FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その②の続きです。

パチュリーさんって本当に面白い人ですよね!!
一見あんなに眠たそうでだるそうでかったるそうな魔法使いなのに、時々「え・・・なにこの人・・・すごい・・!!」みたいに
思わせる意外性を有した御方でもあるのかなとも思います。

その一例が「東方儚月抄」のとあるシーンでした。

レミリア様・霊夢たちを乗せたロケットが無事に月に向けて進行中の際に、
ま・・・多分でしょうけど、門番の美鈴を造作もなく捻り倒した永琳様御一行が音も無くパチュリーさんの
腰かける椅子の背後に忍び寄った際の
永琳様とパチュリーさんの息詰まるような会話は、あれ・・・本当に読んでいて痺れまくりでした!!
あれ・・・大変な迫力というのか、静かな攻防戦という雰囲気でした・・・・!!
まさに「息詰まる」とはあのような雰囲気なのだと思います。
というか・・永琳様も意外と悪・・・!!
パチュリーさんの背後に「弓矢」を突きたてて恫喝し、
「誰が今回の件の黒幕なのか白状しろ・・!!」みたいな感じで静かに迫っていたのは大変印象的でした!!
あれ・・・・もしもパチュリーさんが無駄な抵抗を示してしまったら・・・
まさか・・・
そのまんま背後から弓矢でズブッ!!と刺し殺す展開になっていたのかな・・・?
その位の見応えがあるシーンでした!!
だけど、このシーンで明らかになったのは、パチュリーさんの意外と肝が据わっていた事ですね!!
あれ・・・永琳様も素晴らしかったけど、何一つ動じないパチュリーさんも素晴らしかったです!!
それでいて時に軽口を叩くパチュリーさんは、まさに怖いもの知らず!!
なんとなく「へたれ」とか「弱そう・・」みたいなイメージがありそうなパチュリーさんの存在感を見事に提示し、
度胸も据わっている事を見せつけていました!!
あの時の永琳様の意図って何なのだろう・・・
「真の黒幕が誰か・・」なんてのは、賢者の永琳様には既にお見通しなはず・・・・
それでもあえて危険を顧みず紅魔館に侵入した意図って何なのかな・・・?
うーーん、判断に迷うけど「最終確認」という感じなのかな・・・・?
聡明な永琳様は、当然自分達の行動を紫様が逐一監視している事は承知しているはず・・・
と言う事は・・・・
あの一連の大胆な行動は、紫様に対する「一つの警告」だったのかもしれないですよね・・・

ま・・・最終的には、小説版にて、紫様から宴席に招待され、そこで提供された月界の「酒」を見せる事で
逆に・・・紫様から永琳様に対する「逆警告」を見せつけたという解釈でいいのかな・・・??
うーーん、この辺りの解釈はいまだに自分自身でも固まっていないですね・・・



三月・ぱちぇ



パチュリーさんですけど、光の三妖精が大活躍をする「東方三月精」においても
何度か登城していましたね。
でも三月精の中のパチュリーさんはひたすら「眠たそう・・」な雰囲気もありながらも、
レミリア様に「大晦日の年越しそば」(→なんで西洋の吸血鬼が和風な年越しそばを食べるのか・・・というツッコミが入りそう・・)
のリクエストの確認をしたり、
光の三妖精と魔理沙がいたずらしたニセの金星の輝きを見てレミリア様と抱き合って喜んだパチュリーさんは
とっても魅力的でした!
普段がどちらかというと無愛想だから、時折見せるあの笑顔がたまらないですよね!
j三月精でパチュリーさん絡みで外せないシーンというと・・・
そう・・・!
言うまでも無く、パチュリーさんが大図書館内で本に足を取られて転倒し、
頭を思いっきり本棚にぶつけてしまい、その振動で他の本棚も倒れてしまい、
パチュリーさんが本の下敷きになってしまったあのシーンは本当に印象的でした!!
そしてこの騒動のドサクサ紛れに光の三妖精と魔理沙に(例によって・・・いつも通り・・)
本を盗まれていったのは・・ま・・パチュリーさんには申し訳ないですけど、
あれは本当に爆笑ものでした!!(笑・・・)

