い」と呼ばれる妖怪でして、
龍神の言ったことから重要な情報を抜き取って人々に伝えるのが仕事とされ、
例えば・・・幻想郷に近々大地震が発生しそう・・・みたいな情報を把握すると、いち早く幻想郷に赴き
「間もなく大地震が到来する」と警告を発していきます。
ま・・本人がおっとりとした面倒くさがり屋でもあるので、
唐突に何の前触れもなくいきなり相手の前に出没し、初対面の相手に地震が起こることだけ告げて去っていくという
感じてもありますので、
ある意味ありがた迷惑な御方なのかも・・・??
ま・・その情報はとてつもなく重要ではあるのですけどね・・・(笑)

永江衣玖は、とにかく・・東方絵師泣かせのキャラの一人だと思います。

お空・ぬえ・雛に匹敵するような難易度があると思いますし、特に特に・・・あのフリルの複雑さは・・・
雛の「フリル地獄」に匹敵しそうな雰囲気すらありますね。

長い触角のついた帽子と羽衣、ロングスカートが特徴的なのですけど、このグリフォンフィギュアにおいては、
あの「羽衣」の再現度がとにかく「お見事」だと思います!!
でもこれって・・・明らかに制作者泣かせのキャラですよね・・・




逋ス闢ョ_convert_20160616173546


こちらは・・・このブログではも――頻繁にそのお名前が出てくる聖白蓮さん、
そう!!
あの「神も仏も人も妖怪も皆同じ!!」という絶対的平等主義者・・「平等を世に・・」という白蓮さんです!!

スケールは1/8 サイズ約20㎝ 価格は発売当時の税込で7770円でした。

「東方五大老」と呼ばれるゆかりん・ゆゆ様・八坂神奈子・永琳様・白蓮さんですけど、
グリフォンフィギュアにおいては、とにかく圧倒的な存在感を見せつけている紫様・神奈子・永琳様、
そして何とも言えない不思議なミステリアスな感覚を見せてくれているゆゆ様の中にあって
白蓮さんは、この5人の中では最も「慈愛」に溢れているような雰囲気が漂っていると思います。
そう・・・なんか全体的に「優しさ」に包まれているというのか、
一番親しみやすいみたいな雰囲気がありそうですね。
それと・・・このふわっとした白いスカートとかロングブーツも白蓮さんによく似合っているなと思いますね。

このフィギュアを最初に見た際、すこし「あれ・・・?」と感じた事は、表情がやや下向きに感じた事です。

あ・・・そっか・・・・

視線が幾分下向きに感じられるのは、エア巻物を読んでいるからなんでしょうね。

そうですね・・・一言だけ余計な事を書いてしまうと、このエア巻物ですけど、
設定通り仰がせて、空間を埋めるように配置した方がもっと見栄えがしたと思いますし、
白蓮さんの視線ももう少し上目になっていたような気もします。

だけど全体としては、とてもとてもお寺の尼さんとは思えないカラフルな感じですし、
この「華」は白蓮さんに相応しいと思います。



髴雁、「2_convert_20160617065010


れいむ



さてさて・・・今回のトリは霊夢です!!

スケールは1/8 サイズ約19㎝ 価格は発売当時の税込で7140円でした。

これは、~のんびりでいこうverでして、以前取り上げたいかにも「戦う巫女さん」みたいな激しい雰囲気ではなくて
いつもの日常の霊夢・・・・
神社の境内のお掃除をしている振りをして、のんびりと熱いお茶をすすっているそんなのんきな霊夢です。

なんかこのverですけど、いつも以上に霊夢のトレードマークのあの「赤リボン」が大きく見える様な感じが
しますね。
そして同時にとっても可愛いです!!
阿求ちゃんの評ではないけど、危機感に欠けのんきな巫女さんという雰囲気が滲み出ていますけど
こういうとにかくひたすら可愛い霊夢も
私の中では「ありなんじゃない・・・」と思ってしまいます。
というか・・・普段と異なり、これは「癒しの霊夢」みたいな雰囲気がありそうですね。

腰かけている感じも素敵ですし、付属品の急須・湯呑なんかもなかなか芸が細かい感じがしますね。

うーーむ、やっぱり霊夢は可愛いし、東方の絶対的エースですし、楽園の素敵な巫女さんですよね!!
(こらこら・・先日まではあんなに早苗さん、早苗さん・・・と早苗さんベタ褒めだったくせに・・・・笑・・・)

スポンサーサイト



昨日に続いてのL.スラットキンの話です。
というか、その①は「スラットキンはいつあんなに巨大化してしまったの・・?」という何だかしょうもない話で終わってしまい、
肝心要の「プロコフィエフの交響曲」の事には一言も触れないで終わってしまいましたので、
今回のその②ではその辺りをごく簡単に補足をさせて頂きたいと思います。

