FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


群馬県高崎に店を構える老舗煎餅店の「上州たぬきや」さんが4月30日をもって
閉鎖&廃業をするそうですね・・・
なんかまたまた「昭和の灯」が消えるみたいで少し寂しいものがあったりもします。
たぬきやさんは元々都内の浅草で商売していたのですけど、関東大震災を境に高崎に移転したとの事ですね。

さてさて・・このたぬきやさんの「看板商品」と言えば・・

やっぱり「ソース煎餅」ですよね!!

私・・埼玉在住ですけど、この「ソース煎餅」は以前から知っていました。
これ・・・甘辛くておいしくて、結構病み付きになってしまう味だと思います。
この看板商品ですけど、500円玉くらいの小ぶりなサイズの丸い煎餅にソースで味付けをしたソース煎餅です。
国産のうるち米だけを使用し、ソースの味を引き出すために味付けと乾燥を繰り返し、
完成までに3日間も掛かるそうですね。

数年前に逝去された俳優の小沢昭一氏がエッセイで、
このソース煎餅を「お気に入りの一品」として紹介されていましたよね・・・・
とにかくあの甘辛い味は「昭和の懐かしい味」でした!!

完全閉店&廃業はもったいないですよね・・・

誰かあの味を受け継いでくれないかな・・・??






61ec3aac_convert_20160407132907.jpg


だけど・・・・

「ソースせんべい」と言うと、やっぱりあの駄菓子としてのソースせんべいの方が馴染みがあるのかな・・・??

この「ソースせんべい」ですけど、要は・・・うすーーーーく焼いた淡白な味のおせんべいに
ソースとか梅ジャムを付けて食べるという一種の駄菓子です。
ソースせんべいにも薄味ですけどソースの味は付いてはいるのですが、単品で食べても少し物足りないです。
そこにソースを付けて食べると結構これがおいしい・・!!
なんか懐かしい昭和の駄菓子ですよね・・・
先日このブログで取り上げた「だがしかし」ですけど、この原作の漫画本の中には、この「ソースせんぺい」は
登場してこなかったですね。
ま、確かに、「ソースせんべい」はちょっと古いというか、「現役の駄菓子」という感じではないのかな・・?
一応まだ商品として存在はしていますけどね・・・
ちなみにですけど「だがしかし」の中では、ブタメン・うまい棒・ココアシガレット・都こんぶ・ラムネ・キャベツ太郎・
ふがし・ベビースターラーメン・サクマ式ドロップ・きなこ棒など色々な駄菓子が登場していて
とても懐かしかったです!!
メインヒロインのほたるちゃんもとっても可愛くて素晴らしかったですね・・・(あの胸も・・・苦笑・・)

ちなみにですけど、現在のソースせんべいは、せんべい単体とビニールに入ったソースが複数入っている
セットとしての発売が主流のようですね。

さてさて・・・2014年に放映されていた「ハピネスチャージプリキュア」の第8話においても
この「ソースせんべい」が登場していましたね。
しかも・・・
売っているのはあのゆうゆう・・・!!
「大盛りごはん」大好きのゆうゆうですので、当然ながら「ソースせんべい」も大きかったですね!!
ひめすら「でかっ・・!!」と絶句していましたよね。
ゆうゆうのソースせんべいにも付属のソースが付いていましたよね。
ひめは、ゆうゆうから一枚購入したのですけど、あれを一人でガツガツ食べるというのではなくて、
きちんと、めぐみとかりんとかえれにゃんなど夏祭りを一緒に楽しんだ仲間と一緒に平等に分け与えていたのは
いかにも「プリキュア」らしいお話であり、
とてもよかったですよね。
ま・・・似たような話として、スマイルでみゆきが一枚のクッキーをみんなで分け与えていたという話もありましたけど、
プリキュアの「自分のものはあなたのもの・・、みんなで平等に分け与えよう!」という発想は
実に尊いものがありましたね!!
スポンサーサイト



あ・・・なんか私のしょーもねー幼少期の頃の思い出話ですいません・・・・

こうした番外的エピソード編はさっさと片付け、早々にプログラム一番の白子高校からさくさくっと
進めていきたいものです・・・(笑)

ま・・・話は・・・もう相当昔の話になってしまうのですよね・・・
確かあの頃の世相としては、ロッキード事件とか田中角栄逮捕とかピンクレディー旋風とか
王貞治が世界新記録のホームランを打ったとか・・・・
ま・・・・そんな昭和の時代のお話ですね・・・

なんか最近・・・・会社の中でもめっきり「平成生まれ」の方が多くなり、
私のような・・・「昭和生まれ」はますます肩身が狭くなりつつあります・・・・(苦笑・・・)
というか・・・
これはもう21世紀が始まった頃あたりからの傾向なのですけど、
私自身・・・・人と話す時とかこうやってブログで何かを語る時の年号表記というものに関しては、
も―――、とうの昔に「昭和」とか「平成」という言葉は使わなくなりました。
だって・・・・ややこしいものですから・・・・
そうですね・・・自分なんかは、ここ何年かはずっと時代を表す表記は、西暦××年という表記になっていますね。

ま・・・・それはどうでもいいとして・・・・

その0で語った事は、なんで私はクラリネットという楽器になったのかという事なのですけど、
今回は・・・
それじゃ、なんで小学校の管楽器クラブにてパーカッションになったのかという事について簡単に話したいと
思います。

あ・・・だけどこれって全然大したことじゃないのですよ・・・・

確か小学校4年か5年の音楽の教科書に出てくる歌の中に、

「大きな太鼓 ドーン・ドーン

小さな太鼓 トーン・トーン」という歌詞があり、

この歌を合唱する際は、担任の先生が音楽室に大太鼓と小太鼓を持って来て
「それじゃ――、この太鼓を叩きたい人、手を挙げて―――!!」とか何とか言っていたら
クラス全員が挙手・・・・
困った先生は・・・
順番に子供たちに大太鼓と小太鼓を叩かせたのですけど、
なんていうのかな・・・・
ああやって目の前に「大太鼓=バスドラム」がでーーんとセットされていて、あれを叩くというのは
なんか人間の本性を呼び覚ますというのか、
ああいうズドーンと低音が響く音がなんか妙に爽快だったのです!!

その後・・・校内のクラブで、従来の鼓笛隊とトランペット隊を合体させて、それに
リコーダー・ピアニカ・ハーモニカ・アコーディオンを含めて多様な楽器から成る「管楽器クラブ」を創って
合奏をみんなでやってみよう!!
メンバー大募集の告知が出て、
なんか瞬間的に・・パッ・・・と思わずそのクラブに入ってしまったみたいな感じでした。

そして先生から「楽器は何をやりたい?」と聞かれ、迷わず「大太鼓!!」と答えてしまい、
そう・・・
そこから私の2年間でしたけど打楽器パートが始まる事になったのでした。

ま・・・・さすがに2年間パーカスやっていれば飽きてしまうのですよね・・・・(苦笑・・・)

そしてその時・・・何気なく窓を見てみると、
目に飛び込んできたのは、隣接する中学校の校庭で吹奏楽部が、かっこういいマーチング衣装をみにまとって
マーチングの練習をしている光景でした・・・・!!

そしてその瞬間・・・・私は・・・・

「そうだ!! 中学校に進学したら、今度はちゃんとした吹奏楽部に入って、今度は管楽器を吹こう!!」という事を
決意したのでした・・・・

そう・・・その当時の私には・・・

その道は実はとてつもない「イバラの道」である事は・・・・知る由も無かったのです・・・

 | BLOG TOP |