FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まずは・・・先日日曜の放映時が、朝比奈みらいのお誕生日でした!!

みらいちゃん、お誕生日おめでとう!!と私からも盛大にお祝いをさせて頂きたい気分ですね。
みらいは本当に可愛くて素直でいい娘ですよね!!
今回の話でも「今、××って言いましたぁ―」と「わくわくもんだぁー」の決め台詞を連続して言っていましたけど、
あのセリフはみらいが言うと本当にまさに「わくわくもん」ですね!!
みらいは本当に一途でまっすぐで、それでいてあんなにもめちゃくちゃ可愛いとまさに
プリキュアになるために生まれてきたようなお人だと思います!!
魔法つかいが開始されたばかり頃は、なんか美味しい所をほとんど(ポンコツの?)リコちゃんに持っていかれてしまい
「ううう・・・・・ピンク系なのになんて不憫な子・・・」とも一時期感じていたものですけど、
最近はリコちゃんのポンコツさも大分薄れてきたせいもありますし、なによりも現在の舞台はナシマホウ界でも
ありますので、物語としても大分みらいにも光が当たってきましたので、
今では十分に「魔法つかいの物語は、みらいとリコのダブルヒロインの物語!!」と言えるようにも
なってきたと思います。
ま・・・間もなくはーちゃんがキュアフェリーチェになりますので、それ以降は「トリプルヒロイン」という感じになるのかな・・・?
あ・・そうそう、CM・・・たとえば「楽しい幼稚園」なんかにも、もうしっかりとフェリーチェが映っていましたね・・・(笑)
というか・・・既に公式HPにおいては、はーちゃん=フェリーチェは堂々と掲載されていましたね!!
歴代プリキュアですと、例えば「プリキュア5」だったらのぞみ、フレッシュだったらラブ、
ドキドキだったらマナみたいに各シリーズに「この人にぜーーんぶ安心してお任せ!!」みたいな絶対的なエースが
いたものですけど、
最近の傾向としては、絶対的エースが全員をぐいぐい引っ張っていくのではなくて、
「みんなで頑張っていこう!」みたいな雰囲気が濃厚のような感じもあります。
そうしたプリキュアとしての「一つの変化」を示唆していたシリーズがやっぱりあの「スマイルプリキュア」の世界なのかな・・とも
思ってしまいますね。
スマイルにおいては、みゆきはピンク系なのにリーダーらしい事はほとんどしていなくて、
どちらかというと、各自の役割と得意分野を活かしながら全体のチームに貢献していくみたいな雰囲気もあったかと
思いますし、それを受け継いでいたのがハピネスでもあるのですけど、
今作の魔法つかいはそうした流れを汲んでいるのかな・・・?とも感じますね。







b0f3d582_convert_20160614120206.jpg



さてさて・・・今回のお話もとっても楽しいものでしたね!

そうですね・・・これは人によって受け止め方は千差万別だと思うのですけど、
スマイルが終わって以降の3代は比較的重たいテーマとかシリアスな要素もいろいろ含まれていて
少し「娯楽」の要素が薄かったのかな・・とも思ったりもします。
あ・・・勿論娯楽じゃないから全然ダメとかそんなんじゃないですし、事実、私なんかは
このブログで何度も書いている通り、ハピネスチャージの物語はも―――死ぬほど大好きですから!!
そうした中、今作の「魔法つかい」は今の所は、かなり「娯楽要素」を高めて描かれていて、
見ている側としてもそんな難しい事とか小難しい理屈をいちいちこねなくてもとにかく、
「見ているだけで文句なく楽しい」という感じですし、
むしろこの「楽しさ」を存分に堪能しているという感じが大変強いです。
そしてその「楽しさ」の中にも「相反する異世界同士の交流」という大変素敵なテーマも盛り込まれていますし、
まさに、みらいじゃないけど「わくわくもんだぁーー!」の世界なのだと思います。

さてさて・・・前回の話で無事にガメッツを浄化したみらいとリコなのですけど、
あれれ・・・帰り道はペガサスとか人魚姫たちのサポートはないのですね・・・
と言う事は・・・
この二人は本当に三日も掛けて魔法学校に戻ったという事なのかな・・・??
うーーむ、今頃、みらいの家では「二人が帰ってこない・・・」と大騒ぎになっているのかな・・・??
ま・・・あのみらいのおばあちゃんが上手い事言って誤魔化すのでしょうけどね・・・(笑)

はーちゃんですけど、前回も今回も本当によく寝ていましたね・・・
やっぱり「寝る子は育つ」の格言ではないけど、
フェリーチェ覚醒に向けてエネルギーを溜め込んでいる真っ最中なのかもしれないですよね。
そうそう・・・プリキュア5GoGo!でも、4人の国王たちは
「休むのも仕事」とか「エターナル襲撃でダメージを負ったこの体を休ませる必要がある」とかで
とにかくローズパクトの中でぐーすかぴーすか布団を敷いて寝てばっかり・・・みたいな雰囲気も
ありましたよね・・・(笑)
まさにあれも・・・大人の国王と言えども「寝る子は育つ」という感じなのかも・・・??

