FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


昨日の記事の中で
「先日言行った縁日でなつかしいものを二つほど手に入れた」と書いたのですけど、
そのうちの一つが、昨日書いた通り2013年の「プリキュア新聞」でして、
もう一つが・・・
これがまた時代的に結構古い漫画&アニメ作品で、
今時の若い世代の皆様にとってはもしかしてご存知ない作品なのかもしれないのですけど、
「ラブひな」の前原しのぶの目覚まし時計なのでしたっ!!

この種のグッズは、最近ですと「一番くじ」みたいなもので結構お目にかかれる機会も
ありそうなのですけど、
このアニメが放映されていた2000年当時ってそうした「一番くじ」みたいなものはあったのかな・・・?
正直その辺りは不明なのですけど、
この「目覚まし時計」はもう一人のヒロインとも言える成瀬川なる 仕様のものもあるみたいですけど、
そちらはこの縁日では見かけることは出来ませんでした。






012_convert_20160422162917.jpg


さてさて・・・・この「ラブひな」ですけど、
このアニメが放映されていたのは、前述の通り、2000年なのですけど、
2000年当時って自分はどこで何をしていたんだっけ・・・?
そうそう・・・当時は、まだ「独身寮」に30歳をとっくに過ぎていたのにもかかわらず「副寮長」という肩書を盾に
居座り続けていて、
まだ私が「独り者」の楽しさを大いに味わっていた頃の作品でした。
だけどこの漫画&アニメですけど、まさに「ラブコメディ」の王道中の王道の作品だと思います。
ジャンルとしては、王道&ドタバタラブコメディという位置づけだと思うのですけど
あのドタバタ振りは・・・昭和の頃のドタバタラブコメディのあの不滅の名作「めぞん一刻」に迫るような
素晴らしい作品だと思います。
私も・・・2000年当時はテレビ東京でこのアニメ見ていましたよっ!!
確か水曜のPM22:30~放映開始と言うアニメ枠としては大変珍しい時間帯の放映でしたけど
当時の感覚としては・・・
水曜に仕事から戻って寮の自室に戻った頃に、この「ラブひな」が始まるという感じでした。
とにかく・・・私としては、メインヒロインの一人のしのぶがとっても大好きで、
このアニメを見ていると、一週間の丁度半ばの頃の「疲れ」が一気に吹っ飛ばされてしまうという
なんか「癒しのアニメ」という感覚がありました。

この「ラブひな」ですけど、
一言で言うと・・・・
とにかく・・・全てが・・・!! 舞台設定とか背景とかキャラ設定の全てが「お約束」通りというのか
まさに・・・
「これぞまさに定番!!」という感じでしたね!!
何て言うのかな・・・
今現在のアニメの中では、例えば・・・
「ハヤテのごとく」とか「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」・「ニセコイ」・「モンスター娘のいる日常」などのような
いわゆる「ハーレムもの」・・・
つまり、主人公の男の子一人に何人もの可愛い女の子がお相手してくれるというまさに・・・
世の男性にとっては「至福」のような作品の先駆けみたいな作品がまさにこの「ラブひな」だったのではないのかな・・・と
感じる事もあります。

この「ラブひな」のストーリーですけど、
とにかくシンブルで大変分かりやすいです!
一言で言ってしまうと、
東京大学への合格を目指す主人公が、女子寮「ひなた荘」の管理人となり、
住人の美少女とドタバタを繰り広げるラブコメディと言えるのですけど、
とにかく・・・こんな可愛くて魅力的な女の子たちが一杯いるんだったら、東大なんてどうでもいい・・・・
こんな可愛い女の子たちと毎日ドタバタ過ごしたい!!と思わず「妄想」させてしまう
素晴らしいものがありましたね!!
まさに気分としては・・・「うらやましい!」という感じですね・・・・(笑)

