FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


なんか最近このブログにおいては早苗さんの事ばっかり書いているような気がしないでもないのですけど、
ここ最近はなぜかこの「多々良小傘」の事も随分と登場しているような感じも
あったりもします。

私、好きな言葉というか「格言」として、

1.お金は天下の廻りもの

2.お金はあの世に持っていけない

3.捨てる神あれば拾う神ある

というのがあるのですけど、そうですね・・・こういう全世界的な「格差社会」が拡大している状況においては、
1と2を全世界的に徹底するだけで
意外と世の中が動いていくような気さえします。
特に「相続」においては、セカンドハウス・投機用物件とは異なるあくまで「居住用」の居宅以外は、
被相続人の「全財産」は全て国庫に移管して、
それを租税として「分配」に廻した方がいいと思うのですけどね・・
要は「生き金」という事なのだと思います。
そして3についてですけど、
これは「働き方」にも結び付くのかなとも思います。
一旦ある所にご縁があって勤め始めたけど、どうしても自分には合わないとか
その組織が必ずしも自分を必要としていないことに気が付いた・・・みたいな事は結構あるものだと思います。
そうした場合、例えば昭和の頃の日本の「終身雇用」とか「親方日の丸」みたいな雰囲気ですと、
本人が「自分には合わない・・」と思っていても「次の職場が見つからないかも・・」みたいな不安感で
ついつい我慢してしまいストレスを抱えてしまうみたいなある意味悲劇も結構多かったのではないのかな・・・とも
思ったりもします。
だけどそうした「働き方」とか「価値観」というのは決して一つではないのだと思います。
要は色々な「働き方」があってもそれはそれで全然いいと思いますし、
そうですね・・・社会が今よりももっと
「何かのやんごとなき事情で組織を離れざるを得なかった人たちに対して、
適材適所みたいな事を発掘してあげるというのか指導してあげて、
本人がより働きやすい環境を提供してあげる」みたいな事も決して悪い事ではないのかな・・とも
思ったりもします。
要は・・「捨てる神あれば拾う神ある」という事なのだと思います。
価値基準というものは決して唯一絶対のものではない・・・
ある組織では、「これはよくない・・」と指導されていた価値観が別の組織では「それはいいこと」みたいになってしまう事は
よくある話ですし、
本人が一つの組織内では、役立たず扱いされてダメ人間呼ばわりされていたとしたって
案外別の組織に移ったりすると「あの人はすごい・・」みたいな評価を受ける事は決して珍しくはないと思います。

要は・・・「価値観」なんてものに絶対的なものはない、そして同時に「人からの評価」というのも
絶対的なものは無いという事なのだと思います。
そして一度は組織から「おまえはここでは不要」と切り捨てられた人間が
別の組織においてめきめきと頭角を現せるような「やり直しがすぐに出来ちゃうような社会の実現」が
到来出来ればなんか素敵ですよね・・・



蟆丞x_convert_20160611173837



さてさて・・・・そうした「拾う神あれば捨てる神」を東方Projectにおいても、それを実践と言うのか
生かしていた人も妖怪さんもいましたね。
その一人が「多々良小傘」ではないのかな・・・・とも思ったりもします。
ま・・・小傘は一応は・・・「付喪神」といって古来から日本の伝統でもある「八百万の神」というのか、
私たちが普段日常品等として使用している「モノ」に憑かれた神様みたいなものでもありますので
捨てる神とか拾う神とかいっても本人がある意味「神様」みたいなお方でもありますので・・・・
あ・・というか小傘の場合は、
モノとして人に使用されていたのですけど、それが使われなくなってしまい放置された際に「妖怪化」してしまった経緯が
ありますので、そうですね・・・どちらかというとモノに憑りついた神様と言うよりは「妖怪」みたいな
ものなのかな・・・??

ま・・同じ付喪神でも秦こころとは強さのレヴェルが全然違う・・という感じなのかもしれないですよね・・・(笑)

とにかくこの「唐傘」がいかにも「夏の風物詩みたいなお化け屋敷」みたいな感じで
とっても楽しそうですね!!
本当は怖いのかもしれないけど、多々良小傘が持ってしまうと、単なる「おもちゃ」にしか見えない所が
また可愛いと思います。
小傘の「あかんべえ」がとっても可愛いです!!
そうそう・・・東方キャラとしては極めて珍しい「素足」というのもポイントが高いと思いますし、
東方では「初」となる「オッドアイ」がまたまた魅力的です!!