さてさて・・・パチュリーさんと魔理沙というと、東方を代表する「魔法使い」なのですけど、
改めて魔理沙とパチュリーさんを比較してみるとその「違い」は明瞭みたいな感じはありますね。
まずパチュリーさんは、先天的な魔法使いであり、生まれつきの魔法使いです。
対して魔理沙は・・後天的というか・・・まだ「人間」ですので、実はまだ魔法使いそのものではなくて
修行中という感じなのかもしれないですよね。
パチュリーさんが使用する魔法は、「精霊魔法」なのですけど、
魔理沙の場合は、キノコ等を使用しての「調合魔法」です。
そして一番決定的な違いはどこにあるのかと言うと、
一般的に西洋魔術では、世界を構成する四大元素は、火・水・風・地とされ、
東洋魔術で言う所の地・水・火・木・金という五大元素とは異なる世界観があったりもします。
パチュリーさんの場合は、東洋魔術をベースとし、対して魔理沙は西洋魔術をベースとしています。
言うならば・・・
パチュリーさんは、西洋人なのに東洋魔術を扱い、
魔理沙は、東洋人なのに西洋魔術を扱うと言う事で、いわばこの二人の間には「極めて大きな対照性」があり、
換言するとこの二人はまさに・・・「アンチナーゼ」の関係にあると言えるのかもしれません。

しかも・・・・

魔理沙にはひとんちのものを失敬する盗癖があり、
例えば・・・道端のお地蔵さんをこそ泥してきたり、
パチュリーさんの地下の大図書館から本をこそ泥してくるのは・・・まさに日常茶飯事・・・
(ま・・お地蔵さんの場合は、最終的には小野塚小町+光の三妖精によって見事に落とし穴に叩きこまれ、
 そうですね・・・あれこそ、まさに天罰という奴なのかも・・・苦笑・・)

パチュリーさんが本棚の下敷きになった際に魔理沙によって盗まれた本の中には・・・
結構大切な魔導書もあったみたいで、
パチュリーさんは、後日・・・・霊夢と魔理沙がいる博霊神社に赴き、本の返却を求めます。

魔理沙としては・・・

「いいじゃん・・どうせ全部は読めないだろうし、ちょっと借りただけ・・」という軽い認識なのですけど、
「本こそ命!!」のパチュリーさんにとってはまさに死活問題!!
「期間なんか問題じゃない! 私はお前に本を貸すつもりなど微塵も無い!!」とぴしゃりと撥ね付けるパチュリーさんの
雰囲気と存在感はまさに素晴らしかったです!!
あれは・・・前述の永琳様との緊迫したやり取りに匹敵する雰囲気はあったのかもしれないですよね・・・!!

魔理沙がこそ泥しパチュリーさんが奪還した本の中には、
パチュリーさんの知識や研究でも解除できない強力な封印が施された本もあったのですけど、
霊夢が強引に力技で解いていて、
パチュリーさんの・・・「 本の知識だけでは効率が悪いのね 」というボヤキはなかなか意味深なものが
ありました・・・(笑)

ま・・・その後もパチュリーさんは魔理沙からのこそ泥被害に頭を悩ませ続けている・・・という
感じなのかも・・・?
魔理沙が阿求ちゃんの稗田家蔵書とか小鈴庵にこそ泥をしないのは、なんか魔理沙としての矜持も
感じさせますね・・・
魔理沙としては・・・「持てる者・・持っているのに全てを使わない奴・出し惜しみをする奴を
ターゲットにする」という感じなのかもしれないですよね。

これは最近の記事でも書いたのですけど、是非是非・・・フランちゃんにももっと活躍の場を与えて欲しいのですけど、
フランちゃんを地下に幽閉するというのは
もしかして・・・レミリア様の思惑でもあるのかな・・・?
実は自分よりもはるかにとてつもない凄まじい破壊力を有しているフランちゃんを開放したら幻想郷は
崩壊の危険性がある・・・という事を認識しているレミリア様の苦肉の策という感じもするのですけど、
それならば、是非是非・・・
フランちゃんの家庭教師または指南役としてパチュリーさんを配置して欲しいな・・とも思いますね。
どうしても「紅魔館」というとレミリア様と咲夜というイメージが強いだけに、
パチュリーさんとフランちゃんにも、もっともっと活躍の場を提供して欲しいな・・と思っているのは
たぶん・・私だけではないはず・・・と思うのですけどね・・







500kinendayo-!!_convert_20131025092352.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記の二つのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが描かれたものです。
上が2012年9月に描かれたパチュリーさんで
下が2013年10月に描かれたフランちゃんです。
ちなみに、フランちゃんの方は一度既に掲載をさせて頂いているのですけど、
このフランちゃんのとてつもない「完成度の高さ」を、是非是非改めてこのブログをご覧になって頂ける皆様や
初めてこのブログというか・・この素敵なフランちゃんを初めて目にされる方にも
ご覧になって欲しいと思い、
改めて再掲載をさせて頂きました。

