FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら「またか・・」という感じもするのですけど、
とにかくグリフォン企画・制作の東方フィギュアの世界も本当に素晴らしいものがありますので、
これで四回目ですけど、この素晴らしい世界を少しばかり取り上げさせて頂きたいと思います。

何となくなのですけど、東方×ドールの世界は「洗練された美しさの世界」という感じがあり
擬人化された人形みたいな感じもするのですけど、
(改めてですけど、Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画は本当に素晴らしいですよね!!)
東方×フィギュアの世界は、どちらかというと本来のキャラに近いというか、
力強さ・迫力・実写的みたいな雰囲気もあると思います。
ま・・、確かにどちらの世界もとにかく「素晴らしい!!」としか言いようがないですけどね。
だけど・・・・
お財布のひも的にはやっぱり・・・「フィギュア」の方がまだ少しは近いのかな・・・・とも思ったりもします。
(それでも一体7000~9000円という価格帯ですけどね・・・)
現在は、発売は終了しているのですけど、是非是非新しいシリーズの企画とかそれが無理ならば
昔の商品の再発売も実現して欲しいものですね!!

あ・・・・ちなみにですけど、下記で取り上げさせて頂く東方フィギュアは、ほとんどが2012年に発売または予約受付開始を
したものでして、
当然ながら、現在では販売とか予約はしておりませんので、あしからず・・・・
(アマゾンとかヤフオクでは、ドールと違って今でも頻繁に見かけますね)




縺ヲ繧神convert_20160526191400



今回のトップバッターは、前回の永琳様に続いて「永遠亭」から二人目の登場の因幡てゐです。

スケールは1/8  サイズ約15.5㎝ 価格は発売当時の税込で7140円でした。
前回登場の八坂神奈子の24.5㎝に比べると、元ネタが「ウサギ」という事もあり、なんかちびっこいという
印象ですね。
てゐの頭上に乗っかっているウサギちゃんもとっても可愛いですね。
東方の二つ名が「幸運の素兎」で、このフィギュアのキャッチコピーが
「みんな! 私がもっと幸せにしてあげるわ!」という事ですし、能力も「人間を幸福にする程度の能力」という設定で、
一見・・・なんか人にとっては極めてありがたいような妖獣に感じてしまうのですけど、
そうですね・・・
印象としては・・・ずるがしこい・狡猾・計算高い・「長いモノに巻かれろ」みたいなしたたかさが
目立つような感じもしますね。
それと・・・
てゐというと・・
やたら愚痴っぽいうどんげちゃんのお師匠様である永琳様に対する愚痴を陰に隠れてこそっ・・と聞きつけ
それを逐一永琳様にたれこむ「告げ口大魔王」みたいな印象がとっても強いですね・・・(笑)
うーーむ、うどんげちゃんの苦労は当面続きそうですね・・・(苦笑・・)
ま・・・てゐ自身も決して「幸運をもたらすラッキーガール」ではなくて、特段・・人を幸福にするような力も
ないんじゃないの・・?とも思ってしまいますね。
要は・・・
迷いの竹林で万一道に迷った場合、ほとんどの場合妖怪に食われてしまう危険性もあるのですけど、
てゐは実はこの「迷いの竹林」に棲みつく兎たちのリーダーでもありますので、
てゐを万一見つけることが出来たら、なんとか自力で竹林の外か永遠亭にまでは導いてくれそうという事で
そうした二つ名があるのかなとも思われます。
ま・・・実体は・・・うどんげちゃんのようにてゐに関わってしまうと、永琳様へのちくりとかその他様々なイタズラで
どちらかというと・・・・ちょっとした不幸になってしまいそうですよね・・・(笑)

でも元ネタが「ウサギ」という事もあってか、てゐはとにかく見た目はめちゃくちゃ可愛いと思いますし、
このフィギュアもそうした「可愛らしさ」とか「幼い雰囲気」はよく出ていると思います。
やっぱりあのウサ耳がとっても可愛いですね!
ちなみに後ろを振り返ると小さいですけど尻尾もちゃんと付いています。

今、「幼い雰囲気」とか書きましたけど、うーーん、確かに雰囲気はそうなのですけど、
生きているご年齢はそうじゃないのですよね・・・(苦笑・・)
てゐの元ネタは日本書紀の「因幡の白兎伝説」ですので、その年齢は179万~180万歳以上と推測されますよね・・・
よく「東方五大老」と揶揄されるのが、ゆかりん・永琳様・八坂神奈子・聖白蓮・ゆゆ様なのですけど、
多分ですけど・・・
少なくともゆゆ様・白蓮さんよりは年上・・・!という事になりますよね・・・

うーーーん、この幼い雰囲気でこのご年齢はありえないのかも・・・・??

まさに「東方屈指のロリ婆さん」という感じになるのかも・・・・??
(あ・・・東方の世界ではこの言葉はNGワードですよね・・・ZUN大神主様の御意向は、東方の登場人物は
全員少女との事ですので・・・・)



縺・←繧薙£_convert_20160526193412


さてさて・・・・てゐの次に来るのは・・・そう! 当然うどんげちゃんです。

ちなみにですけど、このうどんげちゃんの正式なお名前は、鈴仙・優曇華院・イナバという結構長い名前です。
というか・・・月の民の人達は、
うさぎというと、「鈴仙」とか「因幡」という発想しか無いのかな・・・??

スケールは1/8  サイズ約19.5㎝ 価格は発売当時の税込で7140円でした。
あれれ・・そうなるとフィギュアの上では、うどんげちゃんは永琳様よりも高身長という事になるのですね。なんか少し意外・・・

うどんげちゃんの特徴でもあるロングヘアとか少しよれよれっとしたうさ耳なんか巧みですよね!
(てゐのうさ耳がいかにもウサギみたいな感じであるのとはちょっと対照的なのかも・・・)
尻尾は付いているのかどうかは分からないですね・・・・
最大の特徴とも言える今時の女子高生みたいなブレザーツーピースの制服も見事に再現されていますよね!
白いルーズソックスもなんかいかにも「女子高生」みたいな感じもして楽しいです!!
そしてこの太ももは素晴らしいと思います!!
そうそう・・うどんげちゃんは、「東方三月精」の中でも何度か登場し、迷いの竹林の中でてゐを探している時に
バッタリと遭遇した光の三妖精が驚きのあまり逃亡を図った際に、
宙返りをしたり、スカートを隠しながら惜しげもなくあの太ももを晒しまくっていた時のうどんげちゃんは、
とにかく、も―――、とってもキュートでした!!

ま・・・とにかくとっても可愛いのだけど、妖夢同様、なんかとてつもない「苦労人」ポジション確定!!という
雰囲気が漂っていますよね・・・
しかも最近では・・・あの純狐に気にいられて何かと目をつけられていますからね・・・・




螟壹€・憶_convert_20160526193344



こちらは「多々良小傘」です。

スケールは1/8  サイズ約24㎝ 価格は発売当時の税込で8208円でした。

多々良小傘というと「いたずらっ子のちびっこ妖怪」みたいなイメージがあったもので、
当初は「あれれ・・なんで八坂神奈子並にこんなに大きいの・・・?」と感じたのですけど、
あ・・・これは「傘」を含めてのサイズです。
傘がいかにも「唐傘お化け」というか古典的な日本のお化けという感じですね。
多々良小傘は、よく言われる事なのですけど、この唐傘と唐傘を手にしている少女の一体どちらが
本体なのかという事なのですが、
これについては、多分ですけど正解は「どちらも本体」という事なのだと思います。
多々良小傘は、付喪神と言う事なのですけど、
ま・・同じ付喪神でも秦こころとは強さのレヴェルが全然違う・・という感じなのかもしれないですよね・・・(笑)
多々良小傘は、どちらかというと「妖精みたいな感じの人騒がせなイタズラ小娘という感じですね。

このフィギュアの小傘はとにかくあの「唐傘」がいかにも「夏の風物詩みたいなお化け屋敷」みたいな感じで
とっても楽しそうですね!!
本当は怖いのかもしれないけど、多々良小傘が持ってしまうと、単なる「おもちゃ」にしか見えない所が
また可愛いと思います。
小傘の「あかんべえ」がとっても可愛いです!!
そうそう・・・東方キャラとしては極めて珍しい「素足」というのもポイントが高いと思いますし、
東方では「初」となる「オッドアイ」がまたまた魅力的です!!

多々良小傘は・・・・そうですね・・・・妖怪としては極めて「弱い」部類に入り、
「東方神霊廟」においても白蓮さんの命蓮寺内の墓場で遊んでいたら、キョンシーの宮古芳香によって追い出されてしまい、
異変解決のためにやってきた霊夢に対して妖怪退治を依頼し、
なんと・・・・!
妖怪が人間に対して「妖怪退治を依頼する」というある意味快挙もやらかしてくれています・・・(笑)

小傘は、元々は「捨てられ放置された傘」が妖怪化したものなのですけど、
あらゆる道具には神が宿っており、大事にされれば合わせるが、捨てられると暴走(妖怪化)して牙を剥くそうですので、
よいこの皆さんは、「ものは大切にしましょうね!」という事を説示している可愛い妖怪ちゃんと言えるのかも
しれないですよね・・・・
ま・・・ちよっとはた迷惑な妖怪ですけど・・(笑)



繝√Ν繝酸convert_20160526202830


さてさて・・・こちらはこのブログでも既にお馴染みの⑨のチルノです!!

いやーーー、やっぱり改めてですけどチルノって本当にめちゃくちゃ可愛いですよね!!

スケールは1/8  サイズ約16㎝ 価格は発売当時の税込で7350円でした。

いかにもチルノらしいあの氷の羽とか青のワンピースとか、とにかくチルノの魅力がググッ・・・と出ていますよね!!
あのドールの世界のチルノも大変素晴らしかったけど、
こちらのフィギュアとしてのチルノも本当に素敵だと思います。

グリフォンフィギュアの中で、今の所、私が知る限りにおいては妖精としてフィギュア化されているのは
チルノのみです。
それだけチルノ人気の高さを証明していると思うのですけど、
出来れば、今後、リリーホワイトとか光の三妖精(特にサニーミルク)は、是非是非商品化
して欲しいとも思いますね。



るーみあ



こちらは宵闇の妖怪 「ルーミア」です。

スケールは1/8  サイズ約17.5㎝ 価格は発売当時の税込で8190円でした。

いや――――、やっぱりルーミアはとっても可愛いですよね!!
東方の世界ではそんなにゲームとか公式漫画でも頻繁に登場するキャラではないのですけど、
東方人気投票では毎年安定の上位位置をキープし続けていますけど、それはとてもよく分かりますね!!
やっぱり、この金髪・紅いリボン・人食系妖怪でありながらこの幼い雰囲気、
そして何よりもあの「そーなのかー」ネタ一本でここまでの人気キープ・・・・
やっぱりルーミアは東方には必要不可欠な魅力的なキャラですよね!!

このフィギュアでもルーミアは両手を左右一杯に広げていますけど、
このポーズは、三月精等公式漫画でも随所に見せれますけど、あのポーズが意味するものって
何なのかな・・・?
ちなみにですけど、二次創作ではよく「ルーミアは頭のリボンを外すと真の能力が覚醒する」とか何とか
言われていますけど、
何となくですけど、レミリア様の頭のリボンとルーミアのリボンの雰囲気が似ているような気も・・・・??




繧・f_convert_20160526193320


さてさて・・・今回の紹介記事の「フィナーレ」は、ゆゆ様、西行寺幽々子です!!

このブログではゆゆ様の事はまだほとんど触れていませんので、このゆゆ様についてもいずれ
思いっきり語ってみたいです!!

スケールは1/8  サイズ約22㎝ 価格は発売当時の税込で9240円でした。

ゆゆ様は「幽霊」ではなくて「亡霊」です。
亡霊は、生前同様の姿をし、触れる事も話す事も生前同様に出来ます。
千年近くも冥界の「白玉楼」にて亡霊のまま住み続け、四季映姫様等閻魔さまからの命令を受けて、
冥界での幽霊管理を一任されています。
亡霊なのですけどちゃんと「足」はありますけど、亡霊らしい周辺の霊魂(人魂? 幽体?)とか額の三角巾を見ると
「あ、やっぱりゆゆ様は冥界の人なんだ・・・」と思ってしまいますね。
このフィギュアも実に精緻!!
ゆゆ様独特の不思議な雰囲気がよく出ていますし、生前のゆゆ様は「名家のお嬢様」でもありますので
「高貴な雰囲気」もよく出ていると思います。

ゆゆ様と言うと、個人的には「東方儚月抄」が大変印象的です。
ゆゆ様というと、何となくおっとりしているとかふわっとしているみたいな印象も一見ありそうなのですけど、
いやいや、実は大変な切れ者であることが
この東方儚月抄で明らかになったと思います。
あの作品の中では、

主演→霊夢・魔理沙・レミリア様・十六夜咲夜・綿月姉妹

助演→永琳・鈴仙

黒幕→ゆかりん

みたいな感じもあるのですけど、実は「真の主人公はもしかしてゆゆ様ではないのかな・・」と思わせる
抜群の切れ者&知恵者という印象をもたらしていたと思います。
ま・・・あの中では妖夢はなんかいかにも「役ただすの従者・・」みたいな感じでちょっと気の毒でした・・・(笑)
特に特に・・・ゆかりんとのあの「阿吽の呼吸」は素晴らしいしお見事でした!!!
あの話の中ではまさに「最重要人物」だと思いますし、
あの時のゆゆ様は本当に惚れ惚れするくらいかっこうよかったです!!

ゆゆ様は、そうですね・・・普段はとっても飄々とされている御方で、
あの射命丸文ですら、インタビュー中にゆゆ様の真意をほとんど理解できなかった程ですからね・・・

半面、なぜかゆゆ様には「大食い」という噂が以前から絶えず、
一度は、ミスチーを焼き鳥の食材として狙っていましたからね・・・(笑)
しかも、その「大食い」というのがついに公式でも認定され、
東方心綺楼で背景に出演した際、観戦しながら物凄いペースで無限におにぎりを食べ続けるというモーションで登場し、
まさにあれは「すさまじい大食漢」ぶりを遺憾なく発揮されていたのがとっても印象的です。

最近においては、「東方神霊廟」では、まさかまさかの1面ボスとして登場していました!!
というか・・・
あんな無茶苦茶強い御方がまさかの1面にいきなり登場と言う事で、あれは相当なインパクトがあったと思いますね!!

スポンサーサイト



我ながら「またこのネタか・・・」と思ってしまいますし、
このブログを定期的にご覧頂いている皆様にとれましては、
「なんだ、このポンコツ管理人はまたこのネタなのかよ・・・本当に、他に語る事は無いのか・・」みたいに
思われるのかもしれないのですけど、
今年に入ってこのブログでは
「京浜東北線は、週に1~2回程度は朝と帰りの時間帝に致命的な遅延を発生させている。
これには結構迷惑させられて、本当に困っている・・」みたいな事をやたらと書いている気がします。
そうなんですよね・・・
帰りの時間帯の遅延は、まー、いいとして
朝の通勤時間帯にああやって何度も何度も「電車遅延」を発生させられてしまうと、本当にマジで
困ってしまいます・・・(苦笑・・)
だって・・・会社がある最寄りの駅は、「京浜東北線」しかありませんので、この京浜東北線が止まるイコール
全社員の足が止まるという事を意味してしまうのですよね。

京浜東北線に遅延が多いのは何となくわかるのですよ・・・
こうした各駅停車の電車が(平日の昼間は「快速」というのもありますけど・・)埼玉県~東京都~神奈川県と
三つの都と県をまたいでいる電車というのは、もしかして全国的には珍しいのかな・・?
とにかく大宮~大船まで正味二時間程度も掛かってしまうとてつもない長距離の電車がああやって一本の線路で
結ばれていますので、この長距離内でなにか一つでも事件・事故が発生してしまうと、
連鎖反応的に全線で止まらざるを得ないという事になってしまいがちなのですよね。
これって前も書いたことがあるのですけど、更に不幸な事に京浜東北線は、山手線とか高崎線などと
部分的に隣接線路で走っている箇所も多く、こうした路線で例えば山手線内で事故が起きてしまうと、
事故処理中の作業員の安全確保のために隣接する京浜東北線も止めざるを得ないという事に
なってしまうのですよね。

5月は世間では、やれ大型連休だの長期休暇の実現とか言っていましたけど、
うちの会社のGW中の休みは5/3~5/5のみのカレンダー通りでしたので、
5月の「出勤日数」は、23日と普段の月とほとんど変わりはありませんでした。
うちの会社は「タイムカード」式になっているのですけど、5月のこのタイムカードを改めて眺めてみると、
なんと・・・!!
5月の一ヶ月だけで「遅刻」という印字がなんと6日もカードに刻印されています・・・
というか、これは別に私自身に限った話ではなくて、会社の最寄駅が上記の遅延ばかりしている京浜東北線のみ
ですので、ほぼ全社員が私と同様に4~6回程度の「遅刻」という文字が刻印されていました・・・
確かに「電車遅延による遅刻」ですので、当然ペナルティーの対象ではないのですけど、
やっぱり何だかとてつもなく「見栄え」が悪いですよね・・・・(苦笑・・)

多分ですけど一か月間と言うごく短期間だけでこんなにも朝の通勤時間帯の電車遅延が数多く発生したのは
初めてなのかもしれませんし、
私自身もこんなにひどいのは経験ないかもです。

本当にマジで冗談抜きで「も――――、E――――――加減してぇ――――、せめて朝の通勤時間帯ぐらいは
正確な運行を実施してくれぇーー!!」という感じですね。
朝から遅刻と言うのもなんか気分的にテンション下がるし、
なんか朝から「イラッ・・」として一日が始まるのも、ホント、嫌な流れですよね・・・

そうそう・・・6月の始まりの6月1日もやはり人身事故で一時間程度、電車が止まり、
社員の8割近くが遅刻という異常事態になっていました・・・
月初という事で、朝の「全体朝礼」が中止になったのはいいとして、代わりにPM19:00過ぎの全体反省会
みたくなってしまい、
朝礼よりももっときつい各部署ごとのツッコミが炸裂していましたので、
まさに「はた迷惑・・」という感じでしたね・・・(苦笑・・)



9ff21c40_convert_20150619163444.jpg


常連の皆様にとっては、「なんだ、またこの画像か・・一体何回目・・??」と思われるかもしれないですけど、
自称(?)昨年放映された埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」の応援団員(?)を勝手に名乗っている
私としては、遅延しまくっている「京浜東北線」は、まさに浦和~大宮近辺に通勤・通学している人たちにとっては
まさに「足」でもありますし、
調・常盤・南等の浦和の調ちゃんのメインキャラにとっても通学の足でもありましたので、
ま・・・これ以上は何も言わないようにしておきましょう・・・(笑)
京浜東北線というかJR東日本には、
「電車遅延は避けられない事なのかもしれないけど、朝と帰りの時間帯の遅延はせめて
月に1~2回程度にしてよね・・」と言いたいですね・・・



CIMG8444_convert_20150621230812.jpg



CIMG8442_convert_20150620205727.jpg




さてさて・・・これは昨年の話なのですけど、
今からちょうど一年前の6月において、
浦和駅東口のパルコ一階にて
「浦和の調ちゃん」えきしびじょんという展示パネルのイベントが特設コーナーにて開催されていました。
設定資料集とかパネルとか原画とか色々と興味深い展示が一杯でしたけど、
特に興味深かったのは、調達が通う浦和第三高校の制服が「コスプレ衣装」として展示されていた事です。
改めて当時の写真を眺めてみると、
この浦和第三高校の制服は、とってもキュートで可愛いですね。
(浦和第三高校のモデル校は戸田近辺の浦和南高校ですけど、南高校の制服ってあんなに可愛かったっけ・・??)
そういえば・・・
「浦和の調ちゃん」のコスプレのオーディション大会も番組放映開始前に、既に開催されていたようですね・・
何かこれは・・・
是非是非・・コスプレイヤーの皆様の可愛い制服姿を是非是非見たかったものですね・・

えきしびじょんで一番興味深かった事は何かと言うと・・・・

原画というのか、当初の構想時と思われる「絵コンテ」が展示されていた事でした。

当初の原画とアニメとして流されているものは・・・何となく違いがあるような感じもあったりして
大変興味深いです。
当初の構想は・・・今よりも等身が多いというのか、もっとすらっとしていて
幾分・・大人っぽい雰囲気もあるように見受けられました。
実際の制作段階で、色々と・・・細かい修正がかけられていったようにも感じれました。
一般的なアニメと異なり、特に原作とか原作漫画がない完全な「オリジナル作品」ですので、
やはり・・・こうやって・・・
「無から有を生じさせる事」は本当に大変ですし、制作者の皆様のご苦労には、本当に頭が下がる思いで
一杯ですね。

そして同時に・・・

こうしたブログにおいても、特に・・・「イラストブログ」をメインにされている方は・・
本当に大変だと思いますし、
皆様の日々の「創作のご苦労ぶり」には本当に・・・頭が下がる思いで一杯ですね・・・!!

自分なんかは・・・テキトーに(?)その日の出来事とかアニメや音楽の感想をかいているだけなのですけど
イラスト系の皆様のブログは・・・
まさに日々「無から有を生じさせている事」の連続ですからね・・・
私にとってはイラスト系のブログの管理人の皆様一人一人が「神」に見えてしまいそうですね!!

 | BLOG TOP |