FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


プリキュアの食玩としては毎年一個60円ぐらい出ていたトップガムのカードガムが、
今年はとんとスーパー等では見かけなくなりましたけど
今年から生産中止になったのかな・・・?
だけどエンスカイの方は今年も出してくれていて「魔法つかいプリキュア」としてのカードガムも結構早い時期から
発売されていました。
そして先日の事なんですけど、普段よく行くスーパーにて、
同じくエンスカイから歴代プリキュアの「クリアカードコレクションカードガム」が登場していました。







表のデザインが、歴代のピンク系全員に現役のミラクルとマジカルの二人が入っているものですけど
やっぱりこういう「歴代ピンク系」は華があって本当に素晴らしいですよね!
ブラック・ブルーム・ドリーム・ピーチ・ブロッサム・メロディ・ハッピー・ハート・ラブリー・フローラの歴代ピンクに
現役の「魔法つかい」のミラクルとマジカルが加わると
本当に見栄えがしますし華やかですね!!
色彩的には、全体的には当然「ピンク一色」なのですけど、
部分的に黒(キュアブラック)と紫(キュアマジカル)が入るので、単色トーンでないのがいいですね。

髪の色は大きく分けて、金髪・ピンクに分かれるのですけど、
あれれ・・・
歴代のピンク系において、私が勝手に命名した「私の大好きピンク四天王」という皆様は、
ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーの4名なのですけど、この御方たちの髪の色は全員ピンクです。
そっか・・・
私の言う「ピンク系四天王」はコスチュームも髪も「ピンク」で統一されていたのですね・・・
全く、このポンコツ管理人は一体どんだけ「ピンク色」が好きなんでしょうか・・・(笑)
ま・・・元々好きな色の一つがピンク色で、女の子の髪型で大好きなのが「ポニーテール」とくれば・・・
そりゃ・・・・
このポンコツ管理人の大好きピンクプリキュアは「キュアラブリー」となってしまうのはまさしく自明な事ですよね!!
しかも、ラブリーは「ポンコツ」でもありますので、そりゃまー・・・天下無敵ですね!!

ま、だけど・・・こうしたピンク系に限らず、他の色系の御方だって、
例えば六花・・・あ、いや・・ダイヤモンドとかビューティとかアクアとかハニーとかシャイニールミナスとかルージュとか
ブッキー・・・あ・・いや・・パインとか
エースとかフォーチュンとか
トワイライト様・・・じゃなかった、スカーレットとか
大好きなプリキュアはピンク系の他にも一杯いっぱいいますからね・・・!!

そうそう・・・今回のこのエンスカイのこのシリーズなんですけど、カードは「全41種類」との事です。

あれれ・・・ちょっと待った・・!!

「今、41人と言いましたぁ――??」(bY 朝比奈みらい)

初代~現役の第11代目の「魔法つかい」までプリキュアは合計43人なのですけど、
(私は認めていませんけど、キュアエコーを含めると44人)
そうなると・・・
カードからはぶられちゃう人がいるのかな・・・?
ま、そんな事ある訳ないので、初代とかSSなんかは「二人で一枚」みたいな事もあるのかな・・・?

とにかく計41種類もあると、例えば「ラブリーを絶対に引き当てたい!!」と強く願ったとしても
それを引き当てる確率は1/41・・・・
う――――ん、これはかなり難しそうですね・・・

ま・・・誰が当たるかわからないというのは、「お楽しみ」という事ですね・・・(笑)

それこそ封を開ける瞬間は、まさに「わくわくもんだぁーー」という感じですね・・・(笑)

さてさて・・・今回は誰が当たったのかな・・・

ちなみにこのエンスカイの今回のカードは、紙製ではなくてプラスチック製という事で見栄えはかなりいいです。
一つの袋の中に2枚カードが入っています。
但しそのせいかお値段は高めで、一つ200円+税です。
(魔法つかいのカードガムは、一つ100円でした・・)

今回は・・・赤系の御二方が当たりました!!



003_convert_20160602145831.jpg



まず一枚目の赤の御方とは・・りんちゃん! キュアルージュでした!!

このフォームはGoGo!版ではなくて、無印版の方ですね!

りんちゃん=キュアルージュは、歴代の中では人気が薄い方・・みたいな事もよく耳にするけど
私はそんなことは無いと思いますね!
こんないい娘はいないと思いますし、
私の中では、「もしもプリキュアの中からお嫁さん候補を見つけろというならぱ、
迷うことなくりんちゃんかゆうゆうのどちらかを選ぶ!!」と言うくらい
実は大好きなプリキュアでもあります!!