今回は校長先生は行方不明状態・・・
そうですね・・・・あの校長先生は素敵な御方ですので、くれぐれもどっかの青い神様のような「隠蔽体質」に
ならない事を祈るばかりですね・・・
ま・・ジョー岡田みたく胡散くさくない点は素敵だと思います。
今回の話の中で、校長先生7不思議みたいな事が描かれていましたけど、
その内容は・・・・
・何歳なのか誰もわからない
・魔法使うところを誰も見たことない
・夜の校長室から女性の声が聞こえる
・飲んでる薬膳茶は苦いらしい
・ナシマホウ界ではモテモテだった
・図書館の奥に行ったことない
・開かずの扉を開けられるのは校長だけ
みたいなものでしたけど、そうですね・・・・薬膳茶に関しては、
東方Projectの十六夜咲夜さんがよーーくレミリアおぜうさまに「人間の血液成分に近い」とか何とか言って
苦い苦い薬草のお茶を飲ませていましたけど、
校長の薬膳茶もそんな感じに近いのかな・・・?
レミリア様は500歳ですけど、果たして校長はおいくつなんでしょうか・・・(笑)
レミリア様の御年に近いというのならば、確かに薬膳茶というのは効果があるのかも・・・??
それとナシマホウ界ではモテモテ設定と言うのは、
なんか私の脳内妄想では、校長先生は一時期スイートの「メイジャーランドの三銃士」としてお仕えし、
その絡みで下界に降り立っていたという時期もあるという事ではないのかな・・・ともふと感じたものでした・・(笑)
あれれ・・・なんかこの妄想は、このブログの大切なブロとも様のお一人の「五月雨日記」<仮の宿>の
風月時雨様の「校長先生はスイートの三銃士のお一人、バリトンさんによく似ている・・」というお話に
影響を受けたせいなのかも・・・??
校長のあのスーツ姿は、スイートのアコちゃんの父親でもあるメフィストがスイートの映画で終始着ていたスーツを
なんだか彷彿とさせますね・・・・(笑)

さてさて・・・校長先生を探して魔法の木の開かずの扉を探す二人ですけど、
リコちゃんは浮かない表情・・・
だけどみらいは相変わらず暴走気味にとにかくひたすら前へ、前へ!と突っ走っていきます。
リコにとっては、「校則で禁止されているから・・」というのは、そりゃ・・・つい最近まで
魔法学校の落第候補生だった人らしいお言葉ですよね・・・(笑)
校則違反→累計でまたまた落第候補→補習というあの流れか頭を過ったのかな・・・??
またまたリコちゃんの「高い所はちょっと・・・」とか「無理に登ろうとすると、酷い目にあうのよ!」というのは、
そりゃまさに・・・・
何度も高い木から落ちて痛い目に遭った人らしいお言葉ですよね・・・(笑)

今回の話でとっても楽しかったのは、
看板で「「これより先、登るべからず」という警告が出ていましたけど
それに対するみらいの反応は・・・
「登っちゃダメなら、飛んでいけばいいんだよ!!」というのは、なんか笑ってしまいました・・・
あれはまさに・・・・
「このはし渡るべからず」という看板に対して、橋そのものという解釈ではなくて「端っこ」という解釈を
無理やり採用し橋の中央を歩いたからそれでいいじゃん!という一休さんのとんちの世界そのものでした!!
そうですね・・・
あれはみらいに対して「お前は一休さんかっ!?」とツッコミを入れたい気持ちになってしまいますね・・・・(笑)

毛虫が二人を襲いかかっていましたけど、
もしもあれがなおちゃんだったら・・・
どえらい事になっていたかもしれないですよね・・・(苦笑・・・)




bb33fd6f_convert_20160614120737.jpg


89cc0f49_convert_20160614120056.jpg



魔法つかいのフォームはどれも素敵なものばかりですよね!!

正統派のダイヤ、トリッキーなトパーズ、戦闘モードという雰囲気のルビー、
そしていかにも大空を舞うようなこのサファイア、
本当にどれも魅力的ですよね!!

スパルダとガメッツの力を取り込んだバッティ―さんは確かに強そうなんだけど、
多分ですけど・・・
はーちゃんがフェリーチェに覚醒した際の犠牲者というか殉職者は、多分このお方なんでしょうね・・・
今回のバッティーさんのあの雰囲気は、プリキュア5GoGoのムカーディアの変身形態みたいな雰囲気でしたね・・・



8b97bb25_convert_20160614120014.jpg


今回もはーちゃんが活躍!!

ピンチのプリキュアを今回も見事フォローしていました!!

うーーむ、はーちゃん強い!! 既にプリキュアよりも強かったりして・・・??

今回はドクロクシーも初めて喋っていましたけど、
もしかして・・・
校長先生は、敵の事を何か知っているのか、はたまた・・何か関係性があるのか・・・・

消えた校長…
喋るドクロクシー…
校長先生とドクロクシーは何か関係があるのかないのか・・・
はーちゃん覚醒の前に何ひと波乱ありそうですし、来週あたり何か大きな伏線がありそうな予感も
ありますね・・・・!!

