FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


その①の続きです・・・・

とにかく・・・チルノはおバカさんだけどめちゃくちゃ可愛い!! そうとしか言いようがない
東方でも屈指の「愛されキャラ」だと思います。
チルノの「おバカエピソード」って・・・ま――、そりゃ一杯ありますけど(苦笑・・)
代表的なものが「カエルの凍らせ遊び」なのかな・・・?
蛙を瞬間で凍らせては水につけ生き返らせて遊んでいて、3回に1回は失敗して蛙は砕け散るという感じ
なのですけど、
あ・・・そうそう、チルノの特性というものは、「冷気を操る能力」と言う事で、小さいものなら瞬間で凍り付けさせる事は
可能です。
そんな訳でチルノの周辺はいつも寒いという事なのですけど、
例えば「東方三月精」を見た限りでも、チルノの周辺にいてもサニーミルクたちは別に寒がる様子も無いて゜すし、
霊夢や魔理沙なんかも別に寒がっている描写は無かったような気も・・・?
ま、あの能力は・・・チルノが「寒くなれ!」と念じた時に発するという事にしておきましょう・・・(笑)
だけどね・・・チルノ・・あのね・・・・
そうやってカエルをいじめちゃっていると・・・・
カエルと蛇が一種の土着神みたいな感じで、カエルが大のお気に入りの神様・諏訪子より
いずれお仕置きを食らっちゃうかも・・・?
また・・・諏訪子が祀られている守矢神社の巫女さんで、諏訪子の遠い子孫とも言われている早苗さんより
「カエルをいじめちゃうなんてひどーーい!!」とやはり・・・妖怪ではなくて妖精退治の対象になってしまうのかも・・・?
またまた・・・
一般的には「カエルは苦手・・」という女の子が多い中、カエルとカエルグッズが大好きなドキドキプリキュアの六花から
「カエルをいじめるなんてありえないのですけど・・」ってやっぱり・・・
退治の対象になったりして・・・?
そういえば、六花の必殺技も「氷系」ですので、
チルノとは案外気が合うのかも・・?
ま・・・歴代プリキュアでも屈指の才女でもある六花と東方では屈指のおバカのチルノでは、
先生と生徒みたいな関係になってしまうのかも・・・(笑)

チルノは、霊夢や魔理沙から「あ、バカ発見!」とか「バカ(チルノ)をバカにするというのも・・」と言われ、
阿求ちゃんからも、「この子は多分アホ・・・」みたいな認識を持たれているのだと思いますけど、
ま・・・頭があんまり良くない・・・というのは、別にチルノに限らず
妖精全般の特徴ですからね・・・
そうした意味においては、「文々。新聞」を日常的に読み、意味が分からない単語はきちんと書籍で調べたり
お料理をしたりもする光の三妖精の一人のルナチャイルドは例外的な存在と言えるのかも
しれないですよね・・・
ま・・・チルノは一応は・・・
ひらがな程度で時折誤字をしてしまうけど、字は書くことが出来るし、
「文々。新聞」をナナメ読み程度は出来てしまい、たまーにあややに「もっと自分の事を記事にしろ」とか
言う程度には・・・
一応は・・・出来るから、
ま・・・全くの「おバカさん」ではないという事なのかもしれないですよね。
(先週取り上げた「ミスティア・ローレライ」ですけど、その文々。新聞を読めなかったからという理由で
パカルテットの一人としてチルノと一緒にされてしまっているのは何か気の毒ですね・・・
ミスチーは全体的には大人っぽいという雰囲気もあるだけに、本人としては・・・・
え――、あんなバカと一緒にしないで・・・みたいな感じなのかも・・・??)
ま・・・チルノ自身、「あたいはおバカじゃないもん!!」とか何とか言っていますけど、
チルノ・・・!!
いやいや君自身がそう言わなくたって、東方ファンのほぼ全員の人は「チルノは愛されキャラの素敵なおバカさん!」という
認識を持っているから安心してねっ!!と
言ってあげたいものですね・・・(笑)
チルノと言うと素敵なエピソードとして、大晦日の博麗神社にて妖精・妖怪が色々な屋台を出店している中、
チルノはと言うと・・・
真冬にも関わらず、みず味のかき氷の屋台を出店し、サニーミルクたちの盛況ぶりとは対照的に
閑古鳥が鳴いていた・・・
そんな話もありましたよね・・・(笑)