というか、いきなり話は横道にまたまたそれてしまいますけど、
1986年のサントリーホールのこけら落しで来日した際のスラットキンのスタイルは、比較的中肉中背という感じで、
演奏・楽曲の解釈自体も大変オーソドックスで、どちらかというと「野性味」というよりは「スマートさ・洗練された感じ」という
印象がありました。
勿論スラットキンの当時の手兵のセントルイス交響楽団も上手かったと思いますけど、
どちらかというと、「初めてあのサントリーホールの素晴らしすぎる残響音の素晴らしさの魅力」に圧倒されたという方が
強かったのかもしれないですね。

私が学生の頃は、クラシック音楽の演奏会場と言うと「東京文化会館」しか無いという感じでした。
外国から来日したオーケストラは、都内の場合は、東京文化会館や昭和女子大学記念講堂というパターンが多く、
こんな音響の悪いホールで演奏するなんて、せっかく遠路はるばると来たのに何だか気の毒という
感じも当時はあったものです。
国内の東京都内に拠点を構えるオーケストラは、演奏会のほとんどが東京文化会館で行っておりましたので、
当時は毎日どこかのオーケストラが
東京文化会館で演奏会を開催しているという印象すらあったものです。
当時の私は、典型的な貧乏学生でしたので、東京文化会館の場合、ほとんどのオーケストラが
「学生券」を出していましたので、4階や5階の右の位置が学生券の位置であり、
コントラバス奏者の顔がよく見えないあの学生席の位置から当時はよく聴いていたものです。
そう言えば、N響もNHKホールの最上階が学生券の指定席でしたが、確かここは
一枚1050円位だったような記憶があります。
当時の読売日本交響楽団は、定期演奏会は東京文化会館、名曲シリーズは
新宿の厚生年金会館でしたけど、両方共に音響は最悪でしたので、当時の奏者は今にして思うと、
少し気の毒な感じもありましたね。
ちなみに今現在は、この新宿厚生年金会館は既に解体されています・・・
なんかここにも「時代の経過」を感じてしまいますね。

さてさて・・・スラットキンのプロコフィエフの交響曲第5番ですけど、
「よく鳴っているな・・」という印象です。
第一楽章と第三楽章のドラ(タムタム)の地響きみたいな「ごわわわーーーーん」という響きが
テレビからもよーーく伝わってきました。
第一楽章冒頭の瑞々しい感じとか第三楽章の「美しさ」とか
第四楽章のラストのクライマックスまで一気に畳み掛けるあの「推進力」とか
聴いていて「飽きない!!」という印象でした。
スラットキンの指揮ぶりも大柄な体格なんだけど極度な大振りは控えていて、
そのエネルギーとか推進力は「ここぞ!!」とという時にのも温存し、抒情的に聴かせる箇所では、むしろ
しっとりとした指揮振りでしたので、
やはり音楽としての「陰影」がくっきりと出ているような香りもあり、
私はこういう演奏は結構大好きです。
N響が過去に演奏したプロコフィエフの交響曲第5番は、確か・・1995年辺りに生で聴いたデュトワ指揮の演奏が
とっても印象に残っているのですけど、
デュトワの場合は、論理的にまとめ、スラットキンの場合は「感覚」でまとめあげているという感じでした。

プロコフィエフの交響曲第5番は、本当にみずみずしさと透明感と霊感に満ち溢れている
20世紀が残してくれた数少ない名交響曲の一つだと思います。
20世紀のロシア名交響曲というと、ショスタコーイッチの5番とこのプロコフィエフの交響曲第5番は
絶対に外すことが出来ない本当に「名作中の名作」だと思います。
プロコフィエフの交響曲は、第1番の「古典交響曲」は大変シンプルで明快でわかり易いのに、
次の交響曲第2番は、とにかく「悪趣味に満ち溢れ、終始不協和音と強奏で響き渡る」という感じになり、
更に交響曲第3番となると、オカルト色が強いというのか、悪趣味で極めて退廃的・・・
だけど同時にロシアの広大な自然さも感じるという大変稀有な雰囲気を聴かせてくれています。
ちなみに交響曲第2番第一楽章なんて、ほぼ全てがffまみれで、弱音が出てくる箇所なんて
確か4小節くらいだけだったのかも・・
そのくらい怪奇な響きが錯綜しまくっています。
だけど2~4番を一気に聴いてしまった後で、この交響曲第5番を聴くと、間違いなくですけど・・
「え・・これって2~4番を作った人と本当に同じ作曲家なの・・?」とか
「あまりにも違いがあり過ぎて、交響曲第2番と5番の共通性なんてほとんどない・・この人、
本当は多重人格なんじゃないの・・?」
みたいな印象を持たれると思います。
実際に私もそうでした!
私の場合、吹奏楽から管弦楽という世界に入り込んだ事情があり、
一番最初に「プロコフィエフの交響曲」を知ったのは、1981年の花輪高校の第3番という特殊事情もあったのですけど、
とにかく最初に5番を聴いた時は、まさに「青天の霹靂」みたいな気分でした。
だって・・・あまりにも違いがあり過ぎるのですから・・・
だけどすぐにあの霊感溢れる瑞々しい抒情性に取りつかれ、一気にこの曲の魅力に取りつかれたものでした。
ちなみにですけど、私がこの5番を聴くきっかけとなったのは、やはり吹奏楽でして、
1982年の全日本吹奏楽コンクールの東北大会にて秋田高校が演奏したがそのきっかけを作ってくれたものでした!