多々良小傘は妖怪としては極めて「弱い」部類に入り、
「東方神霊廟」においても白蓮さんの命蓮寺内の墓場で遊んでいたら、キョンシーの宮古芳香によって追い出されてしまい、
異変解決のためにやってきた霊夢に対して妖怪退治を依頼し、
なんと・・・・!
妖怪が人間に対して「妖怪退治を依頼する」というある意味快挙もやらかしてくれています・・・(笑)

こういうお茶目なところも多々良小傘の魅力の一つですよね!!

多々良小傘は、元々は人間達が放置した「置き忘れ傘」が妖怪化したもので、本人自体に悪気は全く無い
人間達を唐傘で持って脅かすのが大好きという
「いたずら妖怪」でもあります。
だけど・・・人間達がもー唐傘見ても慣れっこになってしまいあんまり驚かなくなってしまい今一つ張り合いがない・・・
そんな理由で東方神霊廟あたりからは、白蓮さんの命蓮寺の墓場にいる事が多くなり、
お墓参りに来た人間達を性懲りもなく驚かす・・・といういたずらも繰り広げていきます。
だけど、小傘はこの辺りから、もしかしたら・・・何か「心境の変化」みたいなものが沸き起こったのかも
しれないですよね・・・
そうですね・・・・
「このまま人を脅かすだけじゃなんかつまらない・・・」
「逆に何か人間の役に立つことは出来ないものか・・・?」みたいな考えに少しずつ変化が生じたのかも
しれないですよね。

そしてその一つの表れが、「ベビーシッター」なのでした。

射命丸文から
「あなたはなんでそんなベビーシッターなんか始めたの・・?」というインタビューに応え、
「傘として使ってもらえないのなら、自分から役に立つ道具になりたいの。
私は人を驚かすくらいしかできないけど……人間が何を欲しているか予想して、
道具の方から人間に合わせていきたいの。それが新しい付喪神の姿だと思っているわ」
みたいに大変健気で前向きで素晴らしい事を言ってくれています!!

うん・・・!! 小傘ちゃんえらい!!
あなたはも―――――、役立たず妖怪とかへたれとか今後一切誰もそんな事言わなくなるよ・・えらい!!と
思ったのですけど・・・
実態は・・・・小さい子供をあの唐傘で脅して遊んで、子供の親たちからは
「こんな変質者妖怪にご注意を!!」みたいな手配書すら出回っていましたよね・・・(苦笑・・・)

うーーむ、小傘はやっぱり不憫なのか・・・・と思っていた所・・・

なんと!!

今度は「東方茨歌仙」にて素晴らしき設定が登場し、ここで・・・多々良小傘の人気&存在感は
一気にググッ・・と上がる事になります!
それが何かと言うと・・・多々良小傘は実は「鍛冶が得意」という事でした。

小傘は鍛冶業で生計を立てているらしく、針供養の日を針を売る絶好の機会と見ているようで、
その針供養の日に意気揚々と博麗神社を訪れ、霊夢に対して「針の新調はいかがですか?」とか
「この針でもって妖怪退治の立派なアイテムにもなりますよ・・・!」みたいな営業攻勢をかけ、
「乗るしかないでしょ!この大波に!」と意気込んだものの、襲撃と勘違いした霊夢に容赦なくボコボコにされた挙句、
数日かけて針を新調したら、今度は品質検査と称した試し撃ちでまたも悲惨な目に遭ってしまいます・・・(苦笑・・)

だけど、鍛冶については本当に素晴らしい腕前を有しているみたいで、
小傘本人が「人間の鍛冶屋よりも数段上の針を拵えますよ。マ・ジ・で・・・!!」と豪語するだけの事はあって
その技術と仕上がりは一目見た霊夢と魔理沙を感嘆させる域に達するほどのレヴェルでした。
あ・・・そっか・・・
「多々良小傘」の「たたら」というのは、「鍛冶」にもかなり深い関係があるのですよね。
小傘の一つ目・一本足の唐傘とは、元々は「一本だたら」という妖怪で、
この妖怪は鍛冶の神「天目一箇神」の零落した姿とも言われています。
このブログにおいては、8月第一週になると毎年毎年川口市の「たたら祭り」のプリキュアショーについて
書いていますけど、
この「たたら祭り」の「たたら」という言葉も
「たたら吹き」と呼ばれる日本古来の製鋼法に由来しているとの事です。
おっと・・・・意外と多々良小傘と埼玉県川口市在住の私の間では「接点」があるのかもしれませんね・・・・(笑)
ちなみに川口市はかつては「鋳物の街」とも呼ばれ、
吉永小百合主演の映画「キューポラのある街」で舞台になった街でもあります!!





