FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・

紅魔館については、昨日のグリフォン記事でも書いた通り、是非是非公式のゲームや漫画において
レミリア様の妹の「フランちゃん」の登場を強く望みたいですね!
でもなんでZUN神主様は、こんだけ人気が高いフランちゃんを公式で登場させないのかな・・・?
何かしらの「意図」があるのかな・・・?
そうですね・・それに関してはまさに「神のみぞ知る世界」ですよね。
昨日の記事でもちらっと書きましたけど、レミリア様は一度
「慧音をフランの家庭教師として招聘するのはどうだろうか・・」と言っているのですけど、
いやいや・・・!
レミリアおぜうさま!! 勿論、慧音も優れた人材なのてずけど、紅魔館にはもっと素敵な人材だっているじゃないですかぁーー!!と
直訴したいものですね・・・(笑)
ま・・・その人材とは言うまでも無くバチュリーさんなのですけど、
パチュリーさんに言わせると・・・
「いやいや、それはとんでもないありがた迷惑な話・・・フランの面倒を押し付けてられて
私の貴重な読書の時間を削らないで!!」と咲夜とかレミリア様に断固抗議をするのかも・・・??
そうですね・・・・パチュリーさんは、意外と「自由人」なのかもしれないですよね・・・・
誰からも邪魔をされずに、一人孤独に自分の「読書する時間」を楽しみたい・・・・という感じなのでしょうね。
結果的にレミリア様としては、その①でも書いた通り
「ま・・・何かの機会の時に役立てばそれでいいのかも・・・」ぐらいにしか思っていなくて、
どちらかというと、「腕力としての用心棒」ではなくて「知識としての用心棒」程度にしか思っていないのかも
しれないですよね。

そうそう・・・このレミリア様とパチュリーさんなのですけど、見た目と違って、御年は・・レミリア様の方が
はるかに上なのですよね・・・
(レミリア様=500歳 フランちゃん=495歳 パチュリーさん=100歳)
レミリア様としては、
「万が一・・私と咲夜に何かあった場合は、フランの事は頼んだわよ・・」みたいな「隠された意図」があったりする故に
パチュリーさんの居候を許可し続けているのかもしれないですよね。
実際それが現実化した場面もかつてはありましたよね!
そう! 、「東方儚月抄」において、レミリア様と咲夜が月侵攻のためにロケットに乗り込み長期間に渡って
紅魔館を留守にしていた時期がありましたけど、
案外レミリア様の意図としては「本当はこの館を留守にするのはまずいし、万一・・・・あの宇宙人勢力=永琳様一派に
攻撃されてしまうのはもっと面倒・・・
あ・・・そっか・・・うちにはパチュリーを残すから、そんなに期待はしていないけど、
館の管理とかフランの世話なら何とかやってくれるのかも・・」みたいな「安心料」とか「万が一の際の保険」みたいな感覚で
パチュリーさんを居候として置き続けているのかもしれないですよね。
それと・・これはその①でも書いたけど、
レミリア様は・・ま・・確かに幼くてわがままで気まぐれな困った御方なのですけど、
咲夜という「人間」という立ち位置以外の妖怪みたいな立ち位置の人を「相談相手」として手許に置いておきたい
みたいな意図があるのかも・・・?
それに・・・咲夜は確かに有能なんだけど、どちらかというと館内のボケ要員・・・
レミリア様もわがままお嬢様でとにかく「無茶振り」ばかりする御方・・・
そうなんですよ・・この紅魔館には、ブレーキ役というのかツッコミ役が不在なんですよね・・・(笑)
そしてそして・・・パチュリーさんは確かに一見陰気で口数が少ないのかもしれないですけど、
決して「暗い人」ではないのですよね・・!
理屈っぽいのだけど決して性格は暗くは無いし、意外と肝が据わっていたり、言いたい事ははっきりと言う御方でも
あります。
だから・・・紅魔館のツッコミ役とかレミリア様&咲夜のとてつもない無茶振りに対する館内の貴重なブレーキ役も
兼ねているのですよね!!
そっか・・・こうやって改めて考えてみると、確かに紅魔館の一切合切を仕切るのは十六夜咲夜なんですけど、
パチュリーさんはパチュリーさんで、パチュリーにしか出来ない役割も担っていると思いますし、
それがむしろレミリア様が実は意図している事なんじゃないのかな・・・・??

