FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら「またか・・」という感じもするのですけど、
とにかくグリフォン企画・制作の東方フィギュアの世界も本当に素晴らしいものがありますので、
これで5回目ですけど、この素晴らしい世界をまたまた今回も取り上げさせて頂きたいと思います。

何となくなのですけど、東方×ドールの世界は「洗練された美しさの世界」という感じがあり
擬人化された人形みたいな感じもするのですけど、
(改めてですけど、Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画は本当に素晴らしいですよね!!)
東方×フィギュアの世界は、どちらかというと本来のキャラに近いというか、
力強さ・迫力・実写的みたいな雰囲気もあると思います。
ま・・、確かにどちらの世界もとにかく「素晴らしい!!」としか言いようがないですけどね。
だけど・・・・
お財布のひも的にはやっぱり・・・「フィギュア」の方がまだ少しは近いのかな・・・・とも思ったりもします。
(それでも一体7000~9000円という価格帯ですけどね・・・)
現在は、発売は終了しているのですけど、是非是非新しいシリーズの企画とかそれが無理ならば
昔の商品の再発売も実現して欲しいものですね!!

あ・・・・ちなみにですけど、下記で取り上げさせて頂く東方フィギュアは、ほとんどが2012年に発売または予約受付開始を
したものでして、
当然ながら、現在では販売とか予約はしておりませんので、あしからず・・・・
(アマゾンとかヤフオクでは、ドールと違って今でも頻繁に見かけますね)




繝輔Λ繝ウ_convert_20160603074521



今回のトップバッターは、「紅魔館」メンバーの一人でもあるフランちゃん、フランドール・スカーレットです。

スケールは1/7  サイズ約25㎝ 価格は発売当時の税込で10290円でした。

このフランちゃんですけど、正直・・・他のフィギュアとは「迫力」が全然違います!
なぜかというと、フランちゃん用特別仕様の1/7スケールのため、
圧倒的な存在感がとにかく光っていると思います!

これはまさしく二つ名の「紅魔館に潜む悪魔の妹」に相応しいですね!

無邪気に破壊力抜群の禁忌「レーヴァテイン」を発動している雰囲気がとってもお見事だと思います。
燃え盛る紅剣(レーヴァテイン)&火炎が立ち昇る魔方陣台座は豪華クリア仕様ですし、
また一部クリアーパーツを用いた特徴的な翼や紅剣(レーヴァテイン)を持たない右腕コンパチパーツも付属しています。

とにかく・・・!!ボリュームも迫力も満点のフランはまさしく「圧巻」です!!

もしかして、このフランちゃんフィギュアは、グリフォン東方シリーズの白眉というのか最高傑作の一つなのかも・・・??

それと・・・・

これはよく言われる事ですし私も常々そう感じているのですけど、
とにかく今後の公式において、フランちゃんの活躍の場をもっともっと与えて欲しいです!!
フランちゃんがセリフなどを伴って登場した作品は「東方紅魔郷」と「東方文花帖」のみに留まっているのは
ちょっと・・・というかかなり寂しいです!!
だって・・・・毎年毎年、東方人気投票でこんだけ上位をキープし続けていて
お姉様のレミリア様を凌ぐ人気を誇りながら、登場作品はほんのこれだけですからね・・・
なんかとってもとっても勿体無いです!!
ゲームは当然のことして公式漫画でフランちゃんが大暴れするシーンは是非是非見てみたいです!!
なんでこんなにフランちゃんは、こんだけ人気が高いのに登場作品が極度に少ないのでしょうか・・・?
うーーん、よく分からないのですけど、
ZUN大神主様としては、「謎のベール」をあんまり剥がしたくないとか
東方の「最後の切り札」として温存しておきたい・・・・みたいな意識と言うか策略があるのかな・・?

だけどこれじゃいかにも「気のふれた箱入娘」そのまんま・・・という感じもしますよね・・・

ちなみにですけど・・・

公式の設定では・・・

〇ありとあらゆるものを破壊する程度の能力 を有する

〇見た目は幼女だけど、495歳近くの相当長生きしている吸血鬼、または魔法少女

〇少々気がふれていて、通常は表に出してももらえない

〇悪魔の妹、すわなち・・・レミリアおぜうさまの妹です!

〇情緒不安定

みたいになっていてかなり「謎要素」も強いのですけど、それだけにとてつもなく気になってしまうキャラだと
思います。
レミリア様は、あんだけゲーム・公式漫画に頻繁に登場しているだけに、
そうですね・・・出来ればこの「箱入娘」の妹にも是非是非出演チャンスを分けて頂きたいですね!!

