FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず初めにおことわりを・・・

ま・・こんな事、自分で言うのもなんだと思うのですけど、
ここの所の当ブログの東方・プリキュア、そして吹奏楽コンクールの秋田南高校記事は、
大変濃厚で密度が高く、内容的にも大変レヴェルが高く、非常に優れた記事のオンパレードであったのかな・・?
と多少は自負しております・・・(笑・・)
というか・・・
最近の記事の多々良小傘・焼きもち六花・早苗さん関連記事・東方傘娘・鈴奈庵の阿求ちゃん・パチュリーさん関連記事
鈴奈庵の早苗さん・紅魔館パーティー・吹奏楽コンクール記事の秋田南高校の記事を書くに当たっては、
正直・・・あれ・・記事として書きあげるだけでも
私自身・・実は大変なエネルギーと気力を要したものでして、
ちょっとさすがに、この記事を書いている瞬間は、少しヘロヘロ状態になっていまして、
この「東方グリフォンフィギュア・封獣ぬえ」の記事だけは、
少しだけ手抜き記事を書かせて頂く事をお許し願いたいと思います・・・(笑)

今回の記事は、文字ではなくて画像メインでUPさせて頂きたいと思います。

そして同時に・・・前回のその⑥の記事の際にも、結構しつこく・・(?)このぬえの「絶対領域の素晴らしさ」について
書いたのですけど、
とにかく、今、私・・・
自分の中ではこの封獣ぬえの「絶対領域」が密かにマイブーム(→あ・・この言葉なんか古いっすね・・・苦笑・・)と
なっておりますので、
このブログとしては珍しく今回ばかりは、少しエロっぽくお色気気味の記事となっております事を
何卒ご了解願いたいと思います・・・(笑)

あ・・・そうそう・・・この「封獣ぬえ」については、改めて6/25に文章メインの記事としてUPさせて頂く予定でして、
この際にぬえについて熱く(暑苦しく?)語らさせて頂きたいと思います。

「東方星蓮船」EXボスでもある封獣ぬえ!!

スケールは1/8 サイズ約24.5㎝ 価格は発売当時の税込で7560円でした。

それにしてもこのぬえの迫力は圧巻だと思います。
印象としては、フランちゃん・レミリア様の特別仕様1/7スケールに勝るとも劣らない大変な迫力があると思いますし、
あくまで個人的な印象としては、お空・八坂神奈子の圧倒的存在感に匹敵するようなとてつもない雰囲気があると
思います。
そして同時に・・・ぬえというと・・・そう! 言うまでも無く、
あの黒髪、黒ニーソ、黒ミニスカワンピースで絶対領域も完備という点が素晴らしいと思いますし、
このグリフォンフィギュアのぬえの「絶対領域」の素晴らしさはまさに圧巻だと思います!!
というか・・・このぬえの「黒ミニスカワンピース」は大好きです!!




ぬえ



東方キャラというと何となくですけど、紫様とかゆゆ様みたいに皆さん比較的夏でも厚着をされているような
印象がありますし、
霊夢にしたって真夏でも巫女さんの衣装をずっと纏っているみたいな感じですし、
「薄着をされている・・」みたいな印象の方はそんなには多くは無いのかな・・という印象があったものです。
ま・・・基本的には東方キャラは和の着物みたいな方も多いですからね。

だけど・・・そんな中、このぬえは違います!!

だって・・・こんな薄そうな布地の黒ワンピースを一枚だけ纏っているような雰囲気がありますし、
いかにも黒ワンピースのすぐ下は地肌みたいな感じも漂っていますよね!

そう・・・それがぬえ独特のあの曲線美というのか、衣装と体のラインがジャストフィットしていて
それがあの独特の少しエロっぽい感じというのか「お色気」を醸し出している感じが
漂っていますよね!!

あ――――、やっぱりこのぬえのグリフォンフィギュアは素晴らしいですよね!!
これマジで「今すぐにでも欲しい!!」という感じですね・・・(笑)


縺ャ縺・_convert_20160617140952



すらっとした足もまさに素晴らしいです!!
ぬえの特徴の一つでもある「黒ニーソ」の表現がお見事だと思います!!
黒ニーソ自体が太ももにやや食い込む感じになっていますし、ソックス上部やひざ曲りのしわもよく表現できてると思います。
そしてそれが赤い靴との色彩感の対称性も誘発していて、
「巧いな・・・」と本当に感心してしまいます!!

服のしわとぴっちりした部分が為すこの身体のラインが、美少女なんだけど
妙に「艶」を感じてしまうのですね・・・

非常に艶めかしいとも言えますし、少女らしい清楚な雰囲気とも言えますし、
このバランス感覚がとにかく絶妙だと思います!!




縺ャ縺・1_convert_20160616173526



背中からは赤い鎌のような三枚の右翼と、青いグネグネとした矢印状の左翼が三枚生えています。
この翼・・・なんだか当たったらとてつもなく痛そうですね・・・
黒地のワンピースだけに胸元の赤リボンがとっても見栄えがします。


蟆√〓縺・convert_20160617141232


これは少し横を向いた全体像・・・・

改めてですけどぬえのすらっとした足もまさに素晴らしいです!!
ぬえの特徴の一つでもある「黒ニーソ」の表現がお見事だと思います!!
黒ニーソ自体が太ももにやや食い込む感じになっていますし、ソックス上部やひざ曲りのしわもよく表現できてると思います。
そしてそれが赤い靴との色彩感の対称性も誘発していて、
「巧いな・・・」と本当に感心してしまいます!!