そうそう・・先ほどパチュリーさんは「意外とツッコミ役・・?」みたいに書きましたけど、
阿求ちゃんの著作の中では、パチュリーさんの喋り方の特徴として興味深い事を書いています。
「喘息持ちでぜいぜい言いながらも小声でかなりの早口でまくしたてる」みたいな事を書いていたと思いますが、
この「早口」というのはまさにツッコミ役として適任みたいな感じもありますよね・・・
これはほぼ完璧に私の脳内妄想の一環ですけど、
もしも・・・東方キャラで「関西弁を喋るツッコミ役は誰が適任なのか・・・」と言うと、
案外もしかして・・・魔理沙とパチュリーさんなのかも・・・(苦笑・・・)
なんか魔理沙とパチュリーさんによる「紅魔館の図書館の本を盗んだとか今すぐ返せとか
ただほんの少し借りただけ・・・」という恒例の会話なんかは、早口の関西弁でのまくしたてあいと言うのも
意外と面白いのかも・・・・??

上記において「パチュリーにしか出来ない役割」と書いたのですけど、
実際にそれが現実となった話の展開もありましたよね。
そう! 言うまでも無く「東方儚月抄」において、ゆかりんからの悪魔の囁き(?)によってレミリア様がその気になってしまい、
ゆゆ様が妖夢を使って「月まで行く動力のヒント」を授け、
結果的に紅魔館において「月まで行くロケット作り」が進められていったのですけど、
実際にそのロケット制作の指揮監督命令&設計を担当されていたのは、他ならぬあのパチュリーさんですからね!!
(この異変の後、紅魔館内にプールを作ったのもパチュリーさんでしたけどね・・笑)
パチュリーさんと言うとどうしても「動かない大図書館」とか「引きこもり」みたいなイメージが大変強いのですけど、
あの時のバチュリーさんは本当に生き生きと動いていて、
テキパキと紅魔館の妖精メイドを指揮されていたのは大変印象的ですし、
多分ですけど、ああやって生き生きと活動されているパチュリーさんというのは極めて珍しいと思いますし、
それだけにとっても貴重なシーンだと思います。
同時に、阿求ちゃんの記述の中では「妖精」というものは自分勝手で役立たずばかりと書かれていましたけど、
実際にロケット制作の実行部隊はこの妖精メイドですので、
少なくとも「役立たず」という事は無いのかな・・・とも思いますね。
ま・・どうしても東方の「妖精」というと、チルノとか光の三妖精というイメージが大変強く、妖精=ポンコツちゃん
みたいなイメージが強いのですけど、
この紅魔館に雇われている妖精メイドに限っては、普段の咲夜の指導がいいのかどうかは不明ですけど、
少なくともポンコツではないし、そこそこの能力も実はあるんじゃないの・・・?とも
思ってしまいますね。

先ほど、紅魔館内に、海・・というか・・「プール」を作ったと書いたのですけど、
「東方儚月抄」の最後の方で、このプールで水遊びに興ずるレミリア様・霊夢・魔理沙がいたのですけど、
この場面においては、この3人はなんと・・・・!!
「水着」での登場でしたぁ―――!!
いやいや・・霊夢をはじめこの3人の水着シーンなんてとてつもなく貴重だと思います!!
だって、それ以前に幻想郷には「海」が存在しないのですから・・・
この場面において、取材に来ていたあやや(射命丸文)もなぜか水着になっていましたけど、
あややの水着はなぜか「スクール水着」でした・・・(笑)
そうですね・・・私としましては、東方キャラの水着というと、
霊夢やレミリア様のような「ぺったん娘」(苦笑・・・)ではなくて、
是非是非、ゆかりん・藍しゃま・小野塚小町・ゆゆ様なんかを是非是非見てみたいものです!!
そう言えば・・・先日アミグリ様の「水着・早苗さん」のとつても素敵なイラストを掲載させて頂きましたけど、
あの水着早苗さんはとっても素敵でした!!
私・・あの水着早苗さんは、とっても大好きです!!