余談ですけど、「東方永夜抄」において、「上白沢慧音をフランドールの家庭教師にするのはいかがなものか・・」という
レミリア様の発言があったのですけど、
それもいいかも・・・!!
ま・・・慧音大先生は普段は寺子屋も運営されていますし、
二次設定では、あのパカルテットの面々を寺子屋で一生懸命教えているというのもありますので、
案外それはそれでいいのかも・・・?
だけど・・・フランちゃんの教師と言うならば、むしろ・・・永琳様の方が面白そうな気も・・・・??




蜥イ螟彑convert_20160603160227



フランちゃんと同じく「紅魔館」メンバーより、完璧なメイド長の十六夜咲夜です。

スケールは1/7  サイズ約28.5㎝ 価格は発売当時の税込で9240円でした。

フランちゃんと同様に特別仕様ということで、1/7スケールとなっていて、サイズも28.5㎝とかなりの
迫力がありそうですね!
フランちゃんは、台座と翼のおかげで、そして咲夜は台座代わりの時計があるため、
かなりの高さがあります。
このグリフォンの東方フィギュアシリーズは、何となくですけど「八坂神奈子」の迫力とボリューム感が
圧巻なのかなとも思いますけど、
こういう1/7スケールとか特殊な台座とか25㎝を超えるサイズというのはやはり迫力が全然違う!という
感じもありますね!!

この十六夜咲夜ですけど、
とにかくこの「メイド服」がとってもよくお似合いですし、まさに「有能で完璧なメイド長」そのものだと思います。
能力は「時間を操る程度の能力」で
得意技はナイフ投げという設定なのですけど、
このナイフ投げに関しては、頭上にリンゴを載せた妖精メイドの額に当てることが出来るほどの腕前なのですが、
「お前は、ウィリアム=テルかっ!?」とツッコミを入れたい気持ちもありますね・・・(笑)

十六夜咲夜は、幻想郷における数少ない人間の一人なのですけど、
ま・・その「時間を操る能力」というのは、完璧に人間の粋を逸脱していますよね・・・(笑)
その能力とは、時間を止めて自分だけ移動したり、時間の流れを遅くして超高速で動くという事なのですけど、
ま・・・紅魔館の大量の役に立たない妖精メイドに任せておけず、広い館内の掃除とかお茶出しとか料理とか
全て一人でやってしまう傾向が強いため、
あんな広いお屋敷を一人で切り盛りするには確かにこうした能力がないと務まりそうもないですよね・・・
あ・・・・阿求ちゃんの著作の中では「妖精メイドは大半が役に立たない」とか書かれていたけど、そけはどうなのかな・・・?
「東方儚月抄」においては、レミリア様の月侵攻の際には妖精が3匹同行していましたし、
パチュリーさんが指揮・監督・設計していたあの月まで行くロケットをパチュリーさんの指示の下で
実際に制作していたのは、その妖精メイドですので、
少なくともあのポンコツな「光の三妖精」よりは優秀なのかも・・・??

このフィギュアにおける「時計」は、そうした咲夜さんの能力をまさに示唆したものであり、
とても見栄えがしますよね!!



縺輔→繧頑ァ論convert_20160603160006


縺薙>縺誉convert_20160603155844



さてさて・・・こちらは「古明地姉妹」と言う事で、上が古明地さとり様、そして下が妹のこいしちゃんです!!

この二人のフィギュア等については実は昨年暮れに結構書いていた経緯もありますので、
今回は手短めに・・・

スケールは1/8  価格は発売当時の税込で7560円でした。
サイズですけど、さとり様は16㎝、こいしちゃんは16.5㎝と言う事で、妹の方がほんのちょびっとだけ
背が高いのですね!

あ―――、でもやっぱりさとり様はいいですねェ―――!!

今の所・・・・東方全キャラの中では「さとり様が大本命!!」というのは、ここ2~3年は全く変わりが無いです!!
「人の心を全て読み取ってしまう能力ゆえに自分は忌み嫌われている・・・」という想いからの
なんか虚ろな感じとか寂寥感とか哀愁とか、そしてはたまた・・・少しあの幼い雰囲気なんかは
やっぱりたまらないですよね!!
「さとり様は、自分が御守りしてみせる!!」と心に固く誓ったとしても、
そうですね・・・さとり様からは
「そうした思いは、心に秘めるんじゃなくてちゃんと言葉に出して伝えてよねっ!!」となんかダメだしを食らいそうな気が・・・??

妹のこいしちゃんも素晴らしいです!!

