FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉では、現在2013年~2014年にかけて放映されていた「ドキドキプリキュア」が再放送中です。
そして昨日なのですけど、名作回がてんこ盛りの「ドキドキ」の中でも
私がとにかく大好きで大好きで仕方がない第10話が放映されていました。
この第10話は、転校生としてマナ達の通う学校に転校してきたまこぴーとマナが楽しそうに接しているのを
横目で見ていた六花が
「私なんか・・まこぴーと違って小さい頃からマナと親友だったんだから・・・
いきなりやってきたあなたが私の大切なマナと仲良くするのが・・・
なんか面白くない・・」
みたいな「焼きもち」を妬いてしまうというお話でもあるのですけど、
この「焼きもち」を単に「年頃の女の子の独占欲」みたいな形で簡単に処理するのではなくて、
同時に・・・・
「そんな焼きもちを妬くなんてあなたはなんて心が狭い子なの・・・」みたいに六花を批判するような形でも無く、
「それは誰にでもある事・・好きな事や好きな人を自分一人独占したいという考えは、
異常な事ではなくて誰にでもある事・・・・」と
「焼きもち」とか「嫉妬」と言うと夏目漱石の小説ではありませんけども、ついつい否定的に捉えがちな傾向が
あるのに対して、このドキドキにおいてはむしろ「誰にでもある自然な感情」とむしろ
肯定的に捉えていたのは大変印象的でした。







3978eae8_convert_20160614090551.jpg



第10話は、マナを巡る他の三人の関係が、丁寧に描かれてていて、
真琴の視線から見た「マナと六花の関係」
六花の視線から見た「マナと真琴の関係」が
各々の立場から心理描写がされている点はかなり芸が細かいと思いますし、
歴代プリキュアシリーズでもこうした心理描写的側面が少なかっただけに非常に興味がありました。

要は、幼馴染でもあるある「マナ=六花」の関係に
新しく入ってきた「真琴」の存在に対して六花が「焼きもち」の感情を抱いてしまったという事
なのですけど、
これは「友情」をテーマにしたアニメ・漫画では比較的よく出てくるパターンでしょうけど、
プリキュアシリーズではありそうでなかった事なので、何か新鮮に感じたものでした。
六花としては、「マナは自分の大切な友達、おせっかい焼きで周りのトラブルに平気で首を
突っ込んでいくマナのフォロー役が務まるのは自分だけ」と思っているだけに
真琴が突然二人の間に割り込んでくるという事は、例えプリキュアとしての仲間が増えたにしても
マナが以前から「まこぴー」のファンである事を考慮しても何か面白くないという感情が湧いてくるのも
仕方がない事なのかもしれません。

ここで大事な役割を担っているのがありすの存在・・・

現在の「マナ=六花」の関係に新たに入り込んできたのがまこぴーだったのですが、
そのずっと以前に同じ感情を抱いていたのが「ありす」だったのかもしれません。
ありす自身も「本当は、もっとマナと六花の間に割って入りこんでいきたい。だけど無理にそうして
しまうと、六花自身に悲しい思いをさせてしまう・・・そうなるのであるならば、自分は
一歩引いたところで、マナと六花の関係を眺めていて、三人での友達関係を維持したい」と
思っていたのかもしれません。
というか、きっとそうなのでしょう。
車中での六花の様子から、既にありすは全てを悟っていたのでしょう・・・

「女の子にはそういうと気もありますわ・・」というありすはまさに既に「大人」でしたよね・・!
そう・・ありすには既に「全部がお見通し済」という感じでしたね。

ありす自身も以前は、「マナ=六花」の関係性に嫉妬の気持ちを抱いていた時期があったのかも
しれません。
だけどありす自身は、おそらくは早い段階からそうした「嫉妬」の感情を乗り越えていた・・・

それゆえに
「友達を独占したいと思う気持ちは誰にである。自分にもある。だけどそういう気持ちを利用する
ジコチューは絶対に許せない」の発言は
かなりの説得力がありましたね。

振り返ってみると、
ドキドキを見ていて、この瞬間が自分がありすに好感を持ち、
(当時はハニーは存在していませんでしたけど)「歴代黄色系ではロゼッタが一番!!」と感じた
瞬間でもありました。