縺ャ縺医・_convert_20160617141120



それにしてもぬえの赤と青の翼は本当に独特ですよね!

さすがにお空と並んで屈指の「東方絵師泣かせ」と言われるキャラだと思います。

それにしても背中の付け根ですけど・・・あれ・・一体黒ワンピースをどうやって着ているのでしょうかね・・・? (笑)



縺ャ縺・-00_convert_20160617233250



縺ャ縺・-03_convert_20160617233348


ぬえの後姿ですけど、服を通しておしりのラインも見えそう・・・・というところが
何とも言えず色っぽいです・・・(笑)

だけど東方フィギュアで、後姿だけでこんなに「艶」を感じさせる人も珍しいようにも思えます・・・
本当に素晴らしいです!!





縺ャ縺・_convert_20160617140857


「未確認幻想飛行少女」の名の通り、
東方シリーズのキャラクターの中でも一際、異彩を放つぬえですけど、
特に特徴的なその「羽」を中心とした後姿はまさに正体不明に相応しいと思います!

光沢仕上げの羽がより一層、ぬえの独特の雰囲気を演出していると言えるのかもしれません。



img_18_convert_20160617140535.jpg



少し下から見上げたポーズ・・・

やっぱりこの「独特な艶」は素晴らしいですね!!



蟆√〓縺・_convert_20160617141345



黒ニーソ・黒ミニスカワンピのコンボである『絶対領域』も完備!

これこそがぬえだと思います!!



img_19_convert_20160617140710.jpg



こちらをしっかりと見据える瞳と少しだけ上がった口元が何か挑戦的な感じも醸し出しているのですけど
全体的には黒髪がよく似合う素敵な美少女という雰囲気です。

東方鈴奈庵で登場するぬえは、髪がいくぶんショート気味ですけど、
そうですね・・・ぬえ様はやっぱりこのフィギュアのような黒髪・長髪がお似合いだと思います。

うーーーん、ぬえ!! も――――、最高!! 大好き!!という感じですね・・・!!
(おいおい、先日までは、さとり様大好き、ゆかりん愛している! 早苗さんとっても大好き!とかなんとか
言っていたくせに・・・苦笑・・・)


スポンサーサイト



8.高岡商業高校


B/アルメニアンダンスパートⅠ(A.リード)


このブログにおいては、高岡商業の事は結構記事にさせて頂いていると思いますし、
自分で言うのも何なのですけど、
高岡商業の演奏は、自分としてはほとんどが「高い評価」という感じになっていると思います。
それだけこのチームは、特に土合先生時代は本当に素晴らしい演奏をたくさん後世に残してくれて頂いたと
思います。

さてさて・・・そうした中で、この年・・・1977年が高岡商業の記念すべき全国大会初出場の年という事になります。

一言で言うとこの年の演奏は・・「熱い演奏!!」という言葉に尽きると思います。

いや―ー、なんかこういう演奏を聴くと、「青春っていいよね・・」という言葉がぴったりですよね・・・(笑)

課題曲も自由曲も一直線にストレートに押してくるという印象が大変強く、
よく言うと若さ溢れるダイナミックスな演奏で、
悪く言うと、「音量」ばかり目立つ一本調子で少し単調な演奏と言えると思います。
特に自由曲の「アルメニアンダンスパートⅠ」にそうした傾向がみられるのですけど、
音の強弱、テンポの緩急なんかは「やろう、やろう」という意識はあると思うのですけど、結果として
曲自体に「変化」があんまり伝わってこなくて、「山あり谷あり」という感じの演奏ではなくて、
いつも平坦な道ばかり・・・みたいな印象があります。
高岡商業と言うと、後年は、演奏は凄まじく豪快になっているのだけど、細かい部分にきちんと手が入っているし、
相当部分に「緻密さ・繊細さ」も感じさせてくれる素晴らしい演奏を聴かせてくれるのですけど、
この年に関しては、
少し「粗削りなのかな・・」とか「少し大雑把すぎる」とか「音量やテンポのコントロールをもう少し的確に
してくれれば、少なくとも銅賞と言う評価は受けなかったのかも」みたいな感想をどうしても
感じてしまいます。

だけど高岡商業は「さすが!」という感じですよね。

この年からわずか2年後のハンソンの「コラールとアレルヤ」は、
音量だけではなくて音楽に「ひそやかさ」も感じさせてくれて、77年の演奏と違って演奏に「理性さ」が
確実に伝わっていたと思いますし、
80年の「パシフィック・セレブレーション組曲」は、緩急の差の落差が本当に素晴らしく、
そして・・そうした事が高岡商業を代表する1983年の「ローマの祭り」という稀有な名演に繋がっていったと
思います。
この1977年という時代は、北陸代表は一つだけで、この頃は「富山商業」というでーーんとした牙城が控えている中、
富山商業を抑えて、77年と79年に北陸代表として全国大会に出場されていたのは
本当に当時としては驚異的な事だったと思います。

先ほど「大雑把」と記しましたけど、むしろ「おおらか」と言った方がいいのかも・・・

特に表現如何によっては結構クセというか個性が発揮されそうな「アルメニアンダンスパートⅠ」なのですけど、
あんまり曲想とか音量に「極端な変化」を付けないで
一直線に突き進んでいった・・・という感じがありましたね。

最後に・・・これは私見ですけど
「アルメニアンダンスパートⅠ」の過去の名演は、
83年の野庭、87年の創価学会関西 86年の淀川工業あたりかな・・・
次点では・・・
1980年の間々田中、87年の永山南中の演奏も悪くは無いかな・・とも思います。

 | BLOG TOP |