パチュリーさんですけど、まさに「ファンタジー」な雰囲気だと思います。
少しぼんやりとした雰囲気がいかにもパチュリーさんらしいと思いますし、背景の本が
いかにもこの御方らしいと思います。

ちなみにですけど・・このパチュリーさんは、2012年9月の作品なのですけど、
この作品は実は同年2月のリメイクでもあります。
リメイクなのですけど、パチュリーさんの表情・雰囲気・背景が微妙に変化していますし、
その「違い」を楽しむのもアミグリさんのこの素敵なブログを楽しむ一つの方法なのかな・・とも
思います。

ちなみに・・・そのリメイク前のパチュリーさんはこちらから・・・ → むぎゅ・・・リメイク前

そしてこのフランちゃんの完成度はやっぱり何度見ても「素晴らしい」の一言に尽きると思います!!
このフランちゃんは是非是非いろんな人に見て頂きたいです!!
私は・・・このフランちゃんは、アミグリさんの最高傑作の一つではないのかな・・とも思っていますし、
とにかくとにかく・・繰り返しになりますが、このフランちゃんの完成度の高さは特筆に値すると確信しています!!


尚、繰り返しになりますが、上記の素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰り等はご遠慮くださいね・・・・

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!
スポンサーサイト



またまた性懲りもなく「浦和の調ちゃん」ネタなのてすけど、
だって・・・!!
ま、確かにこのポンコツ管理人は「さいたま市浦和区」の住人でも何でもないですし、
住まいは埼玉県川口市ですからね・・・・(笑)
ま、だけど、さいたま市浦和区に隣接しているさいたま市南区と川口市のほぼ境界沿いに住んでいて、
本人の勤務先が、まさに「浦和の調ちゃん」のお膝元とくれば、
そりゃーー、多少は「御縁」はありますよね・・・(笑)
私、そんなに「郷土愛」とか「地元愛」は強い人間ではないですし、
事実・・・・サッカーに全く興味がないせいか、あれだけ熱狂的サポーターが多い「浦和レッズ」には
何の関心もないし、
私自身は子供の頃より「ロッテ」ファンであるため
埼玉県の地元球団の「埼玉西武」は昔っから大っ嫌いですし・・・
(だって・・今年もメシアとかにボロクソに打たれまくっていますしね・・・・苦笑・・)
そんなに「埼玉・愛」が強くは無いはずなんですけど、なぜかこの「浦和の調ちゃん」というショートアニメは
昨年の第一期放映の頃よりとにかく気になって気になって仕方が無いのですよね。
埼玉ご当地アニメというと、そりゃ―――、あの「らき☆すた」があまりにも有名で、
そりに比べたらこの「浦和の調ちゃん」なんて、全国的知名度は全然低いとは思うのですけど、
やっぱり、自分の生活圏内を舞台にしたアニメというのはなんだかんだ言って嬉しいものです!!

だから、そうですね・・・こんなポンコツブログですけど、
この「浦和の調ちゃん」も自分が出来る限りになってしまうのですけど、精一杯応援は
させて頂きたいと思います。
というか・・・昨年3月頃からこの「浦和の調ちゃん」カテゴリで色々と関連記事を書かせて頂いているのですけど、
今回のこの記事で68記事目・・・
うーーむ・・・これは、テレビ埼玉から「番宣ありがとう!」の感謝状を貰ってもいいのかも・・・・?? (笑・・・)

改めて書くのもなんですけど、
この「浦和の調ちゃん」(読み方→うらわのうさぎちゃん)というローカルショートアニメというのは、
埼玉県浦和区に住む高校2年生の高砂調(たかさごうさぎ)と、その友人たちの日常を描くショートアニメです。
そして主人公の高砂調は、近くの「調神社」というウサギが祀られている事で大変有名な神社に
毎朝お詣りをしてから登校するという今時の女子高生にしては大変感心な娘でもあります!!
非商用でのファンによる二次創作を広く認めているほか、
さいたま市内の法人・自治体・商店会に向け、商用でも無料でキャラクターの使用を許諾するなど、
ユニークな試みを行っています。
調神社の目の前の「ミニストップ」でアニメ放映完了から既に1年近く経過しているのに、
このアニメのPOPやポスターや関連グッズを色々と取り扱っているのも、一つの試みと言えるのかも
しれないですよね。
テレビ埼玉で2015年4月~6月に放送され、現在は第2期制作に向けて準備が進められているという話は
結構ちらほらと耳に入ってきているのですけど、
実際に公式から「二期目の放映開始決定!!」というニュースはまだ無いですので、
二期目が本当に実現したら、とにかくめちゃくちゃうれしいです!!