ここで改めて確認をさせて頂きますと、チルノは「妖精」です。

妖精と言うのは、あくまで「自然現象」そのものであり、基本的には「寿命」というものはありません。
但し、自然そのものが何らかの事情により消滅してしまうと、
自然そのものでもある妖精自体も消滅する可能性は大と思われます。
そして基本属性としては、暖かい場所を好むとか、住居は自然そのものに紛れて暮らしているとか
(光の三妖精は、博麗神社のそばの大木の中に住居を構えています・・・)
道に迷わないとか
寿命がないという事で、閻魔様の死後の御裁きの対象外とか、ま・・細かい事は色々とあると思います。

チルノって人間で言うと何歳ぐらいなんだろう・・・?
六十年周期の大結界異変を既に把握していて「60年に一度のお祭り」と評していたり、
てゐを「海を渡れない兎」と呼んでいたりと・・・
もしかして・・・とてつもない長寿の妖精なのかな・・・とも思ったりもします。
だって・・・・てゐの妖獣化前のうさぎ時代を本当に目撃していたとなると・・・・
これは・・・「東方五大老」のお一人の八坂神奈子・聖白蓮すらよりも年上みたいな可能性すらありますよね・・・
本当かどうかよく分からないけど・・・
だけど大結界異変を何度なく経験していると言う事は・・・
少なくとも、100歳とも言われている魔法使い・バチュリーさんすらも年上という事になってしまいそうですね・・・(笑)

上記では「チルノは妖精」と書いたのですけど、基本的にはそれで間違いではないと思います。
「妖精はあんまり頭がよくない・・・」という基本属性をこれほどまて遺憾なく発揮している最大の妖精は
チルノという事で間違いはないと思います。

しかし・・・

何となくですけど、引っ掛かる点も実はあったりもします・・・

最近の記事の中で
「光の三妖精の一人、ルナチャイルドはもしかしていずれ妖怪へ進化するための変化をとげている最中?
それを待ち望んでいるのはゆかりん・・・?」
みたいな妄想記事を書いたのですけど、
もしかしてそれに近いような事がチルノにもあるのかもしれないのかな・・・とふと感じる事もあります。

例えば・・・・

チルノの遊び相手でもある大妖精は、妖精の中でも最強の部類に入ると言われているのに
「チルノちゃんは妖精の中で一番強い・・」と言っていますし、
「妖精大戦争」の中でも、光の三妖精は当然の事として、あの魔理沙すらもボコボコにしてしまうほどの
「強さ」はあったりもします。
阿求ちゃんの著作の中でも「好戦的で、湖周辺の妖精たちのリーダー」と強さについては一定の評価をしています。
(ま・・求聞史紀の中では、湖周辺で、本当にだらしなく・・・本当に無防備で寝ていると酷評はしています・・・)
だけど、
本姓、妖精と言うものは、人間にすらとっつかまえられて時にボコボコにやられてしまう程度の強さしか
ないはずですし、
いたずら好きのしょーもないポンコツペットちゃんみたいな感じが本来の姿だと思われますし
(光の三妖精とか大妖精はあくまでも数ある妖精の中では、特殊な位置づけなのかもしれないですよね・・・)
本来は・・・紅魔館に大量に雇われている「妖精メイド」みたいな役立たず妖精というのが実態なのかもしれないですよね・・・

