FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


チルノ時計


「魔法つかいプリキュア」の関連グッズのお菓子なんかも色々と店頭で目に付くようになりましたね!
今年は「プリキュアソーセージ」は今の所目にしたことが無いけど
今年からはもうあのニッスイの商品は出てこないのかな・・・?

「プリキュアラムネ」は夏場なんかは是非是非スマイル以来久しぶりに復活してくれるととても嬉しいです。

今回スーパーで発見したのは・・・・フルタ製菓の「バッグクッキー」でした。

フルタ製菓のCMと言えば・・・・
ま・・・ちと古い話ではありますけど、2012年の「スマイルプリキュア」の放映時において
セコイヤチョコレートのCM時になぜか・・・・「じゃんけん」をしていましたけど、
あれは・・・当時の「キュアピースVSサザエさん」のじゃんけん対決に割り込もう・・・という事だったのかな・・・??







この魔法つかいプリキュアの「バッグクッキー」ですけど、
やはりデザインがとっても可愛いですね!!
二人ともウインクしているのがとってもキュート!!
改めて感じたのですけど、キュアミラクルって変身前のみらいの時の姿と変身後では
やはり随分と変わってくるというのか・・・
変身前は、いかにもなかよしとかちゃおに出てくる「可愛い女の子」そのものなんですけど、
キュアミラクルに変身すると、これがまた随分と正統派の美人さんというか大人っぽい感じになりますね!!

このちょっとしたギャップが実に素晴らしいですね!!

マジカルも素晴らしいけどミラクルもとっても素晴らしい!!

本当に今年のプリキュアは二人とも大好き!!という感じですね!!



075_convert_20160326174038.jpg


紙製バッグの中身は・・・クッキーが一袋入っているのですけど、
今回購入したものは、マジカルがデザインされていました。
これって・・・当然ですけど、ミラクルの袋もあるのかな・・・・?

マジカルも変身後は大人っぽい雰囲気ですよね。
とても変身前があのポンコツ魔法使いのリコちゃんとは思えない聡明さみたいなものも感じますね。



076_convert_20160326174322.jpg



この手の商品のお楽しみの一つは「シール」です。

このフルタのバッグクッキーは、シールは12種類という事ですけど、今回は誰が当たったのかな・・・?

今回は・・・キュアマジカル+モフルンでした。

今年のプリキュアの傾向として、こうした関連商品のシールとかカードは
今のところはマジカルの方を引き当てる傾向があるようですね・・・(笑)
今後・・・どんどんミラクルの方も当てていきたいですね!


話は変わりますが、
フルタ製菓は、私が大学4年の時、確か会社説明会に参加した記憶があります。
ま・・当時は選考開始の解禁が大学4年時の9/5と随分とのんびりとした時代ではあったのですけど、
確か・・・夏休み前あたりに、
たまたま当時住んでいた都内の中野区周辺でその説明会が開催されていて
一応・・選考開始の解禁前と言う事で「会社説明会」ではなくて「セミナー」という感じだったと記憶しています。
夏休み前という事で、まだ就職活動も活発ではなくて、
何となくですけど・・・
「ま・・・本番前の前哨戦という事で就職活動とはどんな事なのか、一応確認してみるか・・家からも近いし・・」みたいな
比較的軽いノリだったと思います。
今現在の学生さんは、大学3年・・・早い方ですと2年生頃から就職活動の準備とかされている人も多いと
聞いていますけど、
私が学生の頃は・・・ま・・・今の学生さんの頃に比べると確かにのんびりしていましたよね・・・
結果論になれますけど、私が当時大学4年で就職活動をしていたのは1987年・・・
そうですね・・・・
時代的には「バブル開始」の一年前という感じで、比較的学生の就職活動は楽勝ムードに覆われていて
かなりの売り手市場だったと思います。
だって・・・自分みたいなポンコツ学生が、ろくに何の準備もしていないというのに
正味一か月程度の就職活動で4社も内定を貰える時代でしたから・・・
しかも・・・・
これは以前の吹奏楽ネタでも書きましたけど、私は大学4年という立場でも
「とにかく・・・普門館のステージに一度でいいから立ちたい!! 今年こそ都大会本選に出場したい!!」という
気持ちしかありませんでしたから、
1987年の夏の日は・・・・吹奏楽コンクールの練習と自分自身の就職活動を両方やっていたのですけど、
その両方が一応は・・・・出来ちゃうような時代というか・・・・ゆるい時代だったのだと思います・・・

そして・・・そのフルタ製菓のセミナーでしたけど、
会場は中野区という事で、本当に当時住んでいたアパートから歩いて行ける距離だした。

学生は・・・そんなに来ていなかった記憶がありますね・・・・

当時、でっぷりと太った社長が、両手をチョップみたいに「前へならえ」するかのように
やたらぶんぶん手を振り回して説明していたのは明確に覚えています。
セミナーが終了して、一人5分程度の面談会というのがありましたが、
自己PRとかする以前に、担当者の方が
「フルタ製菓の製品は美味しいのですよー」と自社商品のPRばかりして、
面談・会社説明会というよりは、消費者モニター会みたいな
雰囲気でした。
選考に残った人は後日連絡するとの事でしたので、連絡が無いという事は・・・落ちた・・・という事なのでしょうね・・・