最近、このブログにおいてはやたらと「早苗さん」の事ばっかり書いていますけど、
早苗さんも「東方星蓮船」以降急にまるで開き直ったかのような「はっちゃけ振り」がとっても印象的なのですが、
こいしちゃんも負けていないですね!
正直・・・「東方地霊殿」では少し微妙な感じも無くは無かったのですけど
「東方心綺楼」でもって急に開き直りキャラとして脚光を浴びだし、
そうですね・・・早苗さん同様に「はっちゃけた感じ」になっていったような気もします。
「東方心綺楼」の世界と言うのは、秦こころが何か「変化」するきっかけになったとも
思えますし、それ以上に・・・・
こいしちゃんが「大きく変化する」という意味では、まさに重大なきっかけとなったと言えると思います。

とにかくこのフィギュアのお二人もとっても可愛いと思います!!



鍵山雛



こちらはたぶんこのブログでは初めて登場する名前なのかも・・・鍵山雛で、
東方風神録の2面ポスでもありました。

スケールは1/8 サイズ約19㎝ 価格は発売当時の税込で8610円でした。

この雛のフィギュアのキャッチコピーは「あたなの厄災も全て引き受けましょうか」というものでしたけど、
このフレーズはまさに雛の本質を突いているな・・とも感じさせてくれますね。

この御方は・・・・「厄神様」であって決して神様ではないです・・しかもどちらかというと妖怪に近い立ち位置なのかも・・・?

自分の周りに厄を集めて人間に戻らないようにしている厄神様で、
厄払いで払われた厄や、流し雛の風習で流された雛人形を川下で回収し、厄を集めているというのが
公式の設定です。
雛自身には決して「人間を不幸のどん底に叩き落してやろう」という悪意はなく、
むしろ、人の身代わりとなって「厄災」を引き受けてあげましょうという感じの御方です。
だけど人にとっては一見すると・・・厄を集めて引き受ける→厄介な疫病神みたいな誤解もあるのかも
しれないですよね。
「ひな人形」というと、最近の3/3の豪華絢爛な節句に象徴される通り、「派手!」とか「行事」という感じもするのですが、
鍵山雛によると、
本来ひな人形とは「厄を溜めて河に流す」のが主目的で、
それは元々は厄払いを目的とした使い捨てにしなければならないというのが筋らしいのですけど、
豪華な雛人形は人々に流されることなくその代々にわたって厄をため続けることになるという懸念も
あるとの事です・・・
(先日のメディスンじゃないけど、お人形というのは結構難しいものですよね・・・
 捨てて放置もよくないし、あまり一か所に置き続けるのも良くないという事なのですね・・・
 そっか・・・そのために「お祓い」とか「供養」が大切なのですね・・・
そうですね・・・・
聡明な早苗さんだったら、それを利用して「守矢神社による出張人形供養」みたいなものを始めて
これが意外と評判になって、またまた霊夢が地団駄踏んで悔しがる・・と言う感じになったりして・・・??)

鍵山雛というと、なんか霊夢を思い起こさせるあのフリルの付いた髪の赤リボンとか
赤の衣装がとっても見栄えがあって可愛いですよね!
このフィギュアでもそうした「赤」をベースにとっても見栄えがして可愛いと思います。




繧・°繧翫s讒論convert_20160603160056



最後に・・・・このグリフォン東方フィギュアとしては二回目の登場となりますが、ゆかりん!!
八雲紫様です!!

前回は、日傘を持たれていて「少しおっかない・・」とか「威厳」とか「偉容」を感じさせる雰囲気の
フィギュアを紹介させて頂き、
いかにも幻想郷の賢者とか知恵袋とかヒロインみたいな「強さ」をイメージさせるものでしたけど、
今回はゆかりんの別ヴァージョンで、こちらは前回とは全く逆の方向性という感じで
とってもとっても可愛い仕上がりになっていると思います!
こうやって扇子をもって微笑むゆかりんは本当に素晴らしいですよね!!

も――――、ゆかりん最高!! 紫様、結婚して―――!! ゆかりん愛しているよ!!」という感じですね!!
(おいおい・・さっきまではさとり様大本命とか何とか言っていたくせに・・・苦笑・・・)

スケールは1/8 サイズ約17㎝ 価格は発売当時の税込で8925円でした。
ちなみにですけどこちらのフィギュアは東方香霖堂版の方です。

ゆかりん=紫様というと、「妖艶な成人女性」とか「大人っぽい」とか「ミステリアスな雰囲気」というイメージも
あるのですけど、こちらのフィギュアに関しては、
「ロリゆかりん!!」という感じですね!!
本当にとっても可愛いと思います!!
あのいつもの「何か企んでいる」とか「胡散臭い・・」とか「何を考えてるのか全然読めない・・」とか
そうした雰囲気は微塵も無く、そこには笑顔の可愛いかわいいゆかりんがいると思います!!
なんとなくですけど・・・少し魔理沙っぽくも見えますよね・・・(笑)