そうした中・・・

やはりチルノのあの強さは(頭はおバカさん・・という事はおいておいて・・・)やっぱり・・・・ちよっと「何か」が違うのかな・・とも
時にふと感じたりもします。

実際に、「東方花映塚」においては、閻魔様のお一人・・・・四季映姫様(ヤマザナドゥ様)より
「貴方は妖精なのに強い力を持っています。貴方は自然の力で元に戻れない。
 ダメージを負うかも知れない。貴方が死ねば、きっと私達が貴方を裁く」とまで言われています。
うーーん、これが意味する事は意外と大きいのかも・・・
妖精と言うものは、自然現象そのものであり、
地獄の閻魔様=地獄の最高裁判長ですら、そうした「自然現象を裁く事」は自分達の仕事の対象外であるはずですし、
基本的には・・・
いたずらばっかりしている妖精を閻魔様が裁く事はないはずなのです。
ま・・・それ以前に妖精は基本的には不死身なのかもしれないですけど・・・
だけど・・・・
ゆかりんがルナチャイルドに対して示唆した通り、
もしかして・・・妖精といえどもいずれ・・・「妖怪」へと進化をする可能性はある・・という事なのかもしれません。
それを察知していたからこその四季映姫様のあの発言があるのかもしれないですよね。
それに・・・・
「妖精大戦争」であった通り、光の三妖精は一度、チルノの住居・・・すなわち・・・「かまくら」を破壊していますけど
妖精と言うのは、前述の通り、自然にまぎれて暮らしているのに
こうした「人工物」の中にいる事自体珍しい・・・
ま・・・これは基本属性なのだから仕方がないのですけど、
妖精は本来暖かい場所を好むはずなのに、チルノは・・・寒い場所が大好きて゜すし、
「妖精は元々道に迷わない・・・・サニーミルクのように人間を道に迷わせるのが得意」であるはずなのに、
チルノは道に迷ってしまい、
東方三月精の中でアリスから「妖精は本来は道に迷わないはずなのに・・・」と何やら意味深な事を言われたりも
しています。

どうなんだろう・・・

ま・・・チルノが妖精であろうと、もしかして・・・妖怪化への道を歩んでいる途中なのか・・・
はたまた・・既に「妖怪」そのものになっているのかは・・・
そりゃ・・・・ZUN大神主様以外は知る由もないのですけど、
私としては・・・・
チルノは可愛いから妖精でも妖怪でも全然かまわない!!
永遠に自分達の可愛いおバカさんでいてね・・・!!
という気持ちは変わりがないですね!!

ま・・・「妖怪化」といっても、そうですね・・・・ルナチャイルドとは全然意味合いが違うと思いますし、
間違って妖怪になったとしても・・・・
ゆかりんにとっては・・・
「ふーーーん、少なくとも式神としてはつかえねぇな・・」と小馬鹿にしたような反応しかないのかもしれないですよね・・・(苦笑・・・)







最後に・・・

なんか二日連続のイラスト使用で「なんか申し訳ないな・・・」と感じるぐらい
とにかく当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人のアミグリさんが
2014年7月に描かれたものです。

このチルノ、本当にめちゃくちゃ可愛いですね!!

チルノの「全て」がこの一枚にぐぐっと凝縮されているような感じすらありますね!!

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

そうそう、確認ですけど、当ブログでのアミグリさんのイラスト使用は、あくまでアミグリさんのご厚意によるものですので、
無断でのコピーやお持ち帰りはご遠慮下さいね・・・

チルノというと・・・「氷の妖精」という事でやはり「青」がとってもよく似合うと思います。

そうした意味で大変素敵なチルノのイラストが、こちらの「ウェディングチルノ」です・・・
どうしよう・・・このチルノ・・・とっても可愛い!!
まさしく・・!!「チルノは俺の嫁!!」という言葉がぴったり似合うそうなイラストですね。

ウェディング・チルノ


そして・・・

チルノではありませんけど、チルノと同系統の属性のレティ・ホワイトロック関連と言う事で・・・
「レティ・ホワイトロックの衣装を着た魔理沙」のイラストもとっても素敵です!!

レティの衣装の魔理沙

どうぞ皆様・・・アミグリさんの「dream fantasy」も宜しくお願いします!!