とにかくこの第10話は際立って大好きな回でした。



9f671fb6_convert_20160614090430.jpg


e678016b_convert_20160614090703.jpg



六花が感じ悩んだ「嫉妬心」・「焼きもち」というのは古今東西の人間達が様々な形で
悩まされてきた心の問題だと思います。
正直、これに関する解決方法何て言うのはほぼ皆無だと思いますし、
結局は・・・・
1.自分が勉強と経験を重ね、強くなっていく、そして結果的に嫉妬の対象を上回る存在になる事
2.時間による解決
これしかないのかもしれません。

そして・・・こうやって「ブログ」を管理運営されている皆様だって・・
もしかしたら…一度ぐらいは、六花が感じたような「焼きもちめいた感情」みたいなものをご経験された事は
あるのではないでしょうか・・・?

「こんだけ履歴訪問残したりコメントしているのに、何の反応も示してくれない」

「あのブログに対して、自分だってコメントの言葉を残しているのに、その主は、××さんのブログでばっかり
コメントをし、自分とこのブログには形ばっかりの訪問履歴ばかり残し
何のコメントの言葉も残してくれない・・・なんか・・釈然としない・・・」

「自分のこのブログだってみんなに見て欲しい!! 特に特に・・・あの人にだけは・・・
だけどその人は・・・××さんのブログにばっかり足を運んでしまっている・・・なんか・・・自分には空虚感しかない・・・」

「自分がいち早くこのブログで主様と古くから色々とお話させて貰っているのに、急に割り込んできた△△さんのブログに
ばっかり最近では反応している・・自分は無視されている・・面白くない・・・」

そんな気持ちをもしかしたら・・・一度ぐらいはお持ちになっているのかも・・・??

そういう私自身は・・・?? うーーん、その辺りは正直ノーコメントとさせて頂きますが(笑・・)
もしも・・・誰かから・・「じゃー、お前はどうなんだ・・?」と聞かれても
その答えは・・・・そうですね・・・ここじゃ言えないですよ・・・(笑)
だけど一つ言える事は、六花が有した感情は、私自身も同じなのかもしれないという事です。

そしてこういう感情というのは・・・・「こんな事を思って年甲斐もなくみっともない・・」とか「恥ずかしい・・」と
マイナスに捉えた時点で、決してそれはいい方向には向かないような感じもあります。
むしろどんどん自分を追い詰めていくだけ・・という感じすらあると思います。
それではどうすればいいのか・・・?
自分達は決して聖人君子でも何でもありませんから、
「そうやって特定の人ばかり意識して考えるから駄目なんじゃん・・・全ての人達と平等に接しなさい・・」みたいな
理想論を語っても全然解決にならないと思います。
むしろ・・・・六花が感じたように・・・
そして後述しますけど、上北ふたご先生の漫画ではないですけど、
「そういう嫉妬の感情は私だけ有しているというものてはない! 否!! 私達一人一人が
心の闇として有しているもの・・・
それを無理やり抑制したって決していい事にはならない・・・
そうした感情は、喜怒哀楽と同じもので、生涯を通してずーーーっと未来永劫付き合っていかないといけないし、
今後も己の心に内在するこのやっかいな感情とはずっと向き合っていけないといけない・・・
嫉妬というのは、時によっては相手も傷つけてしまうし自分自身だって心に大きな痛手を負ってしまうもの・・・
だけど同時に・・・・
それだったら・・・自分がもっと強くならないといけない・・・もっと見て頂ける皆様に興味を持って頂ける事を
書かないといけないみたいな
プラスの要素としてのエネルギーに転換できることだってあるはず!」という事なのだと
思いますし、そのように考えた方がいいのかもしれません。
そして更に大切な事は・・・「相手の迷惑にならないか・・」という「気遣い」という事を忘れなければ尚良し・・・という事なのかな
とも思います。

あれれ・・・・なんだかヘンな方向になって走ってしまいましたけど、
とにかく何を言いたいかと言うと・・・・
第10話の六花というのは、実は、私たち一人一人の事なのだと思います。