ま・・とにかく・・
プロコフィエフの交響曲は、第2~4番、そして第6番の印象が極めて悪趣味・難解というせいもあるのですけど、
「どうもプロコフィエフの交響曲は好きになれない・・」という方も相当多いとはおもうのですけど、
この交響曲第5番だけは万人から愛される資格があるのではないでしょうか・・・?

よく解説書でも言われている事ですけど
何と言っても第三楽章の抒情性・美しさが本当に素晴らしいですね!!
第一楽章冒頭の霊感溢れる出たしも素晴らしいと思いますし、私はあのフルート等で奏でられる第一楽章の
テーマが流れるだけでなんか気持ちは引き締まりますね・・・
第二楽章の快活さもお見事の一言に尽きると思います。

そして圧巻は第四楽章ですね・・・・

出たしが静かに開始されるのですけど、
ホルンのポポポポポポポポという細かい刻みから開始される展開部は
一気にフィナーレにまで導いてくれる爽快さがあると思います。
終盤に打楽器の「ウッドブロック」が出てきて、小太鼓とかなり面白い掛け合いを聴かせてくれます。
日本フィルの定期だったかな・・・・
このプロコの曲を目当てにサントリーホールまで聴きに行ったのですけど
あいにく当日券はP席のみ・・・・
座席の位置はちょうど先程の「小太鼓とウッドブロック」のまさに目の前でした・・・・
終楽章にてこの二つの楽器の掛け合いが始まった際は
かなりエキサイトしましたね・・・・・
だって自分の目の前でこの楽器が音を出しているのですから・・・・
ま、確かにすごーく生々しい感じはあったのですけどもとてつもないライヴ感を味合う事は
出来たと思います。

この交響曲の終楽章は、聴き方によってはかなり面白いものがあると思います。

ラスト30秒くらい前だと思いますが、
金管・打楽器が凄まじい叩き付けを見せ、次の瞬間から
ff→f→mp→ppと音をボリュームを落としていき、
そして、
ヴァイオリン2台・ヴィオラ2台・チェロ2台・コントラバス・ピアノ・ハープ・タンバリン・小太鼓以外の楽器は
唐突に沈黙し、
上記の楽器のみによって、約10秒程度同じ音型を単調に繰り返し
そしてラストのラストで
最後に全楽器が再登場し、一気呵成に曲を閉じていきます。

これは通常のシンフォニーの「クライマックス」とは明らかに異質な
「アンチ・クライマックス」の世界だと思いますが、
やっぱり何か一つぐらい「仕掛け」をしないと気が済まないプロコフィエフらしい曲でもあるな・・・と
何か思ったりもしますね。

最後に・・・

プロコフィエフの生涯最後の交響曲は、交響曲第7番「青春」というとっても可愛らしい曲です。
この曲においては難しい要素・不協和音・悪趣味な響きはほぼ皆無です。
まさに「懐古趣味的」な曲と言えるのかもしれません。
プロコフィエフは、若い頃はあんなに前衛音楽を好んで曲を作っていたのにその最後の交響曲が
ああした「可憐でとてつもなく可愛い曲」というのは極めて意外にも感じますし、
悪く言うと・・「子供の頃の記憶への幼児退行化」ともいえるものかもしれないですね。

だけど・・・

こういう前衛・悪趣味・奇怪から可愛い音楽への突然の変貌というのは、
晩年の「子供に戻る」という現象の表れと言えるのかもしれませんし、
「極端から極端へ動いてしまう」というロシア人の「基本属性」がそうさせるのかもしれないですよね。

 | BLOG TOP |