さてさて・・・・

次回の東方語りは・・・

チルノ その③

聖白蓮 その⑧

早苗さん その①

小野塚小町 その① を予定しています。
スポンサーサイト



一つ訂正・・・

最近の記事の中で「今年はニッスイのプリキュアソーセージは売られていないのかな・・?」と
書いたのですけど、
ちゃんとありました、ありました・・・!!
ま・・・昨年まではほとんどのスーパーで売られていましたけど、
今年は今の所は、イオン系のお店でしか見ていないです。

だけど、今年に関しては、「プリキュアパン」はほとんどのイオン系のスーパーでは取り扱いが
しているようですので、新商品が出てきたら、またシール目当てに買ってみたいですね・・・(笑)

さてさて・・・・

最近の記事の中でプリキュアの「ポーチガム」の事を書いたのですけど、
最近になってエンスカイの「コレクションカードガム」も店頭で見かけるようになってきました。
このエンスカイのガムの方は、
一つの商品内にカードが2枚も入っているから、なんかお買い得という気もしたのですけど、
ま・・・「食玩」という事でガムが入っているのですけど、
このガムが相変わらずちびっこいのが二つだけ・・・
うーーむ、この手の食玩は、「おまけ」が主役ですね・・・






このエンスカイの「コレクションカードガム」ですけど、
カードは全部で24種類という事なのですけど、このうち、1枚がはーちゃん、3枚がモフルンです。
今までですと、こういうプリキュア以外のキャラを当ててしまうと、
正直・・・「うーーむ・・今回は運が悪い・・・」と頭を抱え込んでしまいがちなのですけど
(その最たるものは・・・・ハピネスの際、ブルーを当ててしまうと・・・「今日の運勢は最悪・・・」と思ったものです・・・苦笑・・)
今作の魔法つかいプリキュアに関しては、
はーちゃんやモフルンを当てても全然OK!! 否! むしろ当てたい・・・みたいな気持になってしまえるのは
今までのシリーズとの大きな違いですね。

ちなみにこの食玩は、滅多にそうなりませんけど、
たまーーにですけど、
「箔押し」というスペシャルカードが入っていたりもします。
ちなみにですけど・・・2年前のハピネスの際は、この箔押し欲しさに、このコレクションカードガムは
結構買いましたね・・・(苦笑・・)
幸いな事に、大・大・大本命の「ラブリー」の箔押しカードを引き当てる事が出来たからよかったのですけどね・・・・

さてさて・・・今回は誰が当たったのかな・・・??



CIMG9518_convert_20160329230909.jpg


一枚目は、キュアミラクルのダイヤスタイルでした!!

それにしても本当にミラクルは可愛くて素敵ですよね!!

変身前のみらいも、いかにもちゃおとかなかよしを飛び出してきたような王道の少女漫画みたいな雰囲気もあるのですけど、
プリキュアに偏した後が、これまた素晴らしい正統派の美人さんプリキュアになってしまうのは、
最初に見た時はびっくりしたものですけど、
慣れてしまうと・・・
も――――、本当にミラクル最高!!
ミラクルが可愛過ぎて生きるのがつらい・・・みたいな世界になってしまいそうですね・・・

ミラクルって歴代ピンク系プリキュアの中では誰に一番雰囲気が近いのかな・・・
うーーん、やっぱりフレッシュのキュアピーチなのかな・・・?


CIMG9519_convert_20160329230938.jpg


そしてもう一枚目は・・・マジカルのルビースタイルでした。

そうそう・・・先日の「魔法つかいプリキュアショー」を見て改めて感じたのですけど、
ルビースタイルってミラクルもマジカルも二人とも髪型がツインテールになってしまうのですよね。
あれって・・二人ともツインテールが本当によく似合っていて、アニメ本編でも被りもののプリキュアショーでも
全然違和感はないですよね。

歴代プリキュアの場合、ツインテールというと全体的に少し「アホっぽい・・・」みたいなキャラが多いみたいな
印象もなくはないのですけど、
魔法つかいの場合、そういう「アホっぽい」みたいな雰囲気があんまり出ていない所が実にいいなぁーーーなーんて
思ったりもしています。

さてさて・・・リコちゃんは、本当にナシマホウカイに「留学」してくるのかな・・・?

リコちゃんの人間界での制服もとっても気になるのですけど、普通の「私服」というのも
私・・・とっても気になります・・・(笑)
リコちゃんは、今の所、基本的には魔法学校の制服姿しかお披露目していないだけに、その辺りも
今後の楽しみですね!!

 | BLOG TOP |