FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず第20話を二言で述べると・・・
一つ目が、校長先生マジでかっこういい!! あれは・・・なんか男の子でも惚れてしまいそうな凛々しさに
満ち溢れていたと思います!!
(ま・・力を使い果たされてしまい本来の年相応のお姿に戻られてしまったのはご愛嬌ですね・・・笑・・)
そして二つ目は・・・
後半の展開で、エメラルドが登場した時点で
「お・・・これでプリキュア今週も勝てたじゃん・・・」と思ったら、まさかまさかのバンク技回避&ドクロクシーのパワーアップ
により、一気に形勢逆転・・・
こりゃやばいっす・・・という展開になったら、今週はこれで終わり・・・続きは次回・・という
まさかまさかの「次回に続く・・」という感じで終り、
正直・・・この回がまさかこんなに「風雲急を告げる」熱い展開になるとは予想していなかっただけに
まさかまさかの不意打ちを食らったかのような気分です・・・

前回の予告編にて、校長先生の帽子だけがポツンと放置されていたので
「え・・まさかの校長先生の戦死・・・??」みたいな事も正直危惧していたのですけど、
そういう展開にならなくてひとますば安心という感じです。
あの校長先生はなかなかの男前と言う事もありますけど、
ジョー岡田みたいな胡散くさくもないし、ましてや・・・ドキドキ第3話で私が大好きで仕方が無いあの六花様に
ボディータッチをやらかしたようなセクハラをやらかす心配もまずなさそうですし、
何よりも・・・ハピネスのどっかの青い神様のように最終決戦直前まで
「実は・・あいつは私の兄」とか「クイーンミラージュは元々はびかり神社の巫女さん」みたいな重要な情報を
全て隠蔽し、なおかつ本人が自ら前面に出て戦う事はなかった事に比べると
魔法つかいの校長先生は、自ら「危険」に立ち向かっていますし、自ら第一線で立派に戦っていますし、
何よりも・・・・!単身で危険も顧みず敵の本拠地に乗り込んでいったのは大変立派だったと思います!!
やっぱり・・・・
「プリキュアの大人ポジションはこうでないとね!!」としみじみ感じたものでした。
プリキュアの男キャラ枠としては飛び抜けて強キャラ!だと初代から現役プリキュアまで全ての話を見ている者としては
そう感じずにはいられなかったです。
というか・・・・マジでどっかの青い神様に校長先生の爪の垢でも煎じて飲んで頂きたいものです・・・(苦笑・・)
そうなんだよなぁ・・・・
私、いまだに2年前のあの出来事を許すことが出来なくて、
「めぐみをたぶらかした上に大泣きさせてしまうどっかの青い神様は爆発炎上してしまえーーーーっ!!!」と
いまだにハピネスの録画とかDVDを見る度に
一人でブツクサ言っています・・・・(苦笑・・)
前述の「プリキュアの男キャラ&大人キャラ」として秀でいたのは、
そうですね・・・
ココ・ナッツ・カオルちゃん・音吉さんあたりだったかな・・・

とにかく・・・今回の話の校長先生はとっても素敵でした!!

当ブログのブロとも様のお一人で今作の中ではこの校長先生にきゅんきゅんされている風月時雨様にとっても
とっても満足のいかれるお話だったのではないのかな・・・?とも思ったりもしちゃいました・・・(笑)
だけど・・・あのおじいちゃんとしての校長先生は・・・
風月時雨様としてはどうお感じになられたのかは・・・
私・・・気になります・・・・
(By 「氷菓」~千反田える)






だけど・・・校長先生、半端無いほどかっこういい!! そしてめちゃくちゃ凛々しいです!!

あの雄姿は、スイートの音吉さんが若かりし国王時代にノイズと死闘を繰り広げていた際の凛々しさを
彷彿とさせますね!!