いよいよ・・物語の役者は揃ってきたという雰囲気が出てきました!!




スポンサーサイト



6.首里高校


B/楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲(R.ワーグナー)


首里高校というとやはり何と言っても1974年の歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列の
素晴らしい名演が燦然と光り輝いていると思います。
今現在そうした事を言う人はあんまりいないのですけど、1970年代~80年代前半の頃って
人によっては「沖縄サウンド」といって木管を主体にした感受性豊かなサウンドの事をそのように評する人も
いたものです。
そうですね・・・
どちらかというとこの「沖縄サウンド」というと、例えば石田中とか那覇中とか首里中などのように
中学校の部の方がしっくりきそうな感じもあるのですけど、
高校の部における沖縄サウンドというと、やはり1974年と1977年の首里高校が一番印象が深いです。
特に前述の通り、1974年のエルザは本当に感受性豊かな演奏で、聴いているだけでなんか妙にじーーんと
くるものが間違いなくあり、聴く者に確実に「何か」は伝えていると思います。
ま・・・半面・・・少しffが音量過剰とか確かに感受性は豊かなのですけど、音がかなり生々しく伝わっていて、
感情が豊かを少し通り越して、感情が少しと言うかかなり・・爆発炎上しているような感じもあります。
そうですね・・・
70年代の吹奏楽コンクールの「熱さ」を象徴している演奏の一つだと思います。
これはあくまで個人的な私見ですけど、私にとっての「エルザの大聖堂への厳かな行列」の最大の名演は、
豊島十中でもなくてこの首里高校でもなくて
やっぱり誰が何と言っても1987年の雄新中学校の清楚で抒情的な演奏だと思います!!

1977年の演奏ですけど、私はとっても素晴らしい演奏だと思います。

結果論になるのですけど、74年は金賞、77年は銀賞という結果になるのですけど、
私個人としては、74年の確かに表情は豊かなんだけど魂が少し荒ぶり過ぎる演奏よりは、
77年の方が落ち着いていて、より理性的な演奏であり、むしろ「沖縄サウンド」に相応しい素晴らしい演奏を
聴かせてくれていたのかなとも思っています。
前述の通り結果は銀賞なのですけど、これは本当に「惜しい銀賞」だと思います。
課題曲B/バーレスクは、ともすると単調な演奏になりがちで不気味な要素を前面に出しがちの傾向が多かったようにも
感じるのですけど、首里高はむしろこの点をかなり「カラっ!!」と明るい感じにうまくまとめていて、
私としてはこうした不気味でおどろおどろしくないこうした「仮面の踊り」も大いにありだと思います。
自由曲なのですけど、
そうですね・・・・
確かに色々と難点はあるとは思います。
第一に、原曲よりも「キー」を下げてアレンジ&演奏をしていたので、最初にこの首里高校の演奏を聴いた時は
正直思いっきり違和感は感じたものです。
(同様な違和感は、1984年の葛飾吹奏楽団の「ローマの祭り」の妙なキー下げでも感じたものです・・・)
第二に、1974年よりは相当抑制&理性的に処理されていましたが、やはり部分的に少し音と言うか
サウンドが生々しいというか、楽器そのものの「剥き出しの音」みたいな箇所も感じられ、
部分的に少し違和感は感じたものです。
特にそれが顕著だったのは、前半部分のクラリネットのみの部分の「超高音域の伸ばし」が
なんかいかにも「鶏が首をギュッ・・と締められ悲鳴を上げているような雰囲気」にも感じられ、
あれは少し興ざめというか・・いくらなんでもクラリネットの高音が生々しすぎるな・・とも感じたものです。

だけど・・・

全体的にはとにかくたっぷりと歌いこまれていたのが大変印象的です。

朗々と歌い上げているという感じで、「ワーグナーの歌心」というか「陶酔感」をしみじみと感じたものです。

74年もそうでしたけど77年の演奏も、木管を主体にして構成し、「たっぷりと歌いあげる事」に主眼を置いていて、
聴いていて「とにかく気持ちいいほどたっぷりと歌いこんでいるな・・・」という
印象が大変強いです。
木管が主で金管が従という役割が徹底されていて、バランス感覚という意味でも申し分ない演奏だったと
思います。
ま・・・時折歌いこみの意識が強すぎで、部分的に演奏が破綻一歩寸前という個所も無くはなかったと
思いますけどね・・・
とにかく「音楽的なスケールの大きさ」という意味では、この年の高校の部においては、
キラリと光っていた演奏だと思いますし、素晴らしい演奏だったと私は思っています。
82年のショスタコの5番とか88年のローマの祭りは、
伝統的な沖縄サウンドというよりは、金管が主役みたいな感じで少しバリバリに鳴らし過ぎていたみたいな感じもあり、
それが結果的に銅賞という結果になっていたような気もしますね。

 | BLOG TOP |