主人公の浦島景太郎は、幼い頃に女の子と交わした約束を果たそうと、
東京大学の入学を目指す現在2浪中の19歳という設定です。
家を追い出され、祖母が経営する東京近郊の温泉旅館を頼るのですけど、昔の面影はなく
実は・・・「女子寮」となっていたのです・・・・
ドタバタの末、「女子寮」の管理人となってしまった景太郎は、
日々のドタバタに翻弄されながらも、東大入学、そして「約束」に近づこうと奮戦していく・・・・
そういう物語なのですけど、
結果的に主人公の景太郎はちゃんとまさかの・・・東大合格を果たしている点は「すごいな・・・」と感じたものです。
子供の頃の約束という意味では、何となく「ニセコイ」を彷彿とさせるものはありましたよね。
でもこのアニメの魅力は何と言ってもメインヒロインの成瀬川 なると前原しのぶの二人ですよね!!
あーあ、だけど改めてですけどこんな魅力的な女の子と同じ建物内に住めるというのは・・・
まさに男にとっては「幸せ」以外の何者でもないですよね・・・(笑)
ちなみにですけど、私は、優しく家庭的でふんわりとした印象のしのぶがとっても大好きでした!!
あ・・・考えてみると、成瀬川 なるの声優さんというのは、
「魔法つかいプリキュア」のポンコツリコちゃん=キュアマジカルでお馴染みの堀江由衣さんでしたっ!!

そうそう・・・上記画像のグッズなのですけど
「合格アラームクロック」というネーミングがこのアニメの設定に相応しいという感じですよね。
「必勝! 合格グッズ 全4種」となっていますけど、この時計以外では
どんなものが当時あったのか少し興味がありますね・・・
今回、縁日で発見したのは、しのぶの目覚まし時計でした!
なんか・・・箱と言い、この時計のデザインと言い、いかにも優しくふんわりとした感じのしのぶそのものという
感じですよね!!
なんかこのしのぶを見ていると、2000年当時のまだ独り者だった自分がとてつもなく
遠い存在に感じてしまいますね・・・(笑)




201509260224569ae.jpg



さてさて・・・

上記の成瀬川 なるのイラストを描かれたのは、当プログのブロとも様のお一人で
いつも大変お世話になっている「タケミツの製作室」というとっても素敵なイラストプログを管理運営されている
タケミツ侍さんが2015年9月に描かれたものです。

当時のタケミツ侍さんの
「この作品を知ってる人とは間違いなく美味い酒が飲める(`・ω・´)」
「中学生の自分を修羅道へと引き込んだ罪深き作品です。自分の中では未だに最高のラブコメ漫画です。」といった
コメントですけど、
いや――――、これはとてつもなく共感しちゃいますね!!
2000年当時、タケミツ侍さんは中学生だったのかもしれないですけど、
どっかの30過ぎてもいまだに独身寮でぬくぬくしていたどっかの御方とは・・・
当時、お酒を酌み交わしても
たぶんおいしいものになっていたと思います!
この作品について語れる人は私の周りでは多分一人もいないと思いますので、いつの日か
タケミツ侍さんとこの作品について熱く語る日がくればまさに最高ですよね!
というか・・・・
この作品に関しては・・・
ヘンな意味じゃなくて「男同士」の方が思いっきり熱く熱く・・・語れるような気がしますね・・・・(笑)

タケミツ侍さんが描かれたこのなるですけど、
一般的ななるの「猪突猛進」とか「ストレート」みたいなイメージとはやや雰囲気を異にされていて
かなりマイルドに描かれていたのがとっても印象的です。
景太郎となるは後に結婚してしまうのですけど、
イラストのなるは、結婚後の「素敵な若奥様!!」みたいな雰囲気が伝わりそうですね!!
不死身な体の持ち主なんだけど少しヘタレっぽい景太郎を温かく見守る奥様・・・みたいな感じで
このイラスト・・・見るだけでとっても癒されますね!!