ちなみにこの「水着早苗さん」を見たいと思う方は是非是非こちらから!! → アミグリ様/水着早苗さん!

ちなみにですけど、あの場面においては、パチュリーさんはさすがに「水着」にはなられていませんでした・・・(笑)

ま・・・あのシーンの時期は冬でしたので、
何となくですけど「寒がり」みたいな雰囲気も漂うパチュリーさんに、「冬にプールに入れ・・」という方が
無茶振りなのかもしれないですよね・・・(笑)
これは完璧に脳内妄想の領域に入ってしまうのですけど、
もしも・・あのパチュリーさんが水着になったとしたら、どんな感じになるのかな・・・・?
やっぱり病弱で体が弱いという設定もあり、ガリガリ体型という感じなのかな・・・?
それとも案外・・・
日頃の運動不足がたたって意外とふっくらとした感じのパチュリーさんになったりして・・・??




haro+pachuri-n_convert_20131013170237.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2013年10月に描かれた「とりっくおあとりーと★」の
とってもふわっとして可愛いパチュリーさんです!!
なんかチルノとか光の三妖精みたいないたずら迷惑妖精がこうしたハロウィンでの
「いたずらするかお菓子をご馳走するか・・」と言ったとしたら、なんかとんでもないポンコツイタズラを色々と
しそうな雰囲気もあるのですけど、
パチュリーさんがこういうセリフを言ったとしても
「あ・・どうぞ、どうぞ・・・お好きなようにしてください!!」みたいに、言われた方もニッコリとしそうな雰囲気が
ありますよね!!
ま、パチュリーさんは魔法使いでもありますので、その気になればとてつもない魔法を色々と駆使して
素敵なイタズラを色々とお披露目してくれそうで、それを見るのも何か楽しいのかも・・・??

ふわっとした衣装がとっても素敵ですし、
背景のかぼちゃとかいかにも吸血鬼の館らしいコウモリがとっても見栄えがしますよね!
まさに「ハロウィン」に相応しい素敵な一枚だと思います。



sama-pache-dedsuyo!!_convert_20140724175502.png




そしてこちらのパチュリーさんですけど、
実はこの「サマーパチュリーさん」は先週の日曜日に一度掲載をさせて頂いたのですけど、
これがかなりの好評でして、
「透明感がすてき」とか「涼しげで透明感のあるフリルも新鮮」とか「とにかく可愛い!!」などのような
素敵なメッセージを頂き、
結果的に二週連続になってしまうのですけど、この「夏らしいパチュリーさん」も再度皆様に
見て頂きたいと思い、改めて転載をさせて頂きました。

尚、繰り返しになりますが、上記の素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰り等はご遠慮くださいね・・・・

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!
スポンサーサイト



4.天理高校


B/二つの交響的断章(V.ネリベル)