紫様はある意味、幻想郷最大のヒロインといっても差し支えは無いと思います。
(厳密に言うと、霊夢とのダブルヒロインという感じです・・・)
ま・・・本人は確かに面倒くさがり屋で寝てばっかりいて冬眠はしてしまうし、何よりも・・・幽々子(ゆゆ様)同様に
つかみどころがないキャラでもあり多少胡散くさくはあるのですけど
この紫様ほど「幻想郷」を愛している人はいないのかな・・・と感じる事も多々あったりもします。
それだからこそ・・・幻想郷の存在の根幹である大結界とか博麗神社に対して「妨害」を働くものに対しての
ゆかりんの鬼気迫る怒り表情は凄まじいものがあるのだと思います。
そうですね・・・・天子をフルボコにした際の怒りの紫様は
本当に圧倒的な存在感がありました!!

ま・・・それが本来のゆかりんなんでしょけど、こういうロリっぽいゆかりんもまたまた素敵ですよね!!
スポンサーサイト



3.基町高校


B/歌劇「タンクレディ」序曲(ロッシーニ)


この年の高校の部ですけど、全22チーム出場の中で、課題曲Bのバーレスクを選んだチームが18チーム、
課題曲Cのディスコ・キッドを選んだのが4チームと、Bに偏る結果となってしまい、
何となくですけどジュピラーテに人気が集中した1978年と似ているような感じもあったと思います。
だけど77年と78年は事情が全然違うのですよね。
77年の課題曲は少し変則的で、高校以上の部門の場合は、課題曲はBとCという二つの中からでしか
選ぶことが出来ず、いわば二者択一だったのです。
しかも課題曲C「ディスコ・キッド」は、コンクール史上のある意味不滅の名課題曲とも言える
バリバリのポップス課題曲でもあり、
やはりコンクールの場合、こうしたポップス系は敬遠される傾向にあったようでして、それが結果的に
課題曲Bへの極端な偏りがあったのかなとも思われる一因だったようにも思われます。
そうですね・・・・
正直、高校の部においては、課題曲C「ディスコ・キッド」を選んだチームに「これぞ名演!!」と呼ばれる演奏は
少なかったようにも思えます。
これはあくまで私見ですけど、高校の部における課題曲Cの最高の名演は、
あの吉永陽一先生が率いる兵庫高校の演奏だと私は思います!!
兵庫高校は結果的にこの年は「銅賞」という評価を受けることになるのですけど、
あの課題曲の個性的で生き生きとしたまさにヨーイチ節が炸裂したあの素晴らしい演奏を聴いてしまうと、
「なんかな・・・コンクールの評価というものは人それぞれなんだな・・・」とやはり実感してしまいますね。
吉永先生の解釈もかなり「いかにも吉永先生・・・」みたいなクセのある独特な解釈をされていましたよね!
あの後半のダーダー吹きみたいな感じとか
「あれれ・・・なんでここでテンポを落とすの・・・?」みたいな揺らしとか
とにかく聴いていて「面白い!」と感じさせる演奏だったと思います。

さてさて・・・広島の基町高校というと、このブログでも何度か書いている通りあの「基町トーン」と呼ばれる
独特の温かみのあるサウンドが持ち味の学校だと思います。
演奏自体が大変誠実で演奏に「知性」みたいなものすら漂っていると思います。
そうした学校がこういう少し「現代」っぽい雰囲気というのかおどろおどろしい課題曲を選ぶ事自体
大変珍しいとも言えるのですけど、前述の通り、この年の高校の部の課題曲は二者択一ですので、
ま・・・あの増広先生が「ディスコ・キッド」を選ぶわけなど無いと思いますので、
必然的に「バーレスク」を選ばざるを得なかったのかな・・・とも思いました。
何となくですけど、課題曲・自由曲共に珍しく「なんか意に沿わない曲を演奏している・・・」みたいな少しばかり
よそよそしい感じが伝わってきて、
聴いている方としては正直・・・「あれあれ・・なんかいつもと少し違う・・」みたいな違和感も感じたものでした。
勿論・・・演奏自体はとっても上手いというのか「無難」だったと思いますよ。
だけど・・・・
なんかこの年は珍しく「人の心」に訴えるものが少し弱かったようにも感じられます。
というか・・・ロッシーニの「タンクレディ」序曲というかなり地味な曲を選んだという事もあると思うのですけど、
なんかクラシック音楽を無難に無難にまとめよう・・・みたいな意識が強すぎて
結果的に・・・・基町らしい「個性」みたいなものも弱めてしまった様な感じがあります。
演奏が大変丁寧で誠実なだけに「何も伝わらない」というのは、本当に勿体無い感じもあるのですけど、
そうですね・・・・
プログラム1番の花輪高校と同様にこれは一つの「選曲ミス」と言えるのかもしれなかったですね・・・・

 | BLOG TOP |