FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前から少し気になっていたのだすけど、このブログの「東方語り」において、
東方人気投票ランキングで3名も(十六夜咲夜・フランドール・レミリア)ベスト10入りを果たすなど
屈指の人気メンバーが在籍している「紅魔館」のメンバーについては、まだ一度も語っていないな・・という
思いがありましたし、
本年度の第11代目のプリキュアは「魔法使い」という事もあり、ま・・その影響があるのかどうかは
よく分かりませんけど、同じ魔法使い繋がりという事で、
今回は、紅魔館メンバーからは初登場の「パチュリー・ノーレッジ」について少しばかり語らさせて
頂きたいと思います。

まずは・・・「魔法使い」というと、先月、アリスの事を取り上げさせて頂きましたけど、
その復習とおさらいを兼ねて、東方の魔法使いの分類について簡単に記してみると・・・・

1.初めから元々存在自体が魔法使い

2.元は「人間」なのだけど、修行の結果として魔法使いになった・・いわば・・・「元・人間」みたいな立ち位置

3.現役の人間そのもの

みたいになると思うのですけど、魔理沙は言うまでもなく3のパターンで、霊夢同様、生粋の「人間」です。
聖白蓮は、2のパターンに該当し、元々は人間で、かつては「老婆」だったのですけど、自らに魔法を掛けることで
若返り&肉体の強化を図ったという感じです。
アリスに関しては、見解が分かれてはいるのですけど、阿求ちゃんの求聞史紀においては、
2の説を採用していますけど、今現在はどちらかというと1の説が濃厚みたいですね。

バチュリーさんは・・・多分ですけど・・・1のパターンだと思います。だけど、どうしてこの人が
吸血鬼のスカーレット姉妹が住んでいる紅魔館の居候として棲みついているのかは・・・
うーーん、正直・・・謎ですよね・・・・
居候を許可したのは、レミリア様のいつもの「気まぐれ」という事かもしれないですけど、
お互いに「パチェ」・「レミィ」とファーストネームみたいな感じで呼び合う仲ですからね・・・・
うーーむ、その辺りはいまだに謎ですね。
この点は、正直、私の脳内妄想でも「正直、よく分からない・・・」という感じです。

パチュリーさんは、別名「動かない大図書館」の名前の通り、基本的には日が当たらない地下の図書館に
こもりっきりでほぼ一日中読書に費やしています。
ま・・・確かに「知識」は豊富なのかもしれないし、頭も相当いいと思われますけど、
かなりの「知恵者」という感じが強いのですが、
そうですね・・・
俗にいう「知識人の弱さ」とか「頭でっかち・・」とか「頭はいいのだけど、理屈ばかり達者で実践が出来ていない・・・」を
まるで絵にしたような御方だとも思えます・・・(笑)
知識は豊富なのですけど、頭でっかちで、知識の源が本であり「経験」ではないので、
実践的でないというのか・・・微妙にずれているのは否定できないのかな・・・?
紅魔館での本来の役割というか、レミリア様から求められている「紅魔館で問題が発生した場合の解決請負人」みたいな
役割を本来は請け負っているはずなのですけど、逆にトラブルメーカーになる事も結構ありましたね・・・(笑)
レミリア様からも・・・
「役立たずの知識人」とか
「知識人はもう間に合っている、これ以上要らない」などと言われている始末ですからね・・・
「東方地霊殿」においても、異変にはいち早く気づいたものの
魔理沙と組んで地下に潜ったときには典型的な「知識人の経験不足」と「頭でっかち」ぶりを遺憾なく発揮していたのが
大変印象的でした!!
2面ボスのパルスィの正体を尋ねられて「すぐにはちよっと分からない・・」と答えたのはいいとして、
3面ボスの勇儀との会話中にパルスィの正体を調べ終わるというポコツ振りを披露し、
魔理沙に「使えない奴」呼ばわりされていたのがとっても楽しかったです!!