タケミツ侍様・・・・こちらのブログへのイラストの転載をご了解頂きありがとうございました!!
どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。

あ、そうそう・・・タケミツ侍様というと、
私は真っ先に「艦これ」の雷ちゃん&電ちゃんのとっても素敵なイラストを思い出してしまいます。
それと・・・
東方では、昨年暮れに描いて頂きました「さとり様&こいしちゃん」もとっても素敵でした。
あの時は本当にありがとうこざいました!!
その他に東方では、妖夢と霊夢がとっても印象的です!!

タケミツ侍様の癒される電ちゃんのマフラー姿をご覧になりたい方は・・・是非是非こちらから・・・!!
電ちゃん・マフラー

この電ちゃんのうるうるっとした感じがとっても大好きですっ!!
まさにあの雰囲気は・・・「守ってあげたい雰囲気」そのものだと思いますっ!!

それと・・・・お月見イラストの少し酔っぱらった雰囲気の霊夢が実に色っぽいです・・・!!
このお月見霊夢をご覧になりたい方は是非是非こちらから・・・・ → お月見・霊夢

後ろ姿から横向き加減という大変難しい構図も実にさり気なく表現されているのが
素晴らしいですよね!!

そして最後に・・・妖夢(みょんさん)
実は・・・私はタケミツ侍さんのブログは、この妖夢を偶然発見しとっても気にいってしまったのが
きっかけだったのでした!!
この妖夢ですけど、とにかく凛としていてとにかく格好いいです!!

このとっても素敵な妖夢をご覧になりたい方は・・・・ → !妖夢

タケミツ侍様、今回は色々とありがとうございました!!
スポンサーサイト



4.厚木高校


 A/交響的舞曲第3番「フィエスタ」(C.ウィリアムズ)


この時代の関東代表の出場チーム数は、1973年までは1団体のみ、74年は2団体、75年は3団体と増えていくのですけど、
76年は4団体にまで増えています。
(ま、この年は全国大会の会場が横浜でしたので、その関係で1枠増えたのかな・・)
翌年の77年は、全体の出場枠が増えたのに、関東代表枠は3となり、これが82年まで続く事になり、
83年から関東大会が東西に分離する95年までは4チームが代表枠となります。
そうですね・・・70年代後半に関しては、
銚子商業と前橋商業という大御所がでーーんと構え、残り1枠を巡って各校がしのぎを削っていたという感じも
あります。
そして、この年、1978年に関しては、前年度に銚子商業が「5年連続金賞」を達成し、この年は特別演奏と言う事で
コンクール自体には参加していませんので、
結果として関東代表の代表枠に一つ余裕が出てきたという事になります。
そしてほぼ「決まり・・」の前橋商業以外では、三条商業と厚木が関東代表と言う事で
全国大会に出場します。
だけど・・・翌年以降は、これは市立川口という突如出現した煌くチームがこの代表枠に食い込み
そして・・・その後続々と・・・習志野・野庭・埼玉栄・柏・常総学院といった現在にまで繋がる吹奏楽名門校が
どんどん輩出されていき、
しだいに・・・前橋商業とか銚子商業は没落していくのでした・・・
やっぱり、こうした吹奏楽コンクールにおける浮き沈みというのは、コンクールのレヴェル向上と維持のためには
必要なのかもしれないですよね・・・

この年の関東代表の一つがこの厚木高校なのですけど、うーーーん、そうですね・・・
今現在の「関東大会は東も西もとにかくレヴェルが半端無く高い・・・」みたいな感覚で聴いてしまうと・・・
「え・・・これ・・・本当に関東代表なの・・・・?」という感じ方になるのかもしれません。

そうですね・・・正直・・・あんまり上手くは無いし、印象度も感銘度も今一歩・・・という感じですね。

なぜそう聴こえてしまうかと言うと・・・うーーん、ま・・一言で言うと技術的にやや不安定で
音楽をのびのび楽しんで演奏する・・という所にまで至っていない感じはあります。
だけど・・・・
単純に比較すると、前年の「宇宙の審判」の時よりは、はるかに進化していると思います。

だけど、1970年代後半の高校の部って全体的にはこうした雰囲気だったのかも・・・
上手い学校とそうでもない学校の差は意外なほど開いていて、正直・・・審査員にとっては
大変審査はやり易かったようにも感じられます。
面白いもので数年後の1980年代に入ってしまうと、高校の部全体のレヴェルが驚異的に上がってしまい、
金と銀を分けるのがやっと・・・みたいな感じにもなってしまいますから、
やはりこの当時の高校生の進歩というものは、まさに驚異的なハイスピードという感じはありましたね。

翌年以降からは、厚木も三条商業も全国大会に出場する事は無くなってしまいましたけど、
今現在の視点で聴くと、
普通の高校生と普通の先生が一生懸命「手作り音楽」をして、普門館の舞台でお披露目しました・・・みたいな
ほのぼのとした雰囲気も伝わってきて、
こうした「素人っぽい感じ」が今現在の吹奏楽コンクールの「何がなんでも好成績を!!」みたいな少し殺気立った雰囲気とは
一線を画しているのかもしれませんよね。

でもこの自由曲、本当に懐かしいですよね!!

クリフトン=ウィリアムズというと、1960年代前後は
日本の吹奏楽コンクールではかなりの人気のある作曲家でしたし。
特に・・・

〇ファンファーレとアレグロ

〇交響組曲

〇ザ・シンフォニアンズ

以上の三曲は古典的名曲だと思いますし、1950~60年代のコンクールの定番だったとも思えます。
たまにはどこかのチームも是非こうした名曲を取り上げて欲しいものだと思います。

個人的には、C・ウィリアムスというと、やはり忘れちゃいけない作品は
交響的舞曲第三番「フィエスタ」だと思います。
この曲、ホントまじで今聴いても新鮮な感覚に溢れ
躍動感・リズムの切れ・楽しさはホント「名曲」の名に恥じないと思います。
出たしからして凄い・・・
いきなり金管楽器のファンファーレ的コラールで開始され、
その後打楽器(というかマラカス)だけの演奏になったかと思うと、
突然展開部が開始され、ラテン系リズムがゆるやかに楽しく展開されていきます。
コルネットのソロもホント素晴らしい・・・!!
曲としては、リズミカルな部分と情緒たっぷりの歌の部分が交互に繰り返され、
ラストになだれ込んでいきます。
ラストのトロンボーン奏者によるグリッサンドがこれまた圧巻!!

いやー、聴いていて飽きることのない素晴らしい作品だと思います。

実は最近まで知らなかったのですけど、
この曲の原曲は実は実は管弦楽曲だったのですね・・・
オーケストラのための交響的舞曲というタイトルらしいのですが、
吹奏楽の「交響的舞曲第三番」は、この原曲の第三曲を吹奏楽用にアレンジしたとの事です。
何となくですけど、原曲版なんかは一度どんな感じの曲なのか聴いてみたい感じもしますし、
他の四曲がどんな曲なのかという事も
興味はありますね。

この曲のコンクールでの名演と言うと
1977年の瑞穂青少年吹奏楽団だと思います。
いや、あの演奏はマジで素晴らしい・・・!!
演奏がほぼノーミスだし、リズムの切れ・コルネットの音色・躍動感・たっぷりとした歌い方
どれをとっても文句のつけようがない素晴らしい演奏です。
この曲出来れば、中澤先生が存命中に是非野庭高校にも演奏して欲しかったな・・・
電電中国【現・NTT西日本】も
佐藤先生は、二回この曲を取り上げていましたね。佐藤氏は1988年にも同じ作曲家の
交響組曲を自由曲として取り上げていましたので
余程C・ウィリアムスに何か思い入れがあったのかもしれませんよね。

CDで聴くならば
ダン指揮/ダラスWO とか山下一史/東京佼成の演奏がいいなーーとも思います。

どこかのチームがこの古典的名曲を現代のシャープな感覚をプラスして演奏したら、結構逆に
新鮮味はあると思いますし、
この曲自体、やはり決して忘れてはいけない吹奏楽オリジナル曲の一つなんだな・・と思ってしまいますね!!

 | BLOG TOP |