同時に・・・

「ドクロクシーさまにエメラルドをお持ちするのが私の使命!!
倒れるわけにはいかないのです!!」というバッティーさんもまさに忠臣!!という感じでした!!
あの御方・・・まさかあれで「消滅」と言う事は無いですよね・・・?
たぶん気を失っただけですよね・・・??
なんとかあの御方にもせめて最終決戦近くまでは生き残って頂きたいものです。

とにかく・・・!! プリキュアの男キャラが単身で敵組織に一人で乗り込んでいくというのは
今までありそうで多分無かった話・・・・
そうした「プリキュアの男キャラはヘタレ・・」みたいなイメージを完全に打ち砕いた校長は、まさに男の鑑!!
素晴らしいですね!!
余談ですけど・・・・
初代プリキュアのプリキュアサイドの大ボスとも言える「光の園のクイーン様」は、なんと!!
2年間のシリーズの中でなんと三度も!!
プリキュアと共にジャアクキングと戦った素晴らしい女王様です!!
スマイルのクイーンも最終接戦で一応プリキュアと共に戦ってはいましたけど、すでにあの時は・・・
「北斗の拳」じゃないけど
「お前は既に死んでいる・・・!!」の状態でしたからね・・・・

それと・・・今回の話の中で大変重要な情報が出てきました・・・

そう・・! ドクロクシーの正体判明という事なのですけど、それって一つ気になる事があります。
何かと言うと、
校長の言葉通り、クシィが一度死亡したとなると、
クシィをドクロクシーとして蘇らせた元凶がいるはずだと思うのです・・・・
これは・・・スイートやハピネスであったように「実は真の黒幕は別にいた・・・」という感じの展開に
なるという事なのかな・・・・??

どちらにしても・・・当面目が離せそうもない展開になってきましたね・・・



6335e794_convert_20160621123727.jpg



2f71edca_convert_20160621123613.jpg


今週の二人のプリキュアは・・・なんか「ポンコツ要員」でしたね・・・・(笑)

なんか校長の凛々しい戦いの前には、さすがの二人もいいところなしという感じでもあるのですけど、
ま・・・ミラクルとマジカルが大活躍しそうなのは次回という感じですし、
今回は何となく・・・次回の露払いみたいな感じの回でした・・・

一旦エメラルドが登場した時点で、一旦今回の話は終了・・・はい、今回もプリキュア達の大勝利・・と思っていたら
まさかまさかの展開になってしまい、
はーちゃんは目覚める気配も無く、そのまま今回の話は終了・・・という感じで終ったのは
意外でしたけど、次回への期待が高まったという感じでもありました。

それにしても・・・・

みらいとリコは・・・のほほんと「校長せんせーい!」と訪れた所・・・いきなり修羅場が待っていた・・という感じなのですけど、
なんか緊張感のかけらもないあの二人が校長とドクロクシーの対峙の場に入り込んできた時点で
なんかいかにも「場違い・・・」というオーラが溢れ出ていたのはとっても面白かったです!!

あれは・・・・まさに・・・・

「こりゃまた失礼しましたぁ――!!」の世界でしたね・・・・(苦笑・・・)

まさに「お取込み中・・」という感じでしたし、二人がシリアスな雰囲気を完璧にぶち壊していたのは
いかにも・・・という感じでした・・・(笑)




6317750f_convert_20160621123802.jpg



激戦の果て・・・・校長先生は本来の姿に戻ってしまいますけど、まさにあれは・・「浦島太郎」状態でした!!

うーーんっと・・・今後の展開は、校長は若いお姿として登場させるのか
はたまた本来の御年の姿として登場させるのか・・・
どういう方向にするのかな・・・・?

そうですね・・・出来れば若いお姿のまま登場させて欲しいですね・・・・

魔法学校に戻る際に、リコちゃんに・・・
「リコ! そなた・・・来年の落第を防止したいのならば、この一件は誰にも言ってはならぬのじゃ!!
わしの本来のこの姿の事を誰かに言ってしまったら・・・
そなたは即刻退学じゃーー!!」とか何とか口止め工作をされるのかも・・・・・??