縺溘◆繧雲convert_20160611173907



螟壹€・憶_convert_20160611173934



それにしても、小傘の「おっと・・、妖怪退治の武器を作っているのは他の妖怪には内緒ですよ・・?」と言って
舌をペロッと出している小傘はとっても可愛いです!!
そして・・・・
「針以外の仕事も是非是非! 神社の鈴とか鏡とか驚きの仕事をしますよ!」という小傘は、
何やら大変生き生きとしていましたよね(笑・・)

阿求ちゃんの「東方求聞口授」において、聖白蓮さんが大変興味深い指摘をされていました。

「昔の妖怪は人間の想像によって影響を受けその姿を変えてきて、今の妖怪は独自に
進化を続けている」
「今の妖怪は多様性があります」

そうですね・・・この白蓮さんの指摘は大変鋭いものがありますし、
まさに現況の幻想郷の妖怪たちを象徴する言葉なのだと思います。

以前のように、妖怪は人を襲う事も無くなり、
人間に「妖怪に食べられてしまう恐怖を植え付ける事」でその存在意義を見出してきた妖怪にとっては、
システムが安定し自らの存在が消滅する事はありえない幻想郷の世界においては、
「人を食う」とか「恐怖を与える事」以外の事で自分達の存在感を提示しないといけないという事なのかも
しれません。
そういう意味では、「妖怪の多様性」というのはむしろ自然な事であり、
例えば・・・・
ミスチーが焼鳥・・じゃない・・・八つ目鰻の屋台をしているとか
慧音が寺子屋を開いているとか
プリズムリバー三姉妹がイベントを開催しているとか
アリスが人形芝居をしているとか
うどんげちゃんが薬売りの行商をしている(させられている)とか
藍が幻想郷内の測量をしているとか
あややが新聞を発行しているとか
要は・・・・その本人しかできない事とかその特技を生かした活動をするとか
妖怪にとっても「人を襲う」というバカの一つ覚えだけではない、
何か新しい役割を持っていないと幻想郷では取り残されていく・・・という感じになっているのかも
しれないですよね。

上記の多々良小傘もそうした「多様性」を象徴する典型的な妖怪なのだと思います。

前述のあややとのインタビューが全てを語っているとも思えるのですけど、
「傘として使ってもらえないのなら、自分から役に立つ道具になりたい」とか
「道具の方から人間に合わせていきたい」という言葉はまさに小傘なりの「生き方の模索」なのだと
思います。
そして・・・・
当初の人を脅かす妖怪としてダメなら、ベビーシッターへと方向性をシフトし、
それが不評で受け入れられないと悟ると、
今度は・・・実は元々得意技でもあった「鍛冶」に特化した仕事をはじめ、
鍛冶で立派に幻想郷内で生計を立てて、多くの人間・妖怪から
「あいつはすごい! これだけはあいつに依頼しよう!!」という存在意義を見出していければ
本当に最高ですよね!!

そしてそれこそがまさに「捨ても神あれば拾う神あり」なのだと思います。

一度や二度のヘマぐらいで・・・自分は何の役にも立たない・・と自分の存在意義を否定することなく
前向きに考えていき、
最終的には「天職」という仕事に巡り合うことが出来た・・・
それが多々良小傘の素晴らしき幻想郷内での立ち位置であり、
色々な働き方や働く事の価値観を模索していき、様々な可能性を試してみた多様性の結果として
今の「居場所」・「存在意義」を見出せた小傘は、
案外・・・現代人の鑑と言えるのかもしれないですよね。
価値観というものに絶対的な事はない・・・
そしてその価値観を決めるのはあくまで自分自身・・・
最終的に自分に合った価値観を見出すまでは色々な可能性を模索すべき・・・それが「多様性」というもの・・・・
まさに素敵な「捨てる神あれば拾う神あり」を実践した多々良小傘だと思いますし、
そんな可愛いかわいい小傘になんかとてつもない「ポリシー」を感じたりもしますね!!
スポンサーサイト



7.秋田南高校


B/バレエ音楽「春の祭典」第一部より(I.ストラヴィンスキー)


このブログにおいては「秋田南高校吹奏楽部」のあのあまりにも偉大過ぎで、
まさに「伝説の名演」に相応しい本当に人の心に確実に「何か」を伝えたあの素晴らしい名演の数々を
まさに・・・「これでもかっ!!」と言うほど、
何度も何度も取り上げさせて頂きました。
ま・・確かに自分自身「ちょっとしつこいかな・・」とも思ってしまう事が多々あるのですけど、
正直な話・・・秋田南は、33年以上全国大会金賞から遠ざかっていて、今の若い奏者の皆様に
「秋田南」の話をしたとしても
「え・・・・? 秋田南・・・?? 毎年確かに全国には出場しているけど銀と銅の繰り返しで
今一つ実績がない学校でしょ・・」と言われるのがオチなのかな・・・(苦笑・・)

だけど・・・ここで私は声を大にして叫びたい!!