別に「嫉妬」という感情は恥ずかしいものではないし、むしろ・・・人間のストレートな感情・・・
それを抑制する事自体が無理な話なのです。
結果的にそうした感情で「自爆」してしまう事は大変愚かな事だとも思いますので、
その辺りは・・
「自制心」とか「理性」というものではなくて「それが本当に相手のためになるのか・・」という「気遣い」でしか
抑制は出来ないと思います。

六花の場合、ふたご先生の言葉をお借りすると
「勝手に想像して、勝手に嫉妬して、自分自身で自分を傷つけてしまった・・・・」という事になると思うのですけど、
そうした「自爆」というエネルギーがあるのならば、
「自分の夢の実現」という事にエネルギーを向けた方が賢明と言えるのかもしれないですよね。
実際、マナと六花は最終的には・・・
「自分の女医という夢を実現するためには、そしてマナもマナ自身の夢を実現するためには
いつかはお互いに離れ離れになってしまい、別の道を歩んでいく事になるのかも・・」と悟っていますけど、
いや――――、こうやって六花が一度は悩んだ感情を見事に乗り越え、
六花自身が自分の方向性をしっかりと見定めた瞬間でもありました!!

こういう六花の単に「マナ大好き!! 」みたいな依存型ではなくて、
「あなたはこうしたいだろうけど、私はこうしたい!」という相互補完型という捉え方は本当に
私は大好きでした!!



2c59dc0f_convert_20160614090355.jpg



それと改めてですけど・・・

この第10話においては、ありすの存在感が光っていました!!

「でも、それって当然ですわ」
「大好きな友達といつも一緒に居たい、一番の仲良しになりたい。誰もが持っている気持ちですわ。私にもありますもの」
「六花ちゃんだって、あの応援団長さんだって同じです」
「本当に?」
「本当ですわ」
「でも、その気持ちを悪に利用するジコチューは許せませんわ」
「そうか、そういうことか」
「行くわよ! ラケル!」

そうですね・・・この辺りのありすと六花の会話はリアルタイムで見ていた頃から痺れっぱなしでした!!

いやいや・・六花もすごいけど、ありす・・・あなたは素晴らしいです!!
ありすに対して私は問いたい・・・「あなたはもしかしたら・・・神なんですか・・・?」と・・・
そのくらい、あの時のありすはまさに神対応でした!!
その時まで私の中では「黄色=ブッキー」だったのですけど、
あの瞬間を持って、黄色系=ありすに切り変った瞬間でもありました・・・
(うぅぅぅぅぅ・・・・ブッキーごめんよおぅ・・・ だけど・・・私が依然としてブッキョウトであるのは間違いないです・・・!!)
ま・・・翌年・・・ありすを超越する黄色系が登場するとは夢にも思わなかったです・・・・
うーーーむ、やっぱりゆうゆうは私にとって理想の黄色系ですね!!

前述の通り、ありすも六花と同じようにマナのことが大好きだと思います。
それは幼少の頃に、マナが傷つけられた際にありすが激高したことが示唆していると思います。
しかしマナと六花の関係は強く、
そこにありす自身が無理矢理入っていくことは難しいでしょうし、結果的に六花を傷つけかねませんし、
最終的に一番傷つくのは他ならぬマナ自身のはずです。
ありすが、シリーズを通しても、マナに対しても・・・六花に対しても・・・
「一定の距離感」を保っていたのは、このありすの聡明さがあったからなのでしょう・・・
そし前述の通り・・・・ありす自身は既に・・全てを既に悟っていたという事なのかもしれませんしね。

六花の焼きもちと応援団長の焼きもちの「本質」は実は全く同じなのだと思います。
否! あのまこぴー応援団長は、まさ六花そのものであり、
そして・・・上記でブログ運営についてくだらない事を愚痴ったしょーもない私自身の嫉妬でもあり、
そして同時に・・・皆さま自身でもあると思うのです!!
そして同時に「ジコチュー」とは自分たち一人ひとりが内在するものであり、
それを否定する事は誰にもできやしない・・・
だからこそ、ジコチューの「人の心を弄ぶ事」は許されないことであり、
そうした人間として自然に有する感情を怪物にしてしまう敵勢力を絶対に許す事は出来ないという事であり、
それこそが「ドキドキにおいての戦う動機」であり、その戦う動機が明確に提示された瞬間とも言えると思うのです。
それが、ドキドキのシリーズ全体を通して描かれた「敵とは一体何なのか・・自分達は何のために戦うのか・・?
それは・・自分達の心を弄ぶことは絶対に許すことが出来ないから・・」という
ロジックにもつながったのではないのかな・・・とも思います。