帰りに、フルタ製菓の商品詰め合わせセットを手土産として頂き、交通費まで支給されて
まさにいたれりつくせりという感じでした。
交通費は・・「歩いてきました・・」とか言っても
「あーー、そんなの別にいいじゃん・・」みたいなノリでしたね・・・

というか、1980年代後半から90年代初頭にかけて就職活動をしていた学生は、本当に
ラッキーだと思います。
今現在の学生さん達の厳しい就職活動に比べたら
本当に天国と地獄ですよね。

だって、あの頃は、リクルートの雑誌の各企業への資料請求の葉書を
何枚か出していれば、企業側から勝手にアプローチしてきて、自動的に
面接日を設定され、いつの間にか「内定」という感じでしたね・・・
(その報いというか、天罰というか、2001年と2005年に会社破綻・解散した際、35歳を過ぎてからの
 転職活動の難しさや厳しさは嫌という程体験しましたけどね・・・)

でもバブル前の就職活動は、説明会や面接に行くだけで交通費だのお茶代だの
テレホンカード(もはや死語の世界ですね)だのその企業の商品詰め合わせだの
本当にお土産三昧でしたからね。

当時はいい時代とは別に思いませんけど、後から見るといい時代だった・・・という事になるのでしょうね・・・・
スポンサーサイト



最近の事なのですけど、
うちの奥様から、
「自室の蛍光管が切れた~、買ってきて・・・」とまたまた例によって例のごとく「帰り道の使いっぱしりメール」が
飛び込んできました・・・
ま・・彼女は、本当に・・!! 出不精の半分・引きこもりみたいな御方ですので、
「ちっ、またかよ・・・面倒くせーなー・・」と半分ブツクサ言いながら、家電量販店に行ってきました。
その蛍光管は、少し特殊というか、普通の太さではなくてスリムタイプと呼ばれる極細管で、しかも・・・
消灯時にうっすらと残光が残るタイプ希望との事なのですけど、
実際に家電量販店に行ってみて少し驚きました・・・・

だって・・・

以前だったら、結構なスペースの「蛍光管コーナー」みたいな売り場があったと思うのですけど
最近では、LED照明に押されているせいなのか、
その蛍光管売り場が限りなく縮小されている感じでした。
ま、そりゃそうですよね・・・・
電気代とか耐用年数が全然違うのですから・・・・
もしかして・・・数年後には蛍光管自体、日本の家電量販店から姿を消してしまうのかもしれないですよね。
LED照明器具は、私が住宅メーカーのモデルハウス営業だった頃の時代より既に存在はしていましたけど、
あの当時は・・正直・・「これ・・多分日本ではそんなに普及しないでしょ・・」みたいな事を予感させる価格設定だったと
記憶しています。
当時は、8畳用のLED照明器具は、5万ぐらいしていたような気がします。
だけど最近のLED照明器具は本当に安くなりましたね。
勿論、商品自体はピンキリだと思うのですけど、特にメーカーとか性能なんかを気にしなければ
8畳用であっても7000円程度で買えてしまいますからね。
しかも、耐用年数が10年ほどとの事ですし、その間、蛍光管の交換も不要ですから、
予想以上の普及にまるのは当然の話ですよね。
確か・・2011年の大震災の「節電ブーム」に乗っかる形でこのLED照明器具は随分とシェアを伸ばしていたようにも
感じられます。

そのせいなのか・・・

先日行った家電量販店の蛍光管販売スペースはとてつもなく縮小されていました。
しかも・・・
うちの奥様希望の「スリム管」の商品自体が極めて種類が少ない・・・
ま・・・27形+34計の二つの管が一つに繋がった「ツインタイプ」でもありましたので、
最初に行った家電店には置かれていませんでした・・
しかたなく二軒目に行った量販店でようやくそのタイプを買う事が出来ましたけど、
感じたことは・・・
そうですね・・・次回数年後にこのタイプの蛍光管が切れた場合は、「メーカー生産中止」という事で
店頭には置かれていない可能性すらありますよね。
その際は、LED照明器具に変えるしかないですよね。
というか・・・
我が家では、彼女の自室以外は全てLEDになっているのですけど、
うちの奥様は、「以前から私が使っているものでないとイヤ!!」というタイプでもあり、
中々こうした新しい商品を受け入れてくれないのですよね・・・

そう言えば・・・

最近、ホームセンターとか家電量販店とかコンビニやドラッグストアに行っても
カセットテープとかビデオテープって本当に見かけなくなりましたね。
ま、カセットテープは時折見かけますけど、ビデオテープはここ何年も見かけなくなりました。
聞いた話ですと、
こうしたビデオテープというものは、店頭に置かれることはほぼ皆無との事らしいです。
ビデオテープを入手するには、アマゾン等ネットで注文するしかないみたいですね・・・・

なんかこういう日常の小さな出来事でも、「時代」というものは確実に変化しているものなのですね・・・

 | BLOG TOP |