そうですね・・・・レミリア様としては、
「ま・・・うちには完璧なメイドの咲夜がいるし、別にパチェにそうした厄介な問題に当たらせなくてもいいじゃん・・
ま・・備えあれば憂いなしなのかな・・・
そのうち何かの機会で多分ちっとは役立つんじゃないのかな・・・
それよりも今は、私の話し相手というか相談相手としてここにいて貰おう・・・」みたいな意識があるのかも
しれないですよね。
そうじゃないと、あのわがままで気まぐれでとにかくおっかない吸血鬼のレミリア様が
ああしたパチュリーさんを手許に置いておく訳はないですよね・・・・
というのか、なんでパチュリーさんみたいな人がこうやって「紅魔館」に居候を始めてしまったのでしょう・・・?
その辺りの経緯は、公式でも明らかにされていないし、二次創作でもその点において語っている人は
正直あんまり見た事がないものでして、正直、自分としても「うーーーーむ・・」と考え込んでしまいます。
紅魔館には、完璧で有能なメイド長の十六夜咲夜がいるのですけど、
この咲夜にしたって、「え・・・なんでこんなに優秀な人間がこんなおっかない吸血鬼にお仕えしているんだ・・・?」
みたいな事は随分以前から言われていますし、
阿求ちゃんの著作の中では「元々は吸血鬼ハンターだったが、戦いの末レミリアに敗北しも記憶を消去した上で
自分のメイドにしてしまった」みたいな事を語っていましたね。
人によっては十六夜咲夜は、元々は「月の民」みたいに言う人もいますし
(永琳様が咲夜を見て驚いた・・というのがその説の根拠になっているのかな・・・?)
とにかく「紅魔館」は「謎」が多いお屋敷です。

そうですね・・・・

自分の脳内妄想としては、パチュリーさんは、元々は「放浪の知識人」だったのではないのかな・・・とも
思ったりもします。
何て言うのかな・・・戦国時代の明智光秀が「自分に相応しい主君に仕える為に主君探しの放浪の旅をしていた・・」
みたいな伝説と少し似ているのかな・・・?とも思ったりもしています。
「自分のこうした魔導書とか魔法の知識を重宝してくれる優しい御方はどこにいないのか・・・」と
外界をはじめ魔界とか冥界とか色々各地を転々とし、自分の「雇い主」というのか「パトロン」を探す
放浪の旅をしていたのかな・・・とも思ったりもします。
ま・・・だけど現実はそんなに甘くなくて、色々と当たってはみたものの、全て玉砕状態・・・
そう・・・イメージとしては、就職活動に失敗し面接で玉砕し、トボトボと当てもなく歩いている大学4年生みたいな感じに
近いのかな・・・とも思ったりもします。
そうした状態で何気なく「幻想郷内」に入り込み、
門番が居眠りしているとある洋館についつい入り込んでしまったところが・・・あの「紅魔館」であった・・・
パチュリーさんとしては、
「え・・・なにこの怖い雰囲気・・・・とてもじゃないけど私には無理無理・・」と思っていたし、
レミリア様も咲夜も当初は「え・・・なにこの使えねー奴・・」と思っていたのですけど、
ある日たまたま地下から上にやって来たフランちゃんが例によって大暴れ・・・・
その時、たまたま運よく使った魔法の相性がよかったのか、フランちゃんは・・無事にお休み状態・・・・
それを見たレミリア様が思わず・・・・
「これは使える!! はい、採用!! 何かあった場合は、フランの面倒はちゃんと見てよ・・・」と
言ってしまった・・・みたいな「脳内妄想」があったりもします・・・(笑)

だって・・・・

そうでないと、なんであのパチュリーさんがこんなおっかない紅魔館にいるんだ・・・みたいな説明が
付きそうもないものですから・・・・
「東方儚月抄」にて、レミリア様と咲夜が長期間月に行っている間の紅魔館の主人は、パチュリーさんだったのかな・・・?
そしてその際の地下のフランちゃんの監視役兼お世話役は
たぶんきっとパチュリーさんだったのかもしれないですよね・・・・

今回はなんか「総論」みたくなってしまいました・・・

→その②へ続く・・・・・








さてさて・・・

上記の色彩感に溢れとってもファンタスティックな雰囲気のお美しいパチュリーさんは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2014年7月に描かれたものです。
ちなみにですけど、この時は「夏らしい絵を描こうプロジェクト第一弾 」というアミグリさんのオリジナル企画の一環でした!

このイラスト、本当に「夏」にぴったりの一枚ですよね!!

パチュリーさんは、古明地さとり様同様に「紫色」を基調にしているのですけど、
紫をベースにしながらも部分的に「水色」を入れているのが、アミグリさんのこのイラストの説明にある通り、
まさに「涼しげな印象」をもたらしていると思います。
アミグリさん自身による説明では
「フリルも透けている感じで塗ってみたけどどうでしょうかー」とありますけど、
その透明感こそが「清涼感」に繋がっていると思いますし、やっぱり夏に相応しい「涼風」みたいに
爽やかな風が舞っているみたいな雰囲気が漂いますよね!!
印象としては、まさに「川辺に佇む美少女」という感じですよね!!
これ、本当に素晴らしい素晴らしい一枚だと思います!!
これは是非是非私以外にも、多くの人に見て頂きたい素敵なイラストだと私は確信しております!!