まずこの年以前の状況について少しばかり補足を・・・・

天理高校は順位制度から金銀銅のグループ表彰制度に大きくコンクールのシステムが変更になった後も
順当に金賞を受賞し続け、1970~73年で4年連続金賞を達成し、
「5年連続金賞→翌年は特別演奏」という栄誉に王手を掛ける事になります。
しかし・・・・1974年のリードの「ハムレットへの音楽」でまさかの銀賞・・・
まさかまさかの75年もコンクールを通常通りの「出場」という事になってしまいます。
75年の自由曲の交響詩「おやさま」という曲は、ある意味・・・・天理高校らしい選曲というのか、
天理教の教祖でもある中山みきの事を「おやさま」とも言うらしいのですけど、
その天理教の教祖でもある中山みきの生涯を音楽としてまとめた山田耕筰作曲の交響詩「おやさま」を
吹奏楽にアレンジしてコンクールに臨んでいます。
この演奏ですけど、アレンジは相当ひどいです・・・正直センスが良くないというのか、
ソロ楽器の扱いがひどいです・・・
だけど・・・・
演奏自体は大変素晴らしいものがあり、鄙びた感じとか素朴さとか純朴さが大変うまく表現されていると
思います。
中間部のゆったりとした反復される歌い廻しとか打楽器の扱い方とか表現としては中々魅力的です。
そして翌年の1976年は、75年と同様に邦人作品で臨むのですけど、
「皇太子のための祝典音楽」という、そうですね・・・・・正直あんまり聴き応えがない曲を選曲したという事も
あると思いますし、
コンクールとしては今一つインパクトに欠ける曲というせいもあったと思いますし、
もしかして・・・・
谷口先生の「74年に金賞を取れていれば75年は特別演奏だったのに・・・」という未練があったかどうかは
正直よく分からないのですけど、
なんか印象としては大変中途半端みたいな演奏を残しています。
天理にしては珍しいくらいの凡演だったようにも思えます・・・

余談なのですけど・・・・
関西大会でのBJの演奏評は、辻井市太郎という大御所先生が担当されていて、その際には・・・・
「自由曲は初めて耳にする曲であり、アメリカで出版されたものとの事だが、
天理であるからこそ立派に演奏できたとの印象を受けた。
その上、天理の有する独特のサウンドが聴く者を更に納得させた」という大変ベタ褒めコメントを
されていました。
しかし、全国大会でのBJの演奏評は同じく辻井市太郎氏が担当していますが、この時は・・・・
「自由曲はコンクールに適応していないものである。
世界の名曲に混じって、いかに高度な技術を有する天理であっても
曲そのものの格調を変える事は無理だったのだろう。
まずは選曲失敗の範疇に入るものである」
と、全く正反対の事を言われていました・・・・
そうですね・・・・今現在の感覚で言うと・・・・
「おいおい、オッサン・・・・おまえ、全く同じ演奏を聴いて、どうして関西と全国大会では
演奏そのものではなくて曲自体に対する印象がこうまで違うねん・・・!!」と
関西弁でツッコミを入れたい気持ちにもなったりします・・・・(苦笑・・)

あ・・・・なんか話が全然1977年とは関係ない方向にされてしまいました・・・・(苦笑・・・)

私、このブログで何度も書いている通り、とにかくネリベルの「二つの交響的断章」が大好きなのですけど、
そうですね・・・・
1979年の市立川口、そして1980年の東海大学第一の感受性豊かで鋭角的で個性に溢れた演奏に耳が慣れてしまうと、
1977年の天理は、とにかく「平凡」な演奏に聴こえてしまいます。
あ、勿論、天理高校としては精一杯のいい仕事はされていると思いますよ。
ソロ楽器の扱いとかやはり技術的な巧さは光っていると思います。
谷口先生も奏者も多分ですけど、前年度の銅賞という屈辱からの汚名返上に相当期する思いはあったと思います。
だけど・・・
やっぱり音自体がどっか「緩み」が感じられ、ネリベルらしいシャープさとか鋭角さには欠けている演奏だと
思います。
課題曲もそうでしたけど、無機質な部分でももう少し「歌心」を大切にして欲しかったな・・・とも思いますし、
やっぱりあの市立川口のあの「抜きん出た個性とか鋭角さ」の前には、
少しというか・・・かなり物足りないものは感じますね・・・・

やっぱり、天理高校の真の栄光は、1979年の新子先生の赴任以降の話なのかもしれないですよね。

 | BLOG TOP |