縺オ縺溘#_convert_20141007142738



上北ふたご先生のなかよしで連載中の漫画版「プリキュア」は、
よく「もう一つのプリキュア」なんて言われますけど、
私も全く同意見です。
アニメ版・原案を決して崩すことも無く、ほぼ原案に忠実に、しかもあんな短いページ数で
基本ストーリーをこなしながらも
部分部分で上北先生の考えをきちんと表現されている点は
「凄すぎる・・・」としか言いようがありませんし、
よくここまで「もう一つのプリキュアの世界」を構築できているものだと毎回毎回感心しています。

歴代では、
特に「フレッシュプリキュア」のラブとイース(せつな)の描き方が
とにもかくにも凄まじかったです・・・・
あれは「幼児用漫画」の世界ではありませんね・・・・
ほぼ「百合キュア」の世界ですし、
部分的には「R15」指定でも異論がないほどですね・・・・・(苦笑・・)

前述のマナとまこぴーを巡る「六花のやきもちとそれをフォローするありす」についての
上北先生の漫画も見た事がありますけど、
基本的な流れはアニメ版と似ている面はあるのですけど、
ここでも上北先生らしさが遺憾なく濃密に描かれていて、
自分なんかは、こちらの「もう一つのプリキュア」も大好きです!!

六花とありすの会話をピックアップしてみると・・・・

六花:分かっている・・・、マナは一生懸命まこぴーを喜ばせようとしただけ・・・

ありす:六花ちゃんはすごく強い子

六花:ダイヤモンドだって傷つくのよ・・・

ありす:そうですね・・・ダイヤは地球上で最も硬い物質。ダイヤ以外にダイヤを傷つける事は出来ない。

六花:わたしを傷つけたのは「わたし」って事・・・??

六花:私が勝手に想像して、勝手に嫉妬して、自分自身で自分を傷つけてしまった・・・・
    お見通しね、ありす・・・・ありがとう・・・

ありす:透明度の高い内側から溢れ出る強い輝き、それがダイヤの魅力

六花:もうダイヤモンドを傷つけない・・・キラキラ輝かせたい! 自分自身で・・・!!

いやー、でもこの二人の会話のレベルは凄まじいものがありますね・・・・
結果的に六花はその後、
「自分自身のために頑張りたい、だけど今回の一件で一番大きな発見は、
 マナ、あなたが大好き!!」という発言もしていますけど、
それを踏まえて、アニメ版の「マナりつ」も良かったけど
上北先生版の「マナりつ」もその上を行く熱いものがありましたね。

ドキドキの上北先生漫画版がアマゾン等でも一時在庫切れ・完売というのも
頷けますね・・・・


ritumana2.jpg



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログの素敵なブロとも様の
とっても素晴らしい作品の紹介コーナーです。

今回は、先日の6/11の「東方傘娘」記事で大変お世話になりました
風月時雨様のイラストをご紹介させて頂きたいと思います。

上記の「巫女さんコスプレのマナ&六花」のイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「五月雨日記<仮の宿>」の管理人様の風月時雨様が最近描かれたものです。

風月時雨さんのお言葉を引用させて頂くと、

「やはり六花→青キュアという事もあってか、青系の巫女服しっくりくるような。
真剣な表情でお仕事モードです!」

「一方マナは…私が勝手に追加したのですが、これはこれでアリかな…?
マナはポニテではないですが、髪の一部をリボンであげているので
霊夢の大きなリボンもそんなに違和感ないと思ってます。六花と一緒に
巫女さんできてキュンキュンだよ!とノリノリでしてくれそうな気も(笑)」

との事です。

少し補足をさせて頂くと、上記のマナと六花のコスプレの元ネタとは、
「東方Project」に登場している二つの神社・・・博霊神社の霊夢と守矢神社の早苗さんという
二人の巫女さんです。

いやーー、これとっても二人の素敵な巫女さんだと思います。

東方の霊夢と早苗さんもとっても素敵な巫女さんなのですけど、
このプリキュアメンバーによる「巫女さんコスプレ」も本当に素晴らしいですよね!!
この二人の素敵な巫女さんは、今すぐ「幻想郷」に移転したとしても、十分に幻想郷内の
素敵な巫女さんとして人々の間から認知されそうな予感が漂いますね!!