最近よく「ブラック企業」なんて言葉を耳にしますけど、
りんちゃんは、ホントまじにブラック企業の社員も真っ青なハードスケジュールの日々を送っていたのが
印象的でしたね。
弟や妹の面倒を見て、お店(花屋)の手伝いをして、フットサル部のエースとして活躍し、
アクセサリーのデザインをしつつ、ナッツハウスの手伝いをし、
その上で、普通の中学生として学校生活を送り
「プリキュア」としての活躍をし、
更にその上で、ドジでアホなのぞみの面倒を見るという感じでしたから、
ホント、ぶっ倒れないのが不思議なくらいでしたね・・・
(ドーナッツ国王登場の回では、国王に怒られながらも爆睡していましたね・・・)

そういう「ひたむきさ」・「どんなことにも前向きに一生懸命頑張る」という意味では
本当に「プリキュア」としてうってつけの娘という感じがありました。



004_convert_20160602145852.jpg



こちらの赤の御方は、トワ様=キュアスカーレット様ですっ!!

本当に「お姉さま、すてき―――!! 大好き!!」みたいな御方でしたし、
そうですね・・・
丁度昨年の今頃は、あのトワイライト様からこのキュアスカーレットへと葛藤を経ながらの
華麗なる変容でしたし、
まだ姫プリの最終回が終わって半年も経過していませんので、
印象としては今でも「とにかく鮮やか!!」という感じですね!!
そして何よりも・・
私が歴代女性敵幹部の中では一番大好きな御方が、トワイライト様ですので、
そうですね・・・
印象としては、今でもそうなのですけど、トワ様=スカーレット様としてよりもいまだに「トワイライト様」としての方が
印象が際立っているというのもプリキュアシリーズとしては極めて異例とも言えるのかも
しれないですよね。

さてさて・・・このエンスカイのこのシリーズ・・・

果たしてあと何回挑戦するのかな・・・??

まさかと思うけど、「ラブリーゲット!!」まで挑戦する訳は・・・・さすがにないですね・・・(苦笑・・)

スポンサーサイト



1.花輪高校


B/交響曲第2番~第一楽章(J.シベリウス)


この年の花輪高校の演奏はまさに文字通りの「過渡期」の演奏だと思います。
この年以前まで花輪を指揮されていた佐藤先生が異動され、
1978年以降に文字通り花輪高校の「顔」となられたあの偉大なる小林久仁郎先生が赴任される直前の
佐藤先生でも小林先生でもない一年間限定の「バトンタッチの年」なのでした。
そのせいなのかよく分かりませんし、
プログラム一番という条件に原因があるのか実際の所はよく分かりませんけど
あの花輪高校にしては珍しく、聴く者に「何も感じさせない・・何も伝わらない」という極めてレアな演奏を
一年間だけ残してくれています。
この年の演奏に関してだけは、珍しく「表情が無い」演奏のようにも聴こえてしまいます。
なんでそのように聴こえてしまうのかな・・・?
うーーん、その原因なのですけど「音色」なのかな・・・?
佐藤先生時代のチャイコフスキーの1番とかシェエラザート第二楽章・展覧会の絵・モルダウなどの時に
聴かせてくれたあの独特の「音色の艶」みたいなものが
この年はあんまり感じませんでした。
やはり高校生にとっては「指揮者の交代」というのは色々な意味で影響を及ぼしてしまうものなのかも
しれないですよね。
(繰り返しで恐縮なのですけど、そういう意味において、あの5年連続金賞を実現させた弘前南高校は
5年間の途中で指揮者の交代がありましたけど、それをものともしないでのあの偉業達成は
本当に素晴らしいものがあると思います!)

