FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


「東方Project」って本当にシャレにならないほど魅力的なキャラがてんこ盛りですよね!!
よく私、プリキュアカテゴリにて「大好きピンク四天王」とか「大好き青系四天王」みたいな事を書いたりするのですけど、
東方ってそういう書き方が絶対に出来ないほど
とにかく「全員大好き!!」みたいなキャラが勢揃いという感じがあります。
東方のキャラって、「ちょっと、このキャラは苦手なんだよな・・・」というのが今のところ一人もいないというのが
どちらかと言うと色々な事において好き嫌いの傾向がかなり強い私にとっては、
もしかしたら奇跡的な事とすら言えるのかもしれないですね・・・(笑)

そんな中でも、東方キャラの中では、私の中では「特に大好きキャラ」と言うと・・・
そりゃ・・ま・・言うまでもなくさとり様なのですけど、

実は、さとり様には妹がいます・・・

ま・・昨年の年末記事で既にほんの少しばかり書いてはいるのですけど、このこいしちゃんも
私、大好きですっ!!
さとり様は何となくですけど「薄幸のジト目の美少女キャラ」という雰囲気もあるのですけど、
こいしちゃんの場合は、お姉さんと少し雰囲気が違っていて、
「薄幸」とか「他人は私を嫌っている・・・」みたいな雰囲気はあんまりありません。
むしろ・・・ま、あの「バスガイドさん」みたいな見た目の精もあるのですけど、少なくともお姉さんよりは
「明るい雰囲気」があるとか
お姉さんよりは少なくとも扱いやすいみたいな感じもあったりもします。

このこいしちゃんなのですけど、さとり様同様、元々は「相手の心を読み取る能力」を
有していました。
しかし・・・さとり様同様、この能力を有する事で他者から忌み嫌われる事を自覚させられる結果となってしまい、
お姉さんのさとり様は「ひきこもり」になってしまったのに対して
こいしちゃんは・・・自らこの能力を封印し、「第三の目」(サードアイ)も閉じてしまいます。
そして代わりに得た能力が「無意識を操る能力」なのですけど、
これって・・・
他人を自由自在に操縦できる能力とまではいかないのですけど、
相手の無意識を操ることで他人に全く認識されずに行動することができるという感じです・・・
そうですね・・・
たとえこいしちゃんがが目の前に立っていたとしても、その存在を認識することはできない。
こいしという存在自体が無意識のうちにスルーされてしまうという感じです。
例えて言うと・・・
ドラえもんの中に
「のび太が廻りの人達は自分に干渉しないで欲しい!! 放っておいてほしい! 自分という存在は道端に落ちている小石と
同じような感覚で見て欲しい」という話があったと思いますけど、
ま・・それに近いような感じなのかもしれません・・
ま・・のび太の場合は、その「他者からの無視」という孤独に耐えられずすぐにドラえもんに泣きを入れてしまう
ヘタレなのですけど
こいしちゃんの場合は・・・
それをずっと貫いていますからね・・・・
ちなみに・・・こいしちゃんの閉じられた心は姉であるさとり様も読み取る事は出来ない設定です・・・
こいしちゃん自身は、「お姉ちゃんは私の心を読み取ることが出来ないから、私には絶対に勝つことが出来ない」
とまで言っています。
そして・・・
神子の相手の欲とか資質や近未来を読む能力もさとり様に対してと同様効果が無く、
東方心綺楼で相対した神子は「心が読めないなんて…」と嘆いていたのが大変印象的です。

どうなんだろう・・・

こいしちゃんは、どうして元々の「相手の心を読み取る能力」を封印し、サードアイを閉じてしまったのでしょう・・?
うーーん、やっぱりお姉さんという身近な実例をずーーーっと目の当たりにしてきて
「やっぱり、人の心というものは信頼できない・・・・」
「他人は一切信頼できない・・」
「頼りに出来るのは所詮は自分一人だけ・・・」という事を悟ったという事なのかもしれないですよね。
お姉さんのさとり様が他人の心を読み取ることで結果的に色々と痛い目に逢ってしまい、
さとり様自身が「ひきこもり体質」になってしまったのを目の当たりにしてきて、
こいしちゃんとしては・・・・
「お姉ちゃんみたいに哀しい思いをするくらいなら、私は最初から心を閉じて、
相手の心を読み取る能力自体を封印した方がよっぽとマシ・・・
そう! 私はこの瞬間に心を閉じてしまおう!! 心を棄ててしまおう!!」と悟ったのかもしれないですよね。
否!! 「心を棄ててしまおう」と決意した事でむしろ・・・・「開き直り」を見せたようなある意味・・・
言葉は悪いのかもしれないけど一つの「壊れキャラ」と言えるのかもしれませんよね。
結果的に、こうしたこいしちゃんの「壊れ具合」に関して、
「これは壊れているというよりは、心を閉ざしているというよりは・・無の境地に達する可能性があるのではないか」と
考え、自らの命蓮寺にこいしちゃんを誘ったのは・・・そう、あの聖白蓮さんなのです。

こいしちゃんに言わせると、
「人の心なんて見ても落ち込むだけで、良い事なんて何一つ無いもん」との事ですけど、
うーーん、この言葉はある意味人間の「本質」をグサリと突いているような気がしますね・・・
ま・・・それだからこそ・・・
人の心を終始見続けていて、良い事なんか一つも無かったさとり様が・・・・
とてつもなく哀しく見えてしまいますよね・・・・

だからこそ・・・私は・・・・さとり様に優しくやさしく言葉をかけてあげたい!!

だけど・・・

そういう私のスケベ心なんかとっくにお見通し済のさとり様から

「バー―ーカ!!  てめーのそんな見え見えの見せかけの誠意なんてとっくの昔にバレてんだよ!!
てめーなんか地獄に落ちてしまえ!!」みたいな事を言われてしまいそう・・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・・

こいしちゃんですけど、前述のとおり、心を読む能力を失った代わりに「無意識を操る能力」を手に入れ
自分という存在感を相手から喪失させてしまうという事を日常的にやってのける妖怪に変容し
結果的に・・・
地霊殿にいるかと思えば、あっちにふらふら、こっちにふらふら・・と
「放浪」を繰り返す妖怪になってしまいます。
「東方地霊殿」において、神奈子と諏訪子によってさとり様のペットのお空がとてつもない力を得た事を
うらやましく感じ、守矢神社に祀られている神奈子と諏訪子に、「自分のペットにもそうした力を与えて・・」と
お願いしようと思い、妖怪の山の上にある守矢神社を訪れようとした・・・というのが
なんか結果的にこいしちゃんの一つの変化をもたらしたような感じもありましたね。
妖怪の山の天狗たちに気付かれることなく、妖怪の山を一人で登り切り、
守矢神社までやってきたところ、霊夢達に出会い、
ま・・・この出会いが少しはこいしちゃんが変化するきっかけになったような感じもあったりもします。

こいしちゃんの「心を閉ざす」とはどういう事なのかな・・・?

「感情を有さない・・・」という事で、どんな場面に遭遇したとしても「何も感じない・・・」という事なのかな・・・?
他人に対しては・・・一切「本音」を口にしないという事なのかな・・・?
だけど・・
この「何も感じない」という事こそが意外と・・・・「無の境地」の究極なのかもしれないですよね。

そして・・・

東方心綺楼では、影の主人公と言っても過言では無いほどストーリーに強く絡んでくるのです!!

その辺りをその①で語ってしまうと長くなってしまいますので、
こいしちゃんの事は改めてその②以降でもう少し深く掘り下げてみたいと思っています。

さとり様も語り甲斐があるキャラなのですけど、こいしちゃんも、さとり様と同じくらい・・・否、それ以上に
語り甲斐がありそうですね!!








さてさて・・・

上記のとっても素敵で可愛いこいしちゃんのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2014年7月に描かれたものです。

アミグリさんは、過去にこのこいしちゃんのイラストを一杯いっぱい描かれているのですけど、
どのイラストも本当にキラキラ輝く素敵なものばかりです。

この2014年7月のこいしちゃんのイラストですけど、
こいしちゃんの「とにかくめちゃくちゃ可愛い!!」とか「バスガイドさんみたい・・・とっても可愛い!!」みたいな
魅力がまさにこの一枚に凝縮されていると思います。
最近このブログで掲載をさせて頂きましたチルノもとっても可愛かったですけど、
このこいしちゃんもチルノに負けないくらいとっても可愛くて大好きですっ!!

こういう可愛いこいしちゃんを見てしまうと、
なんか私の「こいしちゃん=実は開き直りの壊れキャラ・・・??」みたいな事は
どうでもよくなってしまいそうですね・・・・(笑)

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

さてさて・・・・前述のとおり、アミグリさんは、過去にたくさんのこいしちゃんのイラストを発表されていますけど
その中の一つ・・
2013年12月に掲載された「冬こいしちゃん」も実に素晴らしいと思います。

このこいしちゃんをご覧になりたい方は是非是非こちらから・・・ →アミグリさん・冬こいしちゃん


さてさて・・・

次回以降の東方語りは、

光の三妖精の最後の一角のスターサファイア

こいしちゃん その②

早苗さん その①を予定しています。
スポンサーサイト



2.天理高校


  A/バレエ音楽「スパルタカス」より、スリーダンスエピソード(A.ハチャトゥーリアン)

  
  結果論になりますが、この年をもって長年天理高校&天理中学校を指導されてこられた谷口先生は
  近大付属に移ってしまいます。
  私は部外者なものですので内部事情なんかはよく分かりませんけど
  これだけ実績がある学校をあえて離れるメリットというのは何かあったのかな・・・?
  それとも・・・・谷口先生が天理に対して何か不満に感じる点があられて、「新しい活動の場」を
  求めたという事なのかな・・・?
  なんか噂話というか風の便りみたいな話で根拠はないのですけど、
  「天理なんて3年で追い越こしてみせる!!」と豪語されて近大付属に移られたのですけど、
  結果は・・・・そう・・・皆様ご存知の通り・・・・
  谷口先生は、近大付属では一度も全国へ出場される事も無く勇退されていったのでした・・・
  なんかあのまんま天理を指導され続けていたら・・と思うと、とてつもなく勿体無い感じはありますよね。
  天理高校吹奏楽部の祖とも言える矢野先生からバトンを受け継がれ、立派に天理を
  日本のスクールバンドを代表する礎を立派に構築されたというのに・・・
  なんか勿体無い話ですよね・・・
  ちなみにですけど・・・谷口先生も天理の後任の新子先生も全国大会は14回の出場にとどまっていて、
  あと一回出場すれば・・・・「15回出場の永年出場の表彰」も受けられるのですけどね・・・・

  だけど・・・天理高校の「真の栄光」は・・・実は・・・谷口先生時代ではなくて、むしろ後任の
  新子先生の時代にあると私は思っています。
  (ま・・・谷口先生時代のジェイガー/交響曲とかニクソンの平和の祭りとかオーエン・リードのメキシコの祭りとか
  アレンジは極めて悪いけど、交響詩「おやさま」などは私も大好きな演奏です!!
  特に・・・おやさまは・・・・あの独特の鄙びた感じが実に素晴らしいですね!!)

  だけど、とにかく・・・新子先生は凄いと思います。
  今現在は後任に道を譲られ第一線からは退いているようですが、
  1979年に谷口先生からバトンタッチされてすぐに「ハムレットへの音楽」で全国大会金賞を
  受賞されてから、退任されるまでの間、全国大会では金賞以外受賞した事がありません。
  (ま・・・1996年以降、長期間支部大会で低迷した時期もありましたけどね・・・)
  全国大会出場歴の中で、銀賞・銅賞が一つもないというのは、
  これだけレベルが上がり、各代表の演奏に大差がない中で、これだけの実績を維持し続ける事は
  並大抵の事ではありませんし、
  本当に頭が下がる思いで一杯です!!

  新子先生のように、10回以上全国に出場されて、全国大会では金賞以外受賞した事がない方って、
  せいぜいブリジストン久留米の小山氏とヤマハ浜松の原田氏と森田氏くらいなのかも・・・
  こういう高校の部みたいに毎年毎年レヴェルが上がり続け、支部大会の激戦もある中、こうやって
  あまりにも偉大過ぎる実績を残された新子先生は本当に凄すぎる・・・
  心から敬意を表したいと思います。

  興味をそそられるのは、新子先生といえども万能ではないというか神ではないというか
  結構厳しい時代も経験しているという事です。
  例えば、1983年と1991年には、関西大会でまさかの予選落ちを経験していますし、
  何よりも1996年~2001年の約5年間は「冬の時代」というか、
  毎年関西大会で代表を逃し、関西大会でも金賞を取れない時期もあったようです。
  だけどそれを乗り越え、2002年以降は、再度「天理の栄光」を取り戻し、
  普門館に戻って全国での金を奪還したのはさすがとしか言いようがないです。
  あ、勿論全国大会というかコンクールでの金賞が全てではありませんけどね。

  栄光の時代と不遇の時代の両方を経験している指導者なんてのは、そうざらにいるものではありませんけど、
  だからこそ「天理」の栄光と伝説は不滅のものなのだと思います。

  新子先生の凄い所は、オリジナル曲・アレンジもの、両方に対応できている所です。
  オリジナル曲では、オセロ、フェスティヴァル・ヴァリエーション、セント・アンソニー・ヴァリエーション、
  ディオニソスの祭りに名演を残し、
  アレンジものでは、海・ダフニスとクロエ・中国の不思議な役人・スペイン狂詩曲などに名演を残しています。
  個人的には、やはり81年の「オセロ」が大好きです。
  80年の「ストーンヘンジ交響曲」なんてマイナーな曲にも光を当ててくれた事も嬉しい限りです。

  あ・・・なんか話が思いっきりそれてしまいました・・・・(苦笑・・・)

  今は、1978年の谷口先生最後の指揮の天理の話でしたね。

  この年・・・・谷口先生は珍しく吹奏楽オリジナル作品ではなくてアレンジもの作品に挑戦しています。
  (谷口先生としては、リスト/交響詩「前奏曲」以来なのかな・・・)
  このハチャトゥーリアンのバレエ音楽「スパルタカス」ですけど、多分ですけど・・・
  この年の前後に東京佼成WOで楽譜が出版されレコード化もされたハンスバーガー編曲としての
  バレエ音楽「スパルタカス」~スリダンスエピソードという三つの組曲の中から
  美味しい場面をカット・編集して臨んだのがこの年の天理の演奏だと思います。
  確か私の記憶では・・・
  ハンスバーガー編曲の三曲の中から、Ⅰの前半部分をカットし、クラリネットのソロが続いたところで
  唐突にⅠを終わらせ、Ⅱに入り、Ⅱの冒頭から中盤までを演奏し、
  (ハンスバーガー編曲のⅡのバスクラソロ以降の後半部分はバッサリカットしています・・・)
  そしてⅢの「若きトラキア人の剣舞」を壮麗なファンファーレと響きでもってうまく音楽をまとめた・・・という印象が
  あるのですけど、
  やはり音楽の進行としては、かなり強引だな・・・みたいな感じはありました。
  そうですね・・・・この年もそうなのですけど、
  前年度、77年のネリベルの「二つの交響的断章」もかなり音楽としては・・薄味というのか
  サクサクと進行し過ぎ・・・みたいな印象もあったりします。
  なんか表面的な事だけをやっつけ仕事で片付けているというのか、もう少し歌ってくれればいいのに・・・と思う所も
  あったりもします。

  だけど・・・・翌年の天理は・・・1979年以降の天理は・・・・新子先生を迎えて、本当に
  真の意味での「天理サウンド」がここに誕生してきます!!





  

 | BLOG TOP |