fd6116a9-s_convert_20160621123904.jpg



今回のお話の中では、はーちゃんは実は一言もセリフがありませんでした・・・・
というかずっとお眠り状態・・・

「魔法つかいプリキュア」は、ここ3年ほど続いたシリアス路線を少し回避する傾向にあり、
その試みはさすがに重たいシリーズが続きすぎた事で多少辟易していた私にとっては、ある意味一つの「救い」みたいな
シリーズになっていると思います。
ドキドキ~ハピネス~姫プリにおいては、キュアフェリーチェのような「追加戦士」が登場するに当たっては
登場する故の動機とか背景が各シリーズとも明確に描かれていて、
「どうしてここで追加戦士が必要になってくるのか・・」という位置づけははっきりと明示されていたと思います。
全般的に作風が軽めで娯楽傾向が強い魔法つかいにあたっては、
そうしたはーちゃん→キュアフェリーチェみたいな追加戦士の「登場の動機」は一体どうするのだろう・・・と
実は気にはなっていたのですけど、
今回の話でその辺りも十分クリアできそうな感じもありますし、
多分ですけど・・・
次回・・次々回において、プリキュアサイドが本当にやばい情勢に追い込まれた時に、
はーちゃんに「新しい力」が授けられ、そのまんま「キュアフェリーチェ」として覚醒していくのかな・・・とも
思いますけど、果たしてどうなるのでしょうか・・・?

バッティーさんは・・果たして消滅したのか、またまた復活の可能性はあるのか・・・・

とにかく先が楽しみな展開になってきましたし、いよいよ前半の「クライマックス」が間もなく到来しようかと
しています!!

スポンサーサイト



少し古いお話で恐縮なのですけど、先日、6/5(日)のPM21:00過ぎからのEテレにて
L.スラットキン指揮/NHK交響楽団によるS.プロコフィエフの交響曲第5番の演奏が放映されていました。
そうですね・・
最初にあれを見た際は、
「このなんかでっぷりと太った指揮者って誰・・・? どっかで見たことある顔なんだけど思い出せない・・・
あれ誰なんだろう・・
多分生でも見たことあるんだけどな・・
なんかこの雰囲気は・・・今全米で話題の人でもある共和党のあのトランプ候補の風貌に何となく似ているな・・」と
感じたものでした。
そして演奏終了後に字幕で「L.スラットキン」という文字を見た際に、
「そうそう・・!! 確かにあのお顔はスラットキンだ!! なんか懐かしい!! だけど久しぶりに見たら随分と
でかくなったもんだ・・」と感じましたし、
やはりあの雰囲気はトランプ候補に似ているなぁ・・と感じたものでした。
多分ですけど、私がスラットキンを最後に生で見たのは、1999年の冬のNHKホールでのN響定期演奏会
だったと思いますけど、
うーーん・・あの時ってこんなに丸っこい御方でしたっけ・・・?
多分ですけど、その後随分と・・・・「巨大化」されたような感じがありますね・・・(笑)

さてさて・・私がこのL.スラットキンを初めて見たのが、1986年の秋だったと思います。
その頃は、ちょうど日本のクラシック音楽のまさに「殿堂」とも言える「サントリーホール」がオープンした時期でもあり、
まさにサントリーホールのこけら落しお披露目演奏月間の真っ盛りの頃で、
スラットキン指揮/セントルイス交響楽団の日本公演が丁度このこけら落し月間の最後の日曜日の演奏会だったと
思います。
この頃の背景なのですけど、
アメリカのオーケストラは、シカゴ響とかニューヨークフィルとかサンフランシスコ響とかフィラデルフィア管とか
ボストン響とかミネソタ管とかクリーブランド管とかビッツバーク響とか
とにかく世界的な「名門オーケストラ」が多く、
その中でも特に、シカゴ・ニューヨーク・ボストン・フィラデルフィア・クリーブランドの5つのオーケストラが
「全米5大オーケストラ」という高い評価を受けていたと思います。
そうした中・・・1983年のタイム誌による全米オーケストラランキングにおいては、
1.シカゴ響 2.セントルイス響 3.ボストン響 4.フィラデルフィア管 5.ロサンゼルスフィル 6.クリーブランド管 
7.ニューヨーク・フィル 8.サンフランシスコ響と発表され、
全米オーケストラの間に「激震」が走ったとの事です。
というのも、今まで誰もマークせず名門オーケストラという認識もされていなかった無名の「セントルイス交響楽団」が
いきなり何の前触れもなく唐突に2位にランキングされ、
一気にセントルイスの音楽監督であったスラットキンに注目が集まり、一躍「時の人」になったという経緯が
当時はあったのです。
ちなみにこの発表に、当時フィラデルフィアの音楽監督であったムーティが激怒したというのは有名な話です・・・