実は六花と早苗さんは「カエル好き」という共通項がありますから、六花の髪飾りとしてのカエルは
とってもお似合いだと思います!
霊夢というとトレードマークは頭の大きな赤リボンだと思いますけど、この赤リボンをマナが身に纏っても
全く違和感ないですね!
否!! むしろ・・霊夢すら超えちゃいそうな「きゅんきゅん」ものの可愛らしさのオーラが満ちていると思います!!

東方とかプリキュアと言うのはどちらも人気ジャンルですし、これを描かれる絵師の方も相当多いと
思うのですけど、
意外な事に、プリキュア×東方のコラボ絵はあんまりお見かけした事ないですね。
この巫女さんマナりつもそうですけど、風月時雨さんの過去作にはこうした素敵なプリキュア×東方のコラボ絵は
一杯ありますし、
それを現実に「絵」として描かれた風月時雨さんの発想の豊かさは、本当に
大変高く評価されて然るべきものと思います。

ちなみにですけど、このイラストの該当記事をご覧になりたい方は
是非是非こちらから!! → コスプレマナりつ&シリアスイラりつ

またまた・・・風月時雨さんの東方×プリキュアのコラボ絵として大変印象深いのは
こちらの作品でもあります・・・!! → 東方×プリキュア=小町×のぞみ


風月時雨様!! いつも本当にありがとうございます!!
スポンサーサイト



先日なのですけど、会社の定期健康診断が実施され、
そうですね・・・
結果は・・・「なんか年と共に自分の体もポンコツ化していくものだなぁ・・」というものですね・・・(苦笑・・)

うーーむ・・「生活習慣病」なんて昔はそんなの全然意識もしていなかったし、血液検査等で
そんなの一項目たりとも引っ掛かりはしなかったのですけど、
ここ最近は・・・
「昨年よくなかったこの数値が改善したと思ったら、今度はこっちの数値が・・・」みたいな感じですし、
内科の問診ではお医者さんから
「それが年を重ねる・・というものなのです・・」と諭され、
「確かにね・・」と妙に納得したものです・・・

とにかく今後は・・・他ならぬ自分のためなんだから「健康」の事も今まで以上に意識をしていきましょう!!という
事なのかもしれないですよね。
ま・・・身長・体重・ウエストが結果的に高校2年の頃からほとんど変化が無いというのは
いい事なのかな・・?
ま・・・このポンコツ管理人の精神年齢も・・・多分・・当時とほとんど変わっていないで
相変わらずの「大人とおこちゃまの境界」を彷徨い続けているのかもしれないですよね・・(苦笑・・)

そうそう・・・今回の健康診断で少し驚いたのは「自分の視力」でした。
私、大学生頃から基本的にはコンタクトを使用していますけど
(最近はメガネを使用する機会の方が増えたかな・・・)
矯正視力で、右も左も0.8ぐらいで、これは、運転免許更新時においては適性検査スレスレ通過という
レヴェルなのですし、
前回も免許更新時に「そろそろ目の矯正道具を強化しないとだめだよ・・」とダメ出しも
食らっている状態なのですが、
今回の健康診断では、なぜか右も左もいきなり1.2へと視力がよくなっていました!!

ふーーん・・・こういう事もあるのですね・・・

別に普段ブルーベリーを食べているとか視力回復訓練とかしている訳でも
何でも無いのですけどね・・・

たまたまなのかな・・・??






6c4b1522_convert_20160119223751.jpg



ま・・・少なくても「ラブリービーム」100連発という
目から光線を発して敵を撃破するというどっかの荒ぶる御方のような「荒業」を密かに夜な夜な練習して
視力回復に努めていた・・・

そんな訳は絶対にないのですけどね・・・・(笑)

 | BLOG TOP |