だけど・・・

そうした艶が無いとか表情が今一つ見えないという事の根幹にあるものは、自由曲のそのあまりの「渋さ」に
一因があるような気がしますね。
確かにシベリウスの交響曲第2番は、プロの管弦楽団においても頻繁に演奏される大変な人気のある素晴らしい名曲で、
この交響曲は「20世紀の名作交響曲」の揺るぎない一つだと思います。
ちなみにですけど、シベリウスの2番とマーラーの5番が作曲されたのは共に、20世紀の始まりの1901年です。
シベリウスの交響曲第2番は、「内省的な感じ」とか「しぶい・・」みたいな作風が多いシベリウスの交響曲にあっては
5番と並んで大変わかり易くて外に向けてエネルギーが発散・爆発していくみたいな曲でもあり、
特に連続して演奏される第三~第四楽章のクライマックスに向けてのあの盛り上がりは凄まじいものがありますし、
あの高まりはまさに・・「高揚感」とか「情熱の発散」という言葉がぴったりのような気がします。
この曲は、使用される打楽器はティンバニのみで
楽器編成も、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、
テューバ、ティンパニ、弦楽五部という極めてシンプルな三管編成であり、
こうした曲を本来、「吹奏楽」に編曲して演奏する事に果たして意義はあるのかな・・・とも感じてしまう事も
あるのですけど、
一応この交響曲は、これまで3回全国大会で演奏されたことがあるのですけど、
そのうち銚子商業と尼崎東は、あの凄まじく派手に盛り上がる第四楽章を自由曲にしています。
(神奈川大学のあの偉大なる指揮者の小澤先生が、1971年に銚子商業を率いて
全国大会デビューを果たされた時の自由曲が、このシベリウスの2番の終楽章というのもなんか意外な話
だと思います。今現在の小澤先生ならば絶対にあり得ない選曲なのかも・・という感じですよね・・)

だけど・・・

1977年の花輪高校は、その派手に盛り上がる第四楽章ではなくて
あんまりというかほとんど盛り上がらないあまりにも地味すぎる第一楽章を自由曲として
選んでいるのですよね・・・
うーーん、これは・・・実に花輪らしい選曲なのかな・・とも感じてしまいますよね。
何となくですけど、1975年にチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」において
結構派手に盛り上がる第四楽章ではなくて、
いかにも「枯れた荒涼とした冬の光景」みたいなあまりにも地味すぎる第一楽章を自由曲に選んで
金賞を受賞した時の「二匹目のドジョウ」を狙ったのかな・・・とも思ってしまいますよね・・・・

朝一番というシビアな条件のためなのか、
課題曲はそうですね・・・正直「いつもの花輪じゃないな・・」みたいな感じです。
前述の通り、音に艶があんまり感じられないせいもありますし、サウンドが幾分無表情というせいも
あると思うのですけど、
なんか演奏がドライヴしないうちに演奏が終了してしまったみたいな印象です。
自由曲は、前述の通り大変地味な楽章で全体的には「幻想風のエレジー」みたいな感じの楽章です。
花輪の演奏は、冒頭がなんかいかにも「もやもやしている・・」とか「くすんでいる・・」みたいな感じの始まり方で
弦楽器の葉ずれのようなざわめきをやはり管楽器だけで表現する難しさみたいなものを
冒頭からもろに感じさせてしまったのは大変大きなマイナスなのかな・・とも思ったりもします。
というか・・・・
この楽章自体、吹奏楽という「管楽器+打楽器」という特殊編成で表現するには適していない楽章は無いと
感じさせてしまう楽章ですので、
うーーーん、元々この交響曲のこの楽章を選曲する事自体に何かとてつもない無理があったようにも
感じてしまいます。
前述で述べたとおり、冒頭で感じたそうした「もやもやしたくすんだ雰囲気」が結局最後まで
続いてしまい、
あんまり「曲としての変化」を伝えきれなかったのは、この実力あるチームとしては
とってももったいない感じはありました。
第四楽章の壮大なフィナーレは、「短いフレーズ」を何回か繰り返し演奏する事で息の長いフレーズという
演出もあったとは思うのですけど、
第一楽章もそうした短いフレーズを繰り返す事で息の長い表現をするという意図は何となく見えてはいるのですけど、
その短いフレーズが「部分部分の好演」という印象で終ってしまい、
全体的な印象としては決してフレーズの長さを伝えきれず、比較的「淡泊」な印象というのか
メロディーラインがなんか細切れしているな・・・みたいな感じで終ったのもマイナスなのかな・・・とも感じたものです。

ま・・・・色々とグダグダと書きましたけど、
要は・・・
一つの「選曲ミス」だったのかな・・・とも感じてしまいますね。
それに指揮者の交代とプログラム一番が追い打ちを掛けてしまったとも言えると思います。

だけど・・・

こうしたあまりにも地味で内省的な曲をあえて「吹奏楽コンクール」で聴衆に問いかける花輪高校の
そうした伝統的スタイルは本当に尊いものがありますし、
頭が下がる思いはあります。

そして・・・・

この年の翌年からいよいよあの伝説の!!小林久仁郎先生が赴任されます。

そう・・!!

花輪高校の「真の栄光」はこの演奏の翌年から本格的に開始されていくのです!!

 | BLOG TOP |