さてさて・・・私にとっては、初めてのサントリーホール、初めての外国オーケストラを聴くという事で
まさにわくわくの期待感でサントリーホールに行ったのですけど、
全く期待を裏切らない素晴らしい演奏だったと思います。
音響と言うか、残響音がこんなに違うなんて・・・という
衝撃が今でも鮮明に頭に残っています。
公演曲の第一曲が、コープランド/バレエ組曲「ロデオ」だったのですけど、
その第一曲の「カウボーイの休日」はタイトル通り、けたたましい音で始まるので
そのせいもあったと思うのですが、
「音がこんなに斬新だったなんて・・・」とか「音楽会場という器が違うだけでこんなに音楽は躍動するものなのか・・」など、
当時は本当に新鮮な感動で一杯でした・・・

正直今サントリーホールで聴いても、耳がもう慣れてしまっているので
当時のような残響だけで感動することはありません。
だけど、サントリーホールはオープンしてから30年以上経過しても
独特の生命感溢れる響きや木の優しさは伝わってきますね。

大好きな演奏ホールの一つです。

セントルイス響の後半の曲は、ショスタコの5番でしたが、
バーンスタインのような熱気溢れる演奏を予想していましたが、意外と
クールな感じがし、何かメッセージを伝えたいという事が感じられた演奏だったような
印象があります。
終結部は、「権力者に迎合して自由を得た振りをするのか、逆らって己自身を抹殺されても
内面の自由を得るかは、お前たち一人一人の選択だ」という
メッセージが何となく感じられた瞬間もありました。
この曲を聴いてそう感じることはあまりないのですけどね・・・

セントルイス響のアンコールは、フィガロの結婚でしたが、
指先一つで自由に表現しているような感じがしましたし、もう一つのアンコール曲の
バーンスタインの「キャンディード」序曲は、まさにアメリカ!!という感じでした。

正直、当時はサントリーホールを使用するのは主に海外オケの日本公演の時程度かなと
思ったものですが、今みたいに都内のオケが日常的にサントリーホールを使用するとは
予想もしていませんでした。
全く時代というものは確実に「変化」していくものですよね。

それを象徴していたのが、まさに先日Eテレで久しぶりにそのお姿をお披露目してくれたスラットキンなのかな・・とも
感じたものです。
最初にスラットキンを見た時は「有望な若手の一人」とか「若き指揮者」みたいなイメージもありましたし、
どちらかというと「細身」という雰囲気はあったのですけどね・・・(笑)

前述のコープランドですけど、その代表曲の一つが「市民のためのファンファーレ」です。
この「市民のためのファンファーレ」もいかにもアメリカの映画音楽みたいな感じだと思います。
輝かしい金管楽器のファンファーレにティンパニー・ドラが響き渡る雄大なスケールの音楽そのものです。
「努力すればできない事は何もない、いつかはその夢が叶う」というキャッチフレーズが
いかにも似合いそうな音楽だと思います。
コープランドの交響曲第三番の第四楽章の冒頭は、何とこの「市民のためのファンファーレ」が
そのまんま転用されます。
この交響曲第三番は、正直「知る人ぞ知る隠れた名曲」だと思うのですけど、
いかんせん、全然演奏されない・・・(泣・・)
この交響曲は一度だけ生演奏を聴いたことがあるのですけど、
それがあのスラットキン指揮/N響だったのです。
あの演奏は本当に素晴らしかったですね!! いかにも「胡散臭いインチキ国家アメリカ」っぽい曲、そして演奏なのですけど、
このインチキっぽい感じがまさに「アメリカ」そのものであり、
私はあの演奏、本当に大好きでした!!

確か・・・あの時のスラットキンは、あんなに巨大化していなかったような気がしますので、
巨大化したのは多分・・・・21世紀に入ってからの話なのかもしれないですよね。

 | BLOG TOP |