ちなみになのですけど・・・・

このパチュリーさんのイラストは、pixivにも投稿されているのですけど、
実を言うと・・・・
私自身がアミグリさんの作品でpixivにて初めてブックマークしたのがこの「パチュリーさん」だったのでした!!
その意味では、私にとっても大変「思い入れがある一枚」なのです!!

尚、繰り返しになりますが、上記の素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰り等はご遠慮くださいね・・・・

上記のイラストは「夏らしい絵を描こうプロジェクト」の第一弾だったのですけど、
第二弾も実に素晴らしい・・・!!
あの人気キャラの・・・しかも水着です!!

その人気キャラとは一体誰なんでしょう・・・・??
それを見たい方は是非是非こちらから!! → 夏らしい絵プロジェクト 第2弾!!



さてさて・・・次回の東方語りは・・・ 早苗さん その⑤ パチュリーさん その②などを
予定しています。
スポンサーサイト



この記事の一つ後の記事が「東方Project」の「魔法使い」でもあるパチュリーさんですので、
それに合わせる形で、ここでは「魔法つかいプリキュア」の可愛いかわいいグッズを
簡単に取り上げてみたいと思います。

今現在6月初旬なのですが、従来ですと、プリキュアの食玩フィギュアは
チェーン付ミニフィギュアとかキューティフィギュアみたいに何種類か発売されているものなのですけど、
今年に限ってはこの時期になっても一向にそうした食玩のプリキュアのフィギュアとかドールが発売されず
なんか少しがっかりしていたものでした。
モフルンは、ミニぬいぐるみとして発売されていたのに、「え――、肝心要のプリキュアは商品化されないの・・?
なんかちょっとさびしいな・・」とも感じていました。

だけど・・・

ついに出ましたでました・・魔法つかいプリキュアの初めてとも言える食玩としてのフィギュアと言うかドール
みたいなものが!!
まさに「待望の!!」という感じでした!!







今回バンダイより出たのは「魔法つかいプリキュア! ラブリーポーズドール」というものでして、
そうですね・・・
これ実際に触れてみた感じでは、ミニフィギュアというよりは「ドール」みたいな印象が強いですね。
ミニフィギュアにありがちなチェーンとかが付いていませんし、
今回の商品は「可動型」という事で首がなんとなくクネクネと動き、ペタンとお座りが出来るというのが
「なんか可愛いお人形さんみたい」と感じる一因なのかもしれないですよね。

今回のシリーズは3種類出ています。

ミラクル・マジカル、そしてほうきを手にしたみらいです。

え・・・今回は、変身前のリコちゃんは商品化されていないの・・・??みたいな感じもありましたけど、
ま・・リコちゃんの感覚としては・・・
「え・・・私、あまりにもポンコツ過ぎたから商品化も一部はぶられてしまったの・・・??」と思っているのかも・・・??

今回は、ひとまず「キュアミラクル」を購入、今度の休みにでも残りのマジカルとみらいを
買いに行こうかな・・・??


CIMG9729_convert_20160531190142.jpg


だけど、このキュアミラクルはとっても可愛いですね!!

まさに「正統派のピンク系!!」という感じがしますね!!

全体的にはなにか「ふわっ・・」としたものが伝わってきます。


CIMG9730_convert_20160531190216.jpg


今回のシリーズですけど、可動型という事でほんの少しだけ首がくねくねと動きます。
そのためこうした「お座りポーズ」もできちゃったりもします・・・(笑)
そうですね・・・・もう少し首を動けるようになれば、90度近くのお座りポーズというのか
椅子に座ったような状態が再現できるのですけど、
なんかこれじゃ、腰かけているというよりは「寝ている」みたいな雰囲気に近いものもあったりもします・・(笑)

ま・・・ミラクルはとってもとっても可愛いから、そんなつまらんこと大した問題じゃないのかも
しれないですよね。


CIMG9629_convert_20160503173144.jpg



さてさて・・・このドールのネーミングが「魔法つかいプリキュア! ラブリーポーズドール」となっていましたので、
最初にこれを見た際は、
みらいの口癖ではないのですけど
「今、ラブリーと言いましたぁ―――!?」みたいな感じになってしまいました・・・・(笑)

「え・・・まさかあのラブリー大先輩みたいな何か荒ぶったポーズでも取るのかな・・・?」と一瞬期待したのですけど、
まさかそんな訳ないですよね・・・(苦笑・・)

とにかく・・・・ミラクルもラブリーもとってもとっても可愛いから大好きですっ!!

 | BLOG TOP |