繧オ繝舌う繝舌Ν_convert_20160612233150



そんな訳で、第二期が果たして本当にあるのか・・・という事は一旦置いておいて、
この「浦和の調ちゃん」関連のグッズとかポスターなんかは色々と展開されていて、
ファンとしては嬉しい限りです!
先日このブログでも、浦和の調ちゃん×埼玉県警察のコラボポスターを取り上げさせて頂きましたけど、
あのポスターは、駅とか色々な場所で結構目にする機会は多いですね。

そして、意外な事にこの「浦和の調ちゃん」は、電子書籍進出にも実は既に進出していました!!

調と彩湖が表紙を飾る「サバイバルゲームにおける血液型別行動説明書」がKindleにて発売開始に
なっていました!!
この書籍の表紙は「浦和の調ちゃん」のキャラデザインの原案を担当されたNOB-C先生が
描かれています。

調と彩湖、特に生徒会長の彩湖のこのやんちゃな雰囲気が実に素晴らしいですね!!



隱ソ繝サ繧ア繝シ繧ケ_convert_20160612233030



そうそう・・・ごく最近という感じではないのてすけど、
このアニメとのコラボグッズが、なんと・・・!! スマホケースとしても既に登場していて、
実際にアマゾン等で取扱いされています。
「浦和の調ちゃん ドット絵手帳型スマートフォンケース」という名称みたいで、
調のほか、沼影彩湖・上木崎常盤・道祖土緑・田島桜などの登場人物たちがドット絵で描かれたデザインで、
iPhone 5&5s、iPhone 6&6s、iPhone 6 Plus&6s Plus、Android(S/M/L)に対応する全102種類が
既に発売されているようです。
価格は3320円(税抜き)との事です。

というか・・・全102種類とはすごいですね・・・!! これはもしかして・・・・完全予約制の受注方式なのかな・・??

上記宣伝画像の一番右端の片足を上げた上木崎常盤がめちゃくちゃ可愛いです!!



高砂や


P10505121.jpg


P105044111.jpg



このブログでは、アニメ本編でも登場していた埼玉県の数少ない銘菓の一つである
ふくさやの「十万石まんじゅう」のあのフレーズ・・・「うまい、うますぎる!!」ネタを結構何度もネタに
させて頂いておりましたけど、
ごめんなさい・・・・!!
浦和駅東口にも素敵な和菓子屋さんがありましたねっ!!

そう・・・・!! 季節の和菓子「高砂や」さんですっ!!

埼玉県のお菓子は、「十万石まんじゅう」だけではないですよーーー!!
他にも、くらづくり本舗・十勝の甘納豆・彩果の宝石などいっぱい一杯美味しいお菓子はありますし、
この「高砂や」さんだってあります!!

保存料なし・添加物なし・着色料なしの手作り・できたて・自家製にこだわったお店で
特に自家製の「ふまんじゅう」はとっても美味しいです!!

この高砂やさんとアニメ「浦和の調ちゃん」のコラボ和菓子も第二弾までつくられています!!
今現在は商品として展開されているかどうかはちょっとわからないのですけど、
この刻印のうさぎちゃんがとっても可愛いですね!!
新たなさいたまグルメとして、はたまた・・・・浦和土産として、この「高砂や」さんの和菓子も
是非是非お勧めしたいです!!



讒区Φ_convert_20160114234631



さてさて・・・本当に第二期は実現するのか・・・!?

それはちよっと分からないですけど、公式の「現在準備中」というお言葉を信じて正式発表を
首を長くしてお待ちしたいと思います。

第二期の構想本というのもなんかコミケで売られていたようですけど、
調ちゃんのポニーテールがとっても可愛いです!!
(ポニーテール好きの私にはたまらないですね!!)
調の左隣の女の子って誰・・・・?? まさか・・・新キャラ・・・??

そうですね・・・・「浦和」の永遠の(?)ライバルでもある「大宮」に絡む展開というのも
面白いのかもしれないですよね・・・
調たちの通う浦和第三高校に対して大宮の学校が「挑戦状」を叩きつけるというのもなんかありなのかも・・・??

 | BLOG TOP |