FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


その②の続きです・・・

というか、今回もなぜか「光の三妖精」がメインを務める「東方三月精」の中に登場してくる
小野塚小町について取り上げてみたいと思います。
あ・・・・そうそう・・小野塚小町と言うと一人称は「あたい」という事が多いようにも感じられます。
(作品によっては「私」という一人称を使用していますね)
「あたい」というと・・・そう! 言うまでも無く「チルノ」をどうしても連想してしまうのですけど、
チルノが「あたい」なんて言うと、いかにも「バカっぽい」感じに聞こえてしまうのですけど、
こまっちゃんが「あたい」なんて言っても、全然バカっぽくは無くて
むしろ・・・江戸の小粋な旦那衆とかおねーちゃんみたいな感じの方が強いですね!!





さてさて・・・東方三月精のこの巻においては、
結構多彩なゲストキャラが登場していたのは印象的です。
妖夢、紅魔館のレミリアおぜうさまに咲夜に美鈴、永遠亭のうどんげちゃんにてゐ、アリス、リリーホワイトなどなど・・・
三月精で描かれるレミリアおぜうさまのリボンは、何となくですけど・・・ルーミアっぽくて個人的には大好きです!
面白かったのは、こんなポンコツ妖精ちゃんの光の三妖精たちに
一生懸命・・・お師匠様でもある永琳様の事を愚痴っているうどんげちゃんがとっても可愛かったです。
その愚痴を背後で聞いていて
「お師匠さんにちくってやろう・・」とほくそ笑むてゐの小悪魔振りもなかなか可愛かったです。
それにしても・・・うどんげちゃんは色々な所で愚痴りまくりですね・・・(苦笑・・・)
うどんげちゃんにお酒でも飲ませたら・・・・最初の頃は愚痴まみれの絡み酒で、その後・・・泣き上戸に
なりそうな雰囲気もあったりして・・・??

そうした多彩なゲストキャラの中で光っていたというか、その②で記した魔理沙との一件と同じように
独特な存在感を示していたのが
「小野塚小町」だったと思います。

いやいや、どーも・・・・こまっちゃんというと「サボり」とか四季映姫様から「またさぼっている・・・!!」みたいにお小言&お叱りを
受けているというイメージが大変強いのですけど、
時に見せるあの貫録というのか・・・風格は半端無いものがありますよね・・・
まさに「やる時はやる!!」という感じそのものですので、
私みたいなグータラ&ポンコツ社会人にとっては、ある意味本当に憧れの人みたいな雰囲気も漂わせている
素晴らしい東方キャラの一人ですね!!



002_convert_20160408135029.jpg



CIMG9561_convert_20160410231259.jpg



さてさて・・・小野塚小町が一番活躍の場が大きいゲームは、やっぱり・・・「東方花映塚」なのかな・・・

この弾幕シューティングゲームの中のこまっちゃんも・・・本当によくサボっていますよね・・・(笑)

ま・・・大抵サボっていると四季映姫様がお叱りにやってくる・・・というのは・・・ま・・・既に「お約束」のルールと
化している感じもありますよね・・・・(笑)
ちなみにですけど、この花映塚は個人的な感覚としては・・・・極めて難易度が高いと思います。
というか・・・これはマニア向けなのかな・・・という感じすらあります。
正直・・・ゲーム上では、私は既にお手上げ状態という感じでもありますね・・・・(苦笑・・)
あ・・・・そうそう!!
この「東方花映塚」では、一つ大切な事があります。
それが・・・
東方の世界では「おバカさんキャラ」として愛され続けているあのチルノが、公式で初めて⑨=バカ認定を
された事なのかな・・・・?
それと・・・・「春ですよ――」のあのリリーホワイトがこの作品では四季映姫様のコスプレをした姿の「リリーブラック」としても
登場しています!!