「秋田南は、とにかく・・・高橋紘一先生時代・・・特に特に・・1970年代後半から80年代前半にかけては
今現在の視点・感覚で聴いても全く遜色がない・・・否!! むしろそれ以上と言うか
今現在でもあの演奏から学ぶべきことは多々あるとてつもなく素晴らしい演奏を
一杯いっぱい・・・後世の私たちにこんなにも残してくれていたんだよ!!」と
伝えたい気持ちで一杯です!!

そうした高橋紘一先生時代の中でも特に「5年連続金賞」を達成した1976年~1980念の演奏は
どの年の演奏も本当に素晴らしいものでした!!
どの年の演奏もキラリと光っていました!!
76年~77年のストラヴィンスキーの難解極まりない複雑なリズムの精緻とも言えるあのバレエ音楽を
とにかく新鮮で瑞々しい感覚で斬新に聴かせてくれたと思ったら
1978年は一転して三善晃の「管弦楽のための協奏曲」というこれまた大変な難曲を斬新に鮮やかに
聴かせてくれ、
そして、1979年~80年代にかけては、矢代秋雄・三善晃のこれまた難解極まりない邦人作品を
あそこまで内省的に深く深く表現してくれていて「内面の小宇宙」を大胆かつ精密に表現してくれていたのが
とっても印象的でした!!
まさにあの頃の秋田南と同じ秋田県内の花輪高校の両校は、
当時の日本のスクールバンドのまさに「生きるお手本」であり、
同時に両校ともに、後世の私たちをいまだに感動させ続ける素晴らしい演奏を残してくれていたと思います。

そんな両校・・・秋田南高校と花輪高校の過去のそうした素晴らしい演奏は、
あの名演からやはり30年以上も経過してしまうと、
どうしても私たちの「記憶」から消えてしまいがちですし、
当時の演奏全てがCDとして記録されている訳ではありませんし、
両校のあの素晴らしい名演を「知らない・・・聴いたことが無い・・・」みたいな方も結構いらっしゃると思いますし、
誰か一人ぐらいは、多少執拗であっても
「過去のこうした秋田県勢の素晴らしい名演をブログという形態であっても、文章という目に見える形で
何か残しておきたい・・・」という人がいてもいいんじゃないか・・・・という事で
このブログ・・・ま・・普段はプリキュアと東方まみれのブログではあるのですけど
「未来への記録」として何かを残しておきたい・・・
そんな想いで、秋田南と花輪の演奏の事は今後とも、手を変え品を変え
色々な形でこうした「自分の思いを後世に受け継がれていければいいのかな・・」とも
思っています。

1976年の秋田南の「ペトルーシュカ」は本当に素晴らしい名演でしたね!
あのまさに「屈折した明るさ」という言い回しがしっくりきそうなとにかく生き生きとした躍動感と生命感溢れる
名演だったと思いますけど、
残念なことにこの「ペトルーシュカ」と「春の祭典」は、もしかしたら著作権の絡みなのかもしれないのですけど、
この二つの演奏が正式にCD化されないのはなんか勿体ない気がしますし、
出来ればあの素晴らしいストラヴィンスキーの演奏を是非是非今の若い現役奏者の皆様にも
聴いて欲しい気持ちで一杯です。
その「ペトルーシュカ」を引き継ぐ形で翌年、1977年の秋田南が自由曲として選んだのが
なんと・・・・!!
プロでも難しいとされる「春の祭典」だったのです。
当時から「アマチュアの高校生が春の祭典なんて・・しかも吹奏楽アレンジ版として演奏するのはいかがなものか・・・」
みたいな批判の声は相当あったと聞いていますし、
事実・・・当時のBJを読んでみても「春の祭典論争」といった吹奏楽による春の祭典の演奏は果たして是か非か・・
みたいな紙面論争みたいなものもあったのも今となっては
なんか懐かしい話です。
実際の演奏は、そんなつまらない批判を完全に吹っ飛ばす壮絶かつ理性的な演奏でした!!
壮絶と理性的とでは全く矛盾しているというか相反する要素だと思うのですけど
とにかくこれは・・聴いて貰えば、私が何を言いたいかはすぐに分かって頂けると思います。
演奏は・・時に大胆不敵に、そして全体的には大変端正に理性的に乱れることなく進行していきます。
プロのオケでも難しいとされるホルンの高音域なんかも全然無理なく自然に聴こえているのが
特に素晴らしいですね!!

課題曲Bの「バーレスク」ですけど、聴き方によっては「固い・・」と思わせるほど
端正で理性的で正攻法で、バカという言葉が付くくらい「真面目」な演奏です。
だけど・・・
対照的に自由曲の「春の祭典」は、大胆不敵で豪快で自由自在で、
言葉は悪いけどある意味「やりたい放題」の演奏です。
だけど・・・・演奏は確かに豪快なんですけどとてつもなく精密で
「よくここまで仕上げたもんだ・・」と感心するくらい細かいところまでさらいこまれていると思います。
ちなみにですけど、この演奏はBJ評では「アレンジは秋田県内の学校の先生たちによる集団アレンジ」と書かれていますけど、
これは完璧にガセネタです・・
正解は、この曲のアレンジャーは、そう・・・言うまでもなく天野正道氏です。

この年、実は「春の祭典」は秋田南高校以外でもう一つのチーム・・・そう、駒澤大学も自由曲として選んでいます。
駒澤大学は、第二部「いけにえの儀式」から抜粋しているのに対して
(駒澤大学も素晴らしい演奏でした! だけど・・・後半におけるバスクラのソロの部分が
 凄まじいリードミスを発生させてしまい、ほんの瞬間・・演奏が止まる寸前だったのに、
 その後何事もなくバスクラがソロを続け、その後は無難に曲を展開させていったのはさすが!!でした!!!)
秋田南高校は、第一部「大地礼讃」から抜粋させているのが大変興味深いところがあります。
「春の祭典」というと、やはりどうしても第一部冒頭のファゴットの超高音域によるソロ開始が大変印象的なのですが、
秋田南は、このファゴットのソロから曲を開始させるのではなくて、
なんと、いきなり・・・!!
木管楽器による不協和音のリズムの刻みから開始されます。
そう・・! 序奏からではなくて、春のきざし(乙女達の踊り) の部分から曲を開始させていたのでした!!
そして全体的には、それほど荒ぶる部分とか過剰に音量が鳴り響く部分をそれ程選ばず、
どちらかと言うと、
曲の構成・カットも、あまり無理な場面は選ばず、比較的ゆったりとした部分をメインに構成していたのも
大正解だったような気がします。
ま・・曲の構成・カットも、あまり無理な場面は選ばず、比較的ゆったりとした部分をメインに構成していたのも
大正解だったような気がします。
春のきざし→誘拐→春のロンドと曲を展開させて・・・そして最後は・・・
唐突に第二部のエンディングの一音で終結というあまりにも強引で大胆なカットをしていたのは・・
ま・・ご愛嬌の域ですね・・・(笑・・)

それにしてもこの演奏を改めて聴いてみても「上手いな・・」と感じてしまいますね。
こんなに難しい曲なのに、ミスらしいミスはほとんどありません。
この時代の演奏人数の上限は45名ですし、この当時の秋田南のティンバニはペダル式ではなくて
おんぼろの手締め式です。
だけど手締め式なんだけど「ぼよよーん」みたいな音は出ていないですし、
音はリズムを引き締めていると思います。
「春の祭典」ですので、トランペットやホルンは相当の超高音域の連続なのですけど
特に大きなミスや音外しはありませんし、
とにかくアマチュアの高校生の吹奏楽アレンジとは全く思えない演奏だと思います。
そうですね・・・・
大変誤解がある表現かもしれませんけど、
気持ちが入っていないプロの醒めた演奏よりは、
吹奏楽版なんだけど、この秋田南の演奏の方が「魂」がこもっている気さえします。
そのくらい・・・この時の秋田南は神がかっていたと思います。
たまたま使用していた楽器が「管楽器+打楽器」にすぎなかった・・という感じの演奏でもあります。
聴いていて「所詮は吹奏楽アレンジ演奏でしょ・・」とか「所詮は、無謀なイロモノ演奏だね・・」みたいな
批判は全くの的外れ・・・、それだけは間違いなく言える演奏だと思います。

確かに「管弦楽のための協奏曲」とか「交響三章」といった邦人作品の演奏も素晴らしいのですけど
それに負けないくらい、
ストラヴィンスキーを演奏した秋田南も素晴らしかったです!!
(1983年の「火の鳥」を含めての話です!!)

 | BLOG TOP |