FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


最近のこのブログにおいては、東方関連のドールの事ばっかり書いている気がしますね・・・(笑)

先週のチルノから始まり、十六夜咲夜・霊夢のこの素晴らしきドールの事を既に記事にさせて頂き、
なんか我ながら「またか・・・」とつくづく感じてしまうのですけど、
この「妖夢」も本当に、霊夢やチルノにやっぱり勝るとも劣らない素晴らしい精緻な仕上がりを見せ付けてくれています。

この「Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画」なのですけど、
うーーん、やっぱり一体5万円を超す完全受注生産のドールの世界って本当に素晴らしいですよね!!
これを見てしまうと、
本当に・・・この企画シリーズの5体全てが欲しくなってしまうぐらいの
素晴らしい最高級クラスのドールだと思います!!
本当にあれは・・・まさにため息ものですよね・・・
「ドール」なんだけど、「魂」が伝わってきますよね!

改めてこの企画を簡単に記すと・・・

ドルフィー・ドリーム (Dollfie Dream)とは、株式会社ボークスによって製造、販売されているドールなのですけど、
アニメやゲームのキャラクターを再現した完成モデルが多いのが特徴なのですが、
全体的には「フランス人形」と間違えてしまいそうなとにかく上品で繊細できめ細かい仕上がりで
価格がとてつもなく高いのですけど、
その「価格の高さ」すら「この完成度なら極めて妥当・・」と思わせるくらい
とにかくめちゃくちゃ完成度が高いです!!

このシリーズは、イベント販売・直販・通販でないと購入出来ないのでけど
とにかく大変人気が高くてこれだけ高い価格設定ながらも、ほとんどが短時間で完売というのも
分かる気がします・・・
今回取り上げる「妖夢」にしても、発売後即完売みたいな感じになっていて、
現在では中古を含めてほぼ入手困難みたいな感じですよね・・・

このシリーズは、2014年の「妖夢」を最後にシリーズとして企画化されていないのですけど、
続編を強く望みたいものですね!

だけど今のところ、シリーズ最後のこの「妖夢」もとにかく素晴らしい完成度ですよね!!
妖夢の場合、他のキャラと異なり「刀」(しかも二刀流!!)という武器を手にしていますから、
他のキャラとは異なる「個性」というものも感じさせてくれていると思います。






参考までに、商品概要を下記に掲示させて頂きますと・・・

商品名:Dollfie Dream® Sister「魂魄妖夢」

原型制作:造形村

ドレス製作:ボークス・ドール企画室

瞳:アニメティックアイズ「魂魄妖夢」オリジナル虹彩・メタリック・24mm

ウィッグ:「魂魄妖夢」新型オリジナルスタイル、DDサイズ仕様

ヘッド:「魂魄妖夢」オリジナルヘッド採用

ボディ:DDSベースボディ・ノーマル肌、M胸採用

セット内容:
ドール本体、ウィッグ、カチューシャ、ブラウス、リボンタイ、ベスト、スカート、ドロワーズ、パニエ、
ソックス、刀用平紐、花用リボン、シューズ、長刀、短刀、刀交差用パーツ、花パーツ、磁石(x2)

価格:¥62,000(税別)

繰り返しになってしまい恐縮なのですけど、
この価格62000円が高いか安いかは、それはあなた次第なのだと思いますが、
私個人としては「極めて妥当」だと思います!!
そのくらい・・・完成度としては極めて高く、そして実に精緻・・・・!! 同時に実に繊細・・・!!
あれれ・・・チルノが59000円、咲夜が56000円、霊夢が55000円でしたから、
妖夢がこの4人の中では一番高いと言う事になるのですね!
霊夢に比べて7000円高いという事なのですけど、それは「二刀流」というアイテムのせいなのか、
諸般の事情によるコストUPのせいなのか正直よく分かりませんけど、
「ま・・・それはそれで仕方が無いのかな・・?」みたいな感じもありますよね。

発売時から既に完全受注生産の限定発売でしたので、元々・・大変な希少価値があるようなドールだと思いますし、
こんだけ人気が高いのもうなずける気がしますね。



pic_dds_youmu01_convert_20160426192338.jpg


pic_dds_youmu02_convert_20160426192407.jpg


pic_dds_youmu03_convert_20160426192438.jpg



「妖夢」と言うと・・・

やっぱりあの「二刀流」が印象的ですよね!

冥界の白玉楼に住むゆゆ様に対する剣術指南役兼庭師という設定で、
種族は人間と幽霊のハーフとなっていますけど、
要は・・・
半分生きていて半分死んでいるという感じですね・・・
だけど妖夢自体は、はっきりと実体はありますし、半分幽霊だからと言って「ポー―――ッ」としている感じのタイプ
ではないですね・・

妖夢は、長刀『楼観剣』と、短刀『白楼剣』の二振りを操るのですけど、
白楼剣に関しては、斬られた者の迷いを断つことが出来て幽霊に使えば成仏するとの事なのですけど
この力を多用し過ぎてしまうと、
「勝手に幽霊を成仏させるんじゃね――!!」とあの地獄の閻魔様・・・四季映姫様から色々とお叱りを
受けるのかも・・・という感じですよね・・・(苦笑・・)

だけど改めてこのDollfie Dream® Sister「魂魄妖夢」 を眺めてみると・・・・
霊夢・チルノ等に負けないような完成度の高さがありますよね!!
幽霊とか二刀流とか刀みたいな武器なんていうのは、本来お上品なフランス人形みたいな洗練さとは
あんまり相性がよくないような気もするのですけど、
否!! この妖夢に関しては、そうした心配は全くの杞憂ですよね!!
やっぱり「上品さ・エレガントさ」と「刀」という「武士の魂」みたいなものが・・・言い換えると和と洋の「融合」みたいなものが
実に見事に図られていると思います。

上品でとっても気品にあふれているのですけど、妖夢らしい「ゆゆ様は私が御守りする!!」みたいな気迫も
このドールからは感じられ、
やっぱりなのですけど、このDollfie Dream×東方ProjectのDD化企画の完成度は、どのキャラも本当に
素晴らしいな!!と感動してしまいますよね!!
スポンサーサイト



5.高松第一高校


  A/楽劇「神々のたそがれ」~ジークフリートの葬送行進曲(R.ワーグナー)


  それにしてもこの年は見事なくらい同じ課題曲に人気が集中してしまいましたね。
  この年になると、従来までありがちだった「全国大会なのに極端に不出来な演奏」というものは
  大分少なくなり、
  こうやって同一課題曲を22チーム中18チームチームが取り上げてしまうと、
  正直・・・
  よほど演奏がべらぼうにうまいとか際立って個性的な演奏をするとかとてつもなく洗練された音色で
  ないとあんまり印象に残らない傾向があるのではないのかなとも感じてしまいます。
  「ジュビラーテ」自体、ま・・自分が言うのもなんですけど、
  私が吹奏楽コンクールに初めて参加した際の課題曲であり、何度も何度もこの曲を練習した当時の経験と記憶から
  言わせて頂くと、各パート共にそれほど際立って難しい個所もなく、
  曲自体が大変鳴るように書かれているせいもありますし、
  曲想が大変わかり易くてイメージし易いというせいもあるかとは思うのですけど、
  これほど数多くのチームが課題曲として選曲しても、意外なほど・・・各チームの「個性」とか「演奏スタイルの差」が
  出なかったというか・・・
  悪く言うと・・・
  どのチームが演奏しても大体同じように聴こえてしまうという何か金太郎飴みたいな感じの課題曲でも
  あったのかな・・・と思います。
  勿論・・・・秋田南の堅実さとか浜松工業とか弘前南の溌剌さとか優れた演奏も多々あったのは間違いないのですけど、
  全体としては「どこも同じかな・・」みたいな印象を私は持ったりもしています。
  その点・・・81年の課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュとか82年課題曲B/序奏とアレグロなんかも
  一つの課題曲に人気が集中してしまった傾向はあるのですけど、
  この際は・・・演奏チームによる「違い」はかなり感じたものです。
  ま、これは・・・演奏技術の向上という要因が強いのかな・・・・?

  そうした意味からも、高松第一の課題曲Aの演奏は、あんまり「個性」は伝わってこないな・・・というのが
  正直な感想です。
  無難で上手いのだけど、「真面目な演奏だな・・」という印象です。

  「ジークフリートの葬送行進曲」ですけど、この曲はこの年は高松第一を含めて2チームが演奏していました。
  曲は同じなのですけど、編曲だけでなんか随分と印象が変わるもんだ・・という風にも思ったものです。
  高松第一は、かなり重厚な雰囲気で、真面目さ・暗さ・陰鬱な雰囲気が伝わってきます。
  確か・・・私の記憶なのですけど、この年のBJの四国大会の講評を担当した佐倉友章氏の言葉では
  「ついに出た!! 真面目棒と不良演奏者たち!! 出したくて出したくてたまらない奏者を端正に抑制しようとした
  指揮者がそこには居た」みたいな書き方をされていと思いますが、
  何となくわかるような気もします。
  曲自体、そんなに明るく盛り上がる曲ではないのですけど、
  後半のクライマックス部分とか途中の金管セクションの刻みの部分なんかは
  指揮者の石川先生が懸命にコントロールしようとしたけど、部分的にコントロールできない箇所もあった・・・・
  みたいな感じる部分も、確かに部分的にではありましたけど、あったような感じもしました。
  全体的には真面目すぎるほど端正な演奏ですよね。
  同じ曲を自由曲に選んだ東海大学第四がどちらかというと、軽い感じにまとめ、
  全体的にチャーミングさとか遊び心があったのとは対照的な感じもありました。
  東海大学第四は、ラストは静かに閉じるのではなくて、なぜか・・・木管のトリルを背景に
  なぜか強奏で終わらせていましたけど、
  高松第一は・・・原曲通り静粛に荘厳に消えるように閉じていましたけど、
  やはり高松第一の方が正解だと思えますね。

  ここから先は高松第一とは全然関係がない余談になってしまいますけど、
  この年の課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」は、Aのジュビラーテにあまりにも人気が集中してしまい、
  結果的にこの課題曲があんまり演奏されなかったのは本当に勿体ない気がしますね。
  他の年だったら、もう少し演奏するチームが多かったと思われるだけに惜しい課題曲だったと思います。
  
  だけど、私自身はこの課題曲Cは大好きでした!!

  この課題曲は、日本の古き民謡というか童謡の「かぞえうた」をベースにしています。
  「かぞえうた」に決まった歌詞は無く、地方によって時代によって大分その内容も色々と変遷
  しているみたいですね。
  最近では、ミスチルとかポンキッキーとかみんなの歌とか色々とアレンジされているみたいですね。
  何か自分なんかは、「かぞえうた」というと、やはり
  「ひとつとーせー」みたいな歌詞が思い浮かびますけどね・・・

  この課題曲は、楽譜の指定上では、エレキベースとかドラムセットが使われていますけど
  実際のコンクールでは、エレキベースは使用されたのかな・・・??
  自衛隊の演奏では、この曲を聴くとバンバンエレキベースが響いていますけど
  当時のコンクールの実況録音を聴いても、ベースの音は感じないのですよね・・・
  この課題曲はポップス調なのですけど、出だしは意外にゆったりとした感じから開始されます。
  コルネットのソロも中々渋い感じがしていいですね。
  全体として「かぞえうた」の「ひーとつとーせー」のフレーズが結構頻繁に引用されますし
  ドラムがかなり活躍しているのが印象的です。
  とてもコンクール課題曲とは思えないほど
  楽しさが溢れていますし、
  楽しいだけではなくて、何か大人の風格と言うか「大人の洒落っ気」みたいな要素も感じたりします。
  作曲者の岩井氏は、この課題曲以外にも
  1972年の「明日に向かって」とか76年の「メインストリートで」とか89年の「すてきな日々」みたいな
  楽しい課題曲を後世に残してくれていますが、
  このポップス変奏曲「かぞえうた」ほど洒落っ気というのかお茶目な要素を感じる曲はないですね。
  演奏頻度は低かったけど、私はコンクール課題曲の歴史の中では、名曲の一つだと思っています。

  1978年というと、私自身、中学に入学し吹奏楽部に入部し、
  少しは楽器が吹けるようになった6月頃、初めて全体合奏に参加した曲が
  実はこのポップス変奏曲「かぞえうた」だったのです。
  当初は「今年の課題曲はCにする」という発表があったのですけど結果的にAになってしまい、
  今にして思うと・・・・「もったいないな・・」と思ってしまいますね。
  だけど、結局当時の吹奏楽部の顧問が、
  「いやいやコンクールの課題曲にこうしたふざけた曲は相応しくない・・・」と洒落が分からない事を
  言い出し、結局課題曲はAのジュビラーテに変更したため
  この素敵な課題曲でのコンクールデビューは幻となってしまいました・・・
  この年の自由曲は、チャイコフスキーの「スラブ行進曲」でしたので
  ジュビラーテと合わせて、初心者には辛いつらい選曲でした・・・
 
  ま・・この事は既に記事にはしているのですけど、この年の吹奏楽コンクール・・・私にとってのデビュー戦は
  地区予選タイムオーバー失格というとてつもなく後味の悪い無残な結果で終わってしまったのは・・・
  なんか今にして思うと「せつない思い出」ですよね・・・・(苦笑・・)

 | BLOG TOP |