話を「東方三月精」に登場してくる小町に戻しますと、
この巻が小町の三月精としての初登場です。
その初登場の場面で、小町はいきなり歌を詠んでいますけど、あれを見てしまうと
「あ・・・やっぱり小町の元ネタはあの小野小町なんだ・・・あの歌人なんだ・・・」と思ってしまいますね。

くれないの

舞い散る旅で

土となる

風は河波

私は渡し

ま・・・この歌の意味は・・・・
「枯葉は別に私がいなくても勝手に落ちて土へと朽ち果てる・・」みたいな「もののあはれ」みたいな事を
詠っているものと思われますけど、
こまっちゃん流の解釈としては
「死者を三途の河に渡すのも、逆に彼岸の場所にそのまま留めておくのも
それは自分自身が判断する事
だけど・・・死者たちも勝手に三途の河を渡ってくれれば・・・私の仕事も楽になるのにね・・・」という事で
いかにも「さぼり」がお得意のこまっちゃんらしい歌とも言えるのかもしれないですよね。

そうそう・・・

この世界においては、死者という幽霊が無事に三途の河を渡れるか否か・・・・
三途の河を渡っている最中に小町によって船から投げ落とされてしまうか否かを決めるのは
あくまで小町自身の胸三寸・・・というか小町の気分次第・・というのも面白いものがありそうですね。
話し好きで話がやや説教くさいこまっちゃんのお話をテキトーに聞き流してしまったり、
はたまた・・・グラマーなこまっちゃんのお色気についつい目がくらんで(?)
生前のスケベ心&煩悩まる出しでこまっちゃんに万が一ボティータッチなんかしてしまったら・・・
ま・・・間違いなく、三途の河を渡して貰えず、そのまんま船から突き落され
閻魔様のお裁きを受ける前に既に天界にも冥界にも地獄にも行けず、永遠に彼岸の岸あたりを彷徨い続けてしまう・・
そんな事態も決してありえない話ではないのかもしれないですよね・・・
うん、やっぱり・・・こまっちゃんは・・本当は偉い御方なのですよね・・・

この「三途の河」なのですけど、
死者によって実は「河幅」が異なるみたいですね。
その長さというのは、そうした小町のような死神に渡す「渡し賃」の多いか少ないかによって
決まるとの事です。
つまり・・・大金であればあるほどその河幅は短くなるとの事です。
こうやって書いていると、「あれれ・・それって地獄の沙汰も金次第ってことなの・・・?」と思われがちですけど
実は違います。
渡し賃というのは、死者の全財産であり、その全財産というのは、いわゆる「金銭」ではなくて、
一つの「徳」という感じなのかな・・・?
つまり・・・
生前、親しくしてくれた人たちが本当にその人のためを思ってどのくらいのお金を使ってきてくれたのか・・・というお金の
合計がその「全財産」という事なそうですので、
要は・・・・「生きたお金としての価値の尊さ」という感じなのかもしれないですよね。
何て言うのかな・・・「お金はあの世にもっていけない・・」という事なのですから、
お金というものは・・・生前において、本人の為にも・・・他人に広く分け与えるという意味でも
そんなケチケチ貯め込まないで
「お金は使う事にこそ価値がある・・・」みたいな考えの提示という事なもしれないですよね。
うーーん、やっぱり東方の世界は奥が深いです・・・

さてさて・・・秋の味覚を求めて無縁塚にまで入り込んできたポンコツ光の三妖精・・・

ここで三妖精は小野塚小町とばったり出くわすのですけど
三妖精の音を消すとか姿を消すという能力が全く通用しないこまっちゃんは、やっぱり「さすが・・・!」という
感じでしたね!
光の三妖精を前にして、
「あたいは幽霊を運ぶもの、死神さ!」とか言ってサニーミルクの首の前に鎌をちらつかせたこまっちゃんのイタズラぶりも
中々粋なものがありましたけど、
ま・・・三妖精たちは完璧にビビッていましたね・・・・ま・・・当たり前の話ですけど・・・(笑)
スターサファイアが「三途の河の死神がなぜこんなところに・・・?」という質問に
ついつい・・こまっちゃんは・・・
「仕事が一段落していたので、サボって・・・」と言いかけた所で
「休憩中だ・・」と言い直していたのは、なんかいかにもこの人らしいお答えでしたね・・・・(笑)

ここでの小野塚小町は、光の三妖精に対して、真面目に「輪廻転生」について熱く語っていましたけど、
ああいう小町を見ると、
やっぱりこの人の「自身の仕事に対する誇り」とか「やる時はやる」みたいな「死神としての矜持」は
感じさせてくれますよね。
「正常な輪廻転生は、変わらぬ一定量の幽霊でもって安定する。
多過ぎても少なすぎても駄目なのさ・・・」と光の三妖精に対して語りかける小町は、やっぱり何かしらの凄味は
感じさせてくれますよね。
こんなポンコツちゃんの集合体でもありそうな光の三妖精に対しても、きちんと「輪廻転生」等についてを
説く小町は、やっぱり只の怠け者ではないと間違いなく言えそうですね。
というか・・
ああした「正常な輪廻転生」みたいな話は、光の三妖精に対して説いてもなんとなく・・・
馬の耳に念仏のようにもなってしまいそうな感じもあるので(?)
ああした説法は是非是非・・霊夢や魔理沙に対して提示して欲しい感じもありますね。
正常な輪廻転生なのですけど、
三途の河を無事に渡り、四季映姫様から「地獄行の切符」を免れ、成仏するかもう一度転生するかを
決めるまでの間、幽霊として過ごす事になるのが「冥界」という事になるのですが、
要は・・・こういう世界も「バランス」なんですよね・・・
成仏出来る人間が多過ぎると、逆に再度人間界に転生する人が減り過ぎてしまうし、
逆もまたしかり・・・
幽霊がきちんと成仏出来るかそれとも再度・・・「修行」の意味で人間界でやり直すか・・・
そうした選択の自由は平等に有してはいるのだけど、
どちらか一方に偏り過ぎるのはよくない・・・
冥界できちんと修行を重ねて次のステップに進む事も全体のバランスの中では必要な事であり、
同時に、再度「やり直し」を兼ねて転生するというのもやはり必要な事であり、
天界・冥界・俗世間のバランスを図る上では、皆それぞれ一人一人が相応の使命と役割を担っているから
この世に不必要な人間なんぞ誰もいない・・・
そういう事を小野塚小町は提示しているのかもしれないですよね。

ま・・・死ぬ事も輪廻転生も基本的にはないお気楽妖精ちゃんにそうした事を諭しても、それこそ
釈迦に説法なのかもしれないけど、
そうした事でも手を抜かないこまっちゃんは・・「さすが!!」という側面を見せてくれたワンシーンなのかな・・とも
感じたものです。



004_convert_20160408135107.jpg



最後に・・・・

この巻においては、最近のこのブログでも頻繁に登場していた春を告げる妖精の「リリーホワイト」も
登場します。
幻想郷内で誰よりも早く春の訪れを手に入れ、幻想郷での桜の開花第一号を紅魔館内で実現させようと
たくらんだレミリアおぜうさまが十六夜咲夜に命じて
リリーホワイトをいち早く捕まえてくるように命令するのですけど、
咲夜は・・・・
なぜか・・
リリーホワイトを瓶詰にしようとあっちこっちを飛び回ることになるのですが、
おいおい・・咲夜さん・・
「リリーホワイトは、妖精と言えでもそんな手のひらサイズの妖精じゃないし、チルノぐらいの大きさはあるし、
少なくともそんな瓶に入るようなちびっこじゃないよ・・・」と
ツッコミを入れたい気持ちもありますね・・・・(笑)

だけど・・・あのリリーホワイトの満面の笑顔はとってもとっても可愛かったですね!!

いかにも「春ですよ――――!!」のオーラが満開でした!!

ちなみにですけど・・・・こういう春を告げる時だけのリリーホワイトは、ポンコツ妖精ですけど
妖精としては強い部類に入るサニーミルクすらもボコボコにしてしまう強さもあるそうですね。
ま・・・サニーミルク相手なんですけどね・・・(笑)
スポンサーサイト



これは先週のお話ですけど、仕事で北浦和方面を通過していた際、
初々しい学ラン姿の新入生らしき高校生たちが大勢母親同伴で歩いている姿を目撃しました。
そっか・・・
その日は県立浦和高校の晴れの「入学式」だったのですね。
ちなみに県立浦和高校は多分ですけど、わが埼玉県内で一番頭がいい学校と誉れ高い進学校の一つです。
この日は大分既に散っていましたけど、桜がまだ咲き誇っていて、
風が大部強いせいもありましたけど、桜吹雪の中での入学式となっていました。
いや―――、なんかこういう桜吹雪の中での初々しい新入生たちの入学式って実にすがすがしいものですね!!
なんか見ていて・・・今から数十年前の(?)自分自身を思い出して、すこーしだけ・・・・
メランコリックな気分になってしまいました・・・(苦笑・・)

なんかああいう高校の入学式の新入生ってなんかみんな不思議と子供っぽく見えるから不思議なものです。
その新入生たちも数か月前までは中学校の最上級生という事で、
中学生の中では大人っぽく見えるのかもしれないですけど、
高校2~3年が既に先輩として居座っている高校の新入生として入ると、
なぜか幼く見えるから不思議なもんですね。
そう言えば・・・
自分自身も、高校に入ったばかり頃は、とにかく・・・上級生が皆怖くて「鬼」のように見えたものです・・・
吹奏楽部の部長と指揮者、応援団長、生徒会長などなど・・・
とにかく・・・
「わ―――、やっぱり高校生ともなると随分と大人っぽいというか、威厳がある人ばっかりだな・・」と内心
ビビッていたものです。
しかし・・・
数か月もすると、どんどん彼らの実態が分かってきて、
吹奏楽部の部長と言えども、練習が終わればエッチな雑誌見てニヤニヤしているし、
学ラン来て高下駄はいて無精ひげを伸ばした応援団長も、普通に学食でそばをすすって、
吹奏楽部の指揮者も、先生から職員室でめちゃくちゃ怒られて出席簿でバチンとぶん殴られていたりと・・・
「そっか・・・上級生と言えども彼らもやはり普通の高校生なんだなぁーーー」と実感していったものです。

とにかく・・・今は初々しい新入生ですけど、
その「初心」を卒業するまで忘れないでねっ!!
(多分無理だけど・・・・苦笑・・)






20150619-u004_convert_20160408135728.jpg


さてさて・・・前述の県立浦和高校ですけど、最寄駅は「北浦和駅」です。
北浦和駅からだと・・・徒歩12~15分くらい掛かるのかな・・・?
ま・・・決して駅から近くはないですよね。
この北浦和駅ですけど、路線は・・・そう、最近、このブログでも
「最近は遅延ばっかり・・!!」とやたら愚痴っている「京浜東北線」です。
となると・・・県立浦和の学生さんも、今後・・・・この京浜東北線の電車遅延に悩ませられるのかな・・・?

昨年4~6月にテレビさいたまで放映されていたローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」ですけど、
調たちが通う「浦和第三高校」(モデルは、戸田近辺の浦和南高校と言われています・・・)に調・常盤・南たちが
通うためには当然ながらこの「京浜東北線」も使用します。
と言う事は・・・
調ちゃん達も通学の際には京浜東北線の遅延には悩まされていたのかも・・・??

これは思いっきりのローカル話になってしまいますけど、
この「京浜東北線」というのは、大宮方面行きの下り方面は、朝8蒔頃から夕方辺りまでは、
「南浦和」が終点という事で、
南浦和止まりの電車が全体の1/3程度を占めています。
南浦和から大宮までわずか5駅なんだから、全ての電車が終点の大宮まで行けばいいのに・・・・
南浦和みたいな中途半端なところで降ろされるのは敵わないな・・・とも
感じる時もあるのですけど、
ま・・こればかりは電車のスムーズな運行のためにはある程度仕方がないかも・・と思うのですけど、
時々・・
「あ・・また南浦和行かよ・・・また南浦和で一旦降りて次の大宮行きを待たないといけないのかよ・・・」と
感じる時もありますね。
ちなみにですけど、南浦和終点の場合、大宮駅の電車に乗り換えるためには、その降りたホームに次の電車が
来るという訳ではなくて、階段を一つ登って
迎いのプラットホームまで移動しないといけないのがかなり面倒くさいです。

あ・・・そうそう、これもローカルネタですけど
京浜東北線は、3月末にいつの間にかダイヤというか運行時間が大分変更になっていました。
朝の5分って意外と大きいのですよね・・・
今までは、AM7:59の大宮行に乗ればいいや・・・と思っていてそれが習慣になっていたら、
今回のダイヤ改正で7:59は南浦和止まり・・・・
大宮行きは、AM8:02か7:55に変更されていて、
「なーんかちょっと調子が狂っちゃうな・・」とも感じてしまいます。
ま・・数週間で慣れてしまうのでしょうけど・・・・


20150619-u017_convert_20160408135806.jpg



ちなみにですけど、県立浦和高校があるのは、北浦和駅の東口です。

「浦和の調ちゃん」第11話で、調・南・美園たちがたい焼きを食うために寄り道したのは、
北浦和駅の西口でした・・
あの「浦和の調ちゃん」第11話で背景として描かれた北浦和駅西口の描写は、なかなか細かくそして
結構正確でしたね!!
あれは、まさに・・・・制作者サイドの「浦和愛」を感じさせるものでした!